スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: キングコングラリアット(茨城県)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 20:16:35.74 ID:K5NoQpE40.net BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
朝日新聞東京本社は1日、山梨県で発行している夕刊を今月31日付で終了することを明らかにした。
朝日新聞の夕刊発行地域で夕刊を終了するのは、佐賀、大分に次いで3県目となる。

朝日新聞によると、読者の生活様式の変化などから夕刊の購読者が減ったため、山梨県での夕刊発行を終了。
朝刊と夕刊の記事を一本化した「統合版」の朝刊を発行する。

これまで山梨県内の夕刊にも掲載されていた三谷幸喜氏のコラム「三谷幸喜のありふれた生活」や「新聞と9条」などの一部記事は新朝刊にも掲載するという。

20140810133842308


http://www.sankei.com/entertainments/news/160301/ent1603010013-n1.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456830995/

この記事を読む






1: オリンピック予選スラム(岐阜県)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 19:11:17.76 ID:nYlA8g4v0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
高校生はいなかった!?23歳だけどT-nsSOWLの全国一斉高校生デモに #とりまUNITE してみた!赤裸々レポート

2016年2月21日の夕方、高校生グループT-nsSOWL主催の「0221 安保法制に反対する航行し全国一斉デモ」が行われました。東京・東北・大阪など日本全国11ヶ所で行われたこのデモには、計1万人(主催者発表)が参加したそうです。
T-nsSOWLは主にTwitter(@teensSOWL)で情報発信を行っており、#とりまUNITE というハッシュタグを使っています。
これは政治参加意識の高い高校生からなんとなくデモに参加してみた高校生にまで話が聞けるチャンスだ!と、18歳選挙権に注目している選挙ドットコムも足を運んでみることにしました。
東京のデモ隊が歩くのは渋谷エリア。代々木公園に集合し、センター街や渋谷駅前などを通って、代々木公園に帰ってくる道程です。
なん…だと……高校生が…いない……!?
集合場所である代々木公園のケヤキ並木に到着です。まずは政治や選挙に対して意識がまだまだこれから!と思われる高校生を探そうと、デモの最後尾を探しました。最後尾から前方に進み、インタビューのターゲットになりそうな高校生を探します。
……が、高校生どころか若者がほとんどいない……。
たまに若者を見つけても、隣に親御さんらしき大人が必ずいます。友達同士で参加したりするのは、まだまだハードルが高いものなのでしょうか……。
そうこうしている内に、デモ隊は出発。(中略)

デモの前方に向かって移動しました。だいぶ渋谷駅の方に近づいてきましたね。
ところがこのあたりで目立ってきたのがT-nsSOWLがこのデモで掲げる「安保法制への反対」
「安倍政権の退陣」以外の政治的主張をしている方や団体。T-nsSOWLのプラカードと一緒に辺野古基地移設反対のプラカードを持って歩く人はまだしも、耳を疑ったのが反原発のコール。
あれ、このデモって安保法制反対のデモのはずじゃ?
(以下略)

http://blogos.com/article/163816/

20160229main


TOKYO DEMOCRACY CREW @TOKYO_DEMOCRACY 18:44 - 2016年3月1日
T-nsSOWLの安保法制反対デモに参加してみた
http://blogos.com/outline/163816/
この選挙ドットコムってサイト、何なの?
https://twitter.com/TOKYO_DEMOCRACY/status/704603181238480897

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456827077/

この記事を読む

1: アイアンフィンガーフロムヘル(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 16:26:15.73 ID:XrVjVE5N0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
2月26日、民主党の岡田克也代表は、国会内で新党結成に関する確認事項に署名後、維新の党の松野頼久代表とともに、合同記者会見に臨んだ。

 実はその2日前、東京・広尾の高級料亭『S』で松野代表と、とある大物タレントの“極秘密談”が行われていたという。

「石田純一さんが松野さんと庭園を眺められる料亭の個室で食事をされたそうです。フィンランド大使館の裏手にあるこのお店は、1人につき、
5万~6万円はかかるお店。石田さんは、ふぐやあわびを召し上がっていて、ご満悦だったとか」(フリーライター)

 ドラマや小説に出てくるような高級料亭でいったい、ふたりはどんな話を……?

「松野代表から声をかけて、石田さんに“今年の夏に行われる参議院選挙に出馬してほしい”という旨のお話をされたそうです。
民主党の蓮舫さんも、以前から石田さんにラブコールを送っていたようですね。今回、民主党と維新の党が一緒になるということで、改めて石田さんにオファーを出すことになったのでしょう」(政治部記者)

 先日、SPEEDの今井絵理子が自民党から参議院選挙の出馬を表明したのは記憶に新しい。とはいえ、対抗する新党結成の目玉候補として石田に出馬要請をしたのならこれまたかなりのサプライズ。

 ところであとひとり、次の選挙の候補として名前が挙がっている“大物”の情報を『週刊女性』はキャッチしていた。

「民主党では、元格闘家の魔裟斗さんを“次回の参院選に擁立しよう”という動きがあるそうです」(民主党関係者)

 そこで民主党にも問い合わせをした。

「そのような出馬関連のご質問にはお答えすることができません」

 と、否定はしなかった。

2eebdc98


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160301-00024565-jprime-ent

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456817175/

この記事を読む

1: おかわり君 ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 12:40:38.26 ID:CAP_USER*.net
2016.3.1 12:16更新
http://www.sankei.com/politics/news/160301/plt1603010022-n1.html


 民主党の福島伸享衆院議員は1日午前の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が進める「アベノミクス」が失敗しつつあるとして、「日本の一部の人間は『アホノミクス』と言っている」となど批判した。

 福島氏がさらに株価下落などについてただすと、首相は「みなさん(民主党)は株価が下がると大変元気になるということがわかった」と笑顔でかわした。

 福島氏はさらに首相をアンデルセンの童話「裸の王様」に例え、「(首相は)裸の王様になって聞こえのいい言葉だけ聞いて、『アベノミクスはうまくいっている』と言っているだけであってはいけない」と指摘し、異論も取り入れて真摯な議論を行うよう求めた。

CbjYx2zUkAAQVLY 



 

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1456803638/

この記事を読む

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:25:03.75 ID:CAP_USER.net
no title

元朝日新聞記者の植村隆氏 =東京/キル・ユンヒョン特派員//ハンギョレ新聞社

 「植村さん、東京でする最後の挨拶になりますね」。28日午後、東京のJR四谷駅前のある行事会場。司会者の紹介を受けてマイクを握った植村隆・元朝日新聞記者(57)の表情は明るかった。
彼は3月の新学期から1年間、韓国は富川(プチョン)のカトリック大で招へい教授の資格で韓国の学生たちに「東アジアの平和と文化」を教える予定だ。
彼は「講義を韓国語でしなければならないのが少し心配だが、韓国の若者たちにしっかり教えて、日本の若者たちと良い交流ができるようにしたい」として笑った。

 この日の集いは、日本軍「慰安婦」被害者であることを初めて公開したキム・ハクスンさん(1924~97)の最初の証言について記事を書いたという理由で「ねつ造記者」という寃罪を着せられた植村記者を支援してきた人々が準備した質素な歓送パーティーだった。

25年前、慰安婦被害者の初証言を記事に
2014年から右翼から「ねつ造記者」攻撃を受け
市民社会は170人の弁護団を設け支援
北星学園大「脅迫」に抗して講師再契約
「姉妹大学」のカトリック大招へい教授として派遣
「ジャーナリストらしく慰安婦問題に向き合う決心」

 過去2年余り、植村記者は慰安婦問題を取り巻く日本社会の激しい攻防の嵐の中にいた。本格的な攻撃が始まったのは2014年1月末に発売された週刊文春(2月6日号)が「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」という記事を出してからだった。
当時は安倍晋三政権が韓日外交懸案に浮上し始めた慰安婦問題を自分たちに有利な方向に導くために河野談話(1993年)に対する攻撃を始めたのがこのような報道の背景になったと推定される。
それにより植村記者は4月から就職が予定されていた神戸松蔭女子学院大学の雇用契約が取り消されるという受難を体験した。

 また彼を非常勤講師として雇用していた北海道の小さな大学である北星学園大に向けて右翼の攻撃が始まった。学校には連日のように「植村を解雇しなければ大学を爆破する」という脅迫状が舞い込んだ。
攻撃は植村記者本人ばかりでなく彼の娘にまで及んだ。 植村記者は「当時私が書いた慰安婦記事は2つしかない。それほどすごい記事を書いたわけでもないのに、なぜこれほど激しい攻撃が続くのか理解できなかった」と話した。

 植村氏に向けられた右翼のすさまじい攻撃を目撃した日本の知識人たちは強い衝撃を受けた。
日本の知識人たちは2014年10月、右翼の脅迫に揺れている北星学園大を応援するために「負けるな北星!の会」の結成を始め、今回の事態に積極的に介入することになる。
逆転の分岐点は北星学園大がその年の12月「大学に対する暴力と脅迫には屈しない」として植村氏の再契約を決めた後だ。 ひとまず足元の火を消した後、日本の市民社会が始めたことは植村記者に対する裁判支援だった。

 「ある日、中山武敏弁護士から連絡が来ました。それで約束場所である東京の秋葉原駅に出て行きました。
彼に「私はねつ造記者ではない」ということを多くの資料に基づいて説明すると、「あなたは日本の民主主義の宝」と言って裁判支援に乗り出すと言ってくれたのです。闇の中で光を見た思いでした」

 植村氏は2015年1月、東京地裁に自身を「ねつ造記者」として執拗に攻撃した日本の代表的な右翼である西岡力と週刊文春を相手に損害賠償請求訴訟を提起した。 現在この裁判には弁護士170人が無料で弁論に乗り出している。

 右翼の攻撃が徐々に弱まると、植村氏が目を向けたのは自身が25年前に初めて報道した韓国人慰安婦被害者の現実だった。彼は昨年8月15日に訪韓し、天安市の望郷の丘に眠っているキム・ハクスンさんの墓地を参拝した。
彼は「その場でこれまで慰安婦問題から距離をおいてきたが、それが愚かなことであったことを悟った。今後はジャーナリストとして慰安婦問題に真剣に向き合って行く決心を固めた」と話した。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23465.html

>>2以降に続く)


2: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:25:48.93 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

 まだ裁判は進行中だが、植村氏は「試練を通じて多くのことを感じることができた」と話した。「このような経験がなかったなら、今頃は神戸の女子大教授になっていたでしょう。もしそうなら『朝日新聞は良い会社だ。
私はそのような会社で海外特派員をした』で自慢している平凡な記者出身の大学の先生になっていたと思います。そうならこの間私を支援してくれた多くの人々とつきあうこともなかったでしょう。
このような苦難の中で、日本のジャーナリズムの脆弱性と闘争することの大切さを知ることができました」

 彼の新たな挑戦は韓国で続く。彼は3月からカトリック大で韓国の大学生に教える。カトリック大は彼が非常勤講師として勤務した北星学園大学の姉妹校でもある。

 植村氏は「北星学園大学で教えた韓国人学生の大部分がカトリック大からの留学生だった。学生たちが「私を解雇するな」という署名運動にも参加した。良い大学であることを知って行くことを決心した」と話した。

彼が2年間に経験した闘争の記録は、先月26日に岩波書店が出版した『真実 私は「ねつ造記者」ではない』に詳しく書かれている。

東京/キル・ユンヒョン特派員

(おわり)

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1456763103/

この記事を読む

1: おかわり君 ★@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 23:25:01.95 ID:CAP_USER*.net
2016.2.29 17:15更新
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n3.html


40


 田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。
 呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。
 声明では、高市氏の発言が「放送による表現の自由の確保」を定めた放送法1条や「表現の自由」を保障する憲法21条の精神に反していると主張。その上で「現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく『息苦しさ』を増していないか」として、「自主規制、忖度、萎縮が放送現場の『内側から』拡がることになっては、危機は一層深刻だ」と訴えた。
 会見で、岸井氏は「高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。仮に曲解しているのであれば、『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない」と高市氏を批判。田原氏は「非常に恥ずかしい発言。全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念ながら多くの番組は何も言わない。高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない」と訴えた。
 また、鳥越氏は「安倍政権からの恫(どう)喝(かつ)、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。「メディア内部に(政権への)遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない」とも訴えた。
 会見で配布された声明文の全文は次の通り。

 「私たちは怒っている高市総務大臣の『電波停止』発言は憲法及び放送法の精神に反している」
 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断するということになると存じます」と明言している。
 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第1条)の精神に著しく反するものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。
 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。
 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。
 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。
 〈呼び掛け人〉(五十音順 2月29日現在)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎




参考(民主党政権時代)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31976
49


 0f6980c3

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1456755901/

この記事を読む

1: 16文キック(東京都)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 20:54:43.20 ID:AZfUyjor0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
picture_pc_15dcf1db3f3a46d1541ae6ac481dffe40da7a432


堀江貴文(Takafumi Horie)
@takapon_jp
民主党マジで消えてなくなれ
おおさか維新は「邪魔」=民主幹事長


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456746883/

この記事を読む



このページのトップヘ