じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1 :coffeemilk ★@\(^o^)/ :2015/03/18(水) 18:28:01.70

 朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、窮地に立たされている。米国と中国の政府高官が相次いでソウルに乗り込み、米国の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備や、中国が主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加をめぐり、踏み絵を迫っているのだ。
朴政権の十八番である「コウモリ外交」が限界に達しつつあるようだ。
 
「中国側の関心と憂慮を重視してもらえるとありがたい」
 中国の劉建超外務次官補は16日、ソウルの韓国外務省で、韓国の李京秀(イ・ギョンス)外務次官補との協議後、THAADについて記者団にこう語った。

 THAADには、迎撃ミサイルとともに、敵のミサイル発射を早期探知する高性能レーダーの配備も必要となる。中国国内のミサイル基地の動向が丸裸になるため、中国は猛烈に反対している。
 韓国はこれまで「米国から要請はなく、協議も決定もしていない」という曖昧戦略を取ってきた。これに対し、保守系紙の朝鮮日報は「信念も、対策も、決定もない三無外交だ」と批判している。
 劉-李会談では、劉次官補がTHAAD配備への懸念を伝えると同時に、昨年7月の中韓首脳会談で、習近平国家主席が朴大統領に直接参加を要請したAIIBへの参加も重ねて求めた。
AIIBの創設メンバーの参加期限は今月末。劉次官補によると、韓国側は「経済的実益を考慮して決定する」と答えたという。

 同日、ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)もソウルに到着した。

 ラッセル氏はまず、今月初め、韓国人の暴漢に襲われて負傷したリッパート駐韓米国大使を見舞い、翌17日午前、韓国外務省で李次官補と会談。同日、趙太庸(チョ・テヨン)外務次官とも協議した。

 米国は、中国が世界銀行や日米主導のアジア開発銀行(ADB)に対抗する形で設立を目指すAIIBについて、関係国に参加を見送るよう働き掛けてきた。

 日本政府は16日、AIIBへの参加を、現段階では見送る方針を固めたが、韓国は自国の建設、土木、通信企業の域内進出に有利になるのは確実として、これまで態度を留保してきた。

 ハンギョレ新聞(日本語版、15日)によると、ラッセル氏の訪韓は14日に突然発表されたといい、「ソウルを舞台に、2大国間の高位級外交戦の幕が上がったのではないか」
「今回の『同時訪韓』により更なる負担を抱えることになった」などと報じている。

 朴政権はこれまで、安全保障では米国に大きく依存する一方、経済では最大貿易相手国の中国に依存する「二股外交」「コウモリ外交」を展開してきた。今後、朴大統領はどのような判断を下しそうか。

 『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)がベストセラーのジャーナリスト、室谷克実氏は「李明博(イ・ミョンバク)政権の末期から続く、コウモリ外交がいよいよ瀬戸際に立たされている」とし、続けた。

 「韓国が望むシナリオは、THAAD配備を在韓米軍に主導させ、それを追認する形にして明確な意思表明をしないことだ。
中国には『米軍が勝手にやった』というポーズを取りつつ、米韓同盟を堅持する腹づもりだ。一部には『駐韓米国大使襲撃事件で米国に譲歩せざるを得なくなる』との見方もあるが、
事件後、国内で親米ムードが盛り上がったため、逆に米韓同盟の強固さを示すことに成功した。

朴政権は、これまで以上に『コウモリ外交』を加速させて乗り切るつもりだろうが、いつまでも、そんなご都合主義がまかり通るはずがない。想定するシナリオが破綻したときは、いよいよ、朴政権も追い詰められるだろう」

imgout


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9903394/  
 
この記事を読む






1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2015/03/18(水) 14:58:57.73
 
弁護士神原元 @kambara7 21:48 - 2015年3月17日
「売国奴」なんて言葉は大嫌いだが、仮にその言葉に相当する行為があるとすれば、
沖縄の美しい自然をアメリカ軍に売り渡そうとする、今の安倍政権の行為であるに違いない。
右翼の諸君が、かかる売国的行為に対して抗議しないことは、実に不思議でならない。

86dbd59c36060a39d7f3d4f89d575795


■プロフィール
弁護士神原元 @kambara7
2000年から弁護士。武蔵小杉合同法律事務所に所属。
自由法曹団常任幹事。見守り弁護団。著作「ヘイトスピーチに抗する人々」。
https://twitter.com/kambar

C.R.A.C @cracjp
(クラック、Counter-Racist Action Collective、対レイシスト行動集団)
2013年10月1日に結成された「レイシストをしばき隊」の後継となる集団である。
https://twitter.com/cracjp



■関連スレ
【C.R.A.C.】神原元弁護士「桜井誠氏の本を出版した青林堂をヘイト出版社と呼ぶのは市民の義務。訴えられたら無料で弁護します」[2/12]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423686284/
【C.R.A.C.】神原元弁護士、横浜弁護士会から懲戒請求を受ける。さらに威力業務妨害と名誉棄損で告訴される[02/15]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423980139/
【C.R.A.C.】神原元弁護士「私はしばき隊の最初期のメンバーだ。舐めてもらっては困る」[03/01]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425180678/
【C.R.A.C.】神原元弁護士「軍事路線も原発も格差も労働法改悪もヘイトスピーチも全て安倍さえ倒せば敵の勢いが削がれる」[03/16]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1426496350/
この記事を読む

1: タイガードライバー(庭)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 14:02:38.68 ID:uxDrDDuq0●.net BE:887141976-PLT(16000) ポイント特典
韓国のソウル新聞が「日本のテレビやメディアが自画自賛しまくり」と報道している。今の日本のテレビはテレビ東京の『世界ナゼそこに?日本人』を代表に様々な日本上げ番組が放送されている。中には外国人に日本の好きなところを言わせる番組もある。

これらは韓国メディアが指摘報道するまでもなく、日本のメディアやネットで既に散々言われていること。
1つの番組がヒットしたら後を続く様に似たような番組が増えるのはテレビ番組業界のお約束である。
しかし今の日本のテレビ番組はそれがあまりにも増えすぎだとしている。

テレビ以外にも書店に行けば日本を褒め、韓国や中国をおとしめる書籍が並べられている。
そしてそれらの書籍がベストセラーになるという。
数年前には外国人を呼び日本に意見させる内容のテレビ番組があったが、内容は真逆であった。ゾマホンや日本テリー伊藤などが口論バドルを繰り広げる内容で日本で話題になった番組である。

韓国メディアは日本が自画自賛していると報道しているが、日本の文化は素晴らしいしので自画自賛せずとも自然と素晴らしさは伝わると思うのだが。あまりに惜しすぎると見ている方もウンザリという声が聞こえる。

http://gogotsu.com/archives/5507

この記事を読む

1 :ダーティプア ★@\(^o^)/ :2015/03/18(水) 11:17:44.57
 
国民年金の支払いが現状のまま続けられた場合、積立金枯渇の時期がこれまで政府が予想した2060年よりもかなり早くなる恐れがあるとの見通しを監査院が公表した。
政府は2013年3月、積立金の運用による収益率を13年には5.2%、14年は6.3%、さらに15-19年には平均7.2%に達すると予測した。ところが実際の収益率をみると、13年は4.2%で、14年も上半期の時点で2.3%と予想を大きく下回った。このペースで今後も収益率の低下が続いた場合、積立金の枯渇は監査院の指摘通り、政府が予想していた45年後よりもはるかに早い時期に到来するわけだ。

監査院の見通しが正しければ、今の若い世代は今後30年以上にわたり毎月保険料を支払い続けたとしても、いざ老後になれば年金を受給できなくなる恐れが出てくる。

これでは若者の将来に対する不安は一層高まるだろう。
もちろん実際にそのようなことが起こるとは考えにくい。先進各国が今行っているように、その時になれば自分が支払った保険料から自分が受け取る「積立方式」ではなく、現役の働く世代が支払った保険料に国の税金をプラスし、受給者に年金を支払う「賦課方式」に移行しているはずだ。
ただし毎月支払う保険料に関しては、現在の「月収の9%」よりも大きく引き上げざるを得ないだろう。
監査院が今回、積立金枯渇の時期が早まると警告した理由は、言い換えれば保険料引上げ時期の前倒しと、引上げ額の大幅上昇が避けられないことを指摘するものに他ならない。

国民年金の加入者は昨年末の時点で2112万人、積立金の額は469兆ウォン(約50兆4000億円)だった。
また2014年に加入者が支払った保険料は34兆ウォン(約3兆7000億円)、積立金の運用による収益は23兆ウォン(約2兆5000億円)だった。19年ごろには運用による収益が保険料を上回ると予想されているが、収益率が予想よりも1%下がるだけで、積立金枯渇の時期は5年早まるという。そのため積立金をいかに運用するかが、国民の老後の生活に大きな影響を及ぼしてくるのだ。

2013年における積立金の運用収益率4.2%は、日本の18.5%、カナダの16.5%、スウェーデンの9.2-16.5%などと比べて非常に低い。政府は2000万人以上の加入者を安心させることのできる対策を早急に提示しなければならない。まず監査院が今回発表した見通しについて、政府は何らかの説明をすべきだろう。また国民年金運用本部は12-14年の積立金運用担当者のうち、実績に対する評価が最低のDランクだった13人全員と再契約を交わしたが、監査院はこのことも疑問視している。このようにずさんな管理しかできない組織に、国民は老後のための大切な資金を安心して任せることなどできない。

 キャプチャ
 
ソース:朝鮮日報 2015/03/18 09:39
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/18/2015031801184.html
この記事を読む

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 09:38:20.71 ID:???.net
17日、法務省は新聞に「ヘイトスピーチ、許さない。」と書かれた広告を新聞に掲載した。元々法務省はヘイトスピーチに対しては「ヘイトスピーチ、許さない。」と題された啓発チラシを作成していたが、これを広告にも同文面で採用した。東京新聞では1面に登場している。広告では、以下2点について言及している。

●特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動は、人としての尊厳を傷つけ、差別意識を生じさせることになりかねません。

●違いを認め、互いの人権を尊重し合う社会を築きましょう。

ヘイトスピーチについては、1月16日に上川陽子法務大臣が「大事なことは,広報活動を通じて社会全体の意識を高めていくこと,そして,ヘイトスピーチに関わらず,様々な人権侵害が起きたとするならば,そうしたことをしっかりと注視していく,また,相談の窓口につきましても,皆様御存じの方ばかりではないと思いますので,積極的な周知広報について,更に力を入れてまいりたいと思っております」と語っており、この宣言を実行した形だ。

001130883


ソース:アメーバニュース 2015年03月17日 18時13分
http://yukan-news.ameba.jp/20150317-149/

この記事を読む


1 :Fabyorezecu/ :2015/03/17(火)19:43:24
 
【ソウル時事】韓国政府の合同捜査チームは17日、韓国の原発関連資料がハッキングされ、昨年12月以降、相次いでインターネット上で公開された事件について、北朝鮮の仕業と発表した。
 
捜査チームによると、犯人は、昨年12月以前に原発を運営する「韓国水力原子力」の退職者らから、偽サイトに誘う「フィッシング」メールを通じ、メールのパスワードを入手。それを利用して、職員の住所録や電話番号リスト、原発関連の図面などのファイルを収集した。犯人は昨年12月以降、「原発反対グループ」を名乗り、ツイッターなどで6回にわたり資料を順次公開し、金銭や稼働中断を要求した。ただ、原発稼働に関連した機密資料の流出はなかった

(2015/03/17-17:29)

原発ハッキング、北朝鮮の仕業=韓国政府が捜査結果
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031700769&g=int



shinkori34construction

この記事を読む

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 09:48:03.99 ID:???.net
東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の継続使用をめぐり、総連側が、土地建物を購入した山形県酒田市の不動産会社グリーンフォーリストに年間2億数千万円を支払う賃貸契約を結んでいたことが17日、関係者への取材で分かった。

中央本部は日本と国交がない北朝鮮にとって事実上の大使館といえる重要拠点。2012年に土地建物が競売に出されて以降、所有権の移転先や、総連が立ち退くかどうかが焦点だったが、総連が契約に沿った支払いを続ければ、これまで通り使えることになる。

o0433049413209687328


ソース:北海道新聞‎ 03/18 02:23
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0112839.html

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング