スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: セントーン(タイ)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 11:04:17.05 ID:btRGC/Er0●?2BP(3000)
意地悪ニッポン “炎上”主犯は「満たされないオジサン」〈週刊朝日〉

20160414-00000002-sasahi-000-10-view


「皆様に、ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」

 3月末にオンエアされたばかりの日清カップヌードルのCMが、4月7日、急きょ放送中止に追い込まれた。タレントの矢口真里(33)が、不倫騒動以来初めて出演したと話題になったCMだが、視聴者から批判含みの“意見”が多数寄せられた末の決断だという。

少しでも気に入らないと、とにかく批判をぶつけ、謝罪と撤回を求める──。攻撃の連鎖を呼ぶ「炎上」は、ネット上にあふれかえる。

こうした炎上に参加するのは一体どんな人なのか。興味深いリポートがある。
「ネット上で嫌な思いをしたことのある人ほど、炎上に参加しがち」など、その内容は意外性に富む。
分析をした国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一助教は話す。
「約2万人を対象に行った調査の中で、炎上に参加したことがあると答えた人は1.1%。多くの人が参加しているように見える炎上は、ごく一部の人によって引き起こされていた。」

福島瑞穂参院議員と『「意地悪」化する日本』を著した思想家の内田樹さんは、「他人が何かを失うことが自分の得点にカウントされるという発想が、意地悪化の根底にある」と話す。

「社会が豊かであるほど、意地悪な人が指導力を発揮し、優劣を競う構造になる。炎上させたがる“ネトウヨ”も9割以上が“満たされないオッサン”では。“昔はこうじゃなかった”と嘆くのは、そのころの日本が貧しかったからですよ」

いかそ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160414-00000002-sasahi-soci

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460599457/

この記事を読む






1: フェイスロック(新疆ウイグル自治区)@無断転載は禁止 2016/04/14(木) 11:03:18.53 ID:uc+vpppR0 BE:358483157-PLT(12000) ポイント特典
米国の共和党大統領選挙の予備選候補者ドナルド・トランプ氏の「韓国安保無賃乗車論」の主張に対して、ワシントンの韓国人研究員が正面から反論に出た。
ウ・ジョンヨプ峨山(アサン)政策研究院ワシントン事務所長(45)は米外交専門誌ディプロマット12日付に「米国はトランプの北東アジア政策に向かう余裕などない」という題名の寄稿文を載せた。
彼はこの寄稿で「トランプ氏は『米国を強くする』というが、北東アジアで韓国・日本との同盟関係を破棄すれば米国はむしろ弱くなるだけ」と強調した。
トランプ氏の主張に在米韓国大使館が反論を控えている雰囲気の中で、韓国人専門家が現地の報道機関を通じて公開的に反論に出たのは初めてだ。

ウ所長は「アジアで米国のリーダーシップをあきらめれば、決して米国を再び偉大にすることはできない」として「特にトランプ氏は『韓国がより多くの負担をしなければならない』と要求すしているが、すでに米国は韓国との関係でより多くの利益を得ている」と主張した。
また「韓国は国内総生産(GDP)の2.7%(40兆ウォン)を投じて米国に直接的な核の威嚇を公言している北朝鮮を抑止して、在韓米軍の駐留費用の55%を負担している」と説明した。

ウ所長は「米国が(同盟関係を捨てて)一人で行くならば米国を孤独にし、過去の世紀を懐かしがることになる」とも述べた。ウ所長は米ウィスコンシン州立大学(ミルウォーキー)政治学博士出身の安保専門家で、禹僅敏(ウ・グンミン)元済州(チェジュ)知事の長男だ。

no title


2016/4/16
http://japanese.joins.com/article/458/214458.html?servcode=A00§code=A00&cloc=jp|article|ichioshi

引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1460599398/

この記事を読む

1: チキンウィングフェースロック(catv?)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 15:55:18.04 ID:5+gLAJmF0?2BP(1931)
<金口木舌>中国人の親切に触れて

 昨年12月、中国・北京で開かれた琉球フォーラムに参加した時のことだ。タクシーにうっかりカメラを忘れた。手掛かりはほとんど無し。落ち込んでいると、中国側の関係者が懸命に探してくれた


▼タクシー協会や警察も全面協力してくれた。結局見つからなかったが、困った人への親切心が伝わった。2日後、関係者の一人が同型カメラをプレゼントしてくれたのには感激した

▼地下鉄の電車では、お年寄りが乗ると、離れた場所でもさっと席を立ち、手を引いて座らせる光景を何度も見た。中国社会には、年長者を敬い、年少者をかわいがる“敬老愛幼の精神”が根付いているという

▼マナーが悪い、空気が汚い、脅威だなどの印象が飛び交う。県民意識調査では、中国に「良くない印象」が9割を占める状況が続く。そんな中、中国での体験はカルチャーショックだった

▼翁長雄志知事は昨年に続き10日に訪中、中国要人と会談し意見交換した。経済学者の富川盛武氏によると、中国人観光客が年150万人来沖すれば、在沖米軍基地の経済効果を上回るという。中国人は安全保障面も含め、大切な隣人だ

▼最初は嫌な印象でも、接してみると見方が変わることは案外よくある。沖縄と中国は、もとより先人が築いた長い交流の歴史がある。まずは胸襟を開いて良さを学び合い、心を通わせることから始めたい。

e291ab3


http://ryukyushimpo.jp/column/entry-256237.html

引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460616918/

この記事を読む

1: (catv?)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 14:09:33.39 0● BE:698254606-PLT(14121) ポイント特典.net
東京都の舛添要一知事が繰り返している「豪華海外出張」について、近県の知事から批判や
驚きの声が相次いでいる。出張経費や待遇が突出しているというのだ。舛添氏は12日から、
また米国出張に旅立ったが、今回も飛行機はファーストクラスを利用しているという。税金を
支払う都民は、一体どう思うのか。(夕刊フジ)

「東京とこんなに違うものかとがくぜんとした。ケタが違う」「効果が期待されるから、いくらでも
使っていいということではない」

神奈川県の黒岩祐治知事は同日の記者会見で、こう批判した。元ニュースキャスターだけに、
庶民感覚とかけ離れた、舛添氏の海外出張に驚き、あきれたようだ。

埼玉県の上田清司知事も12日の会見で、「都は財政に余裕があるが、それにしても結構
おおらかな使い方だ。国民目線で言えばどうかと正直思う」と疑問を呈した。

舛添氏と同じ国会議員出身の上田氏は「議員時代はファーストクラスに乗ることもあったが、
知事になってからはビジネスクラスだ」と説明した。

山梨県の後藤斎知事も「中国やシンガポールにトップセールスに行ったが、経費は都が使っている
ような金額ではない」と語った。

images


http://www.sankei.com/politics/news/160414/plt1604140010-n1.html

引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460610573/

この記事を読む










学長の祝辞
 1 




読売新聞
2




孫崎氏
WS000000




この記事を読む

1: クロスヒールホールド(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 10:50:12.37 ID:9YtKGczq0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
民進・徳永エリ参院議員、ツイッターに、推薦候補の応援を自分で書き込み起訴猶予になっていた。公選法違反の告発受け

 民進党の徳永エリ参院議員(54)が昨年9月の北海道北見市議補欠選挙の投開票当日、自身のツイッターに、民主党(当時)推薦候補の応援を呼び掛ける書き込みをしたとして、公職選挙法違反罪で刑事告発されていたことが13日、関係者への取材で分かった。

 徳永氏側は当初、報道機関の取材に私設秘書が書き込んだと説明していたが、徳永氏は東京地検特捜部に対し、自ら書き込んだと認めたという。
特捜部は犯罪の成立に疑いはないものの、検察官の裁量で起訴を見送る起訴猶予処分とした。

 徳永氏側によると、昨年9月27日午前9時すぎ、ツイッターに「市議会議員の補欠選挙、投票日です」とした上で、民主党推薦候補の実名を挙げ「応援お願いします」と書き込んだ。

 公選法は選挙運動の期間を投票日前日までと定めている。関係者によると、徳永氏は同法違反罪で刑事告発され、特捜部が昨年12月25日付で起訴猶予処分としたという。
起訴猶予とは、起訴して有罪立証が可能な見込みがあっても、犯罪の軽重や悪質性などを考慮して検察官の裁量で起訴を見送る処分。

 徳永氏は産経新聞の取材に対し「私はこの内容が選挙運動に当たるとは思わなかった。検察庁の判断で、選挙運動に抵触するが、悪質ではないことをご理解いただき、起訴猶予としていただいたと理解している。今後は一層慎重に行動して参りたい」と説明した。

 徳永氏の事務所が発覚当初、報道機関の取材に「徳永氏は地元回りで忙しく、私設秘書が代わりに書き込んだ」と説明していたことについては「電話での取材であり、本当に(報道機関の)取材か確認が取れなかったので、ご指摘の電話回答をした。以後は正確性を期す」と釈明した。

 徳永氏は平成22年7月の参院選で初当選。25年4月の参院予算委員会で、古屋圭司拉致問題担当相(当時)の靖国神社参拝を「拉致被害者が落胆している」と批判。
これに対し安倍晋三首相が「捏造(ねつぞう)の質問」と疑問視し、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表も確認できなかったとして、「誠に遺憾」とする見解を発表した。

ダウンロード


http://www.sankei.com/affairs/news/160414/afr1604140001-n1.html 


参考
民主党の徳永エリ参議院議員「何だろうこの国旗の波。特別な祝日でもないのに...」

徳永エリ氏の質問に家族会代表が緊急声明「落胆した家族はいない」
 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460598612/

この記事を読む

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/04/13(水)17:42:28 ID:???
タレントのフィフィはツイッターで、「『#保育園落ちた日本死ね』の方々は、市川市の反対住民には黙りなのかな?だから単なる政権叩きって言われちゃうんだよ」と発言した。

   タレントのフィフィはツイッターで、「『#保育園落ちた日本死ね』の方々は、市川市の反対住民には黙りなのかな?だから単なる政権叩きって言われちゃうんだよ」と発言した。

   千葉県市川市で開園する予定だった私立保育園が近隣住民に反対され、やむなく断念したことを受けたものと思われる。「私もかつては待機児童問題に悩まされた母親だけど『#保育園落ちた日本死ね』が女性の声みたいに報道されるのは、シールズを若者の代表って報道するのと同じくらい不快」とも語った。

   これに対し、「(市川市の反対住民は)意図的に悪玉にされてる感があります。あんな危険な道路沿いに保育園はボクも反対です」と他のユーザーがコメントした。だがフィフィは、「聞かされたところで反対住民の言い分に納得するかな。あのような立地で問題なく運営してる保育園もあるよ?で、私は日本死ねの方々はこの件に何かコメントしたかな?ってツイートしただけ」と返した。

8d157_137_ba9f40da_2784a1cd


J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/tv/s/2016/04/13263991.html


引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460536948/

この記事を読む



このページのトップヘ