じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: クロ ★ 2021/11/13(土) 08:25:00.52 ID:CAP_USER9
前衆院議員の辻元清美氏が12日、ネット番組「ポリタスTV」に生出演。衆院選で落選した理由などについて分析した。立憲民主党の副代表だった辻元氏は、10月31日に投開票が行われた衆院選に大阪10区で出馬したが、維新の会の池下卓氏に敗北した。

 冒頭、「たくさんの方に応援していただいていたのに、議席を失ったというのが、本当に申し訳ない。立憲(民主党)の代表どうするか、とか大事な時期に、議席を失った、っていうのは、バカバカバカ、って自分を責めてる。何してんねん、お前は、と」と率直な胸中を明かした。

 落選の理由について問われ、「維新が大阪で非常に強くなってきた。“風”ということだけではなく、大阪で圧倒的な権力を持っていた」と維新の圧倒的な強さに屈したと一つ目の敗因を挙げた。一方で、「(アメリカの)トランプの現象見てて、ちょっと維新と似てるんじゃないか、と思った」とも口にし、「維新は攻撃することによって、憎悪を煽って、自分たちの勢力を作っている」と批判した。

 二つ目として、「(立憲は)野党第一党病にかかってたんちゃうか」とし、「政権の受け皿になるはずだ、というところが、有権者の感覚や思いとズレていたんではないか」と分析した。

 2002年、秘書給与疑惑で衆院議員を辞職した経験を持つ辻元氏は、「あの時は人前に出るのはもう嫌、人前から消えてしまいたい」と思ったと述懐。今回は「今は淡々と今の現実を受け入れて。これから何を学ぶか。第2の挫折」と話した。

 落選から約2週間。「だいたい朝起きたら、『行く所ない…』(と思う)」と苦笑。「少し私、しんどかったんです、この4年間」と国会対策委員長として、予算委員会で安倍政権と対峙したことなどを振り返っていた。

デイリー
11/12(金) 23:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c810703e38347bfcb6d62537498ce36a9aaa630 


スクリーンショット 2021-11-13 18.07.23

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1636759500/

この記事を読む






1: シューティングスタープレス(愛知県) [CN] 2021/11/13(土) 16:22:51.56 ID:USNtyzqW0● BE:156193805-PLT(16500)
立憲民主党の小沢一郎氏が13日、自身のツイッターを更新、選挙結果を受けて「政治のレベル」を決めるのは国民だと持論を展開した。

小沢氏は公明党議員の公設秘書が知人が顧問を務める会社の税務調査を巡り、会社側の要望を国税庁に10回以上電話で伝えていた、というニュースを引用。「今回の選挙によって、いわば権力の私物化は承認されたかたち。」と断言した。「もはや政権与党が好き放題やっても、それにより国民がどんな不利益を被っても止めることはできないし、それを止めようとも思わない人々も多いのが実情。」と状況を説明した。

さらに「最後に政治のレベルを決めるのは国民。多くが腐敗を容認するなら、そういう国になる。」と“国民のレベル”を憂いた。なお、小沢氏は衆院選挙で、出馬した岩手3区では地元有権者の支持を得られず敗北。比例で復活当選している。

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/11/13/0014839744.shtml 





引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1636788171/

この記事を読む

1: 逆落とし(愛媛県) [ニダ] 2021/11/11(木) 16:18:05.60 ID:siuXDz/X0● BE:135853815-PLT(13000)
国民・玉木氏 来夏の参院選、全複数人区で候補擁立

国民民主党の玉木雄一郎代表は11日の記者会見で、来年夏の参院選に関し改選数が2以上の全国の複数人区に候補者を擁立する考えを明らかにした。
改選数1の1人区についても積極的に候補者を擁立していく考えを示した。
同党は10月の衆院選で議席を公示前の8議席から11議席に伸ばしており、玉木氏は「(衆院選で)候補者を立てたところは票が出ている。積極的に取り組んでいきたい」と強調した。

https://www.sankei.com/article/20211111-7BH4X5DJ45IDXFD4VWBRDBAGLM/ 


スクリーンショット 2021-11-12 0.50.54

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1636615085/

この記事を読む

1: マスク着用のお願い ★ 2021/11/11(木) 18:14:11.24 ID:r3IWQqZY9
https://www.sankei.com/article/20211111-4LLSLP3OEFI6PPYDQJZRZ5PF5Q/
共産・志位氏、維新と国民の改憲共闘「危険な道」

共産党の志位和夫委員長は11日の記者会見で、先の衆院選で議席を伸ばした日本維新の会と国民民主党との連携強化に警戒感を示した。「(両党が)憲法改定の具体化の推進で合意したことは非常に重視している。大変危険な道を進みつつあるとみている」と述べた。

2021/11/11 17:23
産経新聞


スクリーンショット 2021-11-12 0.25.03

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636622051/

この記事を読む

1: セントーン(愛知県) [CN] 2021/11/11(木) 23:20:49.58 ID:etap414c0● BE:156193805-PLT(16500)
立民 泉氏 “政策提案型目指す野党は与党のシンクタンク”

立憲民主党の泉政務調査会長は、記者会見で野党の中で政策提案型を目指す動きが出ていることについて「政権与党にただアドバイス的に提案するのであれば、与党のシンクタンクでしかない」と批判しました。

連携を強める日本維新の会と国民民主党は、提案型の野党を目指すとして、政府批判を前面に出すことに否定的な考えを示しています。

これに関連し、泉政務調査会長は「政権与党にただアドバイス的に提案するのであれば、与党のシンクタンクでしかなく、望ましいとは思わない。新自由主義や外交安全保障、社会保障などの考え方について、与党との違いを国民に明確に分かってもらえる論戦をしていくのが大事だ」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211111/k10013344121000.html 


スクリーンショット 2021-11-12 0.31.42


前スレ:
【正論】立憲共産党「政策提案型を目指す野党は与党のシンクタンクでしかない!」 維新国民を痛烈批判 [135853815]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1636618109/

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1636640449/

この記事を読む

1: クロ ★ 2021/11/09(火) 15:24:41.95 ID:CAP_USER9
 7月の東京都議選期間中に無免許運転で事故を起こしたとして書類送検された木下富美子都議(55)が9日、都議会委員会に出席するため約4カ月ぶりに公の場に姿を見せた。「(議員を)ぜひ続けて欲しいと言う声がある」などとして、議員辞職はしない考えを改めて示した。

 木下都議をめぐっては、都議会がこれまでに2回、法的拘束力のない辞職勧告決議を可決したほか、議長名で計3回文書を送り、登庁するよう要請していた。

 木下都議は9日正午ごろ、要請に応じる形で議長室を訪問。その後、集まった記者団の取材に対し、「事故を起こしてしまったこと、あってはならないことと深く深く反省している」と述べ、辞職勧告についても「大変重く受け止めている」と語った。

 議会の欠席が続いていたことについては、事故以前から選挙活動のストレスが原因と考えられる不眠が続いていたなどと説明。「医療機関を受診し、薬を処方していただいている。議会を休んだことについて改めておわび申し上げます」と釈明した。

 一方、「ぜひ続けて欲しい、また力を貸して欲しいという声があることも事実。失われた信頼を回復するのは大変厳しい道のりと覚悟しているが、一つ一つ議員活動の中で答えを導きたい」と述べ、議員活動を続ける考えを示した。事故の被害者とは10月半ばに示談が成立しており、事故の具体的な内容は整理して改めて説明する考えだという。

 木下都議をめぐっては、7月4日の都議選投開票日の翌日に事故が発覚し、警視庁が9月に自動車運転死傷処罰法違反などの疑いで書類送検した。当選以降、都議会に姿を見せていなかった。(関口佳代子)

朝日新聞
2021/11/9 13:12
https://www.asahi.com/sp/articles/ASPC94CV4PC8UTIL024.html 


no title

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1636439081/

この記事を読む

1: 速報 ★ 2021/11/09(火) 08:02:18.21 ID:Sk6Ee1wZ9
Time trends, factors associated with, and reasons for COVID-19 vaccine hesitancy in a massive online survey of US adults: January-May 2021
米国成人を対象とした大規模オンライン調査におけるCOVID-19ワクチン躊躇の時間的傾向、関連因子、および理由。2021年1月〜5月
Version 3
Posted October 25, 2021.
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.07.20.21260795v3

Per Figure 2, from January to May the gap in percent hesitant between race/ethnicity groups among younger adults (panel A) and education levels among all respondents (panel B) decreased, with the biggest decreases among two of the three most hesitant race/ethnicity groups (e.g., Black and Pacific Islander but not Native American) and the two most hesitant education groups (≤high school and some college education) in January.

図2によると、1月から5月にかけて、若年層の人種・民族グループ(パネルA)と全回答者の学歴グループ(パネルB)の間の躊躇する割合の差は減少しており、1月に最も躊躇した3つの人種・民族グループのうちの2つ(例:黒人と太平洋諸島出身者(ネイティブアメリカンではない))と最も躊躇した2つの学歴グループ(高校以下の学歴とsome college学歴)で最も大きな減少が見られました。

Footnotes

Revisions from the first version: a new exclusion criteria, applicable to <1% of survey responses, was applied to the analysis sample. Specifically, participants who selected "prefer to self-describe" for gender were excluded because the majority of fill-in responses for self-described gender were discriminatory statements, and that as a group, those who selected self-described gender had a high frequency of uncommon responses (e.g., Hispanic ethnicity [41.4%], the oldest age group [23.2% ≥75 years] and highest education level [28.1% Doctorate]), suggesting the survey was not completed in good faith. A sensitivity analysis including these participants is provided in supplemental material. Revisions from the second version: Minor edits were made throughout to address reviewers' questions and requests.
初版からの改訂点:調査回答の1%未満に適用される新たな除外基準を、分析サンプルに適用した。具体的には、性別について「自称したい」を選択した参加者を除外しました。これは、自称した性別の記入項目の大半が差別的な内容であったこと、また、グループとして、自称した性別を選択した人は、一般的でない回答の頻度が高く(例:ヒスパニック系民族[41.4%]、最高齢の年齢層[23.2%≧75歳]、最高学歴[28.1%博士号])、調査が誠実に行われていないことが示唆されたためです。これらの参加者を含めた感度分析は補足資料に掲載しています。第2版からの改訂点 査読者からの質問や要望に応えるため、全体的に軽微な編集を行った。

DeepL Translator
no title


2021/11/08(月) 18:06:07.53

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636412538/

この記事を読む



このページのトップヘ