じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: マシンガンチョップ(禿) [US] 2017/04/19(水) 11:48:04.33 ID:Hi4MQfT80 BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典
北朝鮮北東部の豊渓里にある核実験場の様子を16日に映した衛星画像に、米朝間の緊張の高まりから予想された地下核実験の準備風景ではなく、バレーボールに興じる人々の姿が映されていたことが分かり、核実験が近いとみている米国の専門家の間に驚きが広がった。

ワシントンに拠点をおく独立の北朝鮮監視団体「38ノース」の専門家Joe Bermudez氏は「主要管理区域、サポート区域および司令センターとその付近の警備小屋で、バレーボールの試合が行われていた」と述べた。
そのうえで、実験施設が「待機状態」に入った可能性と、監視のかく乱を狙った可能性の二つが考えられると述べた。

さらに同氏は、16日の映像には鉱山車両からの小規模な荷卸しを示唆する場面が映っており、トンネル掘削作業が行われている兆候と考えられるが、核実験に使用される坑道からの活発な排水は行われていなかったと説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000021-reut-kr 

no title 


引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492570084/

この記事を読む






1: 動物園φ ★ 2017/04/18(火) 19:06:55.18 ID:CAP_USER
素粒子
2017年4月14日16時30分

 シリアと同じだと言いたいか。北朝鮮がミサイルにサリンを載せられると首相。だから何が欲しい、何がしたい。

    ☆

 核実験場で準備が進み、金正恩氏が特殊部隊を視察。米空母は到着を前倒し。互いに「歩」を一つずつ前に進め。

    ☆

 山より大きな猪(しし)は出ぬ。とはいえ大きな地震の後にさらに大きな本震が来ることもある。熊本地震の教訓忘れず。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12892102.html

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/04/18(火) 19:14:31.90 ID:Sos973b6
一応ソース確認してみたら
本気でしたw

no title


引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492510015/

この記事を読む

1: ぱよちんキラー ★ 2017/04/18(火) 17:55:11.25 ID:CAP_USER9
 北朝鮮の国連次席大使、キム・インリョン氏:「米国が軍事行動を選択した場合、北朝鮮は米国によるいかなる形の戦争にも対応する用意がある」

 北朝鮮のキム国連次席大使は、会見で「核戦争が起こる危険性はどんどん高まっている」と述べ、朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだと非難しました。

国連の安全保障理事会は28日に、北朝鮮の核・ミサイル問題を話し合う閣僚級の会合を開きますが、「主権の侵害であり、断固として拒絶する」と反論しました。
また、北朝鮮の高官は平壌でイギリスBBCの取材に応じ、「ミサイル発射実験は毎週、実施する」と述べ、今後も強行する考えを示しました。

抜粋

http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000098851.html 

no title 


 

引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492505711/

この記事を読む

1: ストレッチプラム(茨城県) [ニダ] 2017/04/18(火) 08:42:44.06 ID:eAUo7r3O0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
旧日本軍の従軍慰安婦の強制連行について日本軍の組織的関与を裏付ける文書19件が、国立公文書館から内閣官房に2月に提出されていたことが分かった。
これらの資料を基に、政府は旧日本軍による従軍慰安婦への強制連行の事実を認め、改めておわびと反省を表明すべきだ。

従軍慰安婦問題で日本政府は1993年、当時の河野洋平官房長官が「(旧日本)軍の要請を受けた業者が甘言、強圧により本人たちの意思に反して集められた事例が数多くある。
官憲などが直接加担したこともあった」として、おわびと反省を明記した談話を発表した。

しかし、日本軍の強制性は認められないとして批判する動きが続く。
第1次安倍内閣は2007年「河野談話までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲による強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定した。
さらに14年、第2次安倍内閣は河野談話の作成経緯を有識者らに検証させ、「日韓で文言調整があった」「元慰安婦証言の裏付け調査を行わなかった」などとする報告書が出た。
政府は国際社会の厳しい視線の中、談話を継承するとしつつも、07年閣議決定を堅持し続けている。

その間、林博史関東学院大教授らが日本軍の強制性を裏付ける資料を発見してきた。
その一つが今回の19件に含まれる「バタビア裁判25号事件」資料である。
1947年8月、オランダ軍がBC級戦犯を裁いたインドネシア・バタビア(現在のジャカルタ)の軍法会議で日本海軍兵曹長が懲役12年の判決を受けた。
この元兵曹長が62年、法務省の調査で「(慰安婦として)現地人など約70人を連れてきた」「他にも約200人を部隊の命で連れ込んだ」と証言した。
強制売春が戦争犯罪に問われることを恐れ、住民の懐柔工作に多額の軍資金を使った隠蔽(いんぺい)工作も生々しく語っていた。

19件の文書は、河野談話の時点で法務省が所蔵していた。
軍による強制性を明確に示し、談話を裏付けており、07年閣議決定を否定するものだ。
不都合な事実を無視しては、国際社会の批判にも歴史の批判にも耐えられない。
政府は今回の資料を基に謙虚に歴史に向き合い、閣議決定を見直すべきである。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-480554.html 

no title
 

引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492472564/

この記事を読む

1: (^ェ^) ★ 2017/04/18(火) 07:54:14.04 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000092-mai-pol

no title

今国会中に問題になった閣僚らの言動

 安倍内閣の閣僚らが発言を問題視され、謝罪・撤回に追い込まれるケースに歯止めがかからない。山本幸三地方創生担当相は17日、「一番のがんは文化学芸員」などとした発言を撤回し、謝罪した。7日には東京電力福島第1原発の自主避難を「本人の責任」とした今村雅弘復興相が発言を撤回したばかり。政権の緩みが露呈している。

 山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「学芸員を一掃しないとだめだ」などと批判した。

 山本氏は17日、国会内で記者団に「言葉が行き過ぎたことは反省しており、撤回しておわびを申し上げたい」と述べたうえで「地方を元気にするために全力を挙げて頑張っていきたい」と続投に意欲を示した。

 官邸幹部は「特に地方に行った時は危ないから気をつけてくれと言っている。ウケを狙ってサービスしたくなってしまう」と閣僚の緩みを不安視する。北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に対する警戒態勢を続ける中、政権の命取りになりかねないためだ。

 報道各社の世論調査では内閣支持率が軒並み5割を超え、野党の政党支持率は低迷している。「安倍1強」と言われる状況が長期化し、変化の兆しも見えないことが、政権の緩みという形で表れている。

 政権の要である菅義偉官房長官は17日の会見で「閣僚は常に閣僚としての責任をもって発言してほしい」と強調。懸命に引き締めをはかっている。しかし、政府・与党内では山本氏の発言を問題視しない意見が大勢だ。

 安倍晋三首相は同日の衆院決算行政監視委員会で「国家としてあまりに無礼」と追及する民進党の山尾志桜里前政調会長に対し、「山本氏が謝罪し撤回したと聞いている」とそっけなかった。自民党の二階俊博幹事長は会見で、既に謝罪・撤回されたことを踏まえ、「これ以上コメントするつもりはない」と早々に幕引きを図った。

 民進党の野田佳彦幹事長は17日の記者会見で「これだけ異常な発言が続くということは政権としては緩みがあると言わざるを得ない」と国会で追及する考えを強調した。共産党の小池晃書記局長は「一掃すべきはこういう閣僚だ」と辞任を要求した。【遠藤修平、樋口淳也】

引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1492469654/

この記事を読む

1: フロントネックロック(catv?) [EU] 2017/04/18(火) 10:54:58.35 ID:meROH25E0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
 政府は、北朝鮮が日本領海内に弾道ミサイルを発射した場合、自衛隊への防衛出動の発令が可能となる「武力攻撃切迫事態」に認定する方向で検討に入った。

 核・ミサイル開発を進める北朝鮮による挑発行為が増長するなか、適切な防衛態勢を整える必要性があると判断した。

no title

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00050000-yom-pol


引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492480498/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング