じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 23:38:17.25 ID:???.net
FOCUS-ASIA.COM 6月27日(土)12時18分配信

韓国・中央日報によると、朴槿恵大統領は24日、世界保健機関(WHO)や米国の防疫専門家らと懇談し、「MERSは韓国が初めて経験するラクダから始まった新型感染症のため備えが不足しており、流入や拡散を初期段階で防げなかった」と述べた。

朴大統領は同日、大統領府でWHOのシルビー・ブリアン感染病局長、米国の保健福祉省(DHHS)のホリー・ウォン海外問題担当首席副次官補、疾病予防管理センター(CDC)のスティーブ・レッド公共保健予防対応センター長らと、MERS問題について意見を交換した。この中で朴大統領は「韓国政府は強力な措置を実施し、MERS終息にすべての力を注いでいる」と強調。さらに、「MERSが終息すれば専門家とともに対応過程全般を振り返って問題点を分析し、根本的な対策を用意する」との方針を明らかにした。

これに対し、専門家からは「様々な感染症に対するシナリオを作り、シミュレーションしてみることも重要だ」といった指摘が出た。朴大統領は「WHOと米国、英国の経験を参考にMERSを終息させ、韓国に適した新型感染症対応システムを構築していく」と応じたという。

一方、大統領府の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官は同日、MERS問題を巡って韓国政界で朴大統領への謝罪要求が高まっていることに対し、「今はMERS退治が優先」として謝罪はしない方針を明らかにした。
別の大統領府関係者は「大統領の謝罪や遺憾表明は不要な論争を引きおこしかねない。事態収拾に力を集中すべきだ」と説明している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「本当に恥ずかしい。朴大統領が大統領府で、米国の疾病統制センターや世界保健機構、防疫専門家らを招待して、ラクダから始まったから、対応できなかったと言い訳した」

「国の品格を日々落としてくれる大統領」

「専門家がいなかったから、対処できなかったでしょ?」

「いったいあんな原稿は誰が書いてるんだ?朴大統領をバカに見せたいのか?」

20121106162420-1


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000008-xinhua-cn

この記事を読む






1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 18:53:57.79 ID:???.net
ベトナム戦争被害者2名が訪韓 証言報じた韓国メディア皆無 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150626-00000005-pseven-kr


 韓国が封印した「黒歴史」は、「元寇」の時や1965年の日韓国交正常化前の日本漁船大量拿捕など、日本人に対する残虐行為だけではない。近年、クローズアップされているのが、本誌でも度々報じてきたベトナム戦争における韓国軍の蛮行の数々だ。

 次々と明かされる新事実を、韓国人はどのように受け止めているのか。在韓ジャーナリストの藤原修平氏が解説する。

 * * *
 4月上旬、韓国の市民団体「平和博物館建立推進委員会」の招聘により、ベトナム戦争被害者のグエン・タン・ランさん(64)とグエン・ティ・タンさん(55)の男女2名が初訪韓を果たした。

 ランさんは1966年2月に発生した韓国軍による「ビンディン省タイヴィン村虐殺事件」(犠牲者65名)、タンさんは1968年2月の「クアンナム省フォンニャット村・フォンニ村虐殺事件」(犠牲者74名)の生き残りだ。

 2人は4月8日、釜山市で開かれた集会に出席し、当時の様子を生々しく語った。

「韓国軍は事件当日の午後4時ごろ、自宅の防空壕に隠れていた私と母、そして妹を見つけて村の外に連れ出しました。そこには既に、20世帯以上の村民が集められていた。そして、ある兵士が叫ぶと、四方から銃弾が飛んできて、手榴弾が投げ込まれたのです。

 私は一命を取り留めましたが、妹は頭部を激しく損傷し、長い時間うめき声を上げながら絶命しました。下半身を飛ばされた母も、まもなく息を引き取りました」(ランさん)

 一方、当時8歳だったタンさんは、この事件で家族と親戚5人を失い、自身も腹部に銃弾を受け重傷を負った。

「韓国兵2人が、村の防空壕に隠れていた私たち家族7人を発見し、手榴弾をちらつかせながら『出てこい』と呼びかけました。私たちが1人ずつ出ていくと、彼らは容赦なく銃弾を浴びせてきた。

 最初に出ていった姉は即死、兄は腹部と臀部を撃たれ、6歳の弟は顔を銃で撃ち抜かれたのです。さらに彼らは私たちの家に火を放ちました。止めに入った叔母はナイフで刺殺されました。

 家族の中で生き残ったのは私と兄だけ。兄はその後、身体も精神状態もボロボロになってしまった。日々、『死にたい』という気持ちを抑えながら生きています」

 だが、2人の証言を報じた韓国主要メディアは皆無に等しく、大きく紙面を割いたのは韓国のリベラル紙『ハンギョレ』のみだった。

 同紙は4月25日付の朝刊でも、韓国軍によってレイプされたベトナム人被害女性8人の証言を3ページに亘って紹介。記事は、慰安婦問題で対日強硬姿勢をとる「挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)」の現地調査を引用する形で掲載された。

 images

この記事を読む

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 00:49:15.81 ID:???.net
歴史認識などをめぐる日韓の溝は深い一方、韓国国内では日本生まれのマンガや文芸本などが絶大な人気を誇っているという。

専門家は「ここ10年くらい、韓国国民の間で日本のコンテンツは常に人気だ」「日韓の間に政治的対立はあるが、韓国国民は『それはそれ、これはこれ』という態度で臨んでいる」と分析する。

韓国メディア「イーデイリー」が2015年6月25日にネット配信した記事「『日本を正しく知ろう』... 講演・出版物がブーム」によると、日韓国交正常化50周年を迎え、韓国では日本関連の講演会や書籍のブームが起きているという。

記事によると、「日本の中の朝鮮をゆく」(岩波書店)などの著作で知られるユ・ホンジュン明知大教授が14年にソウル市内で講演した際、大勢の聴衆が集まった。ユ教授はその場で「韓国人と日本人は成長期を一緒に過ごした双子の兄弟」などと解説した。

また、日本の書籍も好調に売れているようだ。岸見一郎さんと古賀史健さんの『嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え』、東野圭吾さんの小説『仮面山荘殺人事件』などが15年上半期ベストセラーになっているほか、ここ数年間で見ると村上春樹さんや吉本ばななさん、宮部みゆきさんらの作品もランクインしている。コミックでも「ONE PIECE」や「NARUTO--ナルトー」が人気を博しているそうだ。

こうした流行の背景に、韓国人の「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」という心理があると説明している。「彼を知り~」は兵法の『孫子』の言葉として知られる。

「日本好きの韓国人」という話題は、過去にも上っている。「嘘つき社会」などと自国を否定し、ことさらに日本好きを強調するネットユーザーが13年ごろ、韓国の掲示板サイトに現れた。ネット上で「イルポン」と呼ばれる彼らは、10代の若者だという見方もあった。

実際に今、「日本ブーム」は起きているのだろうか。新潟県立大学大学院の国際地域学研究
科教授で、『韓国化する日本、日本化する韓国』(講談社)を上梓した浅羽祐樹さんは、「今に始まった話でなく、ここ10年くらい常に日本のコンテンツはブームになっています」と話す。

ベストセラー20位のうち5冊ほどは必ず日本の書籍がランクイン、ビールもラーメンも日常生
活の中に浸透しているという。ビジネス書も、日本でベストセラーになったものはすぐに翻訳出版されるそうだ。

ブームを支えているのは「それはそれ、これはこれ」という是々非々の精神だ。「確かに韓国政府はそうした峻別ができていない時もありますが、国民レベルでは違います」とし、「ある国家間に政治的な対立があるということと、両国民がお互いの国のコンテンツを受け入れることは、何の矛盾もなく両立し得ます」と分析した。是々非々の精神は貿易に強く依存する韓国経済の現状を反映したもので、世界市場や第3者の動きを意識するため、自然そうした態度が養われるのだという。

そして、「『反日』という言葉で何もかもを一緒くたにしてしまいがちな日本人と違い、韓国人はずっと冷静に見ています」と指摘した。

こうしたコンテンツの人気にからめ、浅羽さんは、日本と韓国は協力しあえるはずだとも話す。
「少子高齢化など両国に共通する問題は多いです。足りないところを貶しあうよりは、お互い協力して問題解決の道を探った方が良い」としている。

ソース:j-cast<「韓国で日本ブーム」本当なのか 専門家は「それはそれ、これはこれ精神」指摘>
http://www.j-cast.com/2015/06/26238834.html?p=all 

7eda84c9cf347ac25a960e13de7bb3d7_10608

この記事を読む

1: マシンガンチョップ(東京都)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 23:32:53.19 ID:KIR4oFzQ0●.net BE:455983682-2BP(2000)
毎月配信されるWindows Updateは、セキュリティを更新したりバグを修正したりしてWindows搭載PCを最新版に保つものです。ユーザーが安全にPCを使用するのに不可欠なWindows Updateですが、サムスン製のPCがユーザーに無断で配信を無効化していたことが判明しました。
(長いので中略)

Barker氏が発見したのは「Disable_Windowsupdate.exe」というアプリケーションが、PCを起動するたびに実行され配信されるはずのWindows Updateを無効化していたことです。さらに調査を続けたところ、「Disable_Windowsupdate.exe」というファイルが「Samsung SW Update」というサムスン独自のアップデートおよびソフトウェアインストールツールに含まれていたことも分かりました。

Barker氏によると、Samsung SW Updateは定期的に「Disable_Windowsupdate.exe」をサムスンのサーバから直接ダウンロードし実行していたとのこと。調査で判明した事実に一抹の不安を覚えたBarker氏は、サムスンのカスタマーサポートにチャットで相談することにします。

カスタマーサポートの回答に対してBarker氏が「失礼ですが、あなたは間違っていると思いますよ。
Samsung SW Updateは『Disable_Windowsupdate.exe』というexeファイルをダウンロードしており、Windows Updateは常時無効化されます。もしSamsung SW Updateをアンインストールすれば、Windows Updateは有効になりますか?」と詰め寄ると、カスタマーサポートは「Windows Updateを有効にすると、動作するしないに関わらずPC上のすべてのハードウェア用のデフォルトドライバがインストールされます。例えば、 USB 3.0ポートを搭載したノートPCにWindows Updateをインストールするとポートが動作しない可能性があります。
こういったことを防ぐためにSamsung SW UpdateはWindows Updateを無効化しているのです」と、先とは一転してSamsung SW UpdateがWindows Updateを無効化していることを認める発言をしました。

top_m


http://gigazine.net/news/20150625-samsung-disable-windows-update/

これ、サムソン頭おかしいだろw

この記事を読む

1: Ψ 2015/06/27(土) 11:23:25.12 ID:H9h8J4A+0.net
百田尚樹氏(59)が、自民党の会合で発言した米軍普天間飛行場の成り立ちや沖縄の2紙に対する内容について26日、
沖縄タイムスの電話取材に応じ、発言の真意と持論を説明した。(社会部・聞き手=吉川毅)

―米軍普天間飛行場の成り立ちについての発言は。

「住民が騒音などの精神的に苦痛があり、補償しろと言う。苦しみは当事者にしか分からないこともあるだろう。
それを踏まえた上で、違和感を覚えると発言した。なぜかと言えば、住んでいた場所に基地が引っ越してきたわけではない」

―普天間の現状認識は。

「地権者には、膨大な地代が払われている。六本木ヒルズに住んでいる大金持ちと同じ。それはメルマガで書いた話だ。
普天間が返還されたら、あっという間にまちは閑散とする。ぬくぬく暮らしていた地権者も困るはずだ」
「滑走路のそばに小学校があるが、いまだに移転していない。移転に反対の運動も起きているが、本末転倒。
基地批判のために小学校を置いている。何がしたいのか分からない」

―沖縄戦について。

「沖縄は戦争で犠牲になったと言うが、東京も大空襲があり、犠牲を払っている。
沖縄だけが犠牲になったわけではない。大阪も大空襲で多くの人が死んだ」

―「沖縄2紙をつぶさないと」の発言について。

「沖縄の新聞をしっかりと読んだことはないが、ネットで読むと、私と歴史認識が違う。全体の記事の印象から私が嫌いな新聞だ」
「オフレコに近い発言で、冗談として言った。公権力、圧力でつぶすとの趣旨ではない。私も言論人。言論は自由であるべきだ。
私と意見が違う2紙を誰も読まなくなり、誰も読者がいなくなってつぶれてほしいという意味での発言だ」

content_____



http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121683

この記事を読む

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 21:40:25.62 ID:???.net
 【ソウル=加藤宏一】

 韓国政府は25日、総額15兆ウォン(約1兆6500億円)を超える景気対策を近くまとめると発表した。中国経済の減速や通貨ウォンの対円相場上昇で輸出が落ち込むなか、中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)の感染拡大で消費が冷え込み、景気の低迷が長引いている。大型の景気対策を打ち出し、輸出や内需をてこ入れする。

 政府は25日、2015年の経済成長率見通しを従来の3.8%から3.1%に下方修正した。崔炅煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政相は記者会見で「輸出が不振の中でも内需と資産市場を中心に改善の動きがみられた韓国経済にMERSによる衝撃が加わり、警告灯がともっている」と述べた。

 輸出は5月まで5カ月連続で前年実績を割り込み、不動産や株式市場の回復から改善がみられた消費者心理もMERSの影響で悪化している。韓国経済の潜在成長率は3.5%前後とされるが、政府は景気対策を実施しない場合、15年の成長率が2%台に落ち込むとみており、崔氏は「3%台を維持するために最善を尽くす」と強調した。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日の閣議で「景気対策を含む適正な水準の補正予算を通じて景気安定の方策を準備すべきだ」と指摘。「景気対策が最大限、効果を発揮するように可能な限り早く事業規模と内容を確定してほしい」と指示した。

 景気対策の具体的な中身は今後詰めるが、輸出や投資分野では主に新市場への輸出を検討する中小企業を念頭に、政府系の韓国輸出入銀行を通じた資金支援を検討する。アジアインフラ投資銀行(AIIB)の発足をにらみ、中国や東南アジアで膨らむインフラ需要の受注獲得に向けて官民の協力拡大を促す取り組みも進める。

 内需の活性化では、建設投資の拡大を狙って年金基金や民間資本、政府系の韓国産業銀行などが共同でインフラ事業に投資する仕組みをつくる。零細自営業者の経営安定化に向けた支援策や、非正規労働者を正規労働者に転換した企業に優遇策を与える制度の導入なども盛り込む。

 昨年8月に始め、7月末に期限を迎える不動産融資規制の緩和策はさらに1年延長して不動産市場を下支えする。
一方で、融資規制の緩和や韓銀の相次ぐ利下げを受けて、3月末で1099兆ウォンと過去最高のペースで膨らむ家計負債の抑制策もまとめる計画だ。

0ec55e74bdc99f603091cbfa37f32cc2


日本経済新聞 2015/6/25 20:09
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM25H6Q_V20C15A6FF1000/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング