じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/07/18(土) 20:33:31.65 ID:???
★徴兵制有無25%が誤解 安保法案、17~19歳に聞く

16日衆院本会議を通過した安全保障関連法案については曖昧さが指摘されている。
行使要件となる「存立危機事態」の定義や「戦闘地域」と「後方支援」の線引きなど安倍晋三首相らの答弁は揺れ動いてきた。来夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上に引き下げられるのを受け、17~19歳の若者が安保法制をどこまで理解しているのか京滋の大学キャンパスなどで尋ねた。賛否以前に、法案の中身が周知されていない
ことが浮き彫りになった。

調査は今週、主に対面方式で実施した。男女138人に、安保関連法案が成立すれば自衛隊に許容されうる事例に○を、法案が成立しても許されない事例には×を付ける形で、設問に回答してもらった(滋賀県での調査は17歳の高校生5人を含む)。
設問と政府見解については内閣官房国家安全保障局に確認した。

設問(1)では、法案によって可能になる外国軍への弾薬提供や給油が解禁されることの周知度を問うた。「自衛隊の空中給油機による戦闘機への給油」も排除しないと、中谷元・防衛相が1日の衆院特別委員会で答弁しているが、若者の回答は○×がほぼ半数に割れ、十分知られていなかった。何が「後方支援」か「戦闘地域」か、線引きがあいまいなことが一因とみられる。

設問(2)は集団的自衛権と個別的自衛権の違いに関係する問いだが、約4分の1が誤答した。

設問(3)は「徴兵制」という今回の法案には全く出てこない制度について尋ねたが、
25%が「徴兵制を可能にする条文がある」と誤答。法案に対する誤解や、
徴兵という若者が当事者になりうる問題に対しても無関心な人が一定数いることがうかがえた。

京都造形芸術大1年の女子学生(18)は全設問に「×」と記入した。
「設問1、2が○なのはショック。こんなこと(空中給油)をやったら戦争に参加するのと同じ」と法案に疑問を持った。立命館大1年の男子学生(19)は「現行法で国際協力に限界があるというのも分かるが、行きすぎる可能性が拭えない。

説明不足の法案可決には反対」と話した。

【 2015年07月17日 10時22分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150717000039

安保関連法案理解度チェック
no title

この記事を読む






1: 膝靭帯固め(東京都)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 20:49:26.13 ID:PLLyCD/i0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が22日、東京都内の日本記者クラブで会見し、施設建設や交通インフラ整備など大会にかかる経費の総額について「最終的に2兆円を超すことになるかもしれない」と述べた。計画見直しが決まった新国立競技場建設については、「我々は利用させていただく立場で政府がやること。
まるで私がやっているように思われていて、そういう意味で迷惑だ」と語った。

 東京五輪・パラリンピックにかかる費用は、東京都が担当する常設会場の整備費の試算が、資材高騰などで立候補段階の約1500億円から3倍の約4500億円に、一時ふくらんだ。森氏はこの状況を踏まえ、新国立競技場の建設を含めた大会にかかる経費の当初見積もりだった約7千億円も、約3倍に膨れあがると想定したと見られる。

 東京都が担当する常設会場は、3施設の建設を取りやめるなどして、約4500億円から約2500億円に圧縮した。

oly14012505010000-p1


http://www.asahi.com/articles/ASH7Q46HGH7QUTQP00R.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437565766/

この記事を読む

1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 18:11:28.44 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
参議院での安保法案審議。特別委員会の1委員として、国会での論戦に臨む。

国会前、日本中で違憲法案に反対、安倍政事を許さないとの声が広がる。が、新国立競技場は白紙にしても安保も原発再稼働も見直さない。

「聞かない政治」を止めたい。

no title





引用元:http://hope.2ch.sc/test/read.cgi/snsplus/1437556288/

この記事を読む

1: 腕ひしぎ十字固め(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 15:25:30.92 ID:dctbMKan0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
SEALDs @SEALDs_jpn 2015/7/16 20:42:34

「勉強したくても出来なかった、皆さんの周りにもそういう人がいるはずです。
その人たちが勉強の代わりに自衛隊に行く、そんな状況をつくりたくない。
そして本当に止めるために、解散総選挙も考え、動いていきたい」#本当に止める
https://twitter.com/sealds_jpn/status/621646100689059841 (削除済)
【魚拓】
http://favstar.fm/users/SEALDs_jpn/status/621646100689059841
http://twilog.org/SEALDs_jpn/date-150716








この記事を読む

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/07/22(水)12:52:17 ID:uLu

yuo_ohmy_01


ラジオ・スプートニク記者は、著名なブロガーでジャーナリストの鳥越俊太郎(トリゴエ・シュンタロウ)氏にインタビューし、何が日本の人々を憤激させているのか、なぜ日本人達は、安保関連法案の採択に激しく抵抗しているのか、ご意見を伺ったー「日本の憲法学者のほとんどが、憲法違反だと言っている。まず政府が憲法を否定するようなことをしている。

反対の第一の理由は、憲法違反である事をするのは、政府が自ら憲法を否定していることを意味するからだ。又反対する二番目の理由は、集団的自衛権が実施されると、日本の自衛隊が海外で戦争に巻き込まれる理由、そして結果になるからだ。

日本の自衛隊は戦後70年間、よその国の兵隊を撃ったこともなければ、撃たれたこともない。
我々は70年間、平和に暮らしてきた。この法律が導入されると、撃ったり撃たれたりといったことが出てくる。これは戦後70年の平和を否定することになる。若い世代が犠牲になる可能性がある。それだけは阻止したいと、我々戦争を知っている世代が、運動をやり集会を開いている。」

さらににラジオ・スプートニク記者は鳥越氏に「安倍首相は、法案採択の基本的理由として、国の安全保障にとっての脅威を挙げている。日本にとっての潜在的脅威は北朝鮮であり、日本との間に領土問題を抱え軍事力を増強している中国からのものと考えてよいか」御意見を伺った

「現実に合わないから憲法を改正するのであれば、国民投票をするなどして、国民に問わねばならない。それを国民の意志を問わずに、勝手に政治家が何人かだけで解釈で書いてしまったことが間違いだ。

北朝鮮について言えば、日本を攻撃しても彼らには何の利益もないと思う。北朝鮮が日本からほしいのは資金だ。できるだけ平和的に交渉して、日本からできるだけ多くの資金を引き出したいと思っている、又米国との間では、朝鮮戦争終結についての協定を結んで、自分達を承認してほしいと願っている。そんな北朝鮮が日本に攻めてくるなど、あり得ない。

中国について言えば、もちろん。軍事力を増大して南シナ海などで勝手に人工島を作ったり、
確かに膨張主義を取っている。しかし日本と戦争をして、得があるかといえば、何もない。互いに傷つくだけで、中国二とって見れば、せっかくの経済発展が台無しになってしまう。

また今中国は虚勢を張って膨張しているが、本格的に米国と戦争する気など全くない。
中国の脅威というのは、自民党の人達が自分達の政策を通したいために言っているだけで、現実にそんなものなどない。問題があるとすれば、外交交渉で解決すべきであり、その点では、日中関係は、ロシアと米国の関係に似ている。戦争などしたらお互い国がなくなってしまう。それは、そんなことをしたらお互いが地球上から消えてなくなってしまうことを理解しているからだ。

現代の戦争は、中東などの民族紛争や宗教紛争は別だが、国家間の戦争は、戦後は米国が仕掛けたものしかない。ベトナムもアフガニスタンもイラクもそうだった。あとは旧ソ連がアフガンに侵攻したくらいしか例はない。それぐらい、そう簡単には戦争はできないものなのだ。

そうした事から、中国の脅威といっても重大なものとは思っていない。
ただ可能性として、中国が軍事力でやってくることはあるかもしれない。
その場合は、日本の自衛隊が専守防衛の原則に従って行動し、侵略に対しては日本国民が立ち上がる。米国に助けてもらう必要はない。


私達は、よその国には行かない。軍事力を互いに持って戦い始めたら、地球はいずれ破滅する。
核兵器は今や、米国、ロシア、中国、英国、フランス、イスラエル、パキスタン、インドなど世界のあちこちにある。
それらが一度に使われたら、地球はなくなってしまうだろう。そんな事を、人類が望むはずはない。
それゆえ、そんなことは決してやってはならない。」

http://jp.sputniknews.com/japan/20150722/619586.html

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1437537137/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング