スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: ■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/07/12(木)13:30:45 ID:???
和田 政宗
@wadamasamune
朝日新聞は何でこうしたタイトルをつけるのか?こんな時も政権攻撃をしたいのでしょうか?
国によるプッシュ型支援は、ミスマッチが生じることがあっても速やかに被災地を支援するために行っているものです。

『国のプッシュ型支援、被災直後は歓迎でも ミスマッチも』(朝日新聞)


引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531369845/

この記事を読む






1: (^ェ^) ★ 2018/07/11(水) 21:10:52.15 ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/58698

no title


戦後最大の不祥事内閣

立憲民主党・辻元清美
「前代未聞の戦後最悪の不祥事内閣ということが免罪されるものではありません。(内閣不信任決議案は)どこかのタイミングで提出の検討をせざるを得ない」

(略) 

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1531311052/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/07/10(火) 09:42:00.39 ID:n5LMn8rc0● BE:201615239-2BP(2000)
 オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚=執行時(63)=らの死刑執行に
ついて報じた8日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」が物議を醸している。
幹部を含む7人同時の執行に疑問を呈する一方、自局の「不都合な真実」をスルーしたことに
ついてネットで批判がわき起こった。

 番組ではTBSキャスターの松原耕二氏が死刑執行について、「次の教訓を次の世代に生かす
ことはなかったのか」と指摘。コメンテーターの姜尚中氏は「処刑がイベント化されて、ある
種非公開の公開処刑みたいだ」とし、「少なくとも6人の幹部は生かして、どうしてこういう
ことをやったのか調査するべきだった」と続けた。その後も死刑執行に関する事前のマスコミ
への「情報リーク」を批判するコメントがあった。

 ただ、情報リークという点でいうと、TBSはオウム事件に大きな責任を負っている。

1989年10月26日、TBSのワイドショーが、オウム真理教被害者の支援活動を行って
いた坂本堤弁護士=当時(33)=のインタビュー映像をオウム幹部らに見せ、11月4日に
坂本弁護士一家はオウムに惨殺された。

 TBSは当初、インタビュー映像を見せたことを否定していたが、96年に認め、当時「筑紫
哲也 NEWS23」のキャスターを務めていた筑紫哲也氏は「TBSは今日、死んだに等しい
と思います」と発言した。

 この日のサンモニではこうした事実について触れられず、ネットでは「無視するつもりですか。
筑紫さんが『TBSは死んだ』とまで言ったのに」「ちゃんと検証しないといけない事あるだ
ろう?」などと批判が相次いだ。

https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/180710/soc1807100003-s1.html 

スクリーンショット 2018-07-11 23.20.04

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531183320/

この記事を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/07/11(水) 18:03:04.23 ID:CAP_USER9
http://netgeek.biz/archives/122329

共産党の清水ただし議員が松井一郎知事に激怒し、謝罪・訂正を求めている。清水ただし議員は「今回の募金活動では中抜きしない」と奇妙な主張を行っている。
論争の発端になったのはこちらの投稿。



共産党は熊本地震の支援を名目に募金を集めたものの、大半を党の運営資金に使い、被災者に渡すのは3分の1の予定だった(炎上して修正したという)。共産党はすでに中抜きをしたことを認めている。

前回の記事:【拡散希望】共産党には募金を中抜きした前科があるので気をつけよう

松井一郎知事はこのような出来事があったからこそ、今回の共産党の募金活動にも注意が必要と呼びかけた。

と、ここで抗議したのは共産党の清水ただし議員。大げさな表現で因縁をつけて謝罪・訂正を要求している。


要するに「前は中抜きしたけど、今回はしない!松井知事は間違っている!」ということだろう。酷い前科があるのによくこんなことが言えたものだ。

松井知事は大人な対応をとる。




こうして松井知事が一歩下がったところで論争は収まったのだが、その間、ネット上では清水ただし議員のほうがバッシングされ始めた。「一度、募金を騙し集めた人間など信用できるはずがない」「態度がおかしい」「謝罪すべきは清水ただし議員のほうだ」という意見が散見される。

その後、松井知事は共産党の前科を指摘する一般人のツイートをリツイートした。

以下略

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1531299784/

この記事を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/07/11(水) 07:47:12.64 ID:CAP_USER9
https://www.huffingtonpost.jp/abematimes/asahara-20180709_a_23477362/

「今回の死刑執行で"ケリがついた"として問題が忘れ去られていくなら、似たような事件は必ず繰り返される」。

 6日、オウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚と6人の元教団幹部の死刑が執行され、日本中に驚きが拡がった。しかし坂本弁護士一家殺害事件からは29年、地下鉄サリン事件も発生から既に23年が経過、オウムを知らない若い世代も増えてきている。そこでAbemaTV『AbemaPrime』では、先月発足した「オウム事件真相究明の会」の呼びかけ人でもある社会学者の宮台真司氏と一連の事件を振り返り、今後の教訓を探った。

(略)

■今の若い人たちも必死で生きているという点では同じ

 スタジオのパンサー向井慧(1985生まれ)、ハヤカワ五味(1995年生まれ)、紗倉まな(1993年生まれ)が様々な事実に驚きの声を上げる中、1981年生まれで、地下鉄サリン事件当時は中学2年生だった宇佐美典也氏は「僕は教団幹部の村井秀夫氏が刺殺された南青山の東京総本部から徒歩1分くらいのところに住んでいたし、毎日通るような所にオウムが運営するパソコンショップがあったので、オウム真理教は身近な存在だった。選挙活動も目撃した。だからずっと気になっていたし、どこかでケリをつけてほしいと思っていた。松本死刑囚の経歴を見れば、薬局を経営して、不正受給をして、薬事法違反して、普通の社会にいられなくなって宗教を始めたという、どこか人間として理解できる部分もある。でも世間は彼をモンスターとして描いたままだと思う。もっと彼をどこかで間違ってしまった人間として扱うべきだし、オウム真理教も社会と断絶したものではなく、人間が作った組織だと理解して整理しなければいけないと思う。その役割を公安調査庁はじめ、国に担ってほしかった」と話す。

 これに対し所氏は「現場で取材していた私には質の悪い詐欺師にしか見えなかった」とコメント、宮台氏は「確かに松本死刑囚は社会に対する怨念を持っていた可能性があり、それによって社会の周辺、あるいは外側に出てしまったのだと思う。それが何と結びつくと"教祖"になってしまうのか、僕も知りたい。だが、そういうことのできる役人はいないだろう。ただ、ネトウヨを見れば分かるように、社会に漠たる怨念を持っている人たちは今もいるし、地下鉄サリン事件から10年後の2005年くらいから、若い人が宗教団体に入るケースはどんどん増えている。生きづらいけど、そこに行けば仲間がいて正直になれる。演技しないでいられる。教団幹部とは違うかもしれないが、今の若い人たちも負け組にならないように、落ちないようにと必死で生きていて、不安があるという点では同じだ。LINEの既読プレッシャー、キャラクターを演じ、KYにならないようにして、怯えながら生きていいる。性愛からも退却、"意識高い系"のような演技空間の中で日常を生きるのがどれだけ楽しいのか。この社会はクズだ、クソだと思うヤツがたくさんいても不思議ではない」と指摘。

 その上で「2020年の東京オリンピックの後、日本は崩れていくと思う。そんな時、免疫のない若い人たちが宗教に関心を持ち、教団を回している人に神通力があると思い、この人達に従っていればなんとかなると考える。そしてその先には組織の忖度競争があり...と考えれば、誰もがオウムのようになる可能性がある。宇佐美さんがオウムを知っているギリギリの世代だと思うが、やはり物心が付いていない人たちは当時のことを覚えていないので、不安も恐怖も憎悪もない。だからこそ年長者が、昔オウム真理教というのがあって、人々がこういう動機で入って、こういうことになってしまったと述べ伝えていくべきだ」と警鐘を鳴らした。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


1

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1531262832/

この記事を読む

1: ろこもこ ★ 2018/07/09(月) 20:26:39.95 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000001-ykf-soci

 米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏と、オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した民間団体「AJCN」代表の山岡鉄秀氏らは6日、朝日新聞デジタル英語版で、慰安婦問題について「強制連行・性奴隷説」を流布するような記述がみられるとして、印象操作の中止を求める署名と申入書を、朝日新聞の渡辺雅隆社長宛てに提出した。

 「英語版の記事を読むと、読者は『強制連行』や『性奴隷』を想像する。海外に対して、どれだけの悪影響があるか分からない。報道機関として責任を持つべきだ」

 ケント氏は語った。

 朝日新聞デジタル英語版では、慰安婦問題を報じる際、「forced to provide sex」(性行為を強制された)というフレーズなどが頻繁に使用され、性奴隷を連想させているという。

 ケント氏と山岡氏らは今年2月、「朝日新聞英語版の慰安婦印象操作中止を求める有志の会」を立ち上げ、6月中旬までインターネット上などで署名活動を行った。約1万400筆を提出したという。

 申入書では、「forced to provide sex」の表現を今後使用しないことや、朝日新聞も2014年8月に「大誤報」と認めた吉田清治氏の虚偽証言を、英文で改めて紹介することなどを求めた。

 朝日新聞では、編集局幹部や広報部長などが対応し、有志の会は、23日までに回答を求めた。

 山岡氏は「撤回した記事の内容が、英語版ではまだ掲載されている。海外で日本人が受ける、さまざまな被害に直結している」と強調した。

 今回の申し入れについて、朝日新聞社は、夕刊フジの取材に対し、「申し入れも、署名についても、重く受けとめて真摯に検討させていただきます」「対応は今後検討いたします」と文書で回答した。

スクリーンショット 2018-07-10 2.06.49

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1531135599/

この記事を読む

1: ばーど ★ 2018/07/09(月) 22:49:52.44 ID:CAP_USER9
no title


 西日本を中心に大きな被害を出した豪雨災害は、9日午後現在、13府県で死者が100人を超え、80人以上が行方不明となっている。気象庁によると、7月8日までに1000ミリ以上の降雨量が観測されたのは高知県の8地点、岐阜県の4地点、徳島県の2地点、長野県の1地点にのぼる。広範囲にわたる豪雨が、被害を拡大させた要因となった。

【図】都が想定する高潮浸水想定図はこちら
no title

.
 今回の被害は、頻発する自然災害に対応しきれない日本の現実を明らかにした。それは、被害を受けなかった地域の防災担当者も震撼させている。なかでも警戒されているのが「首都圏の豪雨災害対策」だ。

 地震や火事、水害など、たび重なる災害を乗り越えて東京は世界有数の都市となったが、1949年のキティ台風以来、大きな災害は起きていない。ただ、被害が減ったのは東京のインフラが充実したからではなく、「たまたま自然災害に襲われていないだけ」というのが専門家の一致した見方だ。

 では、今回と同規模の豪雨が将来、東京を襲ったらどうなるのか。「首都水没」(文春新書)の著者で、リバーフロント研究所・技術参与の土屋信行氏はこう話す。

「今年6月に土木学会が発表した資料によると、東京で洪水や高潮が発生した場合、建築物などの資産被害の総額は64兆円にのぼると推定されています。被害は室戸台風(1934年)の上陸と同規模のものを想定していますが、雨量は今回の豪雨災害の方が多い。墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区ほか都内の海抜ゼロメートル地帯はすべて水没してしまうでしょう」

 人的被害も大きい。中央防災会議の試算では、利根川や荒川などの堤防が決壊し、東京湾で大規模な高潮が発生した場合、最大約7600人の被害者が出ると想定されている。

 近年、特に警戒されているのが、戦後に急拡大した地下鉄や駅地下の地下街だ。災害時が昼間に起きると、地下鉄はストップし首都圏は大パニックになることが予想されている。それだけではない。地下鉄の構造そのものにも弱さがある。

「都営大江戸線は『地下の山手線』として駅が他の路線と連絡している。北千住(足立区)のような標高の低い地域が浸水して地下鉄に雨水が大量に流れ込んだ場合、地下トンネルを通じて都心まで水が届き、丸の内(千代田区)で水が噴出するといったことも考えられます。都内の地下街も水没の危険性があります」(土屋氏)

 もちろん、鉄道会社は豪雨時の水没を避けるために防水扉を設けるなど、さまざまな対策をしている。しかし、それが有効なのは、都のインフラが豪雨に耐えることができた場合の話だ。

「都内の雨水は下水管を通じて排水されますが、対応能力は1時間に50ミリ。今回のように、1時間に100ミリを超える降水量になった場合、排水能力は追いつきません。今回の豪雨による被害状況を見て、将来、東京にも同様の豪雨が来た時のことを考えると背筋が凍りました」

 都が作成したシミュレーションによると、浸水想定地域には昼間に395万人が生活をしている。想定される最大の浸水の深さは10メートルで、23区のうち17区が浸水想定区だ。17区のうち、墨田区の99%、葛飾区の98%、江戸川区の91%、江東区の68%、荒川区と足立区も5割以上が浸水するという。

 家屋やインフラ、人的被害もさることながら、東京が豪雨に襲われた場合に問題となるのは、経済的なダメージだ。

「東京は政治、行政、経済の中心組織が集中していて、災害時は日本の中枢を直撃します。さらに、インフラ復興まで時間がかかると、経済的なダメージも計り知れません。資産被害と経済被害を合計すると100兆円を超えると想定されています。東京は世界でも災害の危険性の高い都市として知られていますが、対策が不十分なため被害を拡大させたとなると、海外の企業は『東京は災害に弱い都市』とのイメージが広がって投資が減り、東京は衰退していく可能性もあります。大都市圏の大規模水害は負の社会現象を引き起こすのです」

 では、大規模水害を防ぐためにはどうすればいいのか。土屋氏は「ソフトとハードの両方の対策が必要」と語る。

※以下全文はソース先をお読み下さい

7/9(月) 19:54
AERA dot
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00000063-sasahi-soci&p=1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531144192/

この記事を読む



このページのトップヘ