じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 21:57:45.29 ID:???.net
【沖縄が危ない】「沖縄独立論」政治家や知識人も便乗 独立後は「中国がお金を出してくれる」 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150307/dms1503071530001-n1.htm


no title

沖縄の象徴・首里城。県民意識と離れた「沖縄独立論」が広まっている


 沖縄のオピニオンリーダーと呼ばれる層を「沖縄独立論」がじわじわと汚染し始めている。沖縄の県紙は、県民に独立論への共感をあおり立て、「反米軍基地」の潮流に乗る政治家や知識人も、独立論に便乗した人気取りにきゅうきゅうとしている。

 独立論を支持する県民はほとんどいないが、一握りの人たちの暴走が思わぬ事態を招く可能性があり、警戒が必要だ。

 「国際人権規約は人民の自己決定権を保障している。自らの運命に関わる中央政府の意思決定過程に参加できる権利で、それが著しく損なわれた場合、独立を主張できる」

 2月11日付の県紙「琉球新報」は、1ページをまるごと使った特集で、沖縄の「自己決定権」を誇示した。

 同紙は沖縄の「主権」をテーマにした100回に及ぶ大型連載を敢行。沖縄の歴史を丹念に追い、独立論を理論的に根拠づけようと試みた。

 沖縄では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対することが、「自己決定権」の行使と称されている。

 報道に後押しされたかのように、糸数慶子参院議員(沖縄大衆党)は琉球王国時代の服装で国連に出席し、辺野古移設は「沖縄の先住民族」の権利を侵害していると主張した。照屋寛徳衆院議員(社民党)はブログで「沖縄は日本国から独立した方が良い、と真剣に思っている」と表明した。

 私が聞いたところでは「沖縄のご意見番」としてもてはやされているある政治家は、私的な会合で「米軍基地が撤去できないなら、沖縄は独立した方がいい」と述べた。「独立後の経済的基盤はどうするか」と聞かれると「中国がお金を出してくれる」と平然と答えたという。この人物は、驚くなかれ沖縄では「保守の政治家」で通っている。

 だが、一般の県民に独立志向などは全くない。沖縄人のアイデンティティーが日本人のそれを否定するものでないことは、他県の人たちとまったく同じだ。ただ、反米軍基地感情を悪用し、独立論を切り札にしようと画策する勢力が一部にいる。尖閣有事などの際、この勢力が中国と手を組み、沖縄で一方的に「独立」を宣言するような事態が起きては一大事だ。

 石垣市民の私たちからすると、沖縄が日本でなくなれば当然、尖閣も日本ではなくなる。国境の島が巨大な中国の脅威と戦っているいま、独立論などは住民の足を引っ張る暴論でしかない。

 独立論者が、自らの主張はいつか県民の「総意」になり得るという幻想を抱いているなら見当違いだろう。「尖閣を抱える石垣市民の気持ちを思え」。本来、独立論への反論は、この一言で足りる気がする。 (八重山日報編集長・仲新城誠)

この記事を読む






1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 22:00:29.76 ID:???.net
2015年3月6日、環球網は記事「安倍首相の米議会演説が既定方針に、韓国国会議長は不満」を掲載した。

米国訪問中の鄭義和(チョン・ウィファ)韓国国会議長は4日、エド・ロイス米下院外交委員長らと昼食を共にした。
安倍晋三首相が4月に米国を訪問する際、議会演説を行う見通しだが、鄭議長は慰安婦問題について謝罪していない安倍首相が演説することは問題だと不満の意を表明した。
同席した議員は安倍首相の演説の有無にかかわらず、歴史問題は極めて重要な問題だと表明しとりなしている。

また鄭議長は同日、ジョン・ベイナー下院議長とも会談したが、その際にも「日本側の誠意ある謝罪がなければ前進できない。
もし演説があるならば侵略の歴史の枷(かせ)を脱するものであるべきだ」と発言した。
ベイナー議長はこの発言に相づちを打ったが、コメントはなかった。(翻訳・編集/増田聡太郎)

20141027192231_bodyfile


http://www.recordchina.co.jp/a103772.html

この記事を読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 21:58:33.27 ID:???.net
日韓歩み寄り説く韓国教授の書「親日は非国民」と事実上発禁 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150306/frn1503061540005-n1.htm


 国交正常化50年という節目の年に、日韓関係は冷え切ったままだ。両国にとって好ましくない現状だが、韓国側は歩み寄るどころか、さらに「反日」の度合いを強めている。裁判所までもが「親日は非国民」という理屈で、日韓の歩み寄りを説いた書籍に対して事実上の「発禁命令」を
下した。

 〈「慰安婦」のすべての姿を見ないままでは問題は永遠に解決しない〉

 一昨年8月に韓国で出版された『帝国の慰安婦』のキャッチコピーである。

 昨年6月、同書の著書である世宗大学の朴裕河(パク・ユハ)教授に対して、元慰安婦9人が「虚偽の事実を記載して名誉を毀損された」として出版差し止めの仮処分を求めた。その申し立てに対してソウル東部地裁は2月17日、「34か所の文言を削除しないかぎり出版を差し止める」
との決定を出し、書籍は書店店頭から消えた。事実上の発禁処分である。

 朴教授は1957年ソウル生まれで、高校卒業後に来日。慶應義塾大学文学部を卒業後、早稲田大学文学研究科で博士号を取得した。韓国に日本近現代の文学を紹介し、夏目漱石などの韓国語訳を手がけてきた。歴史問題で日韓の「和解」の道を模索してきた学識者としても知られる。

 2007年4月には、元慰安婦への償い事業を続けてきたアジア女性基金(※注)が解散したのを受け、日本外国特派員協会で会見を行なった。
そこでは、

 「慰安婦問題に対する日本の対応が、韓国ではほとんど理解されていない」

 「『日本は謝罪も補償もしなかった』というような言葉がまかり通っている」

 と、韓国側の無理解に言及した。その他にも、

 「(慰安婦)動員の過程において、韓国人もかかわっていた事実があります」

 と語り、日本軍による強制連行ではなく朝鮮の業者が慰安婦を集めていた事実に触れている。一方で戦時中の日本を全面的に擁護するわけではなく、慰安婦問題が「植民地化という(韓国側の)被害の中で起きたこと」であるとし、日韓双方の責任に触れていた。

 『帝国の慰安婦』でも、日本の植民地支配が慰安婦を生んだ原因だとしつつ、韓国社会に根付いた「20万人の少女が強制連行された」という認識は歴史事実に反すると論証している。

 書籍が発売されたのは一昨年8月だが、「ナヌムの家(元慰安婦の共同生活施設)」で暮らす元慰安婦たちが訴えを起こしたのは昨年6月になってからだった。

 「朴教授は冷静な議論のできる人だから、ハルモニ(おばあさん=元慰安婦の意)からも信頼を得ていた。朴教授に日本軍と自分を売った父親のどちらが憎いか、と問いかけられて『それは父親だ』と答えるハルモニもいた。ただし、慰安婦支援団体の中には朴教授への反感がくすぶっていた。朴教授と最も信頼関係が深かった91歳の元慰安婦が昨年6月に亡くなると、その1週間後に今回の訴訟を起こしたのです」
(韓国紙記者)

 都合の悪い「事実」を証言する元慰安婦がいなくなった途端、訴訟が起きたわけだ。さらに驚かされるのは、裁判所がその訴えを認めたことである。

 【※注】アジア女性基金/元慰安婦に対する補償(償い事業)などを目的として1995年に発足。日本政府の出資金と国内外からの募金によって運営されたが、韓国では補償が国家賠償ではないことを慰安婦支援団体から厳しく批判された。2007年3月末に解散。

 ※週刊ポスト2015年3月13日号

 politics_0704_006

この記事を読む

1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 19:14:37.43 ID:???.net
 少女時代のヒョヨンとユナがショッピングする写真が公開された。

 ヒョヨンは7日午後、自身のInstagram(写真共有SNS)に「久しぶりにユナとショッピングとデート。昨日」という書き込みと共に、一枚の写真を掲載した。

 公開された写真には、顔の半分を隠すような大きなサングラスをかけ、カメラに向かって微笑んでいるヒョヨンとユナが写っている。特に、2人は普通の女の子のようにショッピングを思いっきり楽しんでおり、視線を引きつけた。

 この写真を見たネットユーザーたちは「ヒョヨンとユナ、仲良くて微笑ましい」「私も一緒にショッピングしたい」「2人とも遠くから見ても芸能人だね」などの反応を見せた。

 少女時代は4日、アルバム準備のために日本に出国した。

ソース(Kstyle) http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2015601
no title


参考
「歴史を忘れた民族に未来はない」少女時代メンバー日本をInstagramでdisる
http://jpsoku.blog.jp/archives/1020852467.html

ダウンロード




この記事を読む

1: スパイダージャーマン(愛媛県)@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 00:57:59.02 ID:VDuyX8Su0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
「脱原発テント」撤去、市民団体が不服とし控訴

 経済産業省の敷地内にテントを設置し脱原発を訴えている市民団体が、退去を命じた東京地裁の判決を不服とし控訴しました。
団体は、2600万円あまりの賠償も命じられていて、反発しています。

 「この判決を断じて、受け入れることはできません」(市民団体の会見)

 「脱原発テント」は、市民団体が原発事故の半年後に設置したものですが、東京地裁は先月、「表現の自由の行使という側面があっても、占有する権利は無い」として、テントの撤去と立ち退くまでの使用料、現時点で2600万円あまりの支払いを命じました。

 団体側は判決を不服とし控訴した上で、4日、判決確定前の強制執行を可能とする仮執行宣言の「執行停止」を申し立てました。
団体側は、「運動を続けるため1億円の寄付を集めたい」としています。(04日15:59)

20150227015955sdifuio


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2436778.html (動画あり)

この記事を読む

1: Hi everyone! ★ 2015/03/07(土) 21:12:51.12 ID:???.net
 インターネットで保険見直しの相談を無料で受け付ける「みんなの生命保険アドバイザー」が先月27日、過去の利用者約2000人に「ブラックリスト様」の宛名でメールを送っていたことが分かった。同サイトを運営するパワープランニング(東京)は「新しい顧客管理システムを導入した際、誤ったメールを自動配信してしまい、心からおわび申し上げます」と謝罪している。

 みんなの生命保険アドバイザーは、保険の見直しを検討している人からのネットでの申し込みに対し、複数の保険を扱うファイナンシャルプランナーを無料で紹介する仕組み。

 パワープランニングによると、メールは先月27日午後7時ごろ送信された。本文は「ブラックリスト様」の書き出しで「検討させて頂きましたが、無料相談の対応が可能なアドバイザーのご紹介が難しくなっております(中略)今回のお申し込みはキャンセルとさせていただきます」などと依頼を断る内容。申し込んでいない人にも送られていた。

 送信から約30分後に過去の利用者から「不快だ」との抗議が電話であり「誤送信」が判明。その後、発生理由や再発防止策などを書いた謝罪文を送信した。毎日新聞の取材に対し、同社は「虚偽の申し込みなどをされた方はブラックリストに載せているが、メールを送った方は一切関係ない」としている。

ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20150308k0000m040008000c.html
写真=「ブラックリスト様」の宛名で送信されたメール
no title

この記事を読む

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 12:40:46.56 ID:RnaQLybE.net
中国メディア・中国日報網は12日、韓国に「金」姓が多い理由について考察した英紙エコノミストの評論記事を掲載した。

ソウルの中心にある南山の頂から石を投げると、金あるいは李を姓とする人に当たると言われるほど、韓国では金姓が多い。
全人口の5人に1人金姓で、李姓と朴姓を合わせると人口のほぼ半数を占める。

韓国の氏姓は中国を起源とし、宮廷官僚や貴族が7世紀に引用し始めたものだ。朝鮮王朝が滅びる直前の20世紀初頭まで、苗字は貴族の特権だった。
しかし、時代が下るにしたがって貴族のほかに有力な商人も、金銭で貴族の系譜を買い取ることで苗字を持つようになっていった。
18世紀末には、系譜の偽造が盛んに行われたという。

地方の豪族が姓を名乗るさい、古代朝鮮の王族が使用していた金と李を好んで選んだ。同一姓内での血統の区別をするために、
慶州金氏、金海金氏など先祖の出身地を冠した氏族が誕生したが、実際血縁関係を証明することは不可能だったため、
末期の朝鮮王朝は同一姓の結婚を禁止した。

19世紀末に階級制度が撤廃され、1909年に全員が姓を名乗ることが義務付けられた。
そのさい、多くが金や李という高貴な姓を名乗ったのだ。

現在は金姓や李姓と高貴な身分は直接結びつかなくなっている。それでも、このような姓を名乗る人が今も増えているのだ。
韓国政府のデータによると、外国人が韓国に帰化するさいにも金、李、朴、崔の姓がよく選ばれるのだという。

99-3-01


http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/395303/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング