じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: イドクスウリジン(大阪府) [KR] 2021/09/11(土) 19:17:21.57 ID:NIgKkMsO0● BE:329591784-PLT(13100)
立憲民主党の枝野幸男代表は11日、衆院選に向けた街頭活動をスタートさせた。

東京都内5カ所で演説し、「もう一度、首相官邸に戻り、今度はどんな危機がおこっても、命と暮らしを守れる政治をつくる」などと、政権交代に向けた決意を語った。菅義偉首相の次の自民党総裁選びは「準決勝」で、その後にある衆院選こそが本当の首相選びであると主張した。

枝野氏は練馬駅前の演説では、立憲が10日に発表した緊急事態宣言の解除までに取り組むべき新型コロナウイルス対策の緊急提言を訴えた。「私たちには具体案がある。政府与党にこそ対案がない」などと語った。年収1千万円程度を下回る中間層への所得税実質免除を挙げ、「日本社会の疲れ切った構造を変えよう」と呼びかけた。

枝野氏は演説後、記者団の取材に応じ「有権者が今、自民党内で行われている『準決勝』よりも、総選挙に向けた選挙モードに入っている。衆院が解散された直後のような熱気を受け止めている」と手応えを語った。

https://www.asahi.com/articles/ASP9C5QFDP9CUTFK00V.html 


スクリーンショット 2021-09-12 2.44.54

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1631355441/

この記事を読む






1: バルガンシクロビル(愛知県) [CN] 2021/09/11(土) 22:56:43.65 ID:Zu6PYBGR0● BE:156193805-PLT(16500)
コロナ禍に対応することで分かった会社の「無くてよかったもの」1位は「対面での会議」(45%)――そんな結果が、エン・ジャパンの運営する人事向け情報サイト「人事のミカタ」の調査で分かった。
2位は「社内イベント」(25%)、3位は「定時勤務」(23%)という結果に。

「対面での会議」と回答した企業からは、「対面が全く不要とは思わないが、オンラインに移行すれば宿泊を伴う出張や長時間の移動もしなくて済むため」「紙の資料をオンラインでの画面表示に置き換えても、支障がないことが分かって良かった」「今までは各支店から本社に集まっていたが、オンラインでも特に支障がなく、移動費用などの無駄な経費もかからなくなった」といった声が寄せられた。

「社内イベント」と回答した理由としては、「社内イベントが中止・縮小となったが、不満は出なかった」「社内イベントの企画をしなくなったことで業務が軽減された」などが挙げられた。

「定時勤務」については、「時差出勤を推奨したことにより、個々のスタイルに合わせて柔軟に働けるようになった」「早朝出勤で通勤ラッシュも避けられ、仕事の効率も上がると社員に好評」といった指摘があった。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2109/10/news081.html
no title

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1631368603/

この記事を読む

1: クロ ★ 2021/09/03(金) 23:51:42.22 ID:CAP_USER9
菅義偉首相は昨年9月の就任直後、日本学術会議から推薦された会員候補者6人の任命を拒否する前代未聞の判断を下した。“排除”された当事者は「任命拒否に象徴される学術軽視の姿勢が、新型コロナ対策の失敗を招き退陣に追い込まれた」と冷ややかに見る。

学術会議の梶田隆章会長らは日本学術会議法に基づき、推薦通り任命するよう再三にわたって求めてきた。しかし菅首相は「人事」であることを理由に「総合的・俯瞰(ふかん)的」と述べるだけで拒否した理由さえ明確に説明しないまま、1年近くが経過した。

 6人のうちの1人、岡田正則・早稲田大教授は退陣について「官房長官時代から人事で行政組織をコントロールしてきたが、コロナ禍で国民への説明がうまくできず、国民も政治家も付いて来なくなった。忖度(そんたく)させて従わせる組織統制のやり方が限界に来ていることを示した」と分析。「学術に対しても人事の恐怖政治で従わせようとしたのだろうが、コロナ対策では専門家の協力を得て英知を集めないといけなかった。菅首相の手法は危機にそぐわないやり方だった」と批判した。

同様に任命を拒否された松宮孝明・立命館大教授も「菅政権は発足から一貫して学術を軽視してきた。自分にとって都合の悪い専門家の意見に耳を傾けないという姿勢が任命拒否問題で象徴的に出て、その後のコロナ対策でもはっきり表れて、見事に失敗を招いた」と突き放した。

 「次」の首相は任命拒否問題にどう向き合うのか。岡田教授は「菅首相は過去に自身が下した判断について説明する責任が依然として残っている」と指摘。その上で「日本学術会議法では、推薦に基づき105人を任命することになっている。それが99人のままになっているのだから、次期首相は速やかに6人を任命し、違法状態を是正していただきたい」と要望した。【池田知広、岩崎歩】

毎日新聞
2021/9/3 18:51
https://mainichi.jp/articles/20210903/k00/00m/040/245000c 


スクリーンショット 2021-09-12 1.44.11

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1630680702/

この記事を読む

1: ボラえもん ★ 2021/09/11(土) 01:45:53.48 ID:KFVyHHFL9
実施期間:2021/9/6(月)~9/9(木)

混戦が予想される自民党総裁選。
すでに出馬を表明した岸田氏に加え、報道では高市氏、河野氏、野田氏、石破氏の名前が挙がっています。
次期自民党総裁について、あなたがふさわしいと思うのは誰ですか? ※選択肢は五十音順

235,005人 が投票!
高市早苗氏  49.1%  115,424票
河野太郎氏  26.5%   62,297票
岸田文雄氏  11.3%   26,479票
石破茂氏      9.9%   23,382票
その他      2.1%    4,949票
野田聖子氏   1.1%    2,474票

https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/42630/result

スクリーンショット 2021-09-11 2.20.39

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631292353/

この記事を読む

1: クロ ★ 2021/09/10(金) 22:25:38.75 ID:CAP_USER9
国際弁護士の八代英輝氏(57)の日本共産党に関する発言が波紋を広げている。

八代氏は10日放送のTBS系「ひるおび!」にコメンテーターとして出演。野党4党(立憲民主、共産、社民、れいわ)の次期衆院選での共闘について問われた際、政策論について次のように発言した。

「共産党はまだ暴力的な革命ってのを党の要綱として廃止していませんから、よくそういうところと組もうって話になるなと個人的には感じますね」

 この発言に共産党・志位和夫委員長はツイッターで「TBS系『ひるおび!』で出演者が『共産党は暴力的な革命を廃止していない』などと述べたことに対し、党広報部植木部長は、局の担当者に抗議し、番組としての謝罪と訂正を求めました。担当者は『申し訳ない』とのべ、訂正については検討すると答えました」と報告。

 続けて「事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません」とした。

 また、小池晃書記局長はこの日行ったユーチューブライブで「まず要綱ってなに? 綱領のこと? 妄想・デマのたぐいだ」とした上で「次のひるおびの放送は月曜日です。注目を」とコメントした。

東スポ
2021年09月10日 21時58分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3620584/ 



引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1631280338/

この記事を読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/09/10(金) 15:25:51.20 ID:nSbFeieF9
9/10(金) 15:24
スポーツ報知
 
 東京都の小池百合子知事は10日の定例会見で、総裁選に女性が立候補することについて、「日本にはタリバンがいないのになんでこんなに女性の活躍が遅れてきたのかと不思議に思ううくらいです」と自身の考えを述べた。

 高市早苗前総務相の出馬は、小池氏が出馬した08年の総裁選以来の女性の出馬となる。「13年間、総裁選に立つ女性がいなかったということですが、女性男性を問わず、この国をどうやってよくしていくのかそういう論戦がこれから期待されるところであります」

 女性が総裁選に立候補することは難しかったかとの問いには、「女性男性関係ない。(推薦人を)20人集めるというのはそう簡単ではないですね。まさに五輪パラリンピックというゲーム、2020大会ゲームは終わりましたけども、今はもうパワーゲームに変わっている」と自身の経験を踏まえ答えた。

 菅義偉首相については、「コロナとの戦いが続いた1年だったと思う。色々ご苦労も多かったと思う。1年間ではありましたが、多くの仕事をされたと思います」とねぎらった。

 批判が相次いだ菅氏の発信の仕方については、「それぞれの持ち味というところもある。菅総理としての発信はされてきた。結果が語るということを重視されたのではないか」としながらも、「その結果がちゃんと伝わるかどうか」と課題もあったことを指摘。「どうやって共感を呼ぶかという発信の仕方など、強力なリーダーシップに共感力ということが重なっていくことを期待したかった」と述べた。

 また、菅氏が、会見時に原稿を表示するプロンプターを途中から使用し始めたことについては、「私もプロンプター使ってるんですけど、途中自分の言葉いっぱいしゃべっているんですよね。やはり、そこは使い方しだいで」と指摘しつつ、「でも、目線をどう合わせるかというのでプロンプターを使われたのもプラスだったかなと思います」と評価した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e474ce0d93a683b049b93e3a059f5c632ba675fd 


no title

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631255151/

この記事を読む

1: 蚤の市 ★ 2021/09/09(木) 23:05:08.50 ID:pwp8ORo49
 政府は「まん延防止等重点措置」の地域で、時短営業の協力金を支払う飲食店の対象を拡大する。感染症対策をし、自治体の第三者認証を受けた中小企業の飲食店を対象に、午後9時までの時短でも1日当たり2・5万~7・5万円を支給。酒類の提供(午後8時まで)をする店も含める。これまでは、酒類を提供せず、午後8時までの時短に応じた飲食店にのみ、3万~10万円を支払ってきた。(吉田貴司)

朝日新聞 2021/9/9 21:48
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP997531P99ULFA02W.html?ref=tw_asahi 


スクリーンショット 2021-09-10 1.31.51

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631196308/

この記事を読む



このページのトップヘ