じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [RO] 2017/07/18(火) 14:23:10.84 ID:MK14Kflk0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
オーストラリア緑の党のラリッサ・ウォーターズ上院議員は18日、二重国籍を理由に議員辞職を表明した。
先週末にも、同じ緑の党のスコット・ラドラム上院議員が二重国籍のために辞職している。

オーストラリア憲法は、複数の国籍を持ちながら連邦レベルの公職に就くことを禁じている。

ウォーターズ議員は、生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかになった。
ウォーターズ議員は今年5月、連邦議会の議場内で授乳した初めての母親となり話題を集めた。

18日に記者会見を開いたウォーターズ議員は、「うっかりミス」だったと語った。ラドラム議員の二重国籍問題が浮上した後に自らの国籍について知ったという。

ウォーターズ議員は「カナダで70年前から存在する法律のために、生まれたカナダの二重国籍があり、私が生まれた1週間後に法律が改正されたために、能動的にカナダ国籍を放棄する必要があったと知って、強く打ちのめされた」と語った。

ウォーターズ議員は2011年から議員を務めていた。

ウォーターズ議員と共に緑の党の共同副党首を務めていたラドラム氏はニュージーランド生まれで、3歳の時に家族と共に渡豪した。

ラドラム氏は10代の時にオーストラリア国籍を取得した際に、ニュージーランド国籍を放棄したと思っていたと語った。


豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目
http://www.bbc.com/japanese/40640285
no title

引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500355390/

この記事を読む






1: キリストの復活は近い ★ 2017/07/18(火) 18:57:07.99 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」と述べ、陳謝した。

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html

no title

7: 名無しさん@1周年 2017/07/18(火) 18:57:47.33 ID:wQq7QeHi0
>私はずっと日本籍だけだと思っていた。 
は?過去の言質から嘘確定

225: 名無しさん@1周年 2017/07/18(火) 19:04:05.52 ID:0Nz7d3460
>>7 
■証拠 
1997年 雑誌クレアのインタビュー 
蓮舫「自分の国籍は台湾」 
no title

no title

no title


1993年3月16日 朝日新聞 
蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。 
no title

no title


1993年2月6日号 週刊現代 
蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」 
no title

no title

no title

引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500371827/

この記事を読む

1: シャチ ★ 2017/07/18(火) 16:41:36.44 ID:CAP_USER
7/18(火) 16:34配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000046-asahi-int
 中国内のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で「くまのプーさん」が検索できなくなり、ネット上で騒ぎになっている。表情や体形が似ていると言われる習近平(シーチンピン)国家主席のイメージを守るためとみられるが、ネット上では「プーさん粛清運動だ」「あまりに度量が狭い」と批判する声が出ている。

 中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」などでは先週末から、中国語でプーさんを意味する「維尼熊(ウェイニーシュン)」や「小熊維尼(シアオシュンウェイニー)」を検索しても、プーさんの画像がほとんど出なくなり、「敏感な言葉」になった。

 中国では2013年6月の米中首脳会談や14年11月の日中首脳会談の際にも、習主席とオバマ前大統領、安倍首相が並ぶ写真が、プーさんの画像と表情まで似ているとしてネット上で広まった。15年9月の軍事パレードの際にもプーさんが車に乗るおもちゃとみられる写真が出回り、削除されたことがある。

 こうした画像は習主席を直接批判しているわけではないが、習主席が共産党の「核心」と呼ばれるようになり、秋の党大会に向けて権威強化を図っている時期だけに、宣伝当局が指導者としてのイメージ低下を心配したとみられる。

 その後、「こっちも似ている」とドラえもんのキャラクター「ジャイアン」(中国名・胖虎〈パンフー〉=太った虎の意味)が出回った。
空き地に友人を集め、無理やり下手な歌を聴かせる画像が投稿されたが、
18日にはジャイアンも検索できなくなっている。(北京=延与光貞)


no title

引用元:http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500363696/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [IL] 2017/07/18(火) 17:58:14.14 ID:zEW2SRQp0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
菅野 完
蓮舫の記者会見をみとるが、これは極めて狭義の意味での「リンチ」ではないか。涙がとまらない
https://www.facebook.com/noiehoie/posts/741088949409142 

no title

引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500368294/

この記事を読む

1: ひろし ★ 2017/07/18(火) 18:00:19.56 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」と述べ、陳謝した。

no title


http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html  




引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500368419/

この記事を読む

1: 豆次郎 ★ 2017/07/18(火) 11:50:32.43 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表が台湾との「二重国籍」問題をめぐり、台湾籍を保有していないと証明する資料を公表する意向を示していることについて、精神科医の香山リカ氏ら有識者グループが18日、東京都内で記者会見し、公表中止を民進党に求めた。

 香山氏らは蓮舫氏について「参院選に立候補した時点で、戸籍謄本により日本国籍があることが確認されている」と指摘。その上で「個人情報を開示する何の義務も必要もない。開示を求めることは出自による差別を禁じている憲法に反する」とした。

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180011-n1.html 


no title

144: あなたの1票は無駄になりました 2017/07/18(火) 15:41:26.05 ID:WVSv/wf/0

プロ野球のオールスターは終わったのに

小田川綾音 ヒューマンライツ・ナウ会員
神原元 しばき隊弁護士・きゃんばらしゃん
金竜介 在日コリアン弁護士協会代表
西谷修 国会前における安保法案反対デモでスピーチ他
山口二郎 民主党の政治的アドバイザー・連戦連敗w
香山リカ 中指姫

佐藤学 「安全保障関連法案に反対する学者の会」発起人
伊藤和子 ヒューマンライツ・ナウ事務局長
中野晃一 SEALDsやしばき隊を支える理論的支柱w
原田學植 原田學植(趙學植)弁護士・野間を弁護?・のりこえねっと

引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1500346232/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [IL] 2017/07/18(火) 10:53:04.50 ID:zEW2SRQp0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
藤原かずえ @kazue_fgeewara
TBS「ひるおび」の恐ろしい印象報道です。コメンテイターは、個人的「印象」を
あたかも「事実」であるかのように語り、視聴者を一定の論調に同調するよう印象操作しています。
八代弁護士が常識的な反論をしますが、それも空回りし、政局巷談家の伊藤惇夫氏が話を遮り、
印象報道を肯定します。



引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500342784/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング