じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 19:50:00.76 ID:???*.net
 最期まで仕事復帰するつもりだった──。

今月15日に死去した愛川欽也の最期の姿を、妻のうつみ宮土理が発表した。うつみによれば、愛川は仕事に戻ることに意欲を見せ、肺がんであることを公表しないでほしいと述べていたという。
このうつみのメッセージに対しては、「愛川さんの仕事へのプライドには頭が下がる」「生涯現役を貫かれたのですね」など、仕事と真摯に向かい合った愛川の姿勢を称えるコメントがネット上に溢れた。

 俳優として、司会者として、映画監督として。さまざまな顔をもった愛川であったが、もうひとつ忘れてはいけないのが、彼の"平和主義者"としての側面だ。

 たとえば、愛川は東京都墨田区が主催する「平和メッセージ展」に21年間も出品。今年3月にも「反戦は 憲法を守ることです」という言葉を届けていた。この言葉からもわかるように、愛川は積極的に憲法改正に反対を唱えてきた。

~中略~

 本サイトでも昨日お伝えしたが、愛川の平和を願う気持ちには、自身が経験した戦争体験が根底にある。愛川は戦争を通じて得た思想をテレビ番組内でも打ち出していた。
その最たるものが、1999年から司会をつづけてきた番組『愛川欽也 パックインジャーナル』である。

 当初、この番組はCS放送局・朝日ニュースターでスタート。
そのときどきの時事問題を詳しく掘り下げ、政権や原発の批判を果敢に行うことで有名で、ジャーナリストのあいだでも「地上波での放送は無理」と言われたほど。
権力をきちんとチェックし、検証しようという番組スタンスは、愛川の司会者としての矜持が強く反映されたものだった。

 だが同番組は、2012年3月31日をもって終了。4月7日からは愛川自身が立ち上げたインターネットメディア「kinkin.tv」で再スタートを切った。
朝日ニュースター内でも人気を誇っていた番組だけに、終了時には視聴者から惜しむ声が多数寄せられたともいうが、じつはこの番組終了の裏側には、ある圧力の存在があった。

 というのも、朝日ニュースターは当初、テレビ朝日や朝日新聞社などが出資する「株式会社衛星チャンネル」が運営を行っており、衛星チャンネルは朝日新聞の子会社という関係だった。
しかし、12年4月からはテレビ朝日が親会社となり、『パックインジャーナル』をはじめ、時事問題を扱う番組が一気に終了。いわば、政権批判など"危ないテーマ"を取り上げる番組を、テレビ朝日が一掃したのだ。

 いまから3年前の出来事とはいえ、現在、『報道ステーション』に押しかかっている自民党からの圧力、そしてそれらにひれ伏すかのように受け入れるテレビ朝日の態度を考えれば、これは"始まり"だったのだろう。
こうしてテレビ朝日によって番組を潰されてしまった愛川は、その無念さを、このように語っている。

~中略~

 すでに肺がんが進行し、脊髄にまでがんが転移していたと言われる愛川。しかしそんななかでも、先月まで『パックインジャーナル』の放送をつづけてきた。
先週号の「週刊文春」(文藝春秋)では、愛川が「このまま政権批判を続けていると安倍(晋三)さんに殺される」と口にしていた、
という愛川の知人の証言を取り上げ、まるで認知症であると匂わせるような記事を掲載していたが、これは認知症ゆえの被害妄想でも何でもなく、愛川にとって本心の言葉だったはずだ。

 事実、テレビ局は自民党からの圧力に脅え、"言いたいことも言えない"空気が戦前のように充満しているのが現実だ。
挙げ句、自民党は放送倫理・番組向上機構(BPO)さえも政府が関与できるように検討することを発表した。

これがもし現実化すれば、あらゆるテレビ番組は政権によって監視され、都合の悪い番組を潰すことができるという"本気の言論統制下"に置かれることになる。
この末恐ろしい社会を、愛川は予見していたのではないだろうか。

 愛川が守りつづけた『パックインジャーナル』の、最後の出演となったのは3月21日配信分。この本番前、愛川はコメンテーターの川内博史・民主党前衆議院議員にこう語っていたという。

「この政治状況では死んでも死にきれないよ」

 報道の自由、放送の自由が脅かされるなかで、またひとり、気骨のある放送人をわたしたちは失ってしまった。

no title


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10023399/

この記事を読む






1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 20:55:18.31 ID:???.net
 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント

 ご存じの通り、私は在日米国人である。もはや日本に住んでいる期間の方が長いが、あくまでも米国人である。
日本への帰化を真剣に考えたことは現在までのところない。米国人だから、米国の国益を最優先に考える。だから、私のような外国人に選挙権や被選挙権を与えるのは危険だ。

 もし、私が突然、日本に帰化したいと言い出したら、「今後は日本に忠誠を誓い、米国より日本の国益を考えて行動します」と宣誓させた方がよい。帰化後にこの宣誓に反したら、国籍はく奪と国外強制退去は当然だ。

 最近の私の記事や発言を読んで「ネトウヨだ!」「歴史修正主義者だ」と騒ぐ人々がいる。「韓国・中国たたきのブームに乗るレイシスト」などという人もいる。

 あるいは、「米国を裏切って日本にすり寄っている」という人もいる。逆に、「きっとCIAのエージェントだ!」とつぶやく人も時々いる。

 ネット上で無責任にささやかれる多種多様な反応を見るのは、実に面白い。同じ文章を読んだはずなのに、人によってこれほど解釈や出力が違うものかと感心する。

 私の主張に否定的な意見から、「レッテル貼り」「陰謀論」「被害妄想」「揚げ足取り」「論理のすり替え」「感情論」「抽象論」「無関係な話題で私個人や米国を誹謗中傷する言葉」を取り除くと、ほとんど何も残らない。真剣に討論したくなる反対意見には、なかなか出合えない。

 彼らは、私の主張の本質を読み誤っている。私はファクト(事実)に基づいた、公平で論理的な意見にしか興味がない。

 公平と言っても、私の場合は日米双方の国益にかなう方向に偏る。だから、ファクトに基づく主張が、立場次第で偏るのは構わない。しかし、ファクトを無視した非論理的な主張は、国を問わず批判する。

 祖国の米国であっても、ファクトの無視は見過ごせない。だから私は「『リメンバー・パールハーバー』は米政府のプロパガンダだった」と主張するし、東京大空襲や原爆投下は戦時国際法違反だったと考えている。占領期にGHQ(連合国軍総司令部)が施した「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」が、日本の伝統的価値観を破壊する目的だった事実も指摘する。

 現在、米国では「慰安婦20万人強制連行説」を載せたマグロウヒル社の教科書を、19人の歴史学者が擁護している。

 彼らが資料を十分読み込んだとは思えない。将来、「ファクトを無視した歴史学者」として、年表に名前を刻みたい自虐願望があるように思える。

rFFWZMuY_400x400


zakzak 2015.04.18
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150418/dms1504181530003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150418/dms1504181530003-n2.htm

この記事を読む

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 19:56:39.54 ID:???.net
2015年4月18日、韓国日報は、韓国のレストランがまだミシュランの3つ星ランキングに入ったことがない現状について報じた。

記事では、フランスのタイヤ会社ミシュランが選ぶ長い伝統と権威を持ったミシュランガイドは、旅行先を評価するグリーンガイドと、レストランを評価するレッドガイドに分けられるとし、韓国は、グリーンガイドにのみ掲載され、レッドガイドへは掲載対象となっていないため、韓国レストランにはミシュランの星はつかないと報じた。

記事ではさらに、ソウルロッテホテルのピエール・ガニェール・ソウルはミシュラン最高級となる3つ星を受けたフランス・パリのレストラン、ピエール・ガニェールの支店であり、シェフのイム・ジョンシク個人が経営するレストラン「チョン食堂」の米国ニューヨークにある2つの支店は、2つ星を受けていると付け加えた。

ミシュランレッドガイドは、約80人の専門審査員が秘密訪問、匿名、現場訪問、毎年更新、協賛禁止の5大原則に基づいて審査を行い、評価として、星1~3個をつける方法で運営されている。

これに対して、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

「味はともかく、サービスはまだ世界標準には及ばないだろう」

「犬肉に、キムチ、マッコリ麺は最高の韓国食だが、外国人は食べることができるか?」

「韓国食のレベルが低いから、ガイドにも載せてもらえないだけだろう」

「なぜ、ミシュランの認定を受けないといけないんだ」

「グルメというカテゴリーじゃなくて、辛いものというカテゴリーだったら、星もらえるかも」

「韓国料理がまずいのは、周知の事実ではないか?」

「辛いし、サービスは最悪だし、子供は走り回っているような韓国レストランに、評価が必要なのか?」

「残り物の付き出しを使い回しているような国のレストランを、ミシュランだって?」

「韓国は、ミシュランよりも、まず衛生面から向上しないと…」

「食べ物の味は主観的で、個人の好みは千差万別だ。それを評価するんだから面白い。ミシュランの3つ星フランス料理よりも、ユッケジャン(牛肉と各種野菜をゆでた辛味のある韓国料理)の方がおいしいと思う」
(翻訳・編集/三田)

46


ソース:Record China 2015年4月19日 17時34分
http://news.livedoor.com/article/detail/10024145/ 

この記事を読む

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 10:15:51.10 ID:???.net
新関西国際空港会社は4月17日、ゴールデンウィーク期間中に関西空港の国際線を利用する旅客数が、同期間としては過去最高の約51万人になる見込みだと発表した。
出発のピークは5月2日で2万5000人、到着は5月6日で2万4100人と予測している。対象期間は4月24日から5月6日までの13日間。

 国際線の総旅客数は前年比18%増の51万6600人で、1日あたり3万9700人。
このうち出発が19%増の27万1600人(1日あたり2万900人)、到着が15%増の24万5000人(1日あたり1万8800人)と予測している。

 出発方面別の1日あたりの旅客数は、韓国が4200人(前年比20%増)で10年連続首位。
中国が4100人(52%増)、台湾が3800人(23%増)と続いた。東南アジアは7%増の2900人と見ている。伸び率では、52%増の中国が1位となっている。

PC24011011


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000002-awire-bus_all

この記事を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 12:24:48.21 ID:???.net
FOCUS-ASIA.COM 4月17日(金)11時45分配信

韓国・朝鮮日報は15日、期間中に500万人にのぼる市民が訪れるというソウル・汝矣島の「春の花祭り」について、露店の無秩序な出店や大量のゴミ、自撮り棒による通行妨害などによってサクラが楽しめない環境になっていると報じた。

汝矣島春の花祭りは10日に開幕、日曜日の12日は大勢の市民でにぎわったという。だが、サクラの並木道にはポンテギ(カイコの蛹)や焼き鳥、おでんなどの屋台が無秩序に出店、食べ物のにおいが充満して花の香りが感じられなくなっている。屋台は1日平均500店ほどが出店して通行の妨げとなっているほか、LPガスボンベを持ち込んでいる店も多く、不安視されている。危険な店には区庁職員がガスボンベを撤去するように呼びかけているが、逆に行列客から苦情を言われる始末だという。区庁では11日までに違法露店794点を摘発し、LPガスボンベ146個を押収したが、取り締まった後にはまた新たな露店が出店するために状況は全く改善していない。

屋台のために出る大量のゴミも問題となっている。食べ残しの生ごみや割り箸、串、空き缶などが毎日、桜の木の下にうず高く積み上げられる。並木道にもゴミが散乱し、清掃担当者は「30分で100リットルのゴミ袋4つがいっぱいになるほど」とぼやく。

また、花見客の中に多い「自撮り棒族」も他の花見客の顰蹙を買っている。道路の真ん中で写真を撮るために他人の通行を妨害したり、人ごみの中で自撮り棒を振り回して他人にぶつけるなどのトラブルが絶えないという。このほか、写真を撮るために子供をサクラの木に登らせたり、花のついた枝を折ったりする行為も頻繁に発生している。

区庁関係者は「花祭りは11年目を迎えたが、市民の意識はまだまだ」と話しているという。

48


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00000009-xinhua-cn
2: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 12:25:09.19 ID:???.net
>>1 
この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。 

「ここは後進国です」 

「桜は他のところにも咲いているのに、なぜあそこに行く?みんなが行くからでしょ?そこがばかばかしい」 

「一人で静かに見に行けばいい」 

「LPガスを片付けようとしたら、抗議をしただと?それで事故が起きたら、また政府のせいにするつもりか?」 

「10年前に大阪で桜を見たが、露店はおろか、公園にタバコ一本落ちていなかった。口でだけ愛国を叫ぶな」 

「たった11年だ。100年たっても変わらないのが、韓国の市民意識」 

「日本人以下」 

「それなら祭りはやめろ。祭りをしなくても見に行きたい人は行く」 

「韓国の市民意識は確かに低い。幸いなことに中国よりはマシ。毎月のように祭りが行なわれている日本の市民意識は高い。ゴミも落ちていない」 

「こういうことは、日本を見習え」 

「国民性が恥ずかしい」 

「こういうことなら、桜の木を切ってしまえ!」 

「経済が発展したが、市民意識は終戦当時のまま」 

「国際的な恥」 

「日本を真似て花見を始めたが、正直、韓国人は花見について何も分かっていない」 

「これが韓国国民のレベルだよ。いまさら何?」 

「韓国には伝統的な祭りがないため、日本の伝統的な祭りである桜祭りを楽しんでおります」 

「このために清掃員がいて、税金で給与を払っているんだ」 

(編集 MJ)

この記事を読む

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 13:53:13.94 ID:???.net
2015年4月15日、新民週刊は「なぜ韓国で女性の地位は向上しないのか」と題する記事を掲載し、韓国人女性の現実を紹介した。

儒教思想の影響を受けた韓国は、かつてはアジアで最も厳しい家父長制を持つ国で、社会生活の端々に男尊女卑が見受けられた。
現代化が進むにつれてこの伝統も薄れ、今では朴槿恵(パク・クネ)大統領という初の女性リーダーも登場。しかし、韓国社会には依然、女性を軽視する風潮が残っている。

韓国は歴史的にも男女の比率が極めて不均衡で、09年に発表された新生児の男女比率に関するデータで、韓国は134カ国中115位と男女のバランスの悪さが突出した。
また、韓国の成人3500人を対象に12年に実施された調査では、82%の女性が「性差別が存在していると思う」と回答。特に経済的な面で差別を感じるという人が多かった。

経済協力開発機構(OECD)のデータによると、11年の韓国の女性の給与は男性より39%少なく、男女間の給与格差は調査対象となった28カ国の中で最も大きかった。
11年前の給与格差(40%)がほとんど改善されていないという状況だ。OECDは「韓国の女性は男性とほぼ同等の教育を受けているが、経済活動への関与は20年前のレベルだ」と指摘。
韓国の労働市場の発展が女性の学歴向上に追いついていないと説明している。

韓国の女性の大学進学率は1990年の31.9%から2010年は80.5%に引き上がり、米国の73%など先進諸国を大きく上回るまでに向上したが、経済活動への関与率は49.9%から54.5%に伸びただけだ。
高等教育を受けた女性に活躍の場がないのは国にとって巨大な浪費となっている。
政治参加についても、09年の地方選挙で当選した女性議員は23%と06年の14.5%から大幅な伸びを示したが、10年末の女性国会議員は全体の14.7%にとどまった。
当時の世界平均は19.1%で、韓国は155カ国中、80位という結果だ。

企業の幹部に占める女性の比率も低く、これには出産や育児のために退職せざるを得ないという状況が原因となっている。
12年の調査では4大銀行の行員の半数を女性が占める一方、上層管理職については20分の1という結果だった。
女性の家事負担は男性よりはるかに重く、共働き世帯で女性が家事をする時間は1日平均3時間27分と男性(同42分)の数倍に達し、女性の自由時間は男性より約1時間短いという結果が出ている。

001


http://www.recordchina.co.jp/a106446.html

この記事を読む

1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/18(土) 18:25:54.04 ID:???.net
麻生太郎財務相は17日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で円安について日本への批判はなかったと言明した。

G20後の会見で述べた。

またショイブレ独財務相との会談では、世界経済や日独経済に加え、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)について議論したとした上で、AIIBについては公正なガバナンスや債務の持続性、社会や環境への配慮について国際的に確立された基準に基づくことが大事との認識で一致したと語った。

こうしたなか、日銀の黒田東彦総裁は、G20で具体的な為替についての議論はほとんどなかったと表明。
また為替のボラティリティが高まったことについて強い懸念が表明された感じはしないとの考えを示した。

総裁は「為替については声明にある通り、従来のG20の考え方をそのまま踏襲している。
具体的にG20で為替についての議論は今回はほとんどなかった」と語った。

さらに、G20ではこのところの為替の動きについて、各国の経済のファンダメンタルズを反映したとの見方が中心だったとした。

26


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0N82BP20150417

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング