じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: potato ★ 2020/09/25(金) 13:46:26.78 ID:RAXt5UWT9
はんこの次は書面・ファクスやめたい=河野行革相

[東京 25日 ロイター] - 河野太郎行革担当相は25日の定例会見で、省庁の業務デジタル化の一環として打ち出したはんこ廃止が実現すれば、書類をプリントアウトして郵送したりファクスする必要もなくなるとして、「次は書面とファクスをやめたい」と述べた。

全省庁で現在はんこが必要な書類は、1)年間100万件以上の申請手続きのあるもので68種類、2)年間1万件以上の申請手続きのあるもので438種類──あり、河野担当相は、これらの書類で押印を不要にしたいと述べた。

<縦割り110番は内閣府窓口と一本化>

行革相就任と同時に河野氏が個人的に開始した、省庁の縦割りに関する国民の意見を吸いあげる目安箱「縦割り110番」については、これまで5000件程度と「予想を上回る意見が寄せられ、(河野氏自身が全てに目を通すのが)物理的に続けるのが厳しい状況」となったという。このため、内閣府の既存の窓口「規制改革ホットライン」と改組し、「規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)」に一本化する。25日付でスタートする。

https://jp.reuters.com/article/kono-gyokaku-idJPKCN26G0AT 

no title


引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601009186/

この記事を読む






1: ダクラタスビル(千葉県) [RU] 2020/09/24(木) 21:12:35.56 ID:7mthiB240 BE:478973293-2BP(1501)
[深層NEWS]菅内閣に「前内閣継承、未来がない」…共産・志位委員長
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200923-OYT1T50270/

9月23日BS日テレ「深層NEWS」
アナウンサー「(野党の候補者数などを説明した上で)志位委員長、現状野党で過半数狙えるんでしょうか?」
志位委員長「やっぱり狙わなきゃ駄目ですね。小選挙区での野党統一、一本化というのは非常に大きな鍵になってくると思うんですが、
私と枝野さんとの党首会談で合意したのは与野党が競り合ってる選挙区を中心に一本化しようということなんですよ。(略)
で、競り合ってる所をきちんと一本化して、本気で共闘して、私がざっと計算しますと、100ぐらいの小選挙区でひっくり返せる」

動画(スレタイ部分は53秒あたりから)
https://www.youtube.com/watch?v=YQFtttrGIcY


引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600949555/

この記事を読む

1: ばーど ★ 2020/09/24(木) 13:37:12.39 ID:CAP_USER9



山尾志桜里 @ShioriYamao

次の衆院選、東京ブロック比例単独1位で臨むことになりました。

今日14時30分から会見でお話しします。あわせて、これからの国民民主党の憲法議論についてもお話しできればと思っています。
玉木代表も同席予定。

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1600922232/

この記事を読む

1: ファビピラビル(北海道) [CN] 2020/09/23(水) 16:53:58.79 ID:d84+S39H0 BE:294225276-PLT(13000)
 俳優の坂上忍(53)が23日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕されたTOKIOの元メンバー山口達也容疑者(48)について語った。

 冒頭で「昨日『バイキング』が終わってちょっとくらいしてからですかね。このニュースの速報が僕の耳にも届いて」と振り返り、「まぁ、ちょっとビックリしましたけどね
」と第一印象についてコメント。TOKIO脱退の原因も飲酒に端を発していただけに「山口君の場合は以前もお酒がらみでありましたので。
また!と言う思いの方、多かったと思うんですけども」と語った。

 逮捕当時は基準値の5倍のアルコールが検出されており、「僕もお酒いだきますし、僕も50(歳)過ぎて既に弱くなりつつありまして。
なかなか、この量いくの大変ですよね」と自身の酒量と比較。「しかも朝の9時半ということなので。まだ分からないですけど、目が覚めて、
この量を飲めるのかっていうとちょっと難しい量じゃないですか」と推察した。

 山口容疑者が22日に警視庁練馬警察署から出て来た際には、ファンと見られる女性から「達ちゃーん!」の声が。このVTRを見た坂上は
「ファンの方の声とかも聞こえてて。何やってんのかなと思っちゃうわね」と山口容疑者にあきれた。 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/23/kiji/20200923s00041000182000c.html 


no title

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600847638/

この記事を読む

1: 久太郎 ★ 2020/09/22(火) 22:59:53.88 ID:CAP_USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールは、試合中の人種差別的発言などにより、最大20試合という重い出場停止処分を受ける可能性があるという見通しも伝えられている。

 今月13日に行われたリーグアン第3節のPSG対マルセイユ戦では、終了間際の乱闘騒ぎにより両チーム合わせて5人がレッドカードを受ける大混乱が発生。その一人であるネイマールは2試合の出場停止処分を受けた。

 ネイマールはマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったことがVARで確認された結果によるレッドカードだったが、それ以前にアルバロから人種差別的な罵倒を受けていたと主張している。実際にアルバロがネイマールに向けて「サル」などと言っていたことが映像の読唇で確認されたとの報道もある。

 だが一方で、ネイマール側もアルバロに向けて同性愛差別的な言葉で罵倒を行っていたとも報じられている。仏紙『レキップ』は、フランスプロリーグ機構(LFP)のレギュレーションにより、両選手がそれぞれ10試合の出場停止処分を受ける可能性があると伝えた。

 しかし、問題はそれだけにはとどまらない。ネイマールはこの試合でたびたびマッチアップしたマルセイユのDF酒井宏樹に向けても人種差別的な罵倒を浴びせていたとして、マルセイユがその映像証拠を保持しているという話も新たに浮上してきた。

 スペイン紙『アス』は、アルバロと酒井に対する2件の処分を合計して、ネイマールが最大20試合の出場停止処分を受けることもあり得ると述べている。LFPの規律委員会は、唾吐き行為が疑われているPSGのMFアンヘル・ディ・マリアに対する処分の可能性なども含めて現在調査を行っており、今後1~2週間で結論を出すことになると見込まれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c20197469764c4a5676816989c0036ee4fe3c5c  

スクリーンショット 2020-09-23 22.19.56

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600783193/

この記事を読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/23(水) 19:53:45.41 ID:J5TbJfsv9
松井一郎大阪市長は23日、日本記者クラブで会見し、「大阪都構想」が11月1日の市民対象の住民投票で否決された場合、2023年4月までの任期を終えた上で政治家を引退すると明言した。「任期はしっかり務める。勝つためにやっているが、負けたら政治家として終了だ」と述べた。

 一方、同席した吉村洋文大阪府知事は「否決されたから辞めるとは考えていない。進退を絡めるとある意味、信任投票になる。冷静に大阪の未来を考えて投票していただくのが適切ではないかと思う」と述べた。

 都構想の住民投票は15年に続いて2度目。

https://this.kiji.is/681452145749509217?c=39550187727945729 


no title

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600858425/

この記事を読む

1: クロ ★ 2020/09/22(火) 23:25:23.71 ID:CAP_USER9
 家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人が詐欺容疑で逮捕された事件。

 被害弁護団によると、同社の会社案内には複数の報道機関のOBが顧問として紹介されていた。うち一人は元朝日新聞政治部長の橘優氏で、橘氏などによると、顧問だったのは退社2年後の2013年から破綻(はたん)直前の17年夏ごろまで。

 橘氏は取材に対し、「業務には一切関わっていない」と話した。顧問に就いた経緯について、山口容疑者が理事を務める文化系の一般社団法人の代表理事になり、「報酬はジャパンライフの顧問料として支払う」と説明されたという。橘氏は「顧問には便宜的になった」と説明した。

 ジャパンライフは1980年代には国会で「マルチまがい商法」と指摘されていたが、橘氏は「うかつで甘いといわれれば、そうだ。どんな会社か知らなかった」と強調した。同社のチラシに、与党幹部とともに名前や顔写真が掲載されていたが「知らなかった」と話す一方、山口容疑者が同席することになっていた報道機関の幹部やOBらの勉強会で、招待する政治家への出席依頼をしていたという。

 被害者側の弁護団によると、橘氏は同社から計約3千万円の顧問料を受け取っていたといい、被害者から損害賠償を求めて提訴されている。

朝日新聞社広報部のコメント

 元政治部長の在職中の肩書が悪用されたとすれば、誠に遺憾です。退職後に社外から得た報酬などについては、本人の責任で対応すべきものと考えます。

朝日新聞
2020/9/18 21:00
https://www.asahi.com/articles/ASN9L6KH8N9HUTIL04Y.html 


no title

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1600784723/

この記事を読む



このページのトップヘ