1: アルゼンチンバックブリーカー(茸) [US] 2022/11/03(木) 14:05:15.90 ID:ALcCjZlR0 BE:422186189-PLT(12015)
3000万円超え! 日産「GT-R」2023年モデルを発表! 北米市場で2022年10月28日発売
https://news.yahoo.co.jp/articles/064dcaa32d7be84c3ea0e95e97c121b21aa9af1d

2023年も変わらず販売継続 引き続きNISMOモデルも用意

 米国日産は、スポーツカーの「GT-R」(2023年モデル)を発表し、同日より一部の日産ディーラーで販売すると2022年10月28日に発表しました。
 
 現行モデルのGT-R(R35型)は日産が2007年にデビュー。以来細かい改良を受けながら15年にわたり販売されてきています。

 2023年モデルのGT-Rは従来モデルと変更はなく、「プレミアム」とハイパフォーマンスモデル「NISMO」の2グレード展開となっています。

 標準モデルのプレミアムに搭載されるエンジンは最大出力565馬力・最大トルク467lb ftを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンで、従来モデルと同様のスペックのものを引き続き搭載しています。

 パワートレインは全車装備の全輪駆動システム「ATTESA ET-S」と6速DCTを組み合わせ、ビルシュタイン製「ダンプトロニック」ショックアブソーバー、ブレンボ製フロント6ピストン、リア4ピストンのブレーキシステムによりスポーティな走りを実現。

 エクステリアはダクト付きのボンネットや大型リアウィング、段差のないフラッシュドアハンドル、4つの円型テールライトなども変更はありません。

 インテリアはナッパレザーダッシュボードや8インチのマルチメディアシステム「Nissan Connect インフォテインメントシステム」、カスタマイズ可能なディスプレイ表示、「Bose」製11スピーカーオーディオシステムなども引き続き装備されます。

 ハイパフォーマンスモデルの「GT-R NISMO」も引き続き用意。

 通常モデルよりもパワーアップした最大出力600馬力・最大トルク481lb ftを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン、GT3レースカーから採用されたターボチャージャーや強化ミッション、軽量化とねじれ剛性向上を図ったボディなどにも変更は加えられていません。

 北米におけるGT-R(2023年モデル)の価格は、GT-R プレミアムが11万3540ドル(約1680万円)、GT-R NISMOが21万740ドル(約3119万円)となっています。 


スクリーンショット 2022-11-03 16.39.16

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1667451915/








10: ニーリフト(大阪府) [US] 2022/11/03(木) 14:08:26.28 ID:NtyyI/Fn0
NISMOは毎回高い

112: ミドルキック(茸) [CN] 2022/11/03(木) 15:12:54.56 ID:2euCKXdE0
買ったとて維持できない

131: TEKKAMAKI(茸) [US] 2022/11/03(木) 15:48:03.13 ID:c1bLQkeb0
28の時に新車で32GT-Rを乗り出し500万で買って以来34Rと2012年GT-R買って3台共倉庫に置いてある。
普段使いの車は乗り換えるたびに捨てるけど、GT-Rはとっておきたいんだよな。

141: ジャーマンスープレックス(茸) [ES] 2022/11/03(木) 16:09:26.84 ID:ok7Ia88B0
最後を匂わせといて結局まだ売るの草

154: フライングニールキック(ジパング) [ニダ] 2022/11/03(木) 16:34:32.67 ID:ERusabT80
近所にバンパー外れて塗装ぼろぼろ、目張りしてあるgtrが何年も個人宅の駐車場に置いてある
直したくてたまらない