じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: ひろし ★ 2017/01/19(木) 18:03:53.77 ID:CAP_USER9
     民進党の蓮舫代表は19日の記者会見で、トランプ次期米大統領が自らの意に沿わないメディアへの批判を繰り返していることに関し、「(私は)次期大統領のような手法は取らない」と述べた。同時に、「今の大手メディアは与党寄りの報道が目立つ。(安倍政権下の)この4年間で大きく変わった。懸念している」との認識も示した。(2017/01/19-17:29)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011900659&g=pol 

     no title

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484816633/

    この記事を読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/01/19(木) 20:40:08.77 ID:CAP_USER
    韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された問題について、17日付の韓国紙、朝鮮日報が面白い分析を加えていた。「安倍首相の政権基盤固めに貢献する韓国人」と題するコラムがそれである。

    コラムは、(1)李明博前大統領による竹島(島根県隠岐の島町)上陸(2)朴槿恵大統領が慰安婦問題と日韓関係全体を結びつけたこと(3)現在の次期大統領候補らが日韓合意を覆すと主張していること-が、いずれも安倍晋三首相を利したとしてこう説いている。

    「釜山の少女像報復措置により安倍晋三首相の支持率は5ポイント上昇した(NHK調べ)。韓国人が安倍首相をさらに強くしたのだ」

    確かに、駐韓大使を一時帰国させるなどの日本の対抗措置に関し、国民は高く評価し、内閣支持率も上昇している。7日付の社説で政府を「ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている」などと厳しく批判した朝日新聞の直近の世論調査では、内閣支持率が4ポイント上がった。

    また、対抗措置についても75%が「妥当だ」と答え、「妥当ではない」は15%にとどまっている。朝日は、安倍首相が戦後70年談話を出した際も社説で「この談話は出すべきではなかった」と酷評したが、直後の自社の世論調査では談話を「評価する」国民の方が上回り、世論にはしごを外されていた。

    政官界では、法案審議などをめぐり、「朝日が反対するのだから正解だ」との冗談とも本気だともとれる言い回しが流通している。韓国同様、朝日新聞が反対してくれるので安倍政権が強くなるのかもしれない。

    そして近年、その傾向はますます明確化しているのではないか。韓国や朝日の情緒的・感情的な反発に、国民の方が辟易しているからだろうと思う。

    もちろん、メディアが世論に迎合する必要もないが、それにしてもなぜ国民意識と離れて、どんな場所に立っているのか。ヒントとなる本が、ともに元朝日新聞記者である長谷川煕、永栄潔両氏の対談集「こんな朝日新聞に誰がした?」(ワック)である。

    例えば昨年2月にジュネーブで開かれた国連女子差別撤廃委員会で、外務省の杉山晋輔外務審議官(現次官)が、慰安婦問題への朝日新聞の影響に言及した際に、朝日が紙面ではその部分に触れず、外務省に抗議した件についてはこうだ。

    永栄氏「朝日の一報にはそのことがすっぽり抜かしてあった。他紙で杉山発言の詳報を読んだ時は震えが来ました。(中略)いわば編集局ぐるみでやってしまった秘匿報道だからです」

    長谷川氏「卑怯も卑怯で、これではもはや新聞とは言えない。(中略)朝日は読者を馬鹿にしきっているのです」

    また、両氏は朝日新聞が呪文のように唱え続けている「立憲主義」に関しても疑問を呈している。

    長谷川氏「護憲派勢力に利用される目くらましの言葉になっている。(中略)こうした言葉の捻(ね)じ曲げは非常に危険です」

    永栄氏「読者を思考停止に追い込み、自分らの考えを刷り込んで、それに従わせようとしている感じ」

    このほか朝日新聞に対し、中国当局の言うがままに旧日本軍の住民虐殺説を広めた本多勝一記者の記事検証を求めるなど、内部事情を熟知する2人の話だけに説得力がある。

    弊紙もOBからこのように叱られ、読者にあきれられることのないよう、姿勢を正したい。

    no title



    産経【阿比留瑠比の極言御免】(論説委員兼政治部編集委員)
    http://www.sankei.com/premium/news/170119/prm1701190005-n1.html

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484826008/

    この記事を読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/01/18(水) 12:34:54.61 ID:CAP_USER9
    ホンマかいな? と首をかしげたくなる奇っ怪な数字だ。

    JNNが14、15両日に行った世論調査で、安倍内閣の支持率が前月から6ポイントも上がって67%になったという。
    不支持率は5.1ポイント下がって31.5%だった。

    政党支持率でも、自民党は先月より4.2ポイント増の38.7%。
    その分、民進党、公明党、共産党、日本維新の会、社民党の支持率が下がった。

    「参議院のドン」と呼ばれた自民党の青木幹雄元参院議員会長が編み出した「青木率」によれば、内閣支持率と与党支持率の合計値が50%を下回ると政権崩壊が近いとされるが、今回のJNNの調査結果のように合計が100%を上回った場合、政権は安泰で無敵の状態になる。

    67%といえば、民意の3分の2にあたる。この数字が本当なら、国会も、国民世論も、安倍政権は3分の2を押さえたことになるが、一体どこが支持されているのか。

    安倍内閣を「支持する」理由を見てみると、多い順に「安倍総理に期待できる」が32%、
    「特に理由はない」が27%、「政策に期待できる」が22%で、これには言葉を失ってしまう。

    「期待できる」って、これまで安倍首相がひとつでも国民にプラスになることをしたか?
    この1カ月を思い返してみても、外交ではロシアのプーチン大統領には3000億円の経済援助を食い逃げされ、真珠湾訪問は何の意味があったのか分からないし、今回の4カ国歴訪でもフィリピンに1兆円もの支援を約束したのを筆頭に、行く先々で気前よくバラまくしか能がない。その前に自国民の生活を何とかしろよという話なのだが、内政面でもアベノミクスは行き詰まり、トランプ効果による株価上昇に救われていることは周知の事実。まさか、有権者はカジノ解禁や共謀罪に期待できるとでもいうのだろうか。

    日刊ゲンダイ 2017年1月17日 立ち読み
    http://www.zasshi-online.com/Magazine/ProductDetail/SalesDate?code=2017-01-17&page=1&sort=1&dcode=Nikkan_Gendai_Kanto1170117&dpage=1
    no title

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197688


    【世論調査】 安倍内閣支持率67%に上昇・・・TBS★6
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484566862/

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484710494/

    この記事を読む

    1: 逆落とし(栃木県) [CN] 2017/01/17(火) 17:19:05.92 ID:xH2TkzQz0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    平成29年1月12日(現地時間)、安倍総理は、東京国際空港(羽田空港)で会見を行った後、
    フィリピン共和国のマニラを訪問しました。

     総理は、会見で次のように述べました。

    「今年の地球儀を俯瞰する戦略的な外交は、フィリピン、ベトナム、インドネシア、オーストラリアからスタートします。
     各国の首脳とは既に何回か会談を重ねています。今回は、また、更に胸襟を開いて率直な議論を行いたいと思います。
     二国間の課題について、あるいはまた、地域情勢の認識についての意見交換、そして同時に、
    各国の首脳とお互いに力を合わせることで何ができるか、あるいは地域の平和や安定にどのように
    貢献していくべきかということを率直に話をしてきたいと思います。」

     フィリピン共和国のマニラに到着後、総理は、歓迎式典に出席しました。次いで、
    ロドリゴ・ドゥテルテ大統領と会談を行った後、署名式及び共同記者発表を行いました。続いて、
    企業との拡大会合及び写真撮影に出席した後、フィリピン主催歓迎晩餐会に出席しました。

    http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201701/12philippines.html

    https://www.youtube.com/watch?v=yf-Idx3pL0k


    https://pbs.twimg.com/media/C2TXP6uUAAAoZx4.jpg
    no title 

    no title


    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1484641145/

    この記事を読む

    1: ローリングソバット(栃木県) [CN] 2017/01/16(月) 10:39:19.06 ID:cJofnayN0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    民進 蓮舫代表 野党連合政権に否定的な考え


    民進党の蓮舫代表は北九州市で記者団に対し、共産党が実現を目指す「野党連合政権」について、「安倍政権を倒すことに、まずいちばんに力を注ぐが、そこから先の話は考え方が違う」と述べ、否定的な考えを重ねて示しました。

    共産党の志位委員長は15日から始まった党大会で、民進党などと野党4党による「野党連合政権」の実現を目指す考えを強調しました。

    これについて、民進党の蓮舫代表は記者団に対し、「安倍政権を倒すことに、まずいちばんに力を注ぐ。
    そのために野党4党で、国会の内外でできるかぎりの協力をこれまで以上に進めていく時だ。
    ただ、そこから先の話は、残念ながら共産党と私たちとは考え方が違う」と述べ、「野党連合政権」に否定的な考えを重ねて示しました。

    33


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170115/k10010840461000.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484530759/

    この記事を読む

    1: 閃光妖術(dion軍) [CN] 2017/01/16(月) 07:37:23.28 ID:JyxVNzCX0 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
     安倍内閣を支持する人は先月から6ポイント増えて67%となり、2013年11月以来の高い水準となったことがJNNの世論調査でわかりました。

     安倍内閣の支持率は、前の月より6ポイント上がって67%、不支持率は前の月より5.1ポイント下がって31.5%でした。支持率が67%を超えたのは、2013年11月以来となります。

     安倍内閣を「支持する」理由については「安倍総理に期待できる」と答えた人が先月より4ポイント増えて32%と最も多く、次いで「特に理由はない」と答えた人が27%、「政策に期待できる」と答えた人は先月より6ポイント増えて22%となりました。

     天皇陛下の退位をめぐる政府の有識者会議で今月23日に今の天皇一代に限って退位を認める特例法を中心とした考えを示す方向について聞いたところ、「賛成」は82%、「反対」は12%でした。

     また、政府内で2019年の1月1日に皇太子さまが新たな天皇に即位し、新たな元号を適用する案が浮上していることについては、85%の人が「賛成」と答えていて、「反対」と答えた人は8%でした。

     韓国・釜山の日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたのは日韓合意に反するとして政府がソウル駐在の大使らを一時帰国させたことについて、政府の対応を「評価する」と答えた人は76%、「評価しない」と答えた人は14%でした。

     今月20日にアメリカの次期大統領にトランプ氏が就任することで世界情勢がどうなっていくかについて聞いたところ、「悪くなる」と答えた人が56%と最も多く、次いで「変わらない」と答えた人が29%、「良くなる」と答えた人は4%でした。

     各政党の支持率は、自民党が先月より4.2ポイント増えて38.7%に、民進党、公明党、共産党、日本維新の会、社民党は、それぞれ先月よりも下がっています。
    (16日04:13)

    no title


    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2960678.html
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2960678.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484519843/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/01/15(日) 20:44:49.37 ID:CAP_USER
    (日曜に想う)「まだ4年半も」を逆算すると 編集委員・曽我豪
    2017年1月15日05時00分

    「おそろい」 絵・皆川明

     十年ひと昔というけれど、それなら9年も随分なものだ。生まれた子供は小学校3年生になる時間である。

     このままいけば、自民党総裁の任期延長で、安倍晋三首相の時間は「3期9年」になる。そう仮定してこの年末年始、永田町外の友人たちに聞いてみた。

     最初は「首相にも多少の時間は必要だよねえ」などという。だが「任期終わりの2021年9月の時点で選挙権が生じる18歳の若者にすれば、小学校3年生以来、首相と言えば安倍首相しか見たことがない計算になる」と言うと、「え、そこまでか」と驚く。さらに「自民党大会のあるこの春でその9年は折り返し地点、半分だ。もう4年半たったということだけじゃないぞ」と聞くと、好悪は別にしてみな愕然(がくぜん)とした表情になるのだ。

     「そうか、まだ4年半もあるのか」

     ここまで長い時間を前提に出来た首相はかつていなかった。首相が敬慕してやまない祖父・岸信介元首相を含め、歴史の成功と失敗の体験に学ぶ教科書さえない世界だ。ならばこちらもこれまでの常識や先入観はいったん捨て、あえて9年の長さがあると仮定して、その権力者の頭の中をのぞいてみるほかない。

    no title


    以下略
    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12748233.html?rm=150

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484480689/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング