1: Ψ 2018/08/25(土) 12:34:22.28 ID:hpJZXvfy
石破氏は読売、産経の両紙を敵視するような発言を開始した。なにが起きているのか――。

■「モーニングショー」で批判的なメディアに宣戦布告

 8月21日朝、石破氏は「モーニングショー」に出演した。この時のヒトコマに永田町関係者がざわついている。

 石破氏は、安倍氏が昨年5月の読売新聞上で「2020年の改憲施行」を目指す考えを表明したことを踏まえてこのように語った。

 「『どういう意味ですか』と聞いた人がいた。そしたら『(読売)新聞を読んでください』と(安倍氏が)おっしゃった。そんな言い方ってありますか。自民党に向き合う姿ですか。国民に向き合う姿ですか」

同じ党に所属する議員の発言とは思えないほどの激しい安倍氏への批判だ。それと同時に石破氏の発言は、読売新聞に向けられてもいる。

 この番組ではコメンテーターが、産経新聞の報道を例にとり「自民党内の雰囲気、メディアのありようも含めてどう考えているか」と質問。
石破氏は「メディアと権力は一定の距離を置いてきたはずだ。どちらかの代弁人ではなかった。一体になった時は怖い」と答えた。産経新聞を「政権と一体化している」と批判する

■産経新聞は「残念な石破氏」という記事で反論

読売、産経は、もともと論調は保守的で、特に安倍政権に近い新聞として知られている。
安倍氏に対しては好意的な記事を書き、野党には厳しい論調の記事が多い。総裁選という「自民党内」の闘いになれば、矛先は野党から、安倍氏のライバルである石破氏に向けられることになる。

安倍氏は3選後、自身の首相在任中に憲法改正を実現しようとしている。
一方、石破氏は、改憲はスケジュールありきではいけないという考え。
憲法改正の優先順位は決して高くなく、むしろ経済政策などを優先すべきだと考えている

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00026028-president-pol&p=1 

no title

引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1535168062/



10: Ψ 2018/08/25(土) 12:41:14.84 ID:2gUsnz5H
>>1
だから「嘘書いてでも反権力」の朝日と毎日という反対の存在がおるんやろ。
アホかお前は。

6: Ψ 2018/08/25(土) 12:39:42.52 ID:SXeo+U+1
これは、かなり敵を増やしてしまったな

ちゃんと考えて行動しているのかな?この人

12: Ψ 2018/08/25(土) 12:41:35.99 ID:EyIPMtM0
朝日と毎日が左に偏ってるし右に偏るのが同数あればちょうどバランス取れる
別に公明や共産みたいに新聞購読が義務って訳でもないし、好きな方選ぶでしょ

18: Ψ 2018/08/25(土) 12:50:32.12 ID:NzmI2/aA
>>メディアと権力は一定の距離を置いてきたはずだ

テレビや新聞は距離を置いてるというより

倒閣運動してるだけやん。朝日新聞 毎日新聞 TBS 朝日 は倒閣運動してるだけ

報道じゃないから

33: Ψ 2018/08/25(土) 13:16:36.87 ID:ejbRM8jb
石破の「大事なところで判断を誤る奴だ」という評判は
本当だったんだな。

48: Ψ 2018/08/25(土) 15:12:51.48 ID:HMpfBTpT
国民もズブズブって言われちゃうのかな…