じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 07:36:15.07 ID:???.net
中国人が韓国に行って美容整形の手術を受け、失敗してトラブルになるケースが相次いでいると、中国国内で問題になっている。
中国美容整形協会は、韓国側と協力して医師の情報を検索できるシステムを立ち上げるなど、今後の対策を打ち出した。中国共産党の機関紙・人民日報などが報じた。

 中国人の被害者数ははっきりしないが、報道によると「鼻を高くする手術を受けたら、帰国後に鼻が腐り始めた」「手術のあと唇がゆがみ、治らない」といった訴えが続いている。

 韓国保健福祉省の傘下機関の統計では、2013年に韓国で美容整形関連の診療を受けた外国人は約2万4千人。
うち中国人は約1万6千人を占め、国籍別で最多だった。検索システムは早ければ年内にも始動する。

 大勢の中国人が美容整形手術を受けるために韓国を訪れていることについて、中国メディアは「韓流スターに憧れて、『整形王国』で容貌(ようぼう)を変えることを選ぶ若者が増えている」などと分析。
中国人が韓国に美容整形手術を受けに行ったときのトラブルの発生率が、年々増加しているとの見方も紹介している。

20120102_kara_15


http://apital.asahi.com/article/news/2015040900010.html

この記事を読む






1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 10:46:31.64 ID:???*.net
国会病欠前後の行動が問題視され、維新の党から除名された上西小百合議員(31)。2015年4月5日には無所属で議員活動を続けていくことを発表したが、世間の目は依然冷ややかだ。

6日放送の「モーニングバード」(テレビ朝日系)では、コメンテーターが上西議員の「メーク」にまで不快感を示した。

黒のマスカラは下まつ毛にもたっぷり塗られている

番組では3日の記者会見の様子を中心に、一連の騒動を詳しく紹介した。VTRが終わると、コメンテーターの住田裕子弁護士(63)は開口一番に「もうあり得ないと思いました」と厳しい言葉を口にした。
その後、上西議員の行動や説明に対する疑問点を指摘するうちにヒートアップしたのか、

「そして女性からいくとね、なんかあのウソついているあのお化粧が、あのアイメークが、ものすっごく癇に障るんですよねぇ」

と顔をしかめた。

上西議員の目元はいつも太めのアイラインが入っており、まつ毛はしっかりと上を向いている。黒のマスカラは下まつ毛にもたっぷり塗られていて、いわゆる「垂れ目風」のアイメークに仕上がっている。

これも「浪速のエリカさま」ともてはやされるようになった所以の一つかもしれないが、騒動後には一転、ばっちりメークがどうやら不評に拍車かけてしまっているようなのだ。

実際、インターネット上には、

「あの化粧、全く好感が持てない」
「これ周り誰も突っ込まんの?」
「上西議員はメークで絶対に損してると思う」

といった声がいくつも投稿されている。報道陣の前で謝罪した3日の会見にも普段と変わらぬメークで登場していたことから「TPOをわきまえてない」という声も目立つ。

■沢尻エリカではなくにしおかすみこ似?

デイリースポーツの報道によれば、4日放送の情報番組「あさパラ!」(読売テレビ)では、「メークが濃い」ことで知られるお笑いコンビ「ハイヒール」のリンゴさんまでが
「こんなこと私が言うのも何ですけど、化粧が濃い」と指摘したそうだ。

ここ数日はエリカさまこと沢尻エリカさん似ではなく、濃いアイメークのSM女王キャラで人気を博したお笑い芸人、にしおかすみこさん似ではないかという新説も持ち上がっている。

維新の党は4日、上西氏の除名処分を発表した。橋下氏は議員辞職を求めたそうだが、「議員の身分は法に触れない限り奪われない」「それだったら除籍で結構」などとして拒否されたという。

一方の上西氏は5日、文書を報道機関に送り「まだまだ国政で微力を尽くしたいので、議員辞職はせず無所属で国政に邁進する」と宣言。公式サイトからは「維新の党」の文字を消した。

だが、議院活動継続の道は決して楽なものではなさそうだ。上西氏は小選挙区で当選したのではなく、比例代表で復活当選を果たした立場だ。そのため、疑問の声は少なくない。
元衆議院議員の東国原英夫氏や教育評論家の尾木直樹さんもツイッターやブログで疑問を投げかけている。

no title


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9980422/

この記事を読む

1: アルゼンチンバックブリーカー(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 15:21:15.67 ID:QVSSaXkD0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
BBC News Japan @bbcnewsjapan 15:10 - 2015年4月8日

北朝鮮政府を怒らせた米映画「The Interview」のDVDを数千枚、韓国の活動家が風船で
北朝鮮側へ飛ばしたそうです(英語記事)
RT @BBCNewsAsia:  http://bbc.in/1PimrKy



TheInterview_stop


この記事を読む

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 20:26:17.18 ID:4HekQ5+C.net
他国がそう言うならそれでいいじゃん、誤れば済むことじゃん、つっぱって喧嘩して日本に何の得があるの・・・
ホリエモンツイッター


image



この記事を読む

1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 20:49:42.46 ID:???*.net
 第1ラウンドは沖縄の「圧勝」とみていい。5日、那覇市内のホテルで開かれた翁長雄志知事と菅義偉官房長官の初会談。「これから国と沖縄県が話し合いを進めていく第一歩になったと思う」――。会談後、記者団に向かってこう言った菅官房長官だが、本当は沖縄県民の心の底からの「怒り」を肌身に感じて震え上がっていたに違いない。

 会場となった那覇市内のホテル周辺には反対住民ら約1500人が殺到。辺野古移設を強行する政府を批判する横断幕やのぼりが掲げられた。

 「会談を終えて車に乗る翁長知事には『頑張ろう』と大声援が飛び、これに翁長知事も車窓から左こぶしを高々と上げてガッツポーズ。
ところが、菅官房長官は反対住民から逃げるようにホテル裏口から出て行った。会談でどちらに軍配が上がったのかは歴然です」
(沖縄県政担当記者)

 官房長官と知事の面会が注目されること自体、この国の異常な政治情勢を物語っている。沖縄県民の怒りに触れたためか、菅長官は翁長知事と安倍首相の会談も検討すると言い出した。安倍政権は明らかに方針転換しつつある。

 「沖縄県民の反発を受け米国の知日派の間で『このままで大丈夫か』と不安の声が広がっている。安倍政権は4月の訪米前に『沖縄と仲良くやっている』とのアリバイをつくりたいのでしょう。しかし、そんなことは沖縄県側は百も承知です」(在沖ジャーナリスト)

 どうりで翁長知事は余裕シャクシャクだったわけだ。ほかにも沖縄が「圧勝」だった理由がある。「なぜ辺野古移設ができないと普天間が固定化するのか」。この質問に菅長官が答えられなかったことだ。沖縄国際大教授の前泊博盛氏はこう言う。

 「菅長官は『粛々と進める』と繰り返しています。これは歴代政権が使ってきた言葉で、本音は『(日米安保などが)よく分からないから踏襲する』ということ。菅さんは沖縄の基地問題の本質を全く理解していないことがハッキリした。今、沖縄の米兵の間では『反軍(基地)が反米になったら大変』との危機意識が広がっていて、(安保利権マフィアの)ジャパンハンドラーといわれる米関係者の間でも、在沖米軍の在り方を見直す発言が出ている。つまり、それを知っている沖縄県は(菅長官に対し)『もう一度よく考えた方がいい』と促しているのです。
安倍政権は日米同盟の重要性を強調しているが、やっていることは正反対。米国の真意を読み違えています」

 実際、米クリントン政権で普天間基地返還の日米合意を主導したジョセフ・ナイ元国防次官補(現米ハーバード大教授)は、琉球新報の取材に対し、「沖縄の人々の支持が得られないなら、我々、米政府はおそらく再検討しなければならないだろう」(4日付)と言っている。

 安倍首相は訪米で大恥をかくことになるんじゃないか。

ソース(日刊ゲンダイ) http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158714
写真=「勝算アリ」の翁長知事(右)
no title

この記事を読む

1: 海江田三郎 ★ 2015/04/08(水) 19:25:14.96 ID:???*.net
http://dot.asahi.com/wa/2015040700084.html
 日本の国富(資産から負債を引いた国全体の正味資産)は13年末で3048.7兆円。
これを1ドル=80円で換算すると約38兆ドル、1ドル=120円で換算すると25.4兆ドルになる。
「過度な円安で、約3分の1の国富が失われたことになる。日本の経済規模は金融政策によって3割以上小さくさせられたのです」
 円安戦略は間違いと指摘するのは、慶応義塾大学大学院経営管理研究科の小幡績准教授だ。
「一部の輸出企業が潤う一方で、円安による原材料や外国製品の高騰で国民の生活コストは上昇している。
さらには、割安になった日本の企業や不動産、水資源、優秀な人材といった貴重な資産も外国人によって買い漁られるかもしれない」
 小幡氏は、黒田バズーカ後の日本経済は、小泉政権時代の「実感なき景気回復」と同じ構造だという。
当時も円安で輸出は伸び、景気は拡大したが、資源高も相まって食料品や必需品の価格が上がり、国民の多くは恩恵を享受できなかった。
「そもそもインフレに固執すること自体が間違い。アベノミクスが目指している円安と物価上昇も、長期的にはむしろ国を貧しくする。需要を弱くしたのは将来不安から消費を手控える『デフレマインド』であって、物価下落そのものではないのです」(小幡氏)
 日銀は物価上昇率を差し引いた実質金利の低下を狙っている。だが、これも間違っているという。
企業への融資や住宅ローンの金利はすでに十分低いうえ、税制優遇などで設備投資も進んでおり、多少金利が下がったところで需要の先食いが起こるにすぎないからだ。

 日銀出身で経済アナリストの池田健三郎氏は、「黒田バズーカの出口戦略への切り替えがターニングポイント」という。
「今は日銀が国債を買い上げて、市中に通貨供給量を増やすことで金利を低く抑えています。物価上昇率が目標に達したとき、緩和縮小へと政策転換が行われる。
そのときに日本国債の信認に揺らぎが生ずれば、金利の上昇が加速するだけでなく、利払い負担に財政が耐えられなくなるリスクもないとはいえない」
 17年4月に予定される消費税10%への増税と、金融引き締めが同じタイミングで起こると、財政危機のシナリオが現実味を帯びると警告する。

45
 

この記事を読む

1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 13:29:21.10 ID:???*.net
産経新聞 4月7日 0時10分配信

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は6日夜のBSフジ番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関し、日米両政府が合意した名護市辺野古のほかに場所を検討する考えは「ない」と答えた。
5日に辺野古移設に反対する翁長雄志(おなが・たけし)同県知事と会談した際、翁長氏が普天間の「危険除去」について具体案を示さなかったことも明らかにした。

 一方、菅氏は6日の記者会見で、辺野古移設作業について「粛々と進める」という表現を今後は使用しない意向を表明した。

 翁長氏が5日の会談で菅氏に「上から目線だ」と不快感を示したことを受け、「『上から目線』というふうに感じられるのであれば変えていくべきだろう。不快な思いを与えたなら使うべきではない」と述べた。


0b5d18a3


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000501-san-pol

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング