じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク





1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 12:45:41.34 ID:???.net
日本には「実験なし」で核兵器開発できる能力がある!=中国メディア (サーチナ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000019-scn-sci


 中国メディアの環球網は8日、日本は核実験なしで核兵器を作る技術力があり、短期間で中国以上の核兵器大国になる能力があるとの考えを示し、警戒を呼び掛ける論説を掲載した。

 中国城市安全研究所副所長の楊承軍教授による署名原稿。日本が第二次世界大戦中に核兵器の開発に着手しており、1970年代に発効した核拡散条約に署名したのは「敗戦国なのでやむをえない」との事情があったからと主張した。ただし、1967年に佐藤栄作首相が提唱した核を「持たない・作らない・持ち込まない」の非核三原則は国会決議を経て、日本の国策と定められたと
説明した。

 日本の現状については、2012年に第2次安倍政権が発足して以来、日本では絶えず、朝鮮半島の核の脅威を口実に、核兵器が必要との主張がされるようになったと主張。2015年には回答者の89.3%が核兵器を容認するアンケート結果も出たと論じた。

 論説は、日本には世界最大のヘリカル型核融合実験装置があるなど、核融合技術で世界一流と紹介。核爆発実験をしなくても高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで核兵器を作る能力があるなどと主張した。

 さらに、日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、極めて短期間のうちに、「世界第3位の核兵器保有国」になれると主張した。

 2014年時点で、世界で核兵器を最も多く保有する国はロシアで総数8000発、第2位は米国で7315発とされる。第3位以下はフランス(300発)、中国(250発)、英国(225発)の順だ。
論説は具体的国名を挙げなかったが、日本はすぐにでも、中国を超える核兵器の保有が可能との主張と考えてよい。

 日本が核兵器を保有した場合については「西太平洋地区、とくにわが国の安全に対する重大な脅威」、「アジア太平洋地区での核軍拡競争を刺激」、「日中関係が悪化」、「日本の右翼勢力が、これまで以上に遠慮なく侵略の歴史を否定」と指摘。偶発的理由による「突発事態」の可能性も増大するとの見方を示した。

 論説は、日本の核兵器についての動向に「強い関心を持ち続けねばならない。絶対に警戒を緩めてはならない」と主張した。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)

 キャプチャ

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1439264741/

この記事を読む

1: ダブルニードロップ(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 13:00:40.42 ID:sCEeraQc0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
no title








引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439265640/

この記事を読む

1: ニーリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 12:11:51.01 ID:WjGXw5Jq0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
住民保護の役割果たさず=民主幹事長-川内原発再稼働
 民主党の枝野幸男幹事長は11日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働について、重大事故の際の避難計画が不十分などと指摘、「国として住民の生命と財産を守る役割を果たしているとは言い難い」と政府の対応を批判した。

 枝野氏は安倍晋三首相が夏休みで山梨県の別荘に滞在中であることにも言及。
「安全性を含め、再稼働の必要性について国民の前でコメントを出すなど覚悟と責任を示す必要があるにもかかわらず、休暇を取るなんて論外だ」と語った。国会内で記者団の質問に答えた。

 共産党の志位和夫委員長はコメントを出し、「多数の民意を真っ向から踏みにじって再稼働を強行したことは断じて許されない」として直ちに停止させるよう要求した。

e22429209ec2479adae2787a53f7f377_0



(2015/08/11-11:57)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015081100375
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015081100375

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439262711/

この記事を読む

1: シャチ ★ 2015/08/10(月) 15:50:23.32 ID:???*.net
ソース 朝日
http://www.asahi.com/articles/ASH8B36F5H8BTIPE009.html
 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働が迫る中、福岡市中央区の九電本社前で10日、再稼働反対を訴える集会があった。県内外の市民ら約100人が参加し、次々にマイクを握って思いを訴えた。

 集会を呼びかけた国際交流NGO「ピースボート」の吉岡達也共同代表は、東京電力福島第一原発の事故で苦しむ人たちが今もいることに触れて「なぜ再稼働なのか。理解できない」と語った。韓国からの集会参加者がいることも紹介し、「原発は国境を越える問題だ」と訴えた。

 元東京都国立市長で、現在は脱原発をめざす首長会議の事務局長を務める上原公子さんは、原発周辺の住民の避難計画が十分でないと指摘し、「住民の命を無視しているような再稼働は容認できない」と話した。

 大分県中津市から友人と4人で参加したという梶原得三郎さん(77)は「原発がなくなるまで声を上げ続けます」と力を込め、参加者らと「原発」「いらない!」などとシュプレヒコールをした。(比留間陽介)

no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1439189423/

この記事を読む

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 23:05:51.34 ID:???*.net
■ 当事者性、漂流性とも獲得できる社会を展望

 最近の日本の思想状況がいかに貧困であるかをえぐり出した好著である。

 とくに「リベラル」と呼ばれる人たちは今、政治勢力として完全に崩壊しようとしている。
原発問題、特定秘密保護法案、集団的自衛権、憲法改正論、アベノミクス、等々に「反権力」の立場を示してきたリベラル派の知識人だが、彼らには政治哲学の深みがない。「立ち位置」ばかりで思想を欠いたリベラル派に政治を任せても、まともな政治運営を期待できないのでは? というのが本書の疑念だ。

 そもそも日本のリベラルは、欧米のそれとずいぶん異なる。日本の場合、一国平和主義で、IS(イスラム国)には寛容。
対して欧米のリベラルは、しばしば戦争に加担し、テロリズムを批判してきた。日本のリベラルはアベノミクスに反対だが、ケインズ政策を支持する欧米のリベラルはこれを歓迎している。日本のリベラルは、少数派の立場に憑依したり、外部の視点からゼロリスク社会を求めたりするなど、普遍や理想を追い求めすぎているのではないか。
そのような理想は欧米ではすでに崩壊したのであって、自由な選択のみを追い求める主張はやがて行き詰まると論じる。

 では、リベラルに代わるコミュニタリアンの共同体思想はどうか。それも息苦しいのであり、
参加できない他者を排除してしまう点が問題だ。第三の選択肢として本書が提示するのは、「正しさ」の追求ではなく状況分析に徹したリアリズム。白黒つけず、グレーなものをそのまま制御せよ、という発想だ。
ただ「理では負けても情で救ってもらった」といえるような優しい政策も必要という。
開放的で脱中心的な情報ネットワーク共同体を築き、各人が「当事者性」と「漂流性」の双方を獲得できるような社会を展望している。

4beb212511aad3968a041b812b7da6ea_sasaki1


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150809-00078395-toyo-soci

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング