スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 18:17:47.93 ID:???.net
(写真)
no title

▲ 文科相に決まり、認証式に向かうため官邸に入る馳浩氏=7日午後、首相官邸
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

主要閣僚を留任させた7日の安倍内閣改造について、中国、韓国は安倍政権の外交・安全保障政策に大きな変更はないとみて今後の動向を注視する構えだ。

中国は、経済の減速傾向が顕著になる中、日本との関係安定化も不可欠で安倍晋三首相との対話は維持していく方針だが、高市早苗総務相ら閣僚による靖国神社参拝の動きも警戒している。

韓国は日韓間の重要懸案を扱う岸田外相や中谷防衛相らが留任したことで、対韓外交に与える影響は少ないとみている。歴史問題で対応を求める従来の姿勢を維持しつつ当面は安倍内閣の安定を望む雰囲気だ。

聯合ニュースは、内閣改造を示す言葉は「安全運転」だと指摘。一方で、旧日本軍の従軍慰安婦問題に絡む1993年の河野洋平官房長官談話を批判してきた馳浩氏の文部科学相就任については「極右の人物を要職に登用した」(文化日報)との見方も出ている。

(共同)

ソース:産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/151007/wor1510070039-n1.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1444209467/

この記事を読む






1: キドクラッチ(庭)@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 13:47:22.88 ID:JyYb85kn0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
恐れていたことが現実になってしまった。

 この間、安倍政権によるメチャクチャな安保法制強行に対し、これまで政治的発言を控えてきた芸能人たちが次々と声を上げたことが大きな話題になった。
その一人が9月17日の国会前デモで壇上に上がり安保反対を訴えた石田純一だ。
しかしその石田に対しデモ参加後、様々な“圧力”がなされていたことが明らかになった。

「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。
CMもひとつなくなったし、広告代理店を通して、厳重注意も2、3社から受けました。
“二度と国会議事堂にデモに行くな”“メディアの前で政治的発言をするな”ってね」



石田は前述の「週刊新潮」にて圧力を公表した上で、しかしこう表明している。

「でも、世の中のためになることをやりたいと思っているので、 “それ(デモに行くな、政治的発言をするなとの厳重注意)は受けられない”って回答しました」

 石田の勇気ある姿勢を称えたい。
(伊勢崎馨)
http://lite-ra.com/i/2015/10/post-1565-entry.html

no title

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444279642/

この記事を読む

1: @Sunset Shimmer ★ 2015/10/07(水) 20:17:11.55 ID:3cD/q4do*.net
2015.10.7 17:31

 民主党の枝野幸男幹事長は7日の記者会見で、改造内閣の顔ぶれについて「論評に値しない。何が変わって何をしようとしているのか意味不明だから」と語った。

 さらに「読売巨人軍の監督の人事には、プロ野球ファンはコメントすると思うが、どこかのチームの2軍のバッティングコーチをどうするかという話が論評に値しないのと一緒だ」と独自の論理を展開した。

edano_yukio100210


引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/151007/plt1510070057-n1.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444216631/

この記事を読む

1: アイアンクロー(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 08:58:52.49 ID:coJL4JAK0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典

第3次安倍改造内閣で初入閣した河野太郎国家公安委員長が、ホームページに掲載していた自らの主張や政策、そしてブログの内容を「メンテナンス中」として読めない状態にしました。

 河野氏は自民党内でも歯に衣着せぬ発言を続けてきたことで知られ、脱原発に向けた主張や新国立競技場の問題など幅広いテーマについて自らのホームページやブログで意見を公開してきました。

 しかし、内閣改造で初入閣した7日付で、ホームページに掲載していた自身の主張・政策とブログの内容を「メンテナンス中」として読めない状態にし、初閣議の後の記者会見で次のように説明しました。

 「今までは外から言っているだけでしたが、今度は政府内の議論に参加できるようになった。
政府内の議論でしっかりと言うべきところは言っていくと思っていますが、政府の一員である以上、決まったことについてはそれを誠実に実行する」(河野太郎国家公安委員長)

(07日22:50)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2607546.html 

img_d5cd6d70d9f825fb91e689166b326903309924 


河野太郎ブログ
http://www.taro.org/category/blog



民主党の蓮舫氏とあべともこ氏が大きな期待を表明



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444262332/

この記事を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 01:12:15.01 ID:???.net
ヘイトスピーチで集会、大阪 「一日も早く規制条例を」
2015/10/06 19:19 【共同通信】

 「ヘイトスピーチ」抑止などの条例制定を求め、大阪市内をパレードする参加者=6日午後
no title


 「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」と呼ばれる人種差別的な街宣活動の抑止や被害者支援のため、大阪市で検討されている条例の速やかな制定を求める集会が6日、同市北区で開かれ、参加者は「一日も早く規制条例をつくり、大阪から日本全国に取り組みを広げたい」と訴えた。

 集会は、NPO法人「多民族共生人権教育センター」(大阪市生野区)などの団体でつくる実行委員会の主催で、約250人が参加。センターの宋事務局長はあいさつで「排外主義で日本の共生社会を破壊しているヘイトスピーチを許さない」と力を込めた。

 集会後、参加者は「差別はあかん! 仲良くしよう」と市庁舎前などをパレード。

http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100601002033.html


ヘイトスピーチの規制を求め 集会
毎日放送 10月6日(火)21時56分配信

 街頭で人種差別などをあおるヘイトスピーチへの対策を求め、在日コリアンらが大阪・中之島で集会を行いました。

 大阪の中之島で行われた集会には、在日コリアンなど約250人が参加し、大阪市議会に対してヘイトスピーチを規制する条例を制定するよう求めました。

「ヘイトスピーチを私たちはどんなことがあっても許すことができません」(参加者) 

 大阪市では、ヘイトスピーチを行った団体を公表したり、被害者の訴訟費用を支援することなどを盛り込んだ条例案を全国に先駆けてまとめましたが、今年6月の市議会では継続審議となっています。

 条例案は再提案されていますが、6日の市議会でも「表現の自由に抵触しないかもっと議論すべき」など、各会派から慎重な意見が相次ぎ成立の見通しは立っていません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00000065-mbsnews-soci

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1444234335/

この記事を読む





img_d5cd6d70d9f825fb91e689166b326903309924
この記事を読む

1: 栓抜き攻撃(栃木県)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 08:33:19.16 ID:pYsmtkSY0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
安保法制反対派が、与党議員に送りつけた抗議ファクスはなんと厚さ15cm 脅迫まがいの文面や思わぬ個人情報も…

 安全保障関連法成立までの数日間、国会周辺は抗議集会で大騒動になっていましたが、与党の参院議員の会館事務所もちょっとした騒ぎが起きていました。というのも、「ざっと積み重ねてみたら1日あたり15センチ以上」
(公明党議員秘書)というほどの大量のファクスが連日送られていたからです。役所からの資料がなかなか受信できなくなったり、委員会審議のための質問通告のコピーが取れず、通告に時間がかかるなど業務に支障もあったといいます。

 「厚さ15センチ」というと、市販されているコピー用紙の500枚の束の厚さが5センチ程度ですから、だいたい毎日1000枚超を受信していたということになります。

 送信枚数の多さで目立つのは、県教組や共産党系の組織、弁護士団体などでした。統一の文書に署名やコメントを傘下の団体や個人に記入させた上で、上部団体がまとめて送信していました。物量で「これだけの反対者がいるのだ!」
という圧をかけようとしていたとわかります。

 ところが、多くの枚数を送り、与党議員に強い圧力をかけねばならないと考えたのか、送信すべきではないと思われる文書を送った団体がありました。

 安保法案の賛否を問う「アンケート」の回答用紙そのもの、なかには「公表に同意しない」とサインしたはずの回答者の情報-事業所名、記入した代表者の個人名、住所-が記載された紙まで送信していたのです。

 このアンケートを実施し、ファクスしたのは中部地方の身障者関連の団体でした。

http://www.sankei.com/premium/news/151007/prm1510070005-n1.html
no title

no title

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444174399/

この記事を読む



このページのトップヘ