じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 狂ったイカレ ★\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:33:17.67 ID:CAP_USER9.net
石原良純、父の都知事時代振り返る 庶民感覚求める声に「庶民じゃない部分あるし」
デイリースポーツ 4月30日 9時55分配信

 俳優の石原良純(54)が30日、MCを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」で、父である石原慎太郎氏の都知事時代についてコメントした。

 番組では、高額出張費やほぼ毎週末に公用車で神奈川県内の別荘に出かけていたことが明らかになった舛添要一都知事について特集。
石原は「いろんな見方があるよね。公用車が悪いのか、いる場所が悪いのか、お金を使いすぎなのか…」と、今回の問題がさまざまな側面からとらえられていることを指摘。

 すると、コメンテーターの犬山紙子から「他の都知事はどうなんですかね?」とコメントを求められ、「あ、うちの知り合いの都知事ね」と、父親である石原慎太郎氏について言及。
「(都外へ)出てましたよ。でも公用車は使わない」と、神奈川県逗子市の別荘へは私用車で行っていたと証言した。

 ただ、高額の海外渡航費などについては、石原都知事時代にも一時騒ぎになったことを挙げ、「知事が庶民感覚といっても、庶民じゃない部分もあるし」と、難しそうな表情。
「でも、会議室にスイートルームはいらない気もするし…」と、最後まで複雑な表情を隠さなかった。

57


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000032-dal-ent

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1462005197/

この記事を読む






1: まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 11:38:38.74 ID:CAP_USER.net
張本氏、岡崎レスターの132年目初V王手に「よその国のこと。300年だろうが関係ない」

スポーツ報知 5月1日(日)9時39分配信

プロ野球評論家の張本勲氏(75)が1日、TBS系「サンデーモーニング」(前8時30分)に生出演し、イングランド・プレミアリーグでクラブ創設132年目の初優勝に王手をかけている日本代表FW岡崎慎司(30)が所属レスターについて
「よその国のことでやっていること。100年だろうが300年だろうが関係ない」と関心がなさそうに話した。

1世紀を超えるクラブの歴史で初の偉業に挑戦する岡崎のレスターは、日本時間1日午後10時過ぎから敵地でマンチェスターUと対戦する。
残り3試合で2位トットナムに勝ち点7差をつけているレスターは、5位・マンUに勝てば自力で優勝。
負けた場合でもトットナムが翌2日にチェルシーに敗れれば優勝になる。

番組では日本代表選手が引っ張ることなどを紹介したが、張本氏は「よその国のことでやっていること」と興味がなさそうな様子。
「100年だろうが300年だろうが関係ない」として、テーマを切り替えていた。

20160430-00057239-roupeiro-000-6-view


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000021-sph-socc

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1462070318/

この記事を読む

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 13:16:29.18 ID:CAP_USER9.net
DAIGO&北川景子結婚披露宴 (4月29日 東京・品川グランドプリンスホテル新高輪)

 1月11日に結婚した歌手でタレントのDAIGO(38)、女優の北川景子(29)の披露宴が29日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪の飛天の間で盛大に開かれた。芸能関係者ら500人以上が出席。

 安倍晋三首相はビデオメッセージを寄せ「KSK。“必ず、選挙に、勝つ!”ではなく、“必ず、幸せになって、ください”です」と冗談交じりに省略語を使って祝福し、会場を大爆笑させた。

 父の安倍晋太郎氏が、DAIGOの祖父・竹下登元首相と仲が良く、「初めて選挙に出た時は、亡き父に代わって応援していただいた」と振り返った。

 登氏の弟でDAIGOの大叔父の竹下亘衆院議員は現在の衆院予算委員長で「お世話になっている」ということもあり、「DAIGOさんを一人のファンとして応援していました」と話した。

 DAIGOの省略語を「私どもには分かりづらいこともある」とツッコミを入れながらも、「これからも持ち前の明るさで日本中に幸せを振りまいてください」と祝福した。
[ 2016年4月30日 09:45 ]

52


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/30/kiji/K20160430012498030.html

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1461989789/

この記事を読む

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 19:15:56.34 ID:CAP_USER.net
 韓国の地方取材は楽しい。と書くと、田舎で羽を伸ばして遊んでいるように誤解されかねない。が、総選挙取材で地方を回った最近もやっぱりそう感じた。

 選挙事務所ではまず選対幹部の目星を付け、「日本の新聞記者ですが」と話しかけることが多い。「えっ?」と相手が振り向くと、第1関門突破。東京からわざわざ取材に来たと勘違いしてくれるケースもある。その場合、対応がかなり良くなるのはもちろんだ。

 いずれにせよ、雑談の中で(相手の意見を記事にしたい)(立候補者本人か別の幹部に会いたい)と思ったら次の行動に移る。

 「申し遅れました。産経新聞の記者です-」。名刺を差し出した瞬間の相手の表情がおもしろい。ソウルであれば、漫画のように、さっと表情が変わる。急にしらじらしくなる。今までの話は記事にするなと威圧的になる。
産経は大統領府と対立した言論機関だ。防衛本能が働くのだろう。

 だが、地方だと事情が異なる。「あの産経新聞ですか!」。まずは驚き、そして興奮する。「産経来(きた)る」のニュースを他の職員に広めて回ったり、私を別室に招じ入れたり。
実際には「あの悪名高い産経…」ぐらいにしか思っていなくても、“壁”を作られるより、よっぽど取材がしやすい。だから地方は楽しいのだ。(藤本欣也)

img_12b5237e895b01a1baa5bfe7051f7dab124861


http://www.sankei.com/column/news/160428/clm1604280010-n1.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1461924956/

この記事を読む

1: 狂ったイカレ ★\(^o^)/ 2016/04/30(土) 18:01:19.21 ID:CAP_USER9.net
民進党・枝野氏 ニコ超で仮面女子とコラボ「自民党に勝ったぞ~!」
東スポWeb 4月30日 17時5分配信

仮面女子とコラボした民進党の枝野幹事長、右は桜雪
no title


 民進党・枝野幸男幹事長(51)が30日、千葉・幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2016」に参加。
民進党ブースで地下アイドル「仮面女子」とコラボした。

 枝野氏は、2015年1月にオリコン週間ランキングで1位を獲得した仮面女子の「元気種☆」を仮面姿で披露。
曲に合わせてダンスを披露すると、その後は、仮面女子から頭を前後に振るバンキングの指導を受ける民進党・初鹿明博青年局長(47)に「獅子舞みたいだな!」と突っ込むなど、仮面女子とのコラボを満喫した。

「(「元気種☆」は)カラオケに行って何度も歌った。今まで50回以上はカラオケで歌ってる」と明かした枝野氏だが、「すごい疲れた。はた目で見てるのとやるのでは全然違う」とぐったり。
さらに「ここ20年くらい選挙運動しかしていない。明日が心配です」と、アラフィフの体に襲いかかる筋肉痛を危惧した。

 昨年まで多忙のため、旧民主党ブースの制作にはあまりかかわれなかったというが、今年は最初からかかわり、ブースの仕上がり具合に満足の様子。
ブースの盛り上がりでも「自民党に勝ったぞ~!」とステージ上でほえた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000036-tospoweb-ent

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1462006879/

この記事を読む

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 20:04:46.01 ID:CAP_USER.net
(イメージ写真提供:123RF)
no title


 われわれが普段当たり前のように利用している宅配便サービス。中国でも物流網やECの発展に伴い急成長を遂げている。
しかし、荷物を運ぶ配達員の仕事環境は日本と中国では大きな差があるようだ。中国メディア・捜狐が20日に日本の配達員について紹介する記事を掲載した。

 記事は、ここ数日中国のネット上で「宅配便の配達員が、バックしてきた自動車に当たって傷をつけたことで、自動車の運転手が配達員の顔を複数回叩いたうえ、賠償金まで請求した」といった内容の動画が拡散し、再三謝罪する配達員に対して罵声と攻撃を浴びせ続けた運転手への非難が集中したと紹介。

 そのうえで、「日本の配達員や清掃員たちはわが国では全く異なる生活をしている。十分に尊重され、周囲からの冷たい視線を浴びることはなく、気まぐれなイジメに遭うこともない」として、日本の配達員の様子について紹介した。日本で宅配便の集配を見たり実際に立ち会ったりするたびに「冷たい視線を浴びせ合ったりすることはない」と説明。「多くの人はこれが日本の虚偽文化だと言うが、自分に言わせれば、各個人が持っているべき基本的な素養だ」と論じた。

 また、消費者と配達員との「和気あいあい」以外にも、「われわれが学ぶべきこと」として宅配便会社の営業ルールを挙げた。
中でも「不在連絡票」について取り上げ、その利便性について実際の例を示して説明。「不在連絡票」に従って午後7-9時に再配達を依頼したところ、9時に大汗をかいた配達員が荷物を持ってやって来たうえ、渋滞していたために送れた旨を詫びるべくしきりに頭を下げていたと伝えた。

 ネットショッピングの普及もあって、従来以上に利用する機会が増えている宅配便。荷物を受け取る回数が増えれば配達員と顔なじみになり、「今日は暑いですね」といった他愛のない会話を交わすようにもなるほどだ。配達員の制服が汗でびっしょりになっていたり、汗のにおいを感じたりすることも少なくない。その汗はまさに彼らの仕事に対する「誠実さ」を示すものと言えるのではないだろうか。

(編集担当:今関忠馬)

サーチナ 2016-04-26 10:33
http://news.searchina.net/id/1608322?page=1

引用元:http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1461927886/

この記事を読む

1: それなり◆XonGXAywZYD. 2016/04/29(金)18:53:20 ID:x5m
(CNN) 中国が海上に浮かべた大型施設の上に、原子力発電所20基を建設する計画を進めている。複数の国が領有権を争っている南シナ海の人工島に電力を供給する可能性もある。

計画では、中国の造船所で小型の原子炉を建造して大型のはしけに乗せ、電力を必要とする地域まで曳航。そこで現地の配電網や原油掘削施設に電力を供給する。

中国は2011年に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて原発の計画を一時的に中止していたが、その後はクリーンエネルギーとして風力や太陽光、原子力発電を推進する姿勢を打ち出した。

2016年の原子力計画は今年3月に打ち出した第13次5カ年計画に盛り込まれた。完成すれば、2030年までに中国の原子力発電の発電量は世界一になる。海上原発20基の建設もこの計画に含まれる。だが安全性や経済性を巡って疑念が噴出している。

海上原発は米国でも前例があり、ロシアも現在建設を進めている。しかし中国の計画ははるかに野心的だ。まず2017年から海上原発の建設に着工し、20年から発電を開始する。計画されている20基のうち、最初の発電所は南シナ海の海南島に設置される公算が大きい。
報道によると、石油・天然ガス開発を手がける中国海洋石油総公司は南シナ海の海底探索のために海上原発を利用する見通し。また、中国が南シナ海に建造している人工島への電力供給に使うことも検討されているという。

利用するのは発電能力50~100メガワットの小型原子炉で、同様の原子炉は大型原子炉の代替として米国や欧州でも検討が進む。大型原子炉と同じ技術を使いながら工場で組み立てられるため、大幅にコストを削減できるというメリットがある。
こうした小型原子炉では原発最大のリスク要因である冷却剤喪失事故の危険性を排除または低減でき、大型原子炉に比べて安全性は高いという意見もある。
しかし海上では船舶のように不測の事態に見舞われたり、悪天候や高波にさらされて沈没する危険もある。
地上の原発に比べると、外部電力の喪失やテロ攻撃といった外的要因から原子炉を守ることも難しく、安全に運転を続けるためのメンテナンスも困難が伴う。
原子炉が水没して冷却に必要な電力が失われればどれほど深刻な事態を招くかは、福島第一原発の事故で見せつけられた。
原発事情に詳しい英ケンブリッジ大学のトニー・ルールストン氏は、「中国当局は世界各国と同じ安全基準を採用するのかもしれないが、そのプロセスは不透明で、海上の原発が地上の原子炉と同程度の安全性を確保できるのかどうか、外部からは判断できない」と指摘している。

south-china-seas-disputed-island-ivan-watson


CNN
http://www.cnn.co.jp/m/world/35082025.html

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461923600/

この記事を読む



このページのトップヘ