じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: ■忍法帖【Lv=8,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/11/16(木)22:12:17 ID:???

    ◎記事元ソース名/立憲・枝野代表「首相の9条改憲、徹底的に反対する」

     特別国会は17日に安倍晋三首相が所信表明演説をします。週明けの20日からは各会派の代表質問が始まり、いよいよ論戦が本格化します。
    衆院選で野党第1党に躍進した立憲民主党は、安倍政権とどう向き合うのでしょうか。枝野幸男代表が取材に明らかにしたのは、
    首相が打ち出した9条改憲案への「徹底的な反対」でした。

     ――衆院選前まで一緒の党だった民進党や希望の党からは、森友・加計(かけ)学園問題の合同プロジェクトチームなど、
    3党での連携を求める声が出ています。

     「ありえません。3党が考え方の違いで明確に分かれたことを肯定的に受け止められている。
    なぜ3党だけでやらないといけないのか。(共産、自由、社民各党など)他の野党とも連携は同じようにありえる」

     ――党の立ち位置を「リベラル」と呼ばれることを嫌がっていませんか。

     「少なくとも『保守』の対義語として『リベラル』を使うのは言葉の使い方が間違っているので否定している。
    リベラルの対義語は『権威主義』か『全体主義』なので、私を『リベラル』と言うなら、自民党を『全体主義』と呼ばないといけない。
    日本の保守本流は多様性と寛容を大切にするリベラルで、私は保守本流だ」

     ――枝野さんは戦後の日本社会…

    残り:563文字/全文:1066文字

    朝日デジタル/聞き手・南彰2017年11月16日20時48分
    (全文閲覧するには、会員登録が必要です)
    http://www.asahi.com/articles/ASKCJ3GN2KCJUTFK004.html 

    19

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510837937/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/16(木) 22:03:31.71 ID:CAP_USER9

    24

    11月16日午後に行われた菅官房長官の会見で、前日の国会における足立康史議員の発言について所見を尋ねる場面がありましたが、残念ながら期待通りの答えは得られなかったようです。

    朝日新聞「ちょっと行き過ぎた発言だとかそういった所見はお持ちでしょうか」

    (略)

    しかし菅官房長官は「政府としてコメントすべきじゃない」という立場でそれ以上踏み込むことはありませんでした。

    すると朝日新聞の記者は「大変恐縮なんですけれども」と食い下がります。「長官も一国会議員という立場から見て行き過ぎた発言だとかそういった所見はお持ちでしょうか」と今度は露骨にネガティブなコメントを引き出そうとしたのです。

    (略)



    詳細はリンクで
    http://www.buzznews.jp/?p=2112900 

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1510837411/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/16(木) 21:19:01.80 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000081-jij-pol

     立憲民主、希望両党は16日、日本維新の会の足立康史衆院議員が立憲、希望両党幹部を名指しで「犯罪者」と発言したことについて、維新側にそれぞれ抗議した。
     
     立憲の辻元清美国対委員長は「誹謗(ひぼう)・中傷に近いことを国会で発言したのは問題だ」と批判。希望の泉健太国対委員長は「党としてどう対応するか注目している」と語った。維新の遠藤敬国対委員長はいずれにも謝罪せず、「幹部と相談して対応を決めたい」と述べるにとどめた。

     足立氏は15日の衆院文部科学委員会で問題となった発言を行い、この際、自民党の石破茂元幹事長に対しても「犯罪者」と述べていた。これについて遠藤氏は16日、自民党の森山裕国対委員長と会い、「不穏当な発言だった」と陳謝した。

    no title



    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1510834741/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/16(木) 06:33:31.86 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00010014-huffpost-soci

    11月15日の衆院文科委員会で、立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表を「私は犯罪者だと思っている」と発言した日本維新の会の足立康史議員。

    この日の足立氏をめぐっては、別の発言でも物議を醸している。

    足立氏はこの日の質疑の中で、立憲民主党の辻元清美国対委員長の名前も挙げて以下のように発言した。

    「野党は加計学園ばかりやっている、なんで森友(学園問題)をやらないんですか。辻元清美国対委員長が関わってるからじゃないですか」

    「(辻元氏の)生コン疑惑、野田公園に関わる疑惑を追求していく」

    一体、どういうことなのか。
    元々はネット上で拡散された内容だったが...

    足立氏が言及した「生コン疑惑」「野田公園に関わる疑惑」とは、ネット上で拡散していた辻元氏に関する「疑惑」とされるもの。

    その内容は、

    森友学園の国有地払い下げ問題に関連し、「ゴミの混じった土を小学校用地の敷地内に埋めた」などと証言した作業員について、辻元氏が派遣した人物だった。
    国有地だった「野田中央公園」(大阪府豊中市)の敷地を市が購入する際、市の負担を減らすべく、民主党政権で国交副大臣だった辻元氏が国庫補助金を出させた。
    とするものだ。いずれも元々ネット上で拡散していた内容だが、3月28日に産経ニュースが「民進・辻元清美氏に新たな『3つの疑惑』 民進党『拡散やめて』メディアに忖度要求」との見出しで「疑惑」とされた内容を報道。

    さらに翌29日、衆院国土交通委員会で足立氏が「辻元清美議員に係る疑惑」として取り上げた。

    辻元氏はこれらの情報が出るたびに、自身のサイトで「悪質なデマ」だと否定している。
    1の疑惑について:作業員とされた人物「(辻元氏と面識は)まったくない」

    1については、籠池諄子被告が首相夫人の安倍昭恵氏に送付したメールに記された内容がきっかけだ。

    メール全文は、自民党の西田昌司・参院議員が、昭恵氏から入手した記録として公表。その中の3月1日の内容として「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」「嘘の証言した男は辻本と仲良しの関西生コンの人間でした」(原文ママ)との記載があった。

    ------
    「私達を怒らせようとしました嘘の証言した男は辻本と仲良しの関西生コン(※連帯ユニオン関西地区生コン支部とみられる)の人間でしたさしむけたようです」
    ------
    「孫請業者の作業員がその委託社長がしてないといったのにもかかわらずその三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです」
    ------

    辻元氏は3月24日、民進党役員室のコメントを公式サイトに掲載。「辻元清美議員が、作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根」と反論している。

    辻元氏とつながりがあるとされた「作業員」とされた人物も、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(3月29日放送)の中で「(辻元氏と面識は)まったくないですね」「私自身がやっているのは生コン会社ではございません」と証言。疑惑について全面否定した。
    2の疑惑について:国交省「政権交代前に補助金交付と金額が決まっていた」

    2については、国土交通省の由木文彦・住宅局長が3月29日の衆院国土交通委員会で、政権交代前の2009年5月時点で国からの補助金交付と金額が内々に決まっていたと答弁している。

    国交省住宅局の資料「平成21年度住宅局関係補正予算配分概要」にも「住宅市街地総合整備事業」のために14億円あまりが豊中市に交付されることが明記されている。

    辻元氏側も「国土交通副大臣に就任した時には、すでに政府と豊中市の間で合意がなされており、辻元が関わったという事実はありません」と、全面的に否定している。

    no title

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1510781611/

    この記事を読む

    1: nita ★ 2017/11/15(水) 15:48:34.18 ID:CAP_USER9
    11月15日 15時36分

    日本維新の会の足立康史衆議院議員が衆議院文部科学委員会で、立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表について、「私は犯罪者だと思っている」などと述べたことに対し、委員会で野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の川内博史衆議院議員は懲罰動議の提出も含めて検討する考えを示しました。

    日本維新の会の足立康史衆議院議員は15日の衆議院文部科学委員会で、加計学園をめぐる問題に関連して「立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表は、獣医師会側から献金をもらっている。献金をもらって、仮に、請託を受けて、あっせんし、国会質問をしていれば、すなわち犯罪者で、私は犯罪者だと思っている」などと述べました。

    この後、足立氏は記者団に対し「答弁義務を果たすことは国会の再生に向けて不可欠であり、玉木氏や福山氏は答弁しないといけない」と述べました。

    これに対し、衆議院文部科学委員会の野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の川内博史衆議院議員は、記者団に対し「国会議員は、国会の品位や名誉を傷つけてはならないという規則がある。党の国会対策委員会と相談するが、懲罰動議を出すことになるのではないか」と述べ、懲罰動議の提出も含めて検討する考えを示しました。

    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 



    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1510728514/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/11/14(火) 20:22:04.95 ID:oIQOb1Jb0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典


    足立康史@adachiyasushi
    本日、加計学園の獣医学部が認可されました。おめでとうございます。
    そして、本日に予定されていた衆院文科委はようやく明日開催されることとなり、私も質問に立ち、玉木雄一郎代表らのあっせん利得罪を徹底的に追及します。
    https://www.facebook.com/issue.net/posts/10212805315702262


    関連
    衆院文部科学委 質問時間 与党1対野党2の割合で合意
    学校法人「加計学園」の獣医学部について、林文部科学大臣は14日、文部科学省の大学設置審議会の答申を踏まえ、来年4月の開学を正式に認可しました。
    これを受けて、衆議院文部科学委員会は14日、断続的に理事懇談会を開き、与党側は、15日に委員会を開いて与党と野党が1時間半ずつ質疑を行うことを提案しましたが、野党側は「議員数が少ない党の質問時間も確保すべきだ」と主張しました。
    これを受けて、与党側は、与党が1時間20分、野党が2時間40分の1対2の割合で、合わせて4時間、質疑を行うことを提案し、野党側もこれを受け入れて、与野党が合意しました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223351000.html

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510658524/

    この記事を読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/12(日) 20:48:45.98 ID:CAP_USER9
    12日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、タレントの小島瑠璃子が、山尾志桜里衆議院議員の人間性に指摘を入れた。

    番組では、山尾氏が弁護士の倉持麟太郎氏を政策顧問に起用した話題を取り上げた。山尾氏は、倉持氏との不倫疑惑が報じられ、民進党を離党。無所属で10月の衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たしている。

    中略

    和田アキ子は選挙特番でリポーターを務めた小島に意見を求めた。
    小島は、山尾氏と倉持氏のコメントを見て、「すごくふたりは合っている」と思ったという。
    さらに、山尾氏について「私たちは、覚えておかなきゃいけない」「こういうことをする人、こういう発言をする人ってことを」「いつかまた選挙は来るワケですから」と指摘していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13880833/
    2017年11月12日 16時41分 トピックニュース

    35

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510487325/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング