1: ■忍【LV23,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/02/08(月)13:34:13 ID:???

 新型コロナ下の生活支援について、菅義偉首相が「最終的には生活保護がある」と発言した。生活保護の利用は国民の権利である。
「最終的」ではなく、困窮時に迷わず使える制度こそ必要だ。

 政府の統計によると、昨年の完全失業率は十一年ぶりに上昇した。自殺者の数も十一年ぶりに増え、特に女性の増加が目立った。
コロナ禍が医療や介護、飲食業など女性の非正規労働者が多い業種を直撃していることと無縁ではない。
 こうした中、就労意欲とは無関係に仕事や住まいを失った人は少なくない。公の救済策が求められるが、自助の必要性を訴える菅首相は
国会で定額給付金の再支給を拒んだうえ「政府には最終的には生活保護という…」と答弁した。
 生活保護に至る以前の公的支援の乏しさも問題だが、生活保護を最後の命綱と位置付ける考え方には違和感を抱かざるを得ない。
 生活保護の利用は「すべての国民に健康で文化的な生活」を保障する憲法二五条に基づいた国民の権利である。
困窮の理由を問われることなく、生活再建に生かすための制度にほかならない。

 だが、生活保護基準を下回る経済状況にありながら受給している世帯は二割強にとどまる。路上に投げ出された人びとですら「受けたくない」と話す人が多い。

 背景には受給者に対する偏見がある。自己責任論が広がり、支給を権利ではなく、施しのようにみなす風潮がある。
そうした偏見が申請をためらわせ、ときに生命すら奪っている。政府は「最終的」と言わず、深刻な事態に陥らないように制度の活用を促進すべきではないか。

 厚生労働省は昨年末、ホームページに生活保護申請を促す一文を載せた。この姿勢は評価したい。
 だが、申請現場では依然、多くの壁がある。その一つが申請者の親族に援助の可否を尋ねる扶養照会だ。
援助が可能だったケースは2%に満たないが、親族に生活苦を知られるのが苦痛で、申請をためらう例は多い。田村憲久厚労相は弾力的な
運用方針を示したが、現場に浸透させてほしい。

 ほかにも劣悪な無料低額宿泊所への入居や、生活に必要な自動車の所有放棄を申請条件にした例もある。改善の余地は少なくない。

(以下略)

東京新聞 2月8日
https://www.tokyo-np.co.jp/article/84665

no title

引用元:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612758853/



2: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)13:36:11 ID:m6.e4.L1
日本人の憲法で保証された権利。

3: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)13:38:28 ID:m6.e4.L1
勤労の義務もある。

8: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)14:09:22 ID:M8.5w.L1
根拠法が存在しない上に違憲判決まで出ている外国人への生活保護をいいかげん全面禁止しろ
彼らに生活保護が支給されて日本人が有している権利が保障されないなんて正気の沙汰じゃない

10: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)14:35:03 ID:w9.uq.L1
親族に本人確認が行われると困るやつらが多いのではないのか?

11: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)15:10:15 ID:ef.vv.L1
田舎だと生活保護受けるとそこからの立ち直りは不可能なんだよ。
まず車が無くなると職が探せなくなる。
公共交通機関の時刻表が絶望的にスカスカだからな。

自分の場合で書くけど、車で30分の通勤距離が電車、バス利用だと90分超える。
途中で買い物なんてしてられない。

23: 名無しさん@おーぷん 21/02/08(月)20:57:51 ID:68.t2.L1
権利というのは正しいんだけども
気軽にすすめるのもなんだかなあ

大概の人は、毎日嫌な思いしながら必死に働いてるからね

25: 名無しさん@おーぷん 21/02/09(火)07:37:07 ID:zp.s2.L1
不当な利用は妨げておかないとな。

26: 名無しさん@おーぷん 21/02/09(火)09:16:38 ID:gz.4t.L1
権利、権利というけど、国民全員に金を与えるのが国の義務じゃ無い以上、
国民の全ての機会平等の権利だろ。
その条項で国は国民への救済の義務が出てくる。
そこで国の義務はまず国民全員が潤う経済基盤、次に落ちこぼれの救済。
救済の仕様は三権の義務=権利になる。先任は行政府。
「利」が付いて絶対性の宗教価値は認めてない以上、時々の「利害」を持って判断される。