じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 海江田三郎 ★ 2015/04/13(月) 18:48:38.14 ID:???*.net
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0N40RF20150413

[東京 13日 ロイター] - ソフトバンクは14日からアップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の最新スマートフォン(スマホ)「iPhone6」と「iPhone6 Plus」の機種代金を値上げする。

関係者によると、値上げ幅は15%程度で、分割払い(24回)の場合は月500円程度の値上げとなる。

ただ、4月中は毎月の利用料金から一定額を割り引く「月月割」を増額するため同月中に契約すれば消費者の実質負担は変わらないもようだ。値上げは円安の影響が大きいという。

iPhone6の機種代金をめぐっては、NTTドコモが4月1日付で値上げに踏み切ったほか、KDDI(au)も値上げする方向にあり、円安による輸入価格の上昇は人気スマホのiPhoneにも及んでいる。

27

 

この記事を読む






1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 14:13:08.26 ID:27uBMY6E.net
【桜井誠】
恐らく名前すら聞いたことがないと思いますが、韓国のガールズグループ2NE1のCLが米誌タイムが選定した「世界で最も影響力ある100人」のオンライン投票で1位となりました。同率1位はロシアのプーチン大統領、3位がレディー・ガガとなっています。本当に懲りない愚かな朝鮮人たちです。

2ne1




この記事を読む

1: シャチ ★ 2015/04/13(月) 19:08:50.76 ID:???*.net
朝日新聞デジタル 4月13日(月)17時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000032-asahi-pol

日本民間放送労働組合連合会(赤塚オホロ・中央執行委員長)は13日、自民党がテレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」に対して、「公平中立」を求める文書を出していた問題で、「放送免許の許認可権限を背景にした政権政党が、個別の番組内容に注文をつけること自体『報道への介入』であり、
政治的圧力以外の何物でもない」と抗議する委員長談話を発表した。

 談話では、こうした文書が「言論・表現の自由、番組編集の自由への重大な侵害に当たる」と指摘。
「自民党による度重なる蛮行に対し、強い怒りをもって抗議する」としている。

d0044584_8313521
 

この記事を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 18:29:02.18 ID:???.net
ニューヨーク古書展で韓国人慰安婦の肖像画発見=韓国ネット「これでもまだ強制性を否定する?」「日本はいつから残忍な国に…」

Record China 4月13日(月)12時55分配信

12日、韓国メディアによると、第二次世界大戦時に米国人兵士が描いたとみられる韓国人慰安婦の肖像画が発見された。
これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

2015年4月12日、韓国・聯合ニュースによると、第二次世界大戦時に米国人兵士が描いたとみられる韓国人慰安婦の肖像画が発見された。

9日からニューヨーク・マンハッタンで開かれている「ニューヨーク古書展」には、1944年にミャンマーで米国人兵士が描いたとみられる日本軍捕虜の肖像画集が展示されているが、その中に「韓国人慰安婦」というタイトルの肖像画1枚が含まれている。

古書・古地図ディーラーのキム・テジンさんによると、韓国人慰安婦の肖像画が発見されるのは極めて珍しいことだという。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「これでもまだ日本は『強制性はなかった』と言い張るのか?」
「本人がまだ生きていたら、今の姿を描いてあげてほしい。本当に心が痛む…」
「真実がどんどん明らかになっていく。日本が崩れるのも時間の問題」

「日本の味方をする米国も同罪だ」
「証拠ばかり集めて何になる?韓国の議員らはどうせ何も言えないのに」
「常識的に考えろ。自ら望んで慰安婦になる人がいるか?」

「韓国は世界中に慰安婦像を設置し、日本から必ず謝罪と賠償を受けなければならない」
「日本はいつからそんな残忍な国になってしまったの?」

「本当に70年前に描かれた絵なのかな?絵のタッチが今風だ」
「残念だけど、日本軍が強制的に連れて行ったという証拠にはならない」(翻訳・編集/堂本)

no title


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000030-rcdc-cn

この記事を読む

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 15:15:22.07 ID:???*.net
lofta0902_1


日本ではかねてより「ベビーカー論争」というものがあるそうです。
満員電車にベビーカーをたたまずに乗ってくる母親を「不快に思う」「迷惑」という声がネットで多く見られます。
これに対しての反論も多く聞かれます。

●満員電車にベビーカーと乗り込む母親の心理(http://bit.ly/1Hjboxb
こちらのネタリカの記事を見ても分かるように、
日本ではこの「ベビーカー論争」に関しては「賛否両論」なのですが…

本当に…恥ずかしいので、本気でネット上ではやめて欲しい。心底思います。

分かります。日本はガラパゴス諸島よりも独自文化です。
諸外国から見ると、かなり奇異な文化形態が形成されているし、それでも十分に「日本国内であれば」生きていけるし、
「外に拡散」されなければ、そのままいてくれててもいいんですけれど…

ネット社会ですよね? 世界とつながってるネット社会ですよね?

お願いだから本当にこういうのはやめてほしいと心底思います。ネットは世界から見られてしまいます。
「日本では普通!」と誰が言い張ったところで、「世界の基準」から見て「ド恥ずかしいこと」を平然と書かれたりすると、単純に「うわー日本人、引くわ~」となるだけで、ただの日本の恥にしかなりません。

ええと、こんなこと力説するまでもなく当たり前の話でしかないんですけれど…
満員電車だろうが、空いてる電車だろうが…というか、
電車に限らず、
階段でも、
エレベーターでも、
困ってる人がいれば、周囲で協力するのが当然です。
それはもはや「人間」として「社会」を形成して過ごしているのであれば、あまりにも当然のことです。

この話は何もベビーカーを押す母親や父親に限った話などではありません。
身体に障害を持っている人たちにも同じです。周囲が何らかの力になろうとするからこそ、
社会は「普通」に動くのです。こんなこと、力説するような話じゃありません。

満員電車になんて、母親だって乗りたくないのです。特に子どもが危険になるような状態には誰だってしたくないです、
それでも乗ってきているんですよね。その段階で、他の選択肢がなかったことは容易に想像できます。
小さな子どもが乗ってきてるんですよね? 未来の日本を背負ってくれる子どもたちですよ?
 次世代の光です。まだ何も知らず、まだ何の力もない子どもたちです。

どれだけ苦しくてもいいので、黙って詰めろよ。大人だろ。議論の余地なんてないだろ、普通。

もうね、そんなことにイライラしている人間、日本から出ていくかカルシウム摂るかの2択なんです。
この僕のコラムに反論したい気持ちになってる人、お願いだから一度ほかの国に出て生活してみろって。

こんな「ド恥ずかしい論争」をしている国、本気でないから。
百歩譲って、日本にいてもいいし、そういう恥ずかしくて情けない感覚を持っててくださってもいいのだけれど、
お願いだから黙っててほしい。



>>2以降に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/10000158/

この記事を読む

1: 海江田三郎 ★ 2015/04/13(月) 12:10:39.23 ID:???.net
http://diamond.jp/articles/-/69904

img_66d276a0a7960163775412b2b9774090167473



安く使え、必要なくなれば切り離せばいいという発想で企業に受け入れられてきた外国人労働者。
しかし、日本を取り巻く環境は様変わりし、これまでのような安直な発想では、いずれ外国人労働者から見向きされない国になってしまうかもしれない。



――人口減少が本格化してくるなか、外国人労働者を受け入れて労働力を確保しようという動きが再び活発化しています。

バブル期や2000年代のミニバブル時など、外国人労働者は長らく、雇用の調整弁としての役割を期待されてきました。

まず、明確にしておかなければならないのは、日本はまだ「外国人労働者を受け入れていない」というスタンスを崩していないということです。しかし、現実に彼らは存在している。

どういうことなのかというと、まずは日系人に関しては、1990年の入国管理法改正を契機として、ブラジルを中心に、ペルーやアルゼンチンといった国から、大勢やってきました。彼らの多くが業務請負の、いわゆる派遣労働者として、自動車産業などを支えてきた。しかし、入管法改正は、あくまでも「定住者として認める」というスタンスで、「外国人の労働を認めます」とは言っていない。
ただ、「定住するのだから、働くのも当然アリでしょう」というような、いわば黙認のかたちを取ったのです。

2008年のリーマンショック後、大量の派遣切りが行われ、多くの日系人が母国へ帰りました。
ブラジル人については、08年には約32万人が日本にいたのに、昨年末は18万人弱に減りました。
激減した日系人に代わって増えているのが、技能実習生です。

彼らは3年間、単身で日本にやってきて、指定された対象業務(農業、漁業、建設業など71職種130作業)に従事します。
日系人と違って定住はできず、同じ業務での再入国も認められていません。最近、3年を5年に延長することなどが閣議決定され、人手不足解消に役立つのではないかと期待されていますが、そもそも、この「技能実習制度」というのは、「国際貢献」という名目なのです。

つまり、日本の技術を実習生たちに教えて、自国で活躍してもらおうというのが、本来の趣旨なのです。にもかかわらず、いつの間にか人手不足解消のためといって、実習制度が濫用されている。
これは、実習生たちにとってのみならず、実は日本企業にとっても深刻な弊害があるのです。


――どういうことでしょうか?

たとえば、造船業界は今や、韓国や中国と熾烈な競争をしていますよね。これは、日本で技術を学んだ人たちが、自国の造船業を発展させたからなのです。米国のように、製造業を捨てて金融に力を入れる、というような流れになっているのならまだしも、日本はいまだに製造業で外貨を稼いでいる。

人手不足だといって安易に実習生に頼れば、あちこちで造船業界のようなことが起きるのです。
また、企業からすれば、同じ仕事を3年かけて教えて送り出し、次に来た人に、またイチから教えなければならない。

これは非常に効率の悪いことなのではないでしょうか。 ?本来、技能実習生は短期的に活用すべきものだと思います。しかし現状は、ある労働組合の幹部が言っていましたが「頼りすぎてやめられない、麻薬のようなもの」となってしまっています。今、三大都市圏の野菜のほとんどは、中国人実習生が収穫しています。彼らがいっせいに日本からいなくなれば、われわれは明日から弁当も食べられないのです。

さらに、実習生たちは現行制度なら3年、延長されても5年で帰国しますし、家族も伴わない単身勤務です。
つまり、労働力としては一定の機能をしますが、日本の人口は増えない。人口減少に対応したいのなら、日系人型、つまり移民受け入れ型の政策を考えていかなければなりません。

この記事を読む

1: うずしお ★ 2015/04/13(月) 11:21:00.90 ID:???*.net
http://www.asahi.com/articles/ASH3B71YZH3BPLFA00N.html 


スポーツ用品のアシックス(神戸市)が、業界世界3位の「プーマ超え」を射程内にとらえた。1位の米ナイキ、2位の独アディダスにはまだまだ及ばないが、勢いは増すばかり。その強さ、なぜ?

 世界のスポーツ用品業界は「2強プラス1」が続いてきた。売上高3兆円を超えるナイキと、2兆円近いアディダスに、4千億円の独プーマという構図だ。

 そこに、アシックスが割って入ろうとしている。2015年12月期でめざす売上高は4230億円。10年前の約3倍で、ここ数年のプーマを上回る数字だ。

 「14年12月期は全地域での増収を達成した。北米はまだ伸ばせるし、ASEAN、インドももっと伸ばせる」。
アシックスの尾山基社長(64)はこう話し、プーマ超えの先を見据える。

 飛躍のきっかけは「オニツカタイガー」だ。現地法人が1999年度に赤字を出し苦戦していた欧州で02年、昔のブランドのシューズを本格的に復活させた。決めたのは現地法人で社長をしていた尾山氏。社内でも、創業者の名を冠した60~70年代のシューズを復活させたい、という声があがっていた。

 当時、欧州のファッション業界では、レトロなデザインが流行し始めていた。オニツカは底が薄く、デザインや色づかいがシンプルで、まさにもってこい。尾山氏は、オニツカを高級ブティックで売られるようなブランドにしようと、天然皮革を使うなど素材や質にこだわり、イタリアやフランスの高級店だけで売った。

 そうしているうちに、世界中のスクリーンに登場した。03年に公開されたハリウッド映画「キル・ビル」で、主役のユマ・サーマンが黄色いオニツカをはいてアクションシーンを演じたのだ。尾山氏は「ファッショナブルなイメージが浸透した」と振り返る。

 欧州でのオニツカの売り上げは07年度、全体の1割を占めるまでになった。欧州でのもうけは、日本国内の2倍以上にあたる123億円になった。

AS20150409004432_comm
 

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング