じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: 紅あずま ★ 2016/07/28(木) 08:12:31.66 ID:CAP_USER9
    【都知事選】小池氏、「核武装容認した」と名指しで批判した鳥越氏に不快感「ねつ造」
    スポーツ報知:2016年7月27日22時44分
    http://www.hochi.co.jp/topics/20160727-OHT1T50152.html

     東京都知事選(31日投開票)に立候補している小池百合子元防衛相(64)は27日、羽村市や日野市など都内西部13か所で街頭演説を行った。
    野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)が同日、「小池候補が日本の核武装を外交上、軍事上、容認した」と発言したことに対し、「捏造(ねつぞう)している」と否定した。

     鳥越氏は新宿駅前の演説で
    「ある女の候補は、ある雑誌の対談で『日本は外交上、軍事上、核武装という選択肢はあり得る』と言ってる。そんな人が東京都知事になるなんて、あり得ないでしょう」などと痛烈に批判。
    続いて練馬駅前の演説では「ある女候補」について「名前を言います。小池候補」と名指しした。

     小池氏は街頭演説終了後、取材に応じ、鳥越氏の発言に対し
    「曲解してねつ造している。不正確なことをおっしゃるのは、よろしくない」と不快感を示した。
     
    20160720-00000002-dal-000-2-view

     

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1469661151/

    この記事を読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(アラビア) 2016/07/27(水) 23:38:16.14 ID:m6wVJNFQ0● BE:565421181-2BP(3000)
    とりあえずまとめてみた
    追加あったら宜しく


    鳥越「橋下の出自報道は許すが俺の出自詐称を報道することは許さん」
    鳥越「宇野を淫行報道で追い落としてやったが俺の淫行を報道することは許さん」
    鳥越「安倍の健康揶揄は許すが俺の健康揶揄は許さん」
    鳥越「高市早苗には経歴詐称といちゃもんをつけたが俺の学歴を調べることは許さん」
    鳥越「政治家は説明責任を果たせ。俺の説明責任は弁護士が果たす」
    鳥越「慰安婦は被害者の証言があるから真実。俺の事件は被害者の証言だけで証拠はない」

    53
     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469630296/

    この記事を読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2016/07/27(水) 18:49:26.05 ID:CAP_USER9
    鳥越弁護団「新潮記事は痴漢冤罪と同種のたぐい」


    鳥越氏の弁護団が送った抗議文では、

    「13年前に記事にすることを断念したにも係わらず、今回新たな取材をすることなく、しかも選挙期間中に、2003年6月の取材を元にして、2003年当時A子氏なる人物から聞き取ったとされる一方的な供述に基づいて記事を掲載しようとしている」
    「取材記録の一部を記事にしただけであり、A子氏の供述を裏付ける客観的な証拠が一切示されていない」

    などとして記事が「事実無根」と改めて主張。

    「そもそも、痴漢えん罪事件が絶えないのは、被害者とされる女性の供述のみに基づいて起訴されることにある」

    として、

    「週刊新潮の記事は同種のたぐいである」と断じている。

    弁護団は、抗議文の中で、7月28日にも東京地検に名誉棄損と公選法違反で刑事告訴すべく準備を進めている、とし、

    「くれぐれも、鳥越本人の選挙運動に対し、これ以上の妨害とならないよう、求める」

    と結んでいる。  

    http://www.j-cast.com/2016/07/27273727.html?p=all

    no title


    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1469612966/

    この記事を読む

    1: キングコングラリアット(アルゼンチン) 2016/07/27(水) 17:32:27.69 ID:mvVoPhpQ0● BE:565421181-2BP(3000)
    鳥越俊太郎氏、「『被害女性』証言記録」掲載の週刊新潮に抗議文 刑事告訴の準備も


    東京都知事選に立候補しているジャーナリスト、鳥越俊太郎氏(76)の弁護団が、28日発売の週刊新潮に掲載される「13年前の『被害女性』証言記録」と見出しを打った記事に対し、同誌に抗議文を送付し、東京地検へ選挙妨害および名誉毀損罪での刑事告訴の準備に入ったことが、27日分かった。

    週刊新潮側は13年前に本件を記事にすることを断念したにもかかわらず、今回新たな取材をすることなく、記事を掲載しようとしていると指摘。
    A氏子の供述を裏付ける客観的な証拠が一切示されてないなどし、
    「そもそも、痴漢えん罪事件が絶えないのは、被害者とされる女性の供述のみに基づいて起訴されていることにある。本件もまさに、A子氏及び、A子氏の恋人の供述のみを元にして書かれている」
    などと抗議している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000545-sanspo-soci

    no title


    てめぇ慰安婦の時なんて言ってたんだよwwww

     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469608347/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/07/27(水)09:58:43 ID:???
    社民党の福島瑞穂副党首(60)が東京都知事選(2016年7月31日投開票)の応援演説で口にした内容が物議を呼んでいる。

    社民党はジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を推薦しており、元防衛相の小池百合子氏(64)や
    元総務相の増田寛也氏(64)を批判する立場だ。
    福島氏は両者を批判する中で、小池氏を「外は女装してても中身がタカ派の男性」などと表現した。
    小池氏は1998年に子宮筋腫が原因で子宮を全摘出している。過去には漫画家の小林よしのり氏が
    安倍内閣の女性閣僚を「準男性」と呼んで批判を浴びたことがある。今回も同様の指摘が出そうだ。

    WS000000


    「女性なら誰でもいいとは思いません」

    福島氏の発言は、7月22日に高円寺駅前で開かれた「応援イベント」の中で出た。鳥越氏本人は来場しなかったが、鳥越氏を応援する国会議員が集まって、鳥越氏への投票を呼びかけた。福島氏は演説の中で

    「憲法改悪しようとしている安倍総理と一緒にやる増田さん、小池さんには東京都政を 任せる訳にはいかないと思いますが、皆さんどうでしょうか?」
    などと増田・小池両氏を批判。聴衆から「そうだー!」と声があがると、福島氏は、その直後にこう続けた。

    「そして私は女性ですが、女性なら誰でもいいとは思いません。外は女装してても中身がタカ派の男性だったら意味がないじゃないですか!皆さんどうですかー?私はタフでなければ生きていけない、でも優しくなければ政治をやる資格はない、そう思っています。優しくない女性に東京都政を任せる訳にはいきません!皆さんどうでしょうかー?」

    「外は女装してても......」の発言が小池氏を指しているのは明らかだ。また、聞き方によっては、性的少数者(LGBT)の支援活動をしてきた福島氏の活動との落差も際立つ。
    ネットで「女性として許される発言か?」

    この福島氏の発言を収めた動画は

    「鳥越応援演説で性差別、子宮摘出患者差別発言」
    といったタイトル付きでYoutubeなどに拡散され、ネット上には

    「女の敵は女ってホントだな」
    「これ議員以前にヒトとして女性として許される発言か?」
    などといった書き込みが相次ぐことになった。

    女性政治家評が物議を呼んだ例としては、14年9月、民主党(現・民進党)が主催したイベントで漫画家の小林よしのり氏が

    「女性大臣を少し増やすというだけで、(支持率が)ガーンと上がる。あれ全部、女性かどうなのかも分からない、『準男性』みたいな人たちばっかしで、在特会とか色んなものにつながっているような、恐ろしげな女の人たちばっかり」
    などと述べ、「差別的」「ヘイトスピーチ」といった批判が出たこともある。

    当時の第2次安倍改造内閣では、閣僚のうち高市早苗総務相、松島みどり法相、小渕優子経産相、山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相の5人が女性だった。

    J-CASTニュース
    http://www.j-cast.com/2016/07/26273602.html?p=all

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469581123/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング