じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: オキヨ ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 14:45:00.56 ID:???*.net
安保法案への持論を展開した教育評論家の尾木直樹氏

教育評論家の尾木直樹氏が11日、安保法制についてブログで持論を展開した。

 安保法制についてはダウンタウンの松本人志が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、「このままでいいと思っているのなら、完全に平和ボケ」などと発言、反対するなら対案を提示するべきと語るなど、各所で議論が広がってた。

 尾木氏は「こんなに多くの方たちが発言・発信するのは本当に珍しいー」と論争が起きていることを歓迎。“平和ボケ”“対案がない”“徴兵をしないのに戦争法案というのは間違い”という代表的な3意見に対し、

 自身の意見として、「これらの論点の根本的間違いは、この法案自体が憲法違反」と主張。

「提案するのなら、民主主義国家らしく・憲法改正してから法制化するべきではないでしょうか!?
憲法違反の安保法制化案は強行採決じゃなくて『廃案』しかないのではないでしょうか!?」といったん廃案にし、国民全体でもう一度、憲法自体から考えなければならないという考えを示した。

20150331_book_eye


2015年8月11日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/11/0008293675.shtml

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1439271900/

この記事を読む






1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/08/10(月)12:49:01 ID:A8x
 9日の長崎原爆の日、長崎市の田上富久市長は平和宣言の中で、安保関連法案について言及し、慎重審議を求めるとした。
安保法関連案が戦争リスクを高める、という認識を示したことになる。
一方、安倍首相は、長崎市内で被爆者団体の代表5人と面会し、「日米同盟を完全にしましたと世界に発信することで戦争リスクを減らす」という認識を示した。

 筆者は、過去の戦争に関するデータから、集団的自衛権の行使を認めるほうが、防衛コストが75%安くなって最大40%も戦争リスクを減らすという実証分析結果を示してきた。
 もともと筆者は、データや事実に基づき物事を判断するので、集団的自衛権の行使が戦争リスクを高めるというデータがあるなら、筆者も安保関連法案に反対する。
ただし、ほとんどの国が集団的自衛権の行使に賛成していることからもわかるように、そうしたデータはないだろう。

 それを前提に、憲法9条について考えたい。日本の左派勢力がいう「憲法9条の価値」は、海外にはどう映るだろう。
憲法9条について「戦争をしないためのもの」と外国人に説明すると、「戦争をしないのは結構なことだが、それは侵略戦争のことだろ。
侵略戦争をしないというのなら、第一次世界大戦後に締結されたパリ不戦条約以降、世界の多くの国は侵略戦争をしていない」といわれる。

 ここでもし、日本の一部の憲法学者のように「いや、自衛戦争まで否定すべきだ」なんていったら、
自衛戦争まで否定するのは国家としてクレイジーといわれてしまう。
「自衛戦争までは否定しない」といえば、「それはそうだろう」との反応が返ってくる。
そして、先制攻撃をしないが、やられたときはやり返すという自衛戦争をするというのは「理にかなったいい戦略だ」といわれる。

 ただ、「戦争を防ぐということであれば、なぜ集団的自衛権を認めないのか」となるだろう。
戦争を防ぐためなら自衛も他衛も区別しないのが国際常識(実は国内法でも正当防衛では区別していない! )となっており集団的自衛権の行使を否定するということは、国際社会では考えられないからだ。

 というわけで、憲法9条は外国から見れば、否定はされないが、理解はされない。憲法9条だけでは、戦争リスクを減らすことにつながらないからだ。
そこで、戦争リスクを減らすためには、①~⑤が必要になる。

 国際政治・関係論では、①同盟、②軍事力をリアリズムが主張し、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関はリベラリズムが主張してきた。
①同盟、②軍事力は自国でなんとかできるが、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関は相手国に大きく依存するので、相手任せでもある。
いずれにしても、自国でできることと相手国に働きかけることが、平和のための車の両輪である。

 そして、①同盟、②軍事力を主張するリアリズムは政治的には右、③民主化、④経済依存度、⑤国際機関を主張するリベラリズムは左が多い。

 日本の多くの左派勢力は、こうしたデータを無視した感情論をいう。
しかし、一部であるが、「貿易依存度を高めれば戦争リスクを減らせるなら、安保関連法案ではなく、対中貿易を促進すればいい」という意見のいう人もいる。
 こういう主張の人は④の「経済依存度」だけに焦点を当てているようだ。
別に④を否定するわけではないが、①同盟も否定することはない。一緒にやればいい。

筆者にとって奇妙なのは、日本の左派が平和のために③の「民主化」を求めるなら多少は理解できるが、民主化についてさっぱり発言しないことだ。
「憲法9条堅持」を唱えておけばそれでいいのだという、「お花畑思考」なのだろう。

 国内の左派勢力が平和を望むのであれば、中国の民主化を叫ぶべきであるが、そうした意見はなかなか聞こえてこない。まったく不思議だ。
そればかりか、国内の左派勢力は立憲主義を根拠に集団的自衛権の行使に反対するが立憲主義とは相容れない中国がまったく同じ主張をしている(日本の集団的自衛権の行使に反対している)ことに違和感を感じないのだろうか。

 中国の憲法には、まず共産党があって、人々はその指導を受けるとも書かれている。これは立憲主義ではない。さらに、平和憲法条項もなく中国の軍隊である人民解放軍は共産党の軍隊と明記されている。
日本の左派勢力は、安全保障関連法案に反対する前に、まず中国に対して民主化するように訴え、日本の憲法9条のようなものをつくれというべきなのだ。

2


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int&p=2
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00044636-gendaibiz-int&p=3

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1439178541/

この記事を読む

1: えりにゃん φ ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 10:44:23.76 ID:???.net
【ソウル時事】11日付の韓国紙・中央日報は北京の外交筋の話として、米国が先月、韓国政府に対し、中国が9月3日に北京で開催する抗日戦争勝利70年記念行事に関し、朴槿恵大統領ではなく、金章洙駐中国大使が出席するよう促したと報じた。

 一方、韓国大統領府関係者は「事実ではない」と否定している。

 同紙によると、米国は「朴大統領が出席すれば、朝鮮戦争当時の敵国の軍事大国化に同調する印象を与え、米韓同盟に否定的な影響を及ぼしかねない」と指摘した。韓国側は「同盟国である米国はもちろん、中国との関係も考慮して決定する」として、明確な態度を示さなかったという。 

2013-10-04-k010


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000031-jij-kr

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1439257463/

この記事を読む

1: ドラゴンスクリュー(宮城県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 23:23:53.25 ID:CHEoJYWo0.net BE:601381941-PLT(12121) ポイント特典
内閣支持率 森9%、鳩山14%などの歴史と「落胆率」の影響

永田町では内閣支持率について「30%台で黄信号、20%台は危険水域、20%割れで退陣」といわれる。
最近の首相の政権末期の支持率を見ると、麻生内閣(18%)、鳩山内閣(17%)、菅内閣(14%)と20%を下回ったところで退陣に追い込まれている(支持率は朝日新聞の数字。以下同)。

もっとも、古くからそうだったわけでもない。「自民党一党独裁」と呼ばれた長期政権時代には、「総理たちは支持率を『あんなの新聞の人気投票だ』と気にしなかった。選挙で野党に政権を奪われるなんて考えていなかったからだ」(自民党議員OB)という。

自民党初代総裁の鳩山一郎首相から1993年に下野する宮沢喜一首相まで15代の内閣の支持率は軒並み低く、発足時に全紙50%を超えたのは庶民宰相と呼ばれた田中角栄首相しかない。

変わったのは自民党から政権を奪い、71%という空前の高支持率でスタートした細川内閣からだ。
当時、ブレーンの1人は、「細川(護熙)さんは支持率が50%を切ったら辞める」と予言し、周囲の誰も信じなかった。

ところが、その通りに細川首相は就任8か月後に支持率が50%を割った途端に退陣を表明した。
この細川政権で小選挙区制が導入され、「政権交代の時代」になると、時の総理は支持率に一喜一憂し、与党議員も自分たちの当落に影響する支持率で首相の評価をするようになった。

ただし小渕内閣は25%の赤信号でスタートしながら徐々に支持率が上がり、森内閣のように発足時の40%から批判の中で一桁(9%)まで粘ったケースもある。

続く
2: ドラゴンスクリュー(宮城県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 23:24:19.42 ID:CHEoJYWo0.net BE:601381941-PLT(12121)
そこでもう一つバロメーターとして政界で注目されるようになったのが、「落胆率」だ。高かった支持率が短期間に急降下することは「ジェットコースター現象」と呼ばれるが、その下落幅は国民の落胆度を表わしているという意味だ。

わずか9か月間で支持率が50%以上(71%→17%)も下落した鳩山内閣が代表例で、近年の短命政権はいずれもジェットコースター現象で政権から滑り落ちた。

第2次安倍内閣は発足から2年半、高い支持率を維持したものの、安保法案の強行採決をきっかけに直滑降を始めている。このまま沈んでいくのだろうか。

似た支持率推移をたどったのが橋本内閣だった。発足から1年半は50%以上の支持率を保ったが、内閣改造でロッキード事件で有罪判決を受けた佐藤孝行氏を入閣させたことで一気に20%近く急落そのまま参院選に敗北、退陣に至った。

逆に急落から持ち直したケースもある。政権発足時に歴代最高の78%の支持率を誇った小泉内閣は、田中真紀子外相更迭でわずか1年後には49%に急落したが、首相の電撃訪朝でV字回復させて長期政権となった。

果たして安倍晋三首相は橋本、小泉どちらの道を辿るのか。

2013-04-21-abe


※週刊ポスト2015年8月21・28日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150810_341399.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439303033/

この記事を読む

1: ダブルニードロップ(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 23:50:13.19 ID:sCEeraQc0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
官邸前で「再稼働反対」=400人、若者も-東京

 東京・永田町の首相官邸前で11日夜、九州電力川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働に反対する人たち約400人が集まり、プラカードや横断幕を手に「川内原発、再稼働反対」とシュプレヒコールを上げた。ほぼ毎週金曜日に官邸前で反原発を訴えている首都圏反原発連合が主催した。
 家族で原発問題について話し合うという東京都八王子市の団体職員竹内史朗さん(40)は、「思っていることを行動で示すのが大事」と小中学生の子供ら家族5人で声を張り上げた。
中学2年の長女(14)は「核のごみは捨てられない。処分場もないのに再稼働するなんておかしい」と批判した。(以下略)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015081100860



関連
【サヨク画報】川内原発前で抗議活動「戦争法案反対!」全国から集結

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439304613/

この記事を読む

1: チキンウィングフェースロック(北海道)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 21:16:26.54 ID:SRn271Dd0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
首相経験者5人、安倍首相へ提言 安保関連法案めぐり

市川美亜子

2015年8月11日20時50分

 参院特別委で審議中の安全保障関連法案をめぐり、法案に反対するマスコミOB有志が11日、首相経験者5人による安倍晋三首相に対する提言を発表した。首相側にも郵送した。

細川護熙氏の提言全文(PDF)
http://www.asahicom.jp/teigen/hosokawa.pdf
羽田孜氏の提言全文(代筆・PDF)
http://www.asahicom.jp/teigen/hata.pdf
村山富市氏の提言全文(PDF)
http://www.asahicom.jp/teigen/murayama.pdf
鳩山由紀夫氏の提言全文(本人の意向で友紀夫と表記・PDF)
http://www.asahicom.jp/teigen/hatoyama.pdf
菅直人氏の提言全文(PDF)
http://www.asahicom.jp/teigen/kan.pdf

 「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」(51人)が7月に中曽根康弘氏以降の存命の12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙氏、羽田孜氏、村山富市氏、鳩山由紀夫氏、菅直人氏の5人の分を発表した。

 提言では「集団的自衛権の行使が必要だと感じるなら、憲法改正を」「恣意(しい)的運用の歯止めがない」などとして、5人全員が法案に反対の立場を表明した。

 羽田氏の文章は、関係者が口述筆記したもの。「9条は二度と過ちを繰り返さないという国際社会への約束事」などとしたうえで、「安倍総理から日本を守ろう」と結ばれている。

 このほか、細川氏は解釈改憲について「立憲主義に対する畏敬(いけい)の念の欠如を物語っている」と指摘。村山氏は「力で押し通す国民軽視の姿勢は許せない」と訴えた。
菅氏は「国民の将来よりも祖父の思いを優先する政治姿勢」を批判した。鳩山氏は「私は日本を『戦争のできない珍しい国』にするべきと思う」とした。(市川美亜子)

img_6f13f784be8c25fe5b375bdb740de7b6146344


http://www.asahi.com/articles/ASH8C5K3WH8CUTIL03D.html?iref=comtop_6_03

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439295386/

この記事を読む

1: ダブルニードロップ(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 14:21:06.90 ID:sCEeraQc0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

no title

no title

no title

no title







【画像】
no title

no title

no title

no title

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439270466/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング