じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 21:12:36.85 ID:???.net
業績悪化の長いトンネルを抜けつつあるソニーのテレビ事業の営業損益が、11期ぶりに黒字に転じた。

一方、ライバルの韓国サムスン電子は、今年1~3月期にテレビや冷蔵庫などの家電部門が約155億円の営業赤字となった。両社にとって分水嶺となる可能性がありそうだ。

ソニーの2015年3月期連結決算は、売上高が前期比5.8%増の8兆2158億円、営業利益は約2.6倍の685億円で、最終損益は1259億円の赤字だった。
ただ、最終赤字は国内外で5000人の人員削減に踏み切ったことなどによる、当初から予定した3000億円を超えるリストラ費用が影響したためで、大規模なリストラを終了して臨む2016年3月期は3期ぶりに1400億円の最終黒字に転換する見通し。
ITバブル崩壊時の「ソニーショック」以降、リストラを繰り返してきたソニーの先行きにようやく薄日が差してきたようだ。

ソニーの業績改善を象徴するのがテレビ事業だ。2015年3月期は売上高が前期比10.7%増の8351億円、販売台数は前期比110万台増の1460万台だった。販売台数は中南米や中国で大幅に減ったが、日米欧で大幅増だった。営業損益は83億円の黒字(前期は257億円の赤字)で、黒字は11期ぶり。10年間に計上した赤字は累計で7900億円に達するというから、一事業として途方もない規模だ。

赤字脱却に向けてこれまでも欧米の生産拠点売却などリストラを続けてきたソニー。
過去2年間はさらに構造改革を加速させ、テレビ事業を分社化したほか、基本ソフト(OS)に米グーグルのアンドロイドを採用、システムLSIの設計を台湾企業に外注するなど自社開発・設計をスリム化して固定費を削減。販売するのは先進国で高価格の「4K」を中心とした。

生産する商品点数も2018年3月期に向けて3割削減し、規模を追わず利益を重視する戦略を打ち出す。
これらによって10年の出血期間がようやく止まったのが今のソニーだ。

吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は、4月末に記者会見した際、2016年3月期について「テレビとスマホは売り上げを追わない。少なくとも、いったんはしゃがまざるを得ない」と強調した。

実際、2016年3月期のテレビの販売計画は前期比310万台減の1150万台に設定している。
これは2011年3月期に記録した2240万台からほぼ半減する規模感だ。
テレビはスマホとともに中期経営計画でリスクコントロール事業と位置づけており、利益重視の慎重な運営に徹する。
吉田CFOは全体として「大がかりなリストラは終了したと思うが、半分は病み上がりのような状況」とも指摘した。

ただ、ソニーは続行が危ういと見たパソコン事業を投資ファンドに売却したのに対し、テレビは分社化にとどめた。
これは重要な違いだ。ゲームや映画、音楽、金融などソニーの屋台骨を支える事業はすべて「分社」状態であり、テレビはこれらと同じにするだけとも言える。創業者が生み出した祖業とも言えるテレビを死守する平井一夫社長の執念を感じる向きもある。
フルラインアップが裏目

ソニーが再起に踏み出した一方、日本勢を圧倒してきたサムスンがさえない。
「スマホ事業が中国勢の成長と米アップルの巻き返しで成長鈍化」ばかりが注目されるが、その陰で今年1~3月期にテレビを含む家電事業が赤字に転落した。

サムスンは2006年に薄型テレビの世界年間販売首位の座をソニーから奪取して以降、昨年まで9年連続で首位を独走し、昨年のシェアは29%程度とされる。3割近いシェアがありながら利益が出ないとはどういうことか。
関係者によると、フルラインアップで新興国から先進国まで売りまくることが裏目に出ているようだ。

4Kなどの高級機を除けばもはや新興国でも汎用品となりつつある薄型テレビを生産するため、サムスンは世界中に工場を抱えて固定費が重い。さらにドル高・新興国通貨安のもと、ドル建てで新興国に輸入する材料コストの上昇も影響しているという。
「今後、中国メーカーの台頭でスマホのようにシェアも奪われる」とも言われている。日本勢がテレビ生産から次々と撤退する中、執念の黒字化を果たしたソニーに比べれば、今一つ将来像が見えないサムスンのテレビ事業。今後の動向が注目される。

news_20150526143331-thumb-autox380-66054


http://www.j-cast.com/2015/05/30236131.html?p=all

この記事を読む






1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 02:01:33.26 ID:???.net
千葉大は29日、環境健康フィールド科学センターの李スミン助教が2013年5月、同じ研究室の大学院生らが作成した資料を無断使用して韓国の学会で講演し、引用元の表示も不十分だったとして、盗用に当たると発表した。千葉大は処分の有無を明らかにしていない。

千葉大によると、李助教は大学院生らの研究グループが作った資料16枚を無断で韓国語に翻訳。学会で「植物が人間の心身に及ぼす影響」に関する講演をする際の資料に盛り込んだ上、引用であることも資料の一部にしか表示していなかったという。

李助教は「千葉大の研究成果を広く紹介したかった。大学院生らの承諾は不要で、引用の仕方は適切だと思っていた」と話しているという。

学会の資料を目にした千葉大関係者が13年12月、文書で告発。大学が委員会を設置し調査していた。

ダウンロード


ソース:産経ニュース 2015.5.29 19:59
http://www.sankei.com/affairs/news/150529/afr1505290054-n1.html

この記事を読む

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:18:48.05 ID:???.net
韓米日の6カ国協議首席代表会合が開催され、北朝鮮に対して圧力と制裁を強化することで一致したことについて、ロシアと中国が後ろ向きの意見を表明した。
29日付で韓国KBSワールドラジオが伝えた。

6カ国協議のロシア次席代表は28日、「北朝鮮も6カ国協議の参加国。北朝鮮が参加していない状況で、他の参加国が対北朝鮮問題で一致することに同意しない」と発言。
中国側も「北朝鮮の核問題解決のため、6カ国協議の参加国は譲歩する必要がある」との考えを示した。

現在、6カ国協議の韓米主席がそれぞれ北京を訪れているが、中国側は「北朝鮮に対する圧力よりも、韓米は大規模軍事演習を行うべきではない」との立場を改めて示した。

17-06


http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/419283/

この記事を読む

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 04:54:57.36 ID:???.net
所有権などをめぐりトラブルになっていたビルを鉄板で囲んで封鎖したなどとして、警視庁蔵前署は不動産侵奪容疑で、韓国籍の不動産会社役員、鄭義治(73)=東京都台東区松が谷=と住職、酒井正覚(57)=横浜市青葉区松風台=の両容疑者ら男6人を逮捕した。同容疑で
会社役員の男(62)の逮捕状を取り、行方を追っている。同署によると、 鄭容疑者ら4人は容疑を否認し、2人は認めている。

逮捕容疑は4月5~6日、台東区寿にあるビル1階の出入り口などを鉄板で囲んで鍵を締め、エレベーターの操作パネルを壊すなどして、ビルを封鎖したとしている。

このビルをめぐっては、かつての所有者でこのビルに住む男性と、現所有者から管理を委託されたとされる鄭容疑者らの間で所有権や管理権などをめぐり、トラブルになっていた。

images


ソース:産経新聞 5月28日 17時58分
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0528/san_150528_5340735916.html

この記事を読む

1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 15:37:31.95 ID:???.net
2015年5月28日、台湾・MoneyDJ理財網は日本の報道を引用し、韓国・サムスンの最新スマートフォンが日本市場で苦戦していると伝えた。

サムスンの最新スマホ、「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」に関して、日本ではNTTドコモが異例の値引きを実施すると伝えられている。

ドコモは2年前にサムスンとソニーの販売を強化した「ツートップ戦略」で獲得した顧客の流出を防ぐ狙いで、下取り価格の引き上げやクーポンなどで実質1万円引き下げる方針。機種変更で発売後間もない値引きは異例だという。

さらに、日本の量販店のPOSデータをもとに集計した「BCNランキング」では、5月18~24日の週の販売量で「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」はそれぞれ39位と47位と順位を下げていた。

これはドコモが販売しているHUAWEI製のキッズケータイの36位より順位が低く、同ランキングからもサムスンの最新スマホが日本市場で苦戦していることがわかる。


features-screen


2015年5月30日(土) 13時25分
http://www.recordchina.co.jp/a110212.html

この記事を読む

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 04:34:17.75 ID:???.net
no title

韓国の朴槿恵大統領
no title

会談を前に握手するオバマ米大統領と安倍晋三首相=ワシントンのホワイトハウス(共同)

 安倍晋三首相の訪米と米上下両院合同会議に強い批判や反発を繰り返していた韓国のメディア世論が、ここに来てトーンダウンしている。18日にソウルで行われた米韓外相会談の後は、以前のような“外向きの威勢のよさ”は、やや薄らいだ。
歴史認識をめぐる日本非難を展開した揚げ句に、今度は「韓国の孤立」を自覚。現実を前にして焦っているかのようだ。(ソウル 名村隆寛)

自覚した外交的孤立

 安倍首相演説(4月29日)の後、演説内容に「慰安婦への謝罪」などが入っていないと猛反発していた韓国メディア。その裏では、米議会での安倍首相の歓迎ぶりに見られた日米関係の進展に“韓国孤立”への懸念が、日増しに高まっている。

 安倍演説の前にインドネシアで日中首脳会談が行われたこともあり、なおさらのことだろう。
米中の首脳とそれぞれ固く握手する安倍首相の姿をながめる韓国世論には、一種の嫉妬感さえ漂う。メディアの批判はいつの間にか、「孤立を招いた」と韓国外務省に向かった。

 そんな中、ケリー米国務長官をソウルに迎え、韓国の“外交的挽回”への期待は高まった。

 「韓国の安全保障に対する米国の姿勢は鉄壁だ」。18日の米韓外相会談後、韓国の尹炳世外相との共同記者会見でケリー氏が強調した“緊密な米韓同盟”に韓国は安心した。
さらに、ケリー氏が慰安婦問題について「甚だしい人権侵害」との表現を使ったことにも満足していた。

 ただし、ケリー氏の言葉からは、日米関係強化の一方で、韓国重視の姿勢を示すことで日本への対抗心やひがみを和らげようとする意図がうかがえる。リップサービスなのである。「ジェスチャーのように見えた」(朝鮮日報社説)と認めるメディアもあった。

 むしろ、ケリー氏は日韓(首脳会談)による直接対話を促し、「未来志向の関係」の必要性を強調の上で、慰安婦問題で悪化した関係の改善を促した。
韓国メディアの中には、ケリー氏が「歴史認識問題で韓国側に理解を示した」と都合のいい解釈も少なくはなかったが、ケリー氏は日本との歴史問題に固執する韓国に日韓関係改善に向けた努力を促したわけだ。

もっとやるべきことが…

 韓国が日本との歴史にこだわる一方で、北朝鮮からは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験や、幹部粛清の動きが伝えられている。
北東アジアでの現実的な安全保障への対応に、韓国の歴史への固執は妨げとなっており、これに対する米国政府への苛立ち、懸念をケリー氏は“やんわり”と伝えた。

 ケリー氏は同日、朴槿恵大統領とも会談した。朴大統領は米国の胸の内を際していたのか、歴史問題での日本批判はしなかったという。6月に訪米を控え、米国への無駄な刺激を避けたとみられる。

 日本人記者として韓国で見ている限り、少なくとも韓国が孤立しているとは思えない。むしろ、韓国が勝手に“孤立”を感じているようなのだ。「乗り遅れるな」「取り残されるな」と。

 もう一つ言えるのは、韓国が勝手に自らを孤立させていること。もちろん日本や米国、中国が韓国を孤立させてはいない。残念なことに、これに気付いている韓国メディアはほとんどない。

 日中の関係が冷え込んだときは喜び、日本を非難。逆に日中が接近すればガッカリする。最後には「孤立」を憂い、自国(韓国政府)を責める。まさに“独り芝居”である。

 歴史認識問題で日本を非難している間に、もっとエネルギーを注ぐべきことがあるのではないか。日本人ながら、「そんな余裕あるの?」「もっと韓国の国益を考えてはどうか」とこちらが心配してしまう。
知人の韓国メディアの記者にも、会うたびにはっきりと言っている。韓国が直面する現実。経済のことだ。

http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n5.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n6.html
http://www.sankei.com/premium/news/150528/prm1505280003-n7.html

>>2以降に続く)

2: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 04:34:51.30 ID:???.net
>>1の続き)

「低、減、ダウン、底」とは

 最近、韓国紙を読んでいて気付いたことがある。「低」「減」「ダウン」「底」「非常事態」「沈滞」などの文字(すべてハングル表記)が、見出しや記事に目立つ。いずれも韓国の景気、韓国経済に関する記事に必ずといっていいほど登場する。

 「暮らし向きはどう?」と親しい韓国人に聞くと、たいていが苦笑いを返してくる。経済に関していい話は全く聞かれない。韓国の今一番の心配事、現実問題、実は慰安婦問題ではなく、経済、国民生活に集中している。

 学生は一流と呼ばれる大学を卒業しても希望する企業に就職できない。日本の現在30代半ばの世代が味わった「就職氷河期」に似ている。
経済協力開発機構(OECD)や韓国統計庁のまとめとして韓国紙が伝えたところでは、29~15歳の4月の失業率は10・2%で1996年以降、最悪だった。

 今年1~3月の24~15歳の失業率が10・9%と上昇傾向にある一方で、日本では同時期で6・1%と改善が進んでいるという。

 ウォン高。最大の輸出相手国である中国経済の伸び悩み。輸出不振。投資と内需の低迷…。経済紙によれば、韓国の売り上げ上位500社は昨年、売上総額が前年比でマイナス4・4%、総営業利益はマイナス10%だった。
鉄鋼などを除く輸出業はすべて不振に陥っている。

 韓国経済は、長期不況が始まった1990年代前半の日本の状態に似てきている-との見方が今や主流。主要シンクタンクはいずれも、長期不況や低成長、長期沈滞といった表現で、韓国経済の展望を悲観している。

現実、無視できず

 日本が味わった長期デフレの入り口に似てきていることを自覚し「現実」を知る韓国の財界で、対日関係悪化を懸念する声は根強い。

 そんな中、今月中旬にソウルで日韓経済人会議が開かれた。東京から取材に来ていた経済担当の記者によると、会議では圧倒的に韓国側からの前向きな姿勢や熱気が感じられたという。
また、朴槿恵大統領のあいさつする姿を見た財界人によると、朴大統領は終始笑顔を絶やさず、アドリブも交えて熱弁をふるった。日韓経済協力の重要性をしきりに訴えていたそうだ。
「あの熱意とノリで対日関係改善に取り組んでもらいたいものだ」(同財界人)との声さえある。

 それほど、韓国は今後の経済を不安視しており、同時に、それだけ日本が大事な国だということを身にしみて感じている。経済の実態を知る韓国の財界関係者や、経済担当の記者と話していると、非常に強く感じる。

 今回の会議ほどの規模ではないが、2月にソウルで日韓の某新聞社が共催するシンポジウムが開かれた。日本側から4人ほどのパネリストが招かれたこの時も、韓国側の参加者が多く、時間がオーバーし足りなくなるほどの盛況ぶりだった。

 歴史認識では反発の声が強いものの、一方で「経済再生には日本との関係改善が必要だ」と強く思う人々も多い。現実を認めざるを得ないのが、韓国の実情なのだ。

過剰な期待と落胆

 日韓経済人会議での盛り上がりに見られるように、韓国では特に経済面での日本への期待感が強い。ただ、日韓関係が険悪な中、経済人会議が開かれたからといって、どこまで日韓の協力が進むのかは分からない。

 韓国では、日本企業を相手取った「徴用工裁判」が進められている。そんな中で、どこの企業が韓国に進出、あるいは第三国での協力をどこまで進めるのだろうか。非常に興味深いところである。
金もうけ(ビジネス)という現実的な世界であるからには、ドライでビジネスライクな協力になるのであろう。

 同時に韓国側を見ていて不安なことがある。韓国の期待はあらゆる面で常に高い。自分に都合よく解釈するせいか、期待値が高過ぎる。期待に沿わない結果が出ると、その分、落胆も大きい。

 安倍首相演説を批判しつつも「謝罪」を期待。米国が安倍首相に謝罪を促してくれることにも期待。しかし、期待は裏切られ(日米が裏切ったわけではないが)、韓国は大きく落胆した。似たような例は多い。

(続く)

3: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 04:35:17.03 ID:???.net
(続き)

尻をたたいたのは誰?

 外交での孤立をめぐる“韓国政府バッシング”に話は戻るが、どう見ても自らを孤立に追い詰めたとしか見えない外交に向けて、韓国政府の尻をたたき続けたのは、韓国メディアではないのか。
ところが、その点を自省するメディア報道は、現在のところ確認できない。

 「過去、歴史問題に執着し過ぎたあまり、韓国は孤立した」「日本非難を続ける韓国に疲れた米国は、日本により近づいた」などと、韓国政府の外交を批判するメディアではあるが、
つい最近まで、その同じメディアが歴史問題にこだわり、安倍首相の訪韓と演説を批判し続けていたのだ。安倍演説阻止に向けた韓国政府への命令的な主張も続出していた。

 韓国メディアの2カ月以上にわたる主張は何だったのか。機会があれば、筆者に直接聞いてみようと思っている。

それでも“謝罪”は要求

 韓国では今も、米韓外相会談が尾を引いている。会談後にケリー米国務長官がソウルの在韓米軍基地で「北朝鮮の挑発に備えねばならない。高高度ミサイル防衛(THAAD)などについてわれわれが話す理由だ」と語ったことが波紋を広げている。

 韓国外務省では「米韓間でTHAAD配備についての議論はない」と急いで修正作業に入った。
しかし、THAAD配備を警戒する中国に配慮する韓国に対し、米国のいらだちが聞かれる中でケリー発言は飛び出した。「韓米の温度差」(朝鮮日報社説)などと、韓国メディアは穏やかではない。

 米韓の問題はともかく、日本との歴史にこだわってばかりいる韓国に対し、ケリー長官は「後ろだけじゃない。前を見ろ」と暗に迫った。

 それでも、尹外相はケリー氏との共同記者会見で、「明確な歴史認識を示し、関係が好転することを願う」と強調し、相変わらず安倍首相に「反省」を要求。同時に、対日外交では歴史とそれ以外の問題(経済など)は分離してあたっていく考えを示した。

 自由な政策選択は結構なことだ。ただ、米国の困惑を考えているのか。経済で苦境に立とうが、それほどまでにも韓国は現在も日本に対するメンツにこだわっている。

(おわり)

この記事を読む

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 22:05:12.43 ID:???.net
 日本の民間非営利団体「言論NPO」(工藤泰志代表)と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」は29日、共同世論調査の結果を発表した。
相手国に「良くない印象を持っている」と答えた人の割合は日本が前年比2.0ポイント減の52.4%、韓国は同1.6ポイント増の72.5%に達した。
今年は日韓国交正常化50周年を迎えるが、根深い国民感情の対立が浮かび上がった。

 相手国に対する理解では、韓国を「民主主義」と考える日本人の割合は前年比7.5ポイントの大幅減となる14.0%に落ち込んだ。
韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が在宅起訴され、8カ月以上にわたり出国禁止措置を受けたことが影響したとみられる。
工藤代表は「韓国の司法判断に対して違和感を覚えている国民が日本の中に存在している」と述べた。

 一方、韓国では日本を「軍事的脅威」とみなしている人が58.1%に達し、中国(36.8%)を上回った。
日本を「軍国主義」と考える人も56.9%に上る。安倍晋三政権が進める安保法制の整備に関する韓国メディアの報道などを通じ、世論に誤解と曲解が広がっている可能性がある。

wor1505290031-p1


http://www.sankei.com/world/news/150529/wor1505290031-n1.html

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング