じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: live ★ 2021/01/18(月) 22:20:50.47 ID:CAP_USER9
    立憲民主党の蓮舫議員(53)が18日、ツイッター上に菅義偉総理の衆議院本会議でも施政方針演説の原稿の画像を投稿(現在は削除済み)し、批判を浴びている。
     蓮舫議員は衆議院本会義が開かれる4時間ほど前の午前10時過ぎに「菅総理の施政方針演説、原稿です。今日午後、衆参両院で菅総理が原稿を読み上げられますが、どれだけの思いを込めた話し方をされるのか。一貫して求めてきたものが『国民の皆さんの「安心」と「希望」』という言葉から始まる原稿ですが、果たして届いているでしょうか。届くでしょうか」と原稿の画像を添付して投稿した。
     しかし、ネット上では「公開して大丈夫?」「ルール違反では」「まさか演説前にツイートする非常識な人間がいるとは」などと批判の投稿が殺到。
     これに対して蓮舫議員は「内閣総務官室に確認、取り扱いに関するしばりは特段なく、便宜上配布するとのこと。本会議、予算委員会、各委員会での質問に不可欠な原稿です」と弁明していたが、一般的にはメディアやSNSの解禁は演説の開始と同時とされているようだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2634675/ 


    スクリーンショット 2021-01-19 3.48.52

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610976050/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/15(金) 07:10:37.46 ID:CAP_USER9
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210115/pol2101150001-n1.html

     立憲民主党の枝野幸男代表は昨年、国民民主党の大部分との合流を果たし、一強の自民党に対抗する「大きな塊」をつくるという目標は一応達成した。だが、新党結成後もいっこうに「国民の期待」が集まらない。合流新党が何をしようとする政党か、まったく見えないからである。

     枝野氏は結党後初めての国会論戦となった、昨年秋の臨時国会の代表質問で、「社会保障や雇用の予算充実」「所得税免除」「消費税の減免」「公共サービスの充実」などを訴えた。いくら野党とはいえ、財源も示さずに、大規模な減税を主張することはあまりに安易だった。だから、ほとんど関心を持たれなかった。

     それ以上に問題だったのは、この「枝野構想」を、その後の同党質疑者がフォローしなかったことである。つまり、枝野氏が述べた内容は、同党内部で共有されていないのである。

     そもそも、同党内では与党追及のための会合に比べ、自らの政策を練り上げる議論は極めて低調だ。これでは国会で与野党の政策論争が成立しないのも無理はない。実際、先の臨時国会では終始、政府与党ペースだった。対案を示すことなく、政権の揚げ足取りだけで得点しようとする戦略は、もはや限界にきているのである。


    (略)



    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610662237/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/01/14(木) 16:34:34.26 ID:CAP_USER9
     尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(74)が14日、公式ブログを更新し、コロナ禍での受験を余儀なくされている受験生に対し、政治家に成り代わって謝罪した。

     尾木氏は「受験生の皆さん 負けないで!!大丈夫 大丈夫」と、タイトルが受験生への激励になっている投稿で、「ひどいことにコロナ禍真っ只中の本番を迎えることになり ひどいストレス 運の悪さを恨んでいるでしょうね 本当に申し訳ない ごめんね」とまず謝罪した。

     尾木氏は「政府は、前後左右にダッチロールする飛行機のようにコロナの世界をさまよっています それでいて 政府の皆さんは高級寿司やステーキ屋さんで会食ですから 怒り爆発 老獪な政治家のみなさんに対する信頼はもうマイナス評価まで落ちているかも知れません」と、政府の新型コロナ対策や、自民党の政治家の多人数会食を痛烈に批判。

     「会見では誰一人若者や受験生の皆さんに協力依頼や詫びる人はいないどころか 激励のメッセージ発することも忘れている始末ですから、、話になりません」と、政治家の受験生への配慮の無さにも苦言を呈した。

     その上で「本当にごめんなさいねーー」と、政治家に成り代わって受験生に謝罪。「ただ、受験に際してはうんと自己中になり、試験に集中して下さい!努力が実を結ぶよう尾木ママ 心からお祈りしていますー」と、エールを送っている。

    デイリー
    1/14(木) 15:43配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0745900f08bd1a40f7b610c2c397f8c5cd1ac24d 


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610609674/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/01/13(水) 22:10:37.03 ID:CAP_USER9
    飲食業界から、悲痛の声。

    政府の求めに応じて、午後8時までの時短要請に応じているサイゼリヤは、13日に決算会見を行い、堀埜一成社長は、政府がランチでも感染リスクが高いと注意を呼びかけたことについて、「きょうまた、ランチがどうのこうのと言われて、ふざけんなよと」と述べた。

    地域によっては、大手飲食チェーンに補助金が出ていないとして、「大手飲食チェーンで働いている人は多い。外食は、しゃれにならないぐらい追い込まれている可能性がある」と、大手への補助金の拡充を訴えた。

    FNN
    2021年1月13日 水曜 午後7:04
    https://www.youtube.com/watch?v=V_WDnddtyqY



    スクリーンショット 2021-01-14 2.09.52

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610543437/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/01/13(水) 16:37:17.00 ID:CAP_USER9
     1都3県を対象に「緊急事態宣言」が発出され、二階俊博幹事長が自民党国会議員に会食自粛を求める通達を出した1月8日。その当夜に、自民党の石破茂元幹事長(63)が、福岡県で飲酒を伴う多人数の会食に参加していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

     会食の参加者は、石破氏のほか、山崎拓元自民党副総裁(84)、三原朝彦衆院議員(73)、岳康宏福岡県議(50)ら計9名。山崎氏や三原氏は総裁選で石破氏を支援していた。会場となった博多のふぐ料亭はミシュランの2つ星を獲得したこともある高級店で、冬季限定の「特選ふく会席」は1人4万円から。

     宴会は1月8日夜6時頃からスタート。石破氏らは夜8時頃まで約2時間にわたって、個室でビールや日本酒を飲みながら天然ふぐや白子に舌鼓を打っていたという。

     石破氏に電話で話を聞いた。

    ――福岡で会食された。

    「別に少人数だったし、それはプライバシーだから誰が居たというのは内緒よ」

    ――何人居た?

    「5、6人かなぁ。出たり入ったりしたからね」

    ――どんな目的の会合?

    「だからあの、久しぶりに、(福岡に)来たから、しょげてたらかわいそうだから励ましてあげよう、みたいな。そんなことですよ」

    ――自民党も二階氏が会食自粛要請した。

    「それはだってあれでしょ。たくさん集まって酒を飲んで大騒ぎみたいなものは、今そんなことやっちゃいかんでしょうな。普通であれば、これから『じゃあもう一軒行くか』みたいな話だけど、そういうのは一切やらないと。みんな気をつけてますもん。集まって酒飲んで、わーわー大騒ぎなんてこともないでしょうよ」

    書面での回答は……
     改めて石破氏に書面で事実関係の確認を求めたところ、参加人数や会合の目的などについて、以下のように回答した。

    「全体で約3名ずつの席が3つあった。今回、福岡に伺ったのは講演のためで『会食』のためではない。企業における講演後、福岡泊だったので夕食を取らせて頂いた。少人数でのプライベートな食事で、『会食』との認識はない。その食事においても感染拡大防止に細心の注意を払った認識である。(この食事の場では)特段の意見交換はない。講演後に予定されていた大人数での『会食』は中止とした」

     新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、日本医師会の中川俊男会長は「全国会議員の夜の会食を人数にかかわらず、全面自粛してはどうか。国会議員に範を頂きたい。『まず隗(かい)より始めよ』。4人以下の会食なら感染しないと思うなら間違いです」などと指摘している。また、福岡県内でコロナウイルス感染者が急拡大しているさなかの福岡入りだった(13日に緊急事態宣言対象地域に追加)。菅政権の支持率が急落する中、世論調査では「ポスト菅」として石破氏への期待も高まっているだけに、石破氏の説明は論議を呼びそうだ。

     1月14日(木)発売の「週刊文春」では、本当に3名ずつの席が3つだったのか、宴会中の石破氏の様子、石破氏がこの時期に福岡まで出向いた理由、宴会に同席した安倍晋三前首相と近い財界人の名前、山崎氏の小誌への意味深な説明などを当夜のグラビアと共に詳報している。

    文春オンライン
    1/13(水) 16:12配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2f7dc5aaf34e4b39565e3e6e0b2d9c4b59d5117 


    1

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610523437/

    この記事を読む

    1: 和三盆 ★ 2021/01/13(水) 01:08:44.85 ID:Blq5Xz5O9
    兵庫県丹波市の林時彦市長(66)は12日、市民1人に2万円ずつの商品券を配るための一般会計補正予算案を市議会に提出した。

     林市長は昨年11月の市長選で、新型コロナ対策として全市民に5万円を給付すると公約に掲げて初当選したが、2カ月で変えた。

     林市長は変更について、コロナ禍が長引くなかで財政の維持が必要なためなどとし、市議会では「公約に対する責任の重さは十分理解しているが、冷静かつ柔軟に対応することが市民の幸福につながると判断した」と釈明。市議からは「コロナ対策でなく選挙対策と言われかねない話」などの批判が出た。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19523400/
    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1610467724/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/01/12(火) 09:04:45.81 ID:CAP_USER9
     新型コロナウイルスの猛威を前に、打つ手打つ手が「後手に回った」と批判を浴びる菅義偉首相。人の動きを止め、強力な感染拡大防止策に集中できないのは、経済への打撃が計り知れないためだ。ただ、一連の対応は純粋な政策的判断だけによるものではなく、政権の後ろ盾である自民党の二階俊博幹事長に対する忖度(そんたく)もあったのではないかとの見方も根強い。

     首相が緊急事態宣言を決定した7日。首相官邸や国会で進む事前の手続きがテレビ中継され、日本中の耳目が集まっていた。こうした中、正月明けで人けもまばらな自民党本部9階会議室で、二階氏とその右腕である林幹雄幹事長代理ら党観光立国調査会の面々が、観光業界団体の幹部ら約30人と向き合った。宣言が解除されれば、停止中の観光支援事業「Go To トラベル」を速やかに再開すべきだとの立場で一致した。
     トラベル事業は、コロナ禍で打撃を受けた旅館やホテル、旅行会社など観光業者を下支えするため、政府が補助金を出して旅行を促す政策だ。安倍政権の下、昨年7月のスタート時から、官房長官だった首相の肝煎りとされてきた。だが、首相と緊密な関係にあり、全国旅行業協会の会長も務める二階氏の強い意向もあったとみられている。
     これを端的に示した場面があった。昨年12月14日、感染急拡大を重くみた首相が年末年始のトラベル事業一斉停止を表明すると、二階派幹部は「勝手なことしやがって」と吐き捨てるように言った。首相はこの日夕、二階氏に電話であらかじめ自身の決断を伝えていたが、幹部の言葉は二階氏の怒りを映したように見えた。
     この日の夜、首相は二階氏に頭が上がらないのではないかと受け取られた出来事もあった。首相は、二階氏や林氏が東京・銀座の高級ステーキ店で著名人ら5人と開いた忘年会に呼ばれた。政府が感染防止のため自粛を呼び掛けていた「大人数での会食」となり、世間の怒りの矛先は首相に向かった。首相は「あいさつだけするつもりだったのに引き留められた」と周辺にこぼしている。
     関係者によると、二階氏は当初、今回の緊急事態宣言にも反対していた。容認に転じたのは今月2日、政府に発令を求めた小池百合子東京都知事らの要請内容から、観光業への影響は限定的と判断したためだという。首相は発令の検討開始について、記者会見で表明する前日の3日に二階氏サイドに伝えたが、二階氏に配慮するあまり、発令をためらっていたのではないかとの臆測も与党内にはある。
     7日、党本部での観光立国調査会終了後、二階氏側近の林氏は記者団に「観光は日本経済の柱で、地方創生の切り札だ」と力説した。宣言解除後のトラベル事業再開を政府に近く申し入れる。感染を広げたとも批判される事業をそう簡単に再開できるのか。感染状況、世論の反応、そして二階氏の意向をにらみつつ対応を判断する首相の心中を、閣僚の一人は「難しい。二階さんがいるからGoToもやめられなかった」と推し量った。

    時事通信
    2021年01月12日07時03分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011100303&g=eco 


    WS000004

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610409885/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング