じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ナガタロックII(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 11:43:29.15 ID:Iufa92Gz0●.net BE:125068714-2BP(4000)
脱原発デモ見て考えた クールなデモの作り方

 今でこそ、デモなどの抗議活動は再び市民権を得つつある。その点だけにフォーカスしても、この夏の国会前デモには大きな意義があったと思う。だが当時、僕たちには、どこか得体(えたい)の知れない活動に見えていた。

 誰が参加しているのだろう。何がおこなわれているのだろう。その場の空気は? 行ってみたい気もするが、デモの中に入るハードルは決して低くはなかった。デモなどの「政治的な運動」は過激な意思表示と見られるのか、友だちの共感はなかなか得られなかったのだ。

 僕たちは考えた。デモをイベントと見てはどうか。奥田愛基ら数人の友人とフェイスブックに「脱原発デモを見に行ってみよう」というイベントページを立ち上げた。ポップなフライヤーも作って一緒にアップした。
「行ってみようかな」という人たちがぽつぽつ集まり、ある金曜日、僕たちは官邸前に向かった。

 そこで僕は生まれて初めて、人の「力」を感じた。怒り、主張、切実な思い……。この国の主権者は自分たちだという意思は、今まで目にした何よりも力強く僕の目に映った。

 しかし同時に、掲げられたプラカードのデザインや色使い、集まった人が発するコールはどこか前時代的で、僕たちの目にクールには映らなかった。

 これじゃ若者は来ない。従来のプラカードやビラでは、現代の若者の心は動かない。だいたい、自分たちが行きたいと思えないデモに、友だちは絶対来てくれない。脱原発デモを見て僕らが学んだのは、それだった。

 僕らはデモをカッコよく見せる方法の研究に勤(いそ)しんだ。同世代の共感を誘い、参加してもらうには、ビラではなくオシャレなフライヤーだろう。グッとくる音楽も必要だし、クールな動画もほしい。なにより言葉。
若者の心をつかむにはどんな文句がいいか。「よりキャッチーに、よりカッコよく」を常に意識した。

 僕たちのデモの特徴のひとつである「ラップ調のコール」は、そうした模索の末に生まれた。「自分たちの好きな音楽に揺れながらプロテストできたら、カッコいいし楽しいだろう」という発想からだ。真面目な抗議行動に「楽しい」という感情を持ち込むのはどうかという指摘もあるかもしれない。ただ、人間はつらいことにはなかなか足が向かないものだ。若者に政治参加を促すのなら、重苦しく抗議をするよりも、明るくポジティブにクールな主張をしたほうがいいに決まっている。

2015120200010_1


http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2015120200010.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449974609/

この記事を読む






1: ニカワ ★ 2015/12/13(日) 19:49:35.78 ID:CAP_USER*.net
辺野古問題が沖縄のみならず日本全体の未来に大きく関わることを熱く議論するシンポ「『基地の島』沖縄が問う」=12日午後、沖縄国際大学13号館
no title


 シンポジウム「『基地の島』沖縄が問う-『辺野古移設問題』を考える-」(沖縄国際大学沖縄法政研究所主催、琉球新報社共催)が12日午後、宜野湾市の沖国大で開かれた。
金城馨(関西沖縄文庫主宰)、高橋哲哉(東京大大学院教授)、阿波連正一(静岡大法科大学院教授)の3氏が、市民運動と哲学、法律の分野からそれぞれ報告した。約370人が詰め掛けた。
沖縄の基地は「本土」から押し付けられており、県外で引き取るべきだとの認識が確認された。

 金城氏は、大阪に住む沖縄人という立場から「沖縄人である自分たちが沖縄に基地を押し付けている問題」として議論や葛藤を重ね、さまざまな取り組みをしてきた経緯を語った。

 高橋氏は、提唱している「基地引き取り」について「本土では8、9割の圧倒的多数の民意が安保を支持し、米軍基地を沖縄に押し付けている」と指摘。
「本土の日本人の責任論が第一」と主張し「基地引き取りが安保解消を目指す道筋としても不可欠だ」と訴えた。

 阿波連氏は、普天間飛行場が返還されれば3868億円の経済効果があると政府が主張していることを逆手に取り「基地に沖縄が依存しているのではない。沖縄が基地に寄生されている。本来生まれるべき生産が吸い取られているのだ」と指摘した。

 3人の報告に対し、コメンテーターの高嶺朝一(ジャーナリスト、琉球新報前社長)、与儀武秀(沖縄タイムス記者)、稲福日出夫(沖国大沖縄法政研究所長)の3氏が質問し、持論を述べた。同研究所の石川朋子研究助手がコーディネーターを務めた。

引用元:http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-187704.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1450003775/

この記事を読む

1: ニカワ ★ 2015/12/12(土) 23:37:06.92 ID:CAP_USER*.net
「沖縄の米軍基地は本土で引き取るべきだ」と訴える高橋哲哉教授=12日午前10時46分、名護市辺野古
no title


 【辺野古問題取材班】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民ら約100人は12日午前、同市の米軍キャンプ・シュワブ旧ゲート前で基地建設を阻止する座り込み行動を実施した。
同日は、東京大学大学院総合文化研究科の高橋哲哉教授がゲート前を訪れた。

 高橋教授は「基地問題が続くのはヤマトの政府を支持する、ヤマトの人々の責任。
国民の99%がいる本土で米軍基地を引き取り、民意を変えないと(沖縄の基地)問題は解決しない」と訴えた。
高橋教授は午後2時に沖国大で開かれるシンポジウム『基地の島』沖縄が問う―『辺野古移設問題』を考える」に登壇する予定。

 稲嶺進名護市長や退役軍人で構成する米国の平和団体「ベテランズ・フォー・ピース」も訪れ、ゲート前の市民らを激励した。

 同日は午前7時と同9時に資材搬入があり、資材を積んだダンプカー5台や小型トラック、作業員を乗せた乗用車13台の計18台が基地内に入った。

 同9時の抗議行動中には男性1人が機動隊に拘束され、シュワブ内に連れて行かれたが十数分後に解放された。
別の男性1人は体調不良により救急車で病院に搬送された。

 大浦湾の海上では目立った作業は確認されていない。移設に反対する市民らは船やカヌーで海上抗議を続けている。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-187413.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1449931026/

この記事を読む

1: ミッドナイトエクスプレス(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/12/12(土) 17:09:54.34 ID:ZnyBiYG80.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
WS000001



野間易通 @kdxn 10:26 - 2015年12月12日

やっぱ「しばき隊(広義の)」がビレバンやら鳥肌実やら外山恒一やらといちいち衝突してきた
のって、反ヘイトが「サブカル」との文化闘争でもあるってことなんじゃないかな。そこに
ろくでなし子が登場するのもまた必然。がっつり真正面から相手する価値がある。 

no title



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449907794/

この記事を読む

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/12/12(土)10:29:49 ID:???
 戦後70年の今夏、安全保障関連法に反対する若者たちが街頭で声を上げ続けた。「民主主義ってなんだ」と問うた若者たちは、その後も多様なテーマで活動を続ける。6日には学生グループ「SEALDs(シールズ)」などが東京で抗議行動を展開。12日には、長崎で米軍基地問題をテーマにした集会も予定されている。

「声を上げ動かす」 先を見据える安保反対の若者ら
 長崎では、安全保障関連法に反対して県内の若者グループ「N―DOVE(エヌダブ)」が6月に結成され、街頭で抗議活動などをした。法の成立後も月1~2回のペースで集会などを開いてきた。憲法になじみの薄い人向けの勉強会も企画した。

 問題意識は、安保法にとどまらない。今月12日には、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設に抗議する街頭アピール「NO BASE」を長崎市内で開く予定だ。参加者からのメッセージを募る企画やトークセッションなどを予定している。

 メンバーで長崎市の予備校生、森爽(そう)さん(19)は11月、辺野古を訪れた。「夏のデモの経験を通じて見えてきたものがある。いろんな場所で民意が無視されているという現実。その一つが辺野古だ」と話す。

 それまでも基地問題は認識していたが、自分の生活と距離を感じていた。「今さら? どうせ上っ面でしょ」。そんな言葉を地元の人に投げかけられるのではと思っていた。

no title


朝日新聞・会員記事
http://www.asahi.com/articles/ASHD844KLHD8TIPE00X.html

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1449883789/

この記事を読む

1: パイルドライバー(静岡県)@\(^o^)/ 2015/12/11(金) 20:40:40.46 ID:4TTf0Wlx0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
共産党の小池晃政策委員長は11日の記者会見で、選挙権年齢の「18歳以上」への引き下げに伴う学校現場での主権者教育に関し、「憲法を守ろうとか、安全保障法制は反対、問題ありますよねということを先生が言わなくっちゃあ、教育になんない」と持論を述べた。

小池氏は、主権者教育での政治的中立性について「こういう問題で中立っていうのが果たしてあり得るのか。
戦争はいけないということを先生が堂々と言わなければ教育にならない」と強調した。

さらに「先生が堂々と自分の考えていること、信じていることをしっかり言って、それを生徒がどう受け止めるかということが教育だ」と訴えた。また、「ちゃんと自分の考えを言う先生が一番好きだった」と自らの体験を振り返りながら、「規制をかけようとしていることは反教育だ」と述べた。

教育基本法は学校に政治的中立性を求めており、文部科学省と総務省が作成した主権者教育の高校生向け副教材でも、政治的中立の確保に留意するよう強調している。
小池氏も「もちろん『特定の政党を支持しなさい』『共産党に一票入れなさい』というのはダメだ」と言及したが、続けて「今の動きは教育を非常にゆがめる危険がある」と語った。

plt1510250006-p1


http://www.sankei.com/politics/news/151211/plt1512110024-n1.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449834040/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング