スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 08:29:07.19 ID:???*.net
音楽家の坂本龍一さんら安全保障関連法に反対する東京芸術大の関係者でつくるグループが十四日、東京・上野のキャンパスで旗揚げ集会を開き、法廃止を訴える声が相次いで上がった。

グループは「自由と平和のための東京芸術大学有志の会」で、九月上旬に法案反対のアピール文を発表。
呼び掛け人には卒業生の坂本さんのほか、同大で教壇に立つなどしている音楽家大友良英さん、劇作家平田オリザさん、作曲家三枝成彰(さえぐさしげあき)さんら約七十人が名前を連ね、九月二十六日までに約八百八十人が賛同した。

集会では、バイオリニストの玉井菜採(なつみ)准教授が「日本が戦争に足を踏み入れたり、表現の自由が奪われたりすることがないよう声を上げることが大事だ」と指摘。
毛利嘉孝(よしたか)准教授は「戦争になると芸術が動員される」と懸念を示した。

d0164331_18542194


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201510/CK2015101502000140.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444865347/

この記事を読む






1: キン肉バスター(宮城県)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 20:15:39.95 ID:G79uY6YA0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
孔子平和賞を辞退した村山富市氏が困惑「なんで俺なのかわからない」

ノーベル平和賞に対抗してか、「孔子平和賞」という賞が中国にあり、6回目の今年(2015年)はアフリカのジンバブエのムガベ大統領が選ばれた。候補には日本人の政治家も上がり、ムガべ大統領と村山富市元首相(91)が最終的に絞られたが、村山氏は「健康上の理由で授賞式に参加できない」として辞退した。

■ノーベル平和賞に対抗して政治的宣伝

「モーニングショー」のスタッフが大分の村山氏の自宅を訪ねた。社民党を通じて打診があったそうだ。
だが、「俺は身体が悪いからね、中国に行けないとお断りをしてくれと、そう言ったんじゃ。孔子さんは有名な人だから受け取っていいと思ったが、僕はそれに値するのか、よくわからんしね。なんで俺なのか、戸惑ったよ」と話す。

司会の羽鳥慎一「私も知らなかったのですが。政治的な思惑でできたのでしょうか」
青木理(ジャーナリスト)「そうでしょうね。そうした意図があるのでしょう」

野村慎平アナによると、中国の民間団体が主催して2010年に創設された。同じ年に人権活動家、劉暁波氏がノーベル賞を授賞されたことに反発して対抗したとみられている。


続きます

2: キン肉バスター(宮城県)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 20:16:07.21 ID:G79uY6YA0.net BE:601381941-PLT(12121)
■今年の受賞者はジンバブエの最悪独裁者・ムカベ大統領

授賞式は12月9日(2015年)に北京で開催される。記念品は孔子の金メッキ彫像、メダルと賞金もある。
2010年は約190万円だったが、12年には約1億8000万円と大幅に跳ね上がった。

羽鳥「ずい分上がりましたね」
野村「なぜ上がったのか、わからないんですよ」
キャスターの宇賀なつみ「ますます怪しいですね」
青木「ノーベル賞の賞金に対抗したのかもしれませんね」

選考基準は「中国の価値観で世界平和に貢献した人物」となっている。過去の授賞者をみると、11年は
ロシアのプーチン首相(当時)、12年はアナン前国連事務総長、14年はカストロ・キューバ前国家評議会議長が選ばれている。今年の候補には村山氏のほか福田康夫元首相や朴槿恵韓国大統領、実業家のビル・ゲイツ氏らの名前も挙げられていた。

ムカベ大統領について、独立総合研究所の青山繁晴社長は「ムガベ大統領は現役独裁者の中で最悪の人物」と指摘する。だが、選考委員の1人は「そんなことは聞いたことがありません」と答えていた。

中国事情に詳しい拓殖大学の富坂聰教授は「中国が戦略的に力を入れていくべき相手を称える意図が
あるのではないか」と話している。

キャプチャ


http://news.livedoor.com/article/detail/10700910/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444821339/

この記事を読む

1: 閃光妖術(芋)@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 00:09:10.13 ID:fR5mT2hq0.net BE:422186189-2BP(1500)
中国の上海で、日本人の女性1人がスパイ行為にかかわった疑いがあるとして、ことし6月から中国当局に拘束されていることが関係者の話で分かり、中国でこれまでに同じ容疑で逮捕されたり拘束されたりした日本人の数は合わせて4人となりました。

(中略)

中国政府は去年11月にスパイ行為を具体的に定義した「反スパイ法」を施行し、日本人以外にもアメリカ人の女性を拘束するなど、中国での外国人の活動に監視を強めているものとみられます。

■これまでに拘束された3人は
中国でことし5月に拘束された日本人2人は、愛知県と神奈川県に住むいずれも50代の男性で、これまでもたびたび中国に渡航していました。

知人や政府関係者などによりますと、このうち愛知県在住の男性は、人材派遣会社などに勤めたあと、名古屋市で中国人の人材派遣や中国人などを相手にした不動産の仲介を行う会社を経営していたということです。
男性は頻繁に中国に渡航していたということで、ことし5月、浙江省の沿岸部にある軍事施設の周辺で、スパイ行為に関わった疑いがあるとして中国当局に拘束されました。

もう1人の神奈川県在住の男性は日本で生まれ、昭和34年から始まった北朝鮮への「帰還事業」で、在日朝鮮人の父親や日本人の母親らとともに北朝鮮に渡ったということです。その後、家族と一緒に北朝鮮を逃れ、平成13年に日本に入国して日本国籍を取得し、現在はパチ関連の事業を行っているということです。男性は、定期的に中国を訪れていたということで、ことし5月、遼寧省の北朝鮮との国境地帯で、スパイ行為に関わった疑いがあるとして中国当局に拘束されました。

また、このほかにも、ことし6月、北京で、北海道に住む60代の男性が同じ容疑で中国当局に拘束されたとする情報があるということです。この男性は中国にパイプを持ち、現地に進出しようとする企業の支援も行っていたということです。ことし6月、「これから北京に行く。1週間で戻る」と話していたということですが、その後、連絡がつかなくなり、外務省から家族に「男性と連絡を取る際は外務省を通してほしい」と打診があったということです。

K10010266271_1510110628_1510110637_01_03


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151011/k10010266271000.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444835350/

この記事を読む

1: 男色ドライバー(東京都)@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 00:36:25.49 ID:uRtg18hH0●.net BE:583472408-PLT(14014) ポイント特典
共産党と共闘「いつからこんな民主党に成り下がった」 民主・長島氏がブログで批判

産経新聞 10月14日 21時48分配信
no title

9月14日夜、国会前での安保関連法案に反対する集会に参加、気勢を上げる(左から)生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長、民主党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首=東京・永田町(酒巻俊介(写真:産経新聞)

 「こんな民主党に成り下がってしまったことが残念でならない」-。

民主党の長島昭久元防衛副大臣は13日付のブログで、岡田克也代表が共産党の志位和夫委員長と安全保障関連法の反対デモなどで共闘したことを厳しく批判した。
安全保障政策で現実的な対案を示さず、共産党と手を組んで反対に終始した党執行部の姿勢が我慢ならなかったようだ。

 長島氏はブログで、「(岡田氏が)デモ隊の先頭に立ち、共産党委員長と手を取り合って万歳する姿を見た多くの方々から『民主党はいつから共産党と同じになってしまったの?』と懸念をぶつけられた」と指摘。
野党転落後も熱心に民主党を支援した有識者からも「今の民主党は、この国のサイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)をあまりにもばかにしているのでないか」と失望されたという。

 長島氏は、「私たちはもう一度原点に立ち返る必要がある」とも強調。再び政権交代可能な2大勢力を築くため、野党勢力の再結集を呼びかけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00000583-san-pol

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444836985/

この記事を読む

1: メンマ(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 15:23:29.60 ID:4HAp2epF0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
共産・志位委員長:「1人区全部で選挙協力をしたい」
毎日新聞 2015年10月14日 08時00分

 共産党の志位和夫委員長は13日、毎日新聞のインタビューに応じた。共産党が呼びかけている来夏の参院選での野党選挙協力について「32の(改選数1の)1人区全部で自民を落として野党が勝つ構えで選挙協力をしたい」と述べ、すべての1人区で野党の選挙協力を進める意向を明らかにした。

 志位氏は「どの選挙区にも擁立するこれまでと同じ対応では国民への責任は果たせなくなる。
共産党も変わらなければいけない」と述べ、党方針を大きく転換する姿勢を改めて示した。

 共産は安全保障関連法で反対した民主など野党4党に構想を呼びかけたが、民主内の保守系議員らが政策的違いを理由に反発している。これに対し、志位氏は「安保法廃止と立憲主義回復の一致点で協力し、不一致点は横に置く。安保法廃止時には(自衛隊法など)現行の条約と法律の枠内で対応する。日米安保条約の解消に向けた措置は取らない」と述べ、他党と一致しない共産党の政策は棚上げする考えも強調した。

 また、志位氏は今回の構想について、「安倍政権が続くなかではすぐに降ろすものではなく、一貫して掲げたい」と述べ、中期的に構想を掲げ続ける考えも示した。【田所柳子】


20151014k0000m010181000p_size5


http://mainichi.jp/select/news/20151014k0000m010184000c.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444803809/

この記事を読む

1: 栓抜き攻撃(茸)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 16:46:36.13 ID:9aoyqigZ0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
アジアプレス・ネットワーク 10月13日(火)15時22分配信

安保関連法賛成議員の「カネ」を徹底調査 弁護士が組織立ち上げへ

全国の弁護士の有志が、安全保障関連法案に賛成した議員について、政治資金収支報告書などを徹底的に調査して問題を洗い出す取り組みを始める。参加弁護士は全国で連携して調査を行い、問題があれば法的手続きに入るなどして、法案に賛成した政治家の落選運動につなげたいとしている。(アイ・アジア編集部)

弁護士の有志で結成をしようとしているのは、「安保関連法賛成議員を落選させよう・弁護士の会」(仮称)。


会は、9月19日(2015年)に成立した安全保障関連の2法について、「日本国憲法の平和主義を直接に蹂躙するだけでなく、立憲主義や民主主義をも破壊する立法」として厳しく批判。
「この法案の廃案を求める国民運動は大きな高揚と広がりを見せたが、結局は自公両党の数の力に押し切られてしまった」として、民主主義を正常な状態に戻すためには、次の選挙で自民党と公明党の議員を少数に転落させる必要があるとしている。
現在、大阪の他、東京、札幌、京都、奈良の弁護士などでその準備が開始されており、会のHPを作り、全国の弁護士に参加を呼び掛けることにしている。


呼びかけ人代表は大阪弁護士会の阪口徳雄弁護士。阪口弁護士は市民団体「政治資金オンブズマン」の共同代表として政治資金規正法違反を告発してきた政治資金調査の第一人者。


会の発足について阪口弁護士は、「国を守るために立憲主義を無視するなど、言語道断だ。それは国を守ることにならないことを、いやしくも政治家が知らないなどは許されない。
各地の弁護士と相談を開始しており、その数は増えつつある。いずれも、国に届け出た資料と都道府県に届け出た資料を突き合わせるなどして徹底的に調べ、違法、不正、不透明な入金や支出が見つかった政治家については、HPに公表して、場合によっては法的に告発するなど追及していく」と話している。

キャプチャ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151013-00010001-asiap-soci

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444722396/

この記事を読む

1: ジャストフェイスロック(東京都)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 20:47:18.98 ID:X45Jba180.net BE:902871952-PLT(12000) ポイント特典
内閣支持率 支持43% 不支持40%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151013/k10010268451000.html 

キャプチャ
キャプチャ2



NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月と同じ43%、「支持しない」と答えた人は、1ポイント上がって40%でした
NHKは、今月10日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは、1628人で、66%にあたる1067人から回答を得ました。
それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月と同じ43%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、1ポイント上がって40%でした。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が35%、「実行力があるから」が24%、「政策に期待が持てるから」と「支持する政党の内閣だから」が、ともに14%でした。
これに対し、支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が47%、「人柄が信頼できないから」が21%、「支持する政党の内閣でないから」が11%、などとなっています。

安倍内閣の経済政策について尋ねたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が45%、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が13%でした。
景気が回復していると感じるかどうかについては、「感じる」が12%、「感じない」が48%、「どちらともいえない」が36%でした。

集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ、安全保障関連法が成立したことを評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が9%、「ある程度評価する」が30%、「あまり評価しない」が28%、「まったく評価しない」が26%でした。
「安全保障関連法の成立によって抑止力が高まり、日本が攻撃を受けるリスクが下がる」という政府の説明に納得できるかどうか尋ねたところ、「大いに納得できる」が6%、「ある程度納得できる」が28%、「あまり納得できない」が34%、「まったく納得できない」が25%でした。

安倍総理大臣が今月行った内閣改造と自民党の役員人事を全体として評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が3%、「ある程度評価する」が34%、「あまり評価しない」が39%、「まったく評価しない」が14%でした。
安倍総理大臣は、誰もが活躍できる「一億総活躍社会」の実現を目指すとして、担当大臣を新たに設け年内に緊急対策を行うとしていますが、この取り組みに期待できると思うか尋ねたところ、「期待できる」が13%、「期待できない」が38%、「どちらともいえない」が43%でした。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉が大筋合意に達したことを評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が8%、「ある程度評価する」が45%、「あまり評価しない」が29%、「まったく評価しない」が8%でした。
TPPによって、国民の生活は豊かになると思うか尋ねたところ、「豊かになる」が14%、「豊かにはならない」が17%、「どちらともいえない」が61%でした。
 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444736838/

この記事を読む



このページのトップヘ