じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク








1





1: ばぐっち ★ 2024/02/24(土) 10:44:11.22 ID:??? TID:BUGTA
少子化が進むにつれ大学の興亡は激しさを増しており、かつての人気学部がいまや「お荷物」と言われることすらある。鼻高々に入学したあなたの大学も、もう「滑り止め」になっているかもしれない。

 私立大学の地位が変化しているのは関東に限らない。関西圏では長らく、「関関同立」の4大学が独自の地位を築いてきた。

 「以前から同志社は『関関同立』の首位でしたが、今やぶっちぎりでトップです。バブルのころは次点の関学が同志社に追いつきかけたものの、強みだった『英語力』にほかの3大学も力を入れ始めて特色が埋没し、いまや2位争いでも立命館にリードされている。以前から関大が4位なのは誰しも納得するところでしょう」(『大学図鑑! 』の監修を務めるオバタカズユキ氏)

 このように一口に「関関同立」といっても内側での差は大きいため、まとめられることを嫌がる人も少なくない。

 「正直に言って、『関関同立』と言われるのは心外ですね。関西大学の人は嬉しいのかもしれないけど、一緒にされて喜ぶ同志社OBは一人もいません」(同志社法学部出身の30代男性)

 関西で私大トップを独走する同志社は、高い偏差値の商学部や心理学部はもちろん、国際色が強いグローバル・コミュニケーション学部、グローバル地域文化学部、さらには医学部に近い内容を学べる生命医科学部などの知名度が上昇している。

 「要因の一つに立地があります。京都駅から地下鉄に乗って今出川駅で降りれば、もう目の前が主な文系学部の集まる今出川キャンパス。京都の中心にあるので、風情ある街で学べるのが受験生に好評です」(代々木ゼミナール教育情報センター部長の川崎武司氏)
 2番手につけた立命館も、利便性が高い大阪・茨木にキャンパスを開設し経営学部などを移転したことで、関学に一歩リードした。

 「関西でも国際系の学部は偏差値が高いですが、とりわけ立命館の国際関係学部は最難関で、偏差値では同志社すら上回っている。ほかにも映像学部や食マネジメント学部などを次々と新設しているのは、学生を集められる自信がある証拠でしょう」(追手門学院大学客員教授の西田浩史氏)

 対する関西学院は兵庫県西宮市にあり、関西でも「不便」との評価が絶えない。しかしそれでも、4位の関西大学の苦境よりはまだいいだろう。

 「東大阪キャンパスが整備されたこともあり、最近では関関同立のすぐ下にいる近畿大学の人気が急上昇していて、理系学部では関大に手が届きつつあります。『そのうち"近関同立"なる』と話す受験関係者もいるほどです」(西田氏)

 受験生が1点の差をめぐって競い合う裏で、大学同士もまた熾烈な争いを繰り広げている。(抜粋)
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f573bfcde354f0ee42859d91bc6c23da9a0d439d&preview=auto

引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1708739051

この記事を読む















スクリーンショット 2024-02-24 14.23.30






1: haru ★ 2024/02/24(土) 00:08:40.21 ID:??? TID:aru1413
半導体の受託製造で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県で計画している第2工場の建設に、経済産業省が約7300億円の支援を行う方針であることが23日、分かった。
経済安全保障上の重要物資と位置付ける半導体の国内生産を確保するため、拠点整備を後押しする。

既に熊本第1工場の整備に最大4760億円の補助を決定しており、日本政府の支援は計1兆2000億円規模となる。


https://www.jiji.com/sp/article?k=2024022300706


関連スレ

【異次元の少子化対策】財源の支援金制度 26年度に6000億円を徴収し段階的に引き上げへ
https://talk.jp/boards/newsplus/1706856248

【国際】ウクライナに日本は6500億円支援の用意
https://talk.jp/boards/newsplus/1703002907

【能登半島地震】政府、被災地支援に40億円程度支出
https://talk.jp/boards/newsplus/1704355726

引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1708700920

この記事を読む





スクリーンショット 2024-02-22 18.52.44




1: ばぐっち ★ 2024/02/23(金) 16:20:21.93 ID:??? TID:BUGTA
2月22日、SNSで告発をし続けた結果、吉本興業とのマネジメント契約が解除されたお笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌(45)。これに伴い、コンビも解散することとなった。

解散に際し、《あ、俺プラスマイナスじゃなくなったんだ 22年間ありがとう プラスマイナスと兼光》と投稿した岩橋。そんななか、思わぬ人物が援護射撃をしてくれることとなった。それは大阪府交野市の山本けい市長(43)だ。

1月27日、岩橋は自身が審査員を務める「北河内新人お笑いコンクール」についてこう投稿していた。

《僕らがゲスト漫才と審査員をさせてもらっている地元交野で行われている北河内お笑いコンクール 主催の作家に事前に「この大会はよしもとが主催してるからよしもと以外の芸人は優勝させんといてな」といわれゲンナリ。 芸人をそして芸人の人生をなめている エントリーして遠いところやってきて》
《一筋の光のきっかけを掴みにきてる若手芸人をどう思ってんの?優勝できない事が確定してる中で優勝目指して頑張ってる芸人なんやおもてんの? 地元もけなされた気分です そんな大会なくなってしまえばいい》

これらの投稿は追って削除されたが、2月22日にも岩橋はXにこうポストしていた。

《ところで俺の地元交野の北河内お笑いコンクール今年もやるんか?ヤラセやのに あんな自然の素晴らしい地元交野汚さんとってな 交野の役人さーん! 交野のイメージ悪なりますよ~》

すると翌日、この大会を後援する交野市の山本市長がXで《交野市出身の人気お笑いコンビプラス・マイナスの解散が報道されています》と投稿。さらに岩橋の“ヤラセ告発”について、こう続けた。

《きっかけとなった北河内お笑いコンクールの審査員の一人として証言しますが、北河内お笑いコンクールはやらせです。他の審査員の点数が意味をなしてませんでした》

《後援した交野市として非常に残念ですし、真実を発信したプラス・マイナス岩橋さんが契約解除になるなんて、納得できません》

《交野市出身の人気お笑いコンビプラス・マイナスの解散や岩橋さんの契約解除まで発展するとなるともう黙ってられません。交野市にとって、市制施行50周年PR大使を務めてくれた大恩人です》

2023年に行われた第3回大会では、確かにプラス・マイナスと山本市長が特別審査員を務めている。発言の信ぴょう性が問われるなか、市長という強力な助っ人が登場した岩橋。巻き返しとなるかーー?
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffd22a0
48a8d2efb1f482264778703193332eae7

引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1708672821

この記事を読む






1222







1: 冬月記者 ★ 2024/02/22(木) 20:30:00.64 ID:mWd9YMa29
https://news.yahoo.co.jp/articles/85d9263bf137bb04f1030ccbed94437cd8227b8c

三浦瑠麗氏、宮台真司教授の懲戒処分に「指導ではなく不倫ですと(正直に)言っておけば…」


 国際政治学者の三浦瑠麗氏が22日、X(旧ツイッター)を更新。

 東京都立大人文社会学部の宮台真司教授が、他の大学に通う20歳の女子学生に不適切な行動を取ったとして、東京都公立大学法人が20日付で戒告の懲戒処分にしたことについて言及した。

 三浦氏は「当事者が自由意志で親密になっても問題となる時代の風潮。10年後に彼女がどう感じるようになるかわからないからというのがその理由なのだろう」とつづり

 「指導ではなく不倫ですと(正直に)言っておけば、大学としてプライベートの倫理には関知しないという建前を貫けたはずだが」とポストした。

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708601400/

この記事を読む

1: 茶瓶 ★ 2024/02/22(木) 17:14:59.51 ID:??? TID:OCHA
アメリカの検察当局は21日、日本の「ヤクザ」とされる人物を、核物質を密売しようとした罪で起訴したと発表した。
検察などによると、エビサワ・タケシ被告(60)はウランとプルトニウムを売ろうとした。それらは核爆弾の製造のためイランに移送されると、同被告は考えていたという。
エビサワ被告と、共に裁判にかけられているタイ人の被告は、2022年4月に武器と麻薬に関連した犯罪容疑で逮捕された。エビサワ被告は現在、ニューヨーク市ブルックリンで拘束されている。
今回の起訴で有罪とされれば、終身刑が言い渡される可能性がある。
米当局によると、エビサワ被告は日本の組織犯罪集団の幹部で、スリランカやミャンマー、タイ、アメリカで活動していた。共謀者らと共に、タイで核物質のサンプルを米麻薬取締局(DEA)の潜入捜査官に見せたという。この捜査官は、イランの将軍とつながりをもつ麻薬や武器の密売人を装っていたとされる。

(続きは以下URLから)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c02978dcbad171d5175175a5a57ab53f95e1146

no title

引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1708589699

この記事を読む




スクリーンショット 2024-02-22 18.52.44






1: ひかり ★ 2024/02/22(木) 17:25:28.43 ID:uNe/W/xQ9
お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌(45)が再び、Xで“爆弾投稿”を綴った。

X上で制作会社社長によるパワハラや、俳優からエアガンで撃たれたなどの被害を告発している岩橋。2月15日には日常にまつわる投稿をしているさなかに突然、こう心情を吐露していた。

《挨拶して無視する先輩 芸人辞めたらええねん》

すると《挨拶もできんやつは人にあらず 挨拶はコミニュケーションの基本でしょ》《芸人と言わず、社会人失格です》と共感する声が上がり、なかには《名前出したって!》《誰かとても気になる…》と挨拶を無視した芸人の正体を知りたがる声も相次いでいた。

「東スポWEB」によると岩橋はその日にライブ配信したTikTokライブで、この件について先輩芸人の「矢野・兵動」から「相手からあいさつが返ってこなくてもあいさつすればそれでいい」と諭されたと明かしたという。また、記事内では兵動大樹(53)が諭したとなっているが、後日岩橋はXで《いやいや、俺に挨拶のこと教えてくれたのは矢野さんやから ちゃんと確認せーよ》と東スポの記事を訂正しながら、声をかけてくれたのは矢野勝也(53)だと強調した。

そんななか2月21日、岩橋は《吉本と話ししてきた》《SNSも一切禁止だって 他人のTikTokライブにコメントするのもだめだって》《けど今こうやって約束破って投稿してる》《ってことはおれが吉本を芸人を辞めるってこと》と投稿し、《プラスマイナスも解散です どうか兼光を応援してあげて下さい》とコンビの解散を宣言。そして翌日、またもや突然Xにこう綴った。

《あ、あと俺が挨拶無視されたんはロザン宇治原とギャロップ林な》

挨拶を無視したのは、ロザンの宇治原史規(47)とギャロップの林健(45)だという岩橋。意外な名前に対し、《予想してた人と違う…》《生々しいw意外な名前が出てきた》《意外な二人www》といった驚きのリプライが寄せられることに。ただし、二人が本当に無視をしたのかや意図的なものだったのかなど、事実は定かではない。

また、暴露を続ける岩橋に対して、《これもう路線変更してお笑い芸人版ガーシーでやってけるかもしれませんね》との声もーー。これからも岩橋は、爆弾を投下し続けるのだろうか?

女性自身

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e6b3cfafbdc6837ee06253a55ba7927115ac428

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708590328/

この記事を読む

1: Ailuropoda melanoleuca ★ 2024/02/21(水) 15:51:28.37 ID:bORJLChm9
松本人志「週刊文春」への“5億5000万円”訴状を公開〈A子さんへの取材は3年半前から〉弘中弁護士、伊藤詩織さんの代理人が争点を解説する

〈1 被告らは、原告に対し、連帯して金550,000,000円及びこれに対する令和5年12月26日から支払済みまで年3分の割合による金員を支払え〉

〈2 被告株式会社文藝春秋は、原告に対し、別紙1記載の謝罪広告を同別紙1記載の掲載要領の条件により被告株式会社文藝春秋が発行する週刊文春に1回記載せよ〉

 こうした書き出しで始まる訴状が、東京地方裁判所から「週刊文春」編集部に送られてきたのは2月15日の午前11時のこと。原告は言うまでもなく「ダウンタウン」の松本人志(60)である。

松本側が主張する名誉毀損の3つのポイント

 訴状は全13ページからなり、松本側は、昨年12月27日発売号に掲載された「松本人志と恐怖の一夜『俺の子ども産めや!』」と題した記事によって名誉を毀損されたと主張。5億5000万円の損害賠償に加えて、文字の大きさやフォントまで指定した謝罪広告の掲載を求めている。

 松本側が主張する名誉毀損のポイントは大きく分けて3つ。まず、記事中に登場するA子さんの発言部分やそれに関連する6カ所の記述だ。訴状にはこう書かれている。

〈A子記述部分の記述は、A子の“体験”として、原告から、「いきなりキスされ」そうになったこと、「またキスされそうになったので、しゃがんで抵抗したところ、足を固定されて3点止めの状態にされ」たこと(略)等を記述することにより、一般読者に対し、原告が、明らかにA子の意思に反して、「無理やり」性的行為に及んだとの事実を認識させるものである〉

 そして、2つ目が同じく記事中に登場するB子さんの4カ所の発言部分と関連記述。3つ目は、松本への直撃取材の内容について書かれた2カ所の記述である。

松本側の主張「原告の名誉を毀損するものであることは明らか」

 こうした計12カ所の記述に対し、松本側はこう主張している。

〈「性的行為を強要した」というレッテルが貼られてしまえば、芸能活動を行う原告の社会的評価を著しく低下させる〉

〈ましてや、それが複数の女性に対し行われていたかの如き記述は、原告の芸能活動に致命的な負の影響を与えることにより、社会的評価を低下させることは言うまでもなく、原告の名誉を毀損するものであることは明らかである〉

 その上で精神的損害を受けたとして5億円の慰謝料と5000万円の弁護士費用を請求し、小誌の記事をこう結論づけているのだ。

〈本件記事は、原告がA子及びB子に対し性的行為を強要したという客観的証拠は存在しないにもかかわらず、一方的な供述だけを取り上げて記事として掲載するという、極めて杜撰な取材活動に基づくものである〉

 2月21日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および22日(木)発売の「週刊文春」では、「松本人志5.5億円訴訟」について特集する。

 A4用紙13枚におよぶ訴状の内容を詳しく紹介し、「週刊文春」を訴えた経験もある弘中惇一郎弁護士や、伊藤詩織さんの代理人・佃克彦弁護士が訴状のポイントを解説する。またA子さん、B子さんが訴状を読んだ感想、3年半前からスタートした「週刊文春」の取材経緯、編集部の主張も掲載している。

https://bunshun.jp/articles/-/69097
no title

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708498288/

この記事を読む



このページのトップヘ