スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/10/17(土) 12:57:30.10 ID:???
★北大教授に「殺すぞ」と脅迫-反原発主張の人物
石井 孝明

原子力研究と啓蒙活動を行う北海道大学の奈良林直教授に対して「原発推進をやめないと殺すぞ」などと脅迫する電話が北大にかかっていたことが10月16日までに分かった。奈良林教授は大学と相談し、
10日に札幌北警察に届けて受理された。

奈良林教授は、これまで何度か脅迫を受けていたが、10月8日に殺害を示唆する電話が大学にかけられたことから、警察に届け出た。個人の安全に加えて、大学関係者へのテロを警戒したためという。16日時点で各メディアはこれを取り上げていないが、広く告知されるべきである。

奈良林氏は原子力工学・安全で国際的に著名な研究者であり、日本保全学会の会長として、一般への啓蒙も積極的に活動している。福島原発事故の後は、反対派との対話集会にも参加している。筆者も尊敬する誠実な方だ。脅迫は断じて許されない、卑劣な行為である。

奈良林氏は「これは明らかな犯罪であり、『原発の安全性を推進して人類の未来に貢献すべき』との信念を持つ私としては、学問の自由に対する悪質な犯罪ですので、許す訳にはいきません」と述べている。

脅迫はたいてい実際の暴力事件にはならないが、今回は懸念すべき事実がある。
極左暴力集団が、奈良林氏の名前を出して北大構内で、批判ビラをまくなどの活動をしている。また奈良林氏が支援する福島復興のNPOが最近の福島で行ったイベントで最近、極左暴力集団の関係者が妨害をしたという。福島では、反原発を語りながら、活動をする極左の活動が目立つという。(参考記事、産経新聞「過激派、福島にターゲット 不安あおり浸透図る?」)そのような異常な人物らが、普通の市民を相手に、テロ活動をする可能性は否定できない。

反原発については、感情に基づく異常な言説がこの4年横行している。
狂気もここまで来たかと、悲しい。警察当局は速やかに犯人を検挙して、再発防止の戒めとしてほしい。また奈良林教授の安全を祈り、同氏を守らなければならない。

残念ながら、最近「市民運動」と称する違法な暴力的デモ、またそれに参加する極左暴力集団の活動が活発だ。(参考の私の記事「異様な安保法制反対デモ、笑劇の現場」)
筆者も福島デマの拡散を批判する言論活動に対して、嫌がらせ、脅迫を受けたことがある。
(同「オペレーションコドモタチが石井孝明を脅迫」)こうした風潮が、今回の脅迫にも影響しているのかもしれない。

このほど国会前で活動するシールズという団体の代表が、匿名の殺害をほのめかされた封書を受け、警察に告発した。メディア、支持者が、強くその脅迫行為を批判した。
原発をめぐる言論でも、反対意見を封殺する意見を封殺する行為は強く批判されるべきだ。

また元朝日新聞記者の植村隆氏を非常勤講師として雇う北海道の北星学園大学に、彼が慰安婦の誤報をしたことを非難する右派の抗議が集まった。
それを大学の学問の自由と絡めて批判する人々もいた。

シールズや植村氏を守れと主張した人々は、この問題でも脅迫者へ強い批判をしなければならないだろう。沈黙は公平性を欠く。

そして嘆かわしい状況がある。極左暴力集団を甘えさせている人々がいるのだ。
参議院議員山本太郎氏が極左暴力集団の中核派の支持を受けている。
民主党幹事長の衆議院議員枝野幸男氏もかつて同じような集団の革マル派の支援を選挙で受けた。そしてメディアがこうした暴力集団の活動を支援するかのような報道をしている。
(参考・報道ステーションの中核派支援についての記事「報道ステ、偏向報道批判」)
また言論活動を、スラップ訴訟(嫌がらせ訴訟)で止めようとする人も(参考・池田信夫氏記事「上杉隆の訴状について」)、こうした動きを支える(実際にはそれによる金儲けをする)一部左派系弁護士もいる。
残念ながら、一連の国会前デモは、こうした極左暴力集団の影響が強い。

言論活動を暴力で妨害をする極左暴力集団を支援する動きをする人には、今回の事件を機に猛省を求めたい。このような70年代に暗躍した化石化した「化け物」を、実社会で再び、悪霊のように呼び覚ましてしまった。

こうした脅迫行為は、私たちの民主主義体制と言論の自由を破壊するものである。
断じて許してはならない。

f2491_1_2


2015年10月16日13:07
http://agora-web.jp/archives/1658038.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445054250/

この記事を読む






1: キチンシンク(茸)@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 16:42:29.08 ID:AECtw2DP0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
IBM、中国へのソースコード開示に合意=関係者
By EVA DOU
2015 年 10 月 16 日 21:29 JST

 【北京】米IBMは中国に製品のソースコードを開示することに合意した。事情を知る関係者2人が明らかにした。
中国政府の要求に米IT業界が反発する中、開示に踏み切る初の主要企業となる。

 関係者によれば、IBMは特許を有するソースコードの工業情報化省職員への開示を始めた。
開示は密室で行い、情報を室外に持ち出すことはできない。IBMがどの製品のソースコードを開示したか、また職員に認められるコード閲覧時間は分かっていない。

 IBM中国の広報、工業情報化省報道官はコメント要請に返答しなかった。

 中国メディアの報道によると、IBMのスティーブ・ミルズ上級副社長が15日の北京での講演でソースコード共有に言及、中国での成長持続には政府の協力が必要との見方を示した。ミルズ氏の発言内容はこれまでに確認できていない。

 米国家安全保障局(NSA)の元委託職員エドワード・スノーデン氏が2013年、米国が海外で電子機器を利用し他国政府へのスパイ活動をしていたと暴露して以来、中国は米IT企業に対し、安全保障上のリスクがないことを証明するため製品のソースコードを提供するよう求めている。この期間、米IT各社は中国での販売低迷に苦慮してきた。

8


http://jp.wsj.com/articles/SB12341427128208613971804581296971582639768

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445067749/

この記事を読む

1: ジャンピングDDT(愛媛県)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 23:54:44.14 ID:Xv7omt7J0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典





共産・志位委員長、「選挙目当て」批判の菅官房長官に「知的貧困は深刻」と反論

 共産党の志位和夫委員長は16日のツイッターで、同党が提案している安全保障関連法廃止を目的とした野党の連立政権「国民連合政府」構想を「選挙目当て」と批判した菅義偉官房長官に対し、
「これを『選挙目当て』としか批判できないの? 政府の知的貧困は深刻です」と反論した。

 菅氏は16日の記者会見で、志位氏が党綱領で掲げる日米安保条約廃棄を国民連合政府に求めない意向を示したことに関し、
「共産党は『日米安保条約は破棄せよ』『自衛隊は解散』などと主張してきた。国民にどう説明するのか」などと疑問を呈した。

 これに対し、志位氏はツイッターで
「政府が破壊した立憲主義を回復するために連立政府をつくるという大義を最優先させ、自らの基本政策を堅持しつつも連立政府にそれを求めるという態度はとらない」と説明。
その上で「政府の知的貧困は深刻」と言及した。

6i4D3KJb4T7mheR_Gq6Dm_66


http://www.sankei.com/politics/news/151016/plt1510160057-n1.html

関連
共産・志位委員長「日米安保条約は維持」 国民連合政府実現の場合
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000534-san-pol
どう説明するのか…政策凍結の共産党を菅氏批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00050065-yom-pol

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445007284/

この記事を読む

1: シャチ ★ 2015/10/16(金) 18:09:55.11 ID:???*.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00050065-yom-pol

共産党の志位委員長は15日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、安全保障関連法廃止を目的とする連立政権「国民連合政府」では、党綱領で掲げる日米安全保障条約の廃棄や自衛隊の解消などの政策を凍結する考えを示した。

 これに対し、菅官房長官は16日の記者会見で、
「安保破棄、自衛隊解散だと言ってきて、どう国民に説明するのか。
選挙目当てかなと思う」と批判した。

a0313715_1623511
 

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444986595/

この記事を読む

1: ウエスタンラリアット(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 13:39:49.06 ID:o1jwbid50.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
[古森義久]【朝日新聞“素粒子”、日本政府を激しく非難】~ユネスコへの抗議に対しあてこすり~

朝日新聞の特徴について「朝日新聞はなぜここまで中国を擁護するのだろうか――」という書き出しで始まる報告を私はこのコラムの今年8月30日付に書いた。

中国側の天皇陛下への謝罪の要求に関する朝日新聞の記事がいかにも中国側をかばう姿勢に満ちていたからだ。もちろん客観報道の規範に背を向ける特徴だった。

この私の考察はやはり正しかったのだと朝日新聞の10月14日夕刊をみて、感じさせられた。一面コラム「素粒子」の記述だった。もっともこのコラムは客観性を建前にせよ、求められるニュース記事ではないが、朝日新聞の中国への一貫した姿勢を嫌でも痛感させる強烈な「親中」の記述だった。そしてつい「反日」という言葉を連想させる、わが日本国政府への激しい非難が込められているのだ。

素粒子の記述は以下だった。

「ユニセフと並んでカタカナで書ける。日本と縁の深いユネスコ。といって金で言うことを聞けという旦那気取り」

さて以上の記述はもちろんユネスコ(国連教育科学文化機関)が「南京大虐殺の文書」を世界記憶遺産に登録したことへの日本政府の反応を論じていた。
日本政府や自民党ではこのユネスコの措置を「史実に反する中国の一方的主張だけを受け入れた」として抗議した。その抗議のなかには日本政府が将来、ユネスコへの巨額の分担金や拠出金の支払いを停止するという案も入っていた。

このことをあてこすって、日本側を批判する朝日新聞の「素粒子」の「金で言うことを聞けという旦那気取り」という記述は明らかに以下の立場をとっている。
(1)日本がユネスコに資金の支払い停止を示唆することはけしからん。
 (2)日本がユネスコの「南京大虐殺」登録に抗議することはけしからん。
 (3)ユネスコの「南京大虐殺」登録は正しかった。
 (4)「南京大虐殺」登録を申請した中国の主張は正しい。 
 (5)ユネスコの世界記憶遺産登録への反応は中国が正しく、日本が間違っている。

以上を総括すると、やはり私の思考はブーメランのように冒頭の「朝日新聞はなぜここまで中国を擁護するのだろうか――」という疑問へと着地するのである。

1


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151016-00010000-jindepth-cn

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444970389/

この記事を読む

1: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:05.27 ID:BFFxVNNn0●.net BE:937623412-PLT(16000) ポイント特典
「偏ってますが、なにか」カナロコ・オピニオン 論を興し民主主義を体現する存在に

カナロコ by 神奈川新聞 10月16日(金)10時58分配信

 本紙論説・特報面の「時代の正体」シリーズについて、記事が偏っているという批判が寄せられる。
それには「ええ、偏っています」と答えるほかない。

 偏っているという受け止めが考えやスタンスの差異からくるのなら、私とあなたは別人で、考えやスタンスが同じでない以上、私が書いた記事が偏って感じられても何ら不思議ではない。つまり、すべての記事は誰かにとって偏っているということになる。

 あるいは、やり玉に挙げられるのは安倍政権に批判的な記事だから、政権の悪口ばかり書くなということなのかもしれない。

 これにも「でも、それが仕事ですから」としか答えようがない。権力批判はジャーナリズムの役割の一つだからだ。それは先の大戦で新聞が軍部や政権の片棒を担ぎ、非道で無謀な侵略と戦争を正当化し、美化した反省に基づくものでもある。

 そして私たちはいま、権力の暴走を目の前で見せつけられるという歴史的瞬間のただ中にある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00004511-kana-l14
2: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:54.54 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
>>1
 シリーズを始めたのは2014年7月15日、安倍晋三内閣が集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に踏み切った2週間後のことだ。

 憲法上許されないとされてきたものが、解釈をひっくり返すことでできるようになる。憲法という権力に対する縛りを為政者自らが振りほどき、意のままに振る舞うさまは暴走の2文字がふさわしかった。

 権力の暴走はしかし、歯止めになり得なかったジャーナリズムの存在意義を問うてもいた。
私たちは何を見落とし、何を書き逃してきたのか。「時代の正体」なる大仰なタイトルはその実、時代を見通す目を持ち得なかった自分たちのふがいなさの裏返しにほかならず、遅ればせながらの再出発をそこに誓ったつもりだった。

 暴走はいま、加速し、拡大の気配さえみせる。

 政権に不都合な報道をするマスコミを懲らしめるべきだと与党議員が息巻く。安全保障関連法を強行採決によって成立させる。果ては国会前で抗議デモを続けてきた大学生に殺害予告が届く。
それは異論を封じ込め、排除する風潮が政治によって醸成、助長された帰結であるに違いなかった。

 言論の幅が狭まれば民主主義は根元から揺らぐ。そうであるなら、私たちが直面しているのは、新聞記者である以前に社会を構成する一員としてどのように行動するのかという問題であるはずだ。
4: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:10:21.73 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
>>2
 民主主義の要諦は多様性にある。一人一人、望むままの生き方が保障されるには、それぞれが違っていてよい、違っているからこそよいという価値観が保たれていなければならない。それにはまず自らが多様なうちの一人でいることだ。

 だから空気など読まない。忖度(そんたく)しない。おもねらない。孤立を恐れず、むしろ誇る。
偏っているという批判に「ええ、偏っていますが、何か」と答える。そして、私が偏っていることが結果的に、あなたが誰かを偏っていると批判する権利を守ることになるんですよ、と言い添える。

 ほかの誰のものでもない自らの言葉で絶えず論を興し、そうして民主主義を体現する存在として新聞はありたい。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444975745/

この記事を読む

1: 河津落とし(茸)@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 18:05:29.65 ID:mc4GZguz0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
河野洋平・元衆議院議長「ユネスコへの拠出金を停止する意見はまったく恥ずかしい」
河野洋平氏

ユネスコ(国連教育科学文化機関)が世界記憶遺産として、第二次世界大戦中の「南京大虐殺」に関する資料を登録したことをめぐり、政権内からユネスコへの拠出金を停止しようという声があがっている。
そのことについて、元衆議院議長の河野洋平氏が10月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で開かれた記者会見で、「まったく恥ずかしいことだ」と苦言を口にした。

かつて官房長官時代に、旧日本軍による従軍慰安婦への関与を認める「河野談話」を発表した河野氏は、2009年に政界を引退している。この日の会見で河野氏は、中国など隣国との関係改善を訴えた。
また、国会内外で紛糾した安保法案に触れて、「違憲か合憲かわからないまま法律ができた」「政治家が民意とかけはなれているのではないか」と口にした。

また、ユネスコが世界記憶遺産に「南京大虐殺」に関する資料を登録したことについて、外国メディアの記者から見解を求められると、河野氏は「南京で虐殺があったことは、日中両国の歴史認識として、事実であることが確認されている」「問題は、そこで何人が殺されたかという点だ」と答えた。

そのうえで、河野氏は「南京事件そのものがなかったのではないか、少し事実と違うのでないか、という議論に持っていくべきではない。事実は事実として認めながら、記憶遺産として残す以上、より正確なものを残すために、日中両国がもっと資料に基づく真摯な議論をする必要がある」と付け加えた。

今回の世界記憶遺産の登録をめぐっては、政権内部からユネスコに対する拠出金を停止しようという声が出ている。
このような動きについて、河野氏は「ユネスコが果たしている役割は相当大きなものだと世界中が認めている。そんなユネスコの活動に大きな影響を及ぼす意見が国内から出てくることは、まったく恥ずかしいことだ」と批判した。
https://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_3817/ 

3983_2_1


 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444899929/

この記事を読む



このページのトップヘ