じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 14:01:57.10 ID:KqA2UG0J0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
神戸市垂水区のホームセンターで8日朝、幼児用紙おむつの購入をめぐって中国人や日本人の客同士がつかみ合いのけんかをし、警察官が駆けつける騒ぎになった。

 垂水署によると、午前8時20分ごろ、神戸市垂水区のホームセンターから通報があり、兵庫県明石市の30代の中国人夫婦ら4人と、神戸市の30代の日本人の夫と中国人妻ら3人の2グループが口論からつかみ合いのけんかとなった。

 この2グループは以前にも同じ売り場で日本製の紙おむつの取り合いから口論になったことがあり、この日は売り場にお目当ての商品がなかったにもかかわらず、鉢合わせして乱闘に発展したという。

 数人が頭や肩にすり傷を負い、病院で手当てを受けたが、同署の事情聴取には口を閉ざしているという。同署は近く双方から詳しい事情を聴く。

紙おむつ購入めぐり中国人ら乱闘 数人けが 以前同じ売り場で口論した客同士が鉢合わせ

648eb31bf70254d5ab1a3d5251b29073_599


http://www.sankei.com/west/news/150808/wst1508080051-n1.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439010117/

この記事を読む






1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 20:08:59.04 ID:???.net




おまけ




引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1439032139/

この記事を読む

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 21:06:13.37 ID:???.net
(画像:約半世紀にわたり、大阪市有地約5千平方メートルを無償利用していた大阪朝鮮初級学校=大阪市東成区)
no title


 大阪市東成区の中大阪朝鮮初級学校が半世紀にわたって無償使用してきた市有地約5千平方メートルを不当に占有しているとして、市が学校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」に土地の明け渡しなどを求めた大阪地裁の訴訟で、市が学園側に市有地を売却する方向で合意し、和解協議を進めていることが7日、分かった。
ただ、両者の売却の希望額に開きがあるため、今月5日の協議で、地裁が売却額の鑑定を実施することで両者が同意した。

 訴訟資料などによると、同校は昭和36年9月に開校し、市は38年度までの無償使用を承認。以降も数回にわたって有償賃貸契約の締結に向け交渉が行われたが合意に至らず、無償使用契約が継続された。

 しかし、平成18年以降、市のずさんな管理により別の市有地が暴力団関係者などに占有されている事態が相次いで発覚し、市は各市有地の貸与先との契約見直しを強化。21年に学園側から校舎建て替えの申し出があったのを機に有償化協議を再開したが、交渉が不調に終わったことから24年12月に大阪地裁に提訴していた。

 朝鮮学園側は訴訟で、「『学校が存続する限り用地の無償使用を保障する』という内容の契約を締結していた」
「民族教育を受ける権利を踏みにじり、朝鮮学校を閉鎖させる橋下徹市長の個人的な思惑だ」などと主張、請求の棄却を求めた。しかし、地裁の勧告を受けて昨年夏ごろから和解協議に応じ、今年5月の協議で市側に売買契約に応じる意向を伝えた。

 市管財課によると、土地の鑑定価額は24年当時の評価で約7億円。市幹部は「契約は議会の可決を必要とすることもあり、市民の理解が得られないような低い価格で売却することはありえない。通学する児童への影響を最小限にするよう配慮しつつ交渉を続けている」としている。

  ■統廃合で資金捻出か

  大阪朝鮮学園をめぐっては平成23年度以降、府の補助金が打ち切られたことや児童・生徒数の減少により慢性的な資金不足に陥っており、中大阪朝鮮初級学校が建つ市有地の購入には難航も予想される。
学園関係者によると、府内9校の初・中級学校を統廃合して一部の土地を売却し、購入原資を捻出する計画の検討も始まったという。

 同学園では今年2月、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が義務づけられている社会保険料の掛け金2億円超の滞納が発覚。学校法人を所管する大阪府によると、現在まで支払いは行われていないという。

 昨夏に始まった今回の和解交渉では当初、賃貸契約の締結も模索されたが、市側が求めた月124万円の賃料に対し、
学園側は半値を大きく下回る金額での契約締結を要求。交渉の進展につながらず、苦しい財政状況が浮き彫りになった。

 公安関係者によると、学園が社会保険料の未納や学校明け渡し訴訟などの問題を抱えるなか、朝鮮学校の運営に密接に関与する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)本部も今年に入り、資産処分による財政再建を容認。
学校の統廃合には保護者らの強い反発も予想されることから、学園側は秘密裏に売却先などを検討しているという。

産経WEST 2015.8.8 05:00
http://www.sankei.com/west/news/150808/wst1508080011-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150808/wst1508080011-n2.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1439035573/

この記事を読む

1: 閃光妖術(茸)@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 21:30:48.87 ID:pY6F1j2h0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
なぜだ!?安保法案を支持する国が多数という現実=「これはばつが悪い」「軍国主義復活じゃないのか?」―中国ネット
Record China 8月8日(土)17時51分配信


7日、中国の掲示板サイトに「これはおかしい!日本の安保法案支持国がこんなに多いのはなぜだ」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2015年8月7日、中国の掲示板サイトに「これはおかしい!日本の安保法案支持国がこんなに多いのはなぜだ」と題するスレッドが立った。

スレ主は、「すでに衆議院を通過した安保法案に反対しているのは中国と韓国だけ。歓迎している国は、米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、ミャンマー、インド、EU各国、ASEAN等だ。
でも中国中央テレビを見ていると、全世界が安保法案に反対しているような印象を受けるのはなぜなんだろう」と質問している。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「みんなは日本が戦争を始めるのが恐くないのか?軍国主義復活じゃないのか?」
「中央テレビは基本的に本当のことは報道しないから。これは世界の共通認識」

「ロシアですら反対していないからな。中国が反対したところで意味がない」
「日本がアジアの安全を守るのに一定の役割を担うことを米国が望んでいるからだよ」

「EUって欧州のほとんどだし、ASEANは東南アジアのほとんどだろ。これはばつが悪い」
「別にばつの悪いことじゃないさ。これが政治だ。中国の強さに日本が対抗することが各国の利益にかなうだけのこと」

「日本はあちこちで平和を宣伝しているが、中国はあちこちで戦争を宣伝している。日本と戦争だ、米国と戦争だ、インドと戦争だ、フィリピンと戦争だ、台湾と戦争だ、などなど。はて、軍国主義なのは誰なのだろう」(翻訳・編集/山中)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000041-rcdc-cn

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439037048/

この記事を読む

1: 超竜ボム(京都府)@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 22:27:46.51 ID:hlDTYG1s0.net BE:215630516-PLT(15000) ポイント特典
森さんは6日発売の「女性セブン」などで、28歳年下のOLと交際中だと報じられた。これを受けて、
番組の若手ディレクターが明朝から森さんの自宅付近に張り込み、ウォーキングで外出した森さんに直撃した。

VTRが始まってから、スタジオの様子は一変する。スタッフの取材態度に、出演者の高橋克実さん(54)、土田晃之さん、安藤優子さん(56)らが露骨な嫌悪感を示したからだ。
スタッフがぎこちない様子で「今は幸せいっぱいという形でよろしいんですかね?」
「生活のどの辺に彩りが出ましたか?」などと矢継ぎ早に質問すると、スタジオからは
「どの辺って言われてもねぇ」(安藤さん)
「うるせぇやつだなこいつ・・・」(土田さん)

最初のうちは無言を貫いていた森さんだが、「ごはんの時はピンク色だったりするんですか?」という質問で初めて口元に笑みを浮かべた。「この質問で森さんに変化が!」と伝えるナレーションに土田さんは「そりゃ笑うよ。バカみたいなこときいてっからだよ」

その後スタッフは約1時間にわたり森さんにインタビューし続けたという。VTRが終わると、出演者は
「森さん、本当に失礼しました」(高橋さん)
という言葉と共にカメラに向かって頭を下げた。その後のトークでも

「一体何をしてたんですか、この番組は」(高橋さん)
「本当にクソみたいなねぇ・・・」(土田さん)
「見ていて心臓ドキドキしましたよ。申し訳なくて」(安藤さん)
とVTRへの非難が目立った。さらに「朝の4時頃から取材を行った」という話題になると、土田さんは険しい声で
「ほんと迷惑だよ」

最後にキャスターの大村正樹さん(48)がVTRの内容をまとめ、 「(交際報道が2人の関係に影響を与えて)壊れちゃうとあれなので、ぜひとも上手くいってほしいなと…」と締めくくろうとすると、土田さんがすかさず

「じゃあこんなところでいじらないほうがいいんじゃないですか?」
と追い打ち。スタジオは最後まで微妙な空気に包まれたままだった。

キャプチャ

http://www.j-cast.com/2015/08/08242317.html?p=all

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439040466/

この記事を読む

1: 餡子3世 ★ 2015/08/09(日) 01:52:17.62 ID:???*.net
 猛暑が和らいだ8日の夕暮れ時、「おばあちゃんの原宿」東京・巣鴨に、プラカードを持った人たちが集まってきた。
http://www.asahi.com/sp/articles/photo/AS20150808002925.html
http://www.asahi.com/sp/articles/photo/AS20150808002925.html
参加者は次第に増えて100人を超えたが、木陰に座って水筒のお茶を飲んだり、「どこから来たの」とおしゃべりをしたりと、国会前の喧騒(けんそう)とはほど遠い。

 主催したのは60~70代の「OLDs(オールズ)」。
大学名誉教授の高橋正明さん(70)は「どうせ世の中は変わらない」とふて寝の日々を送っていた6月、学生団体「SEALDs(シールズ)」のデモを見た。
「感動なんてもんじゃない。ケツを蹴飛ばされた」
 好きでもないSNSを使って声をかけ、
「若者が渋谷なら、巣鴨で」と7月半ばから土曜に駅前に立つ。団体名は、若い彼らへのオマージュ(賛辞)だ。
以下ソース

キャプチャ2
キャプチャ


http://www.asahi.com/sp/articles/ASH88675HH88UTIL021.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1439052737/

この記事を読む

1: 栓抜き攻撃(庭)@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 23:11:04.92 ID:9UeaFgcb0.net BE:235429164-2BP(5000)
【オピニオン】原爆投下を神に感謝

このコラムのタイトルは文化評論家で戦争回顧録の著者、故ポール・ファッセル氏が1981年に書いたエッセイから拝借した。
1945年、21歳だった同氏は米軍少尉としてすでに欧州戦線を戦い、生き延びていた。にもかかわらず、ダウンフォール作戦(米軍の日本本土上陸作戦)への参加を命じられ、数カ月後には太平洋へ派遣されることになっていた。

その日本本土上陸作戦は1945年11月に予定されていた。

 ところが、原爆投下でその作戦は中止となった。広島への原爆投下後も降伏しなかった日本だが、長崎への原爆投下後に降伏した。

 筆者は広島へ向かう機内でファッセル氏のエッセイを読んでいた。特に印象深かったのが次の一節である。「数カ月後には東京近くの海岸から突撃射撃をしながら上陸を試み、機銃、迫撃砲、大砲の攻撃を受けることを覚悟していたが
その任務から解放されたという驚くべき朗報を耳にしたとき、何とか勇敢に見せようと冷静を装ってきたにもかかわらず、われわれは安心と喜びで泣き崩れてしまった。これで生きられると実感した」。


原爆投下70周年を迎えた今週、米国は原爆の被爆者に謝罪しなければならない、核兵器は廃絶されるべきである、広島は非人道的な残虐行為の記念碑だ、日本はもう少しましな形で敗戦を迎えられたはずだ、といったうわべだけの言葉が多く聞かれるだろう。
しかし、ファッセル氏が指摘した基本的なポイントが広く理解されるかは疑問だ。広島と長崎への原爆投下は単に戦争を終わらせた恐ろしい出来事ではなかったということだ。
多くの人々の命も救ったのである。原爆は大日本帝国を平和主義者の国に変えたのだ。

(中略)

 広島はあまりにも長きにわたり、ある種の左翼政治、暗黙の反米主義に塩漬けされた退屈な反戦主義と関連付けられてきた。
これは残念なことだ。米軍が勝利という言葉を禁止し、米国の大統領が軍事力の行使を信じず、米国民が犯してもいない罪に罪悪感に苛まれている今日、われわれは広島の歴史から教訓を得るべきだろう。


 広島の夜の明かりを見れば、その文化の穏やかさに気付くことだろう。原爆が投下されたことを神に感謝しよう。

ED-AT933_glovie_G_20150803173700


http://jp.wsj.com/articles/SB10685294686418064255204581155343159278736?mod=WSJ_article_EditorsPicks_0

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439043064/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング