じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: チキンウィングフェースロック(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 16:44:56.65 ID:UwvwcmDG0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
共産党が「反安倍」アイドルの制服向上委員会を招いた“勉強会”の中身とは…
 「過激すぎる」党勢拡大にプラス?マイナス?

 さる7月18日午後、東京・千駄ケ谷の共産党本部大会議場で開かれた、志位和夫委員長による党創立93周年記念講演会。いつにもまして「反安倍政権」のボルテージを上げる志位氏の言葉に真剣に耳を傾ける党員・支持者約500人の中に、あの筋金入りの左派アイドルグループ「制服向上委員会」のメンバー5人の姿があった。もともと“相思相愛”とみられる両者ゆえに「ありふれた光景」かもしれないが、かくして10代の彼女たちは名実ともに「共産党御用アイドル」となった。党勢拡大に向け利用できるものはとことん利用する同党の戦略は見逃せない。

 記念講演会は当初、党創立記念日である7月15日の夜に東京・中野の施設で開催される予定だった。しかし、共産党が「戦争法案」とおどろおどろしく名付け、廃案を叫ぶ安全保障関連法案の衆院平和安全法制特別委員会での採決とくしくも重なり、急きょ日時、会場ともに変更された。(中略)

 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が今国会で成立し、来夏の参院選から「18歳以上」が投票できるようになった事情も見逃せない。新たに選挙権を得る約240万人の争奪戦に各党が血道を上げることになるが、共産党が制服向上委員会を事実上の「公認アイドル」に仕立てようとする背景には、彼女たちのファン層とみられる若い世代を自陣に引き寄せる狙いもあるようだ。
 むろん、どれだけの若者があの過激な左派アイドルグループに共鳴しているのか、あずかり
知らないが…。(中略)

 ある共産党の古参党員はこう警鐘を鳴らす。
 「制服向上委員会とかいうグループは、アイドルといっても言動が過激すぎる。党としては付き合いをほどほどにしておかないと、ターゲットとすべき穏健な若い無党派層が逃げてしまう。むしろソフトイメージ戦略の逆効果だろう」


prm1508050004-p1



http://www.sankei.com/premium/news/150805/prm1508050004-n1.html



関連 
制服向上委員会の齋藤優里彩(18)っつうのがスゲーぞ。立派な左翼運動家になれそうだ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438760696/

この記事を読む






1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 17:41:19.79 ID:???.net
産経新聞によれば、自民党は4日、朝日新聞東京本社に対して強く抗議するとともに、冨永氏のツイッターでの訂正と謝罪、朝日新聞ホームページでの英語と仏語による訂正と謝罪を掲載するよう申し入れたという。安倍御用メディアである産経は、この騒動を嬉々として取り上げて「左派による政権へのデマ攻撃」と位置付けようとしているというわけだ。
 しかし、今回の騒動で、冨永氏も朝日も謝罪する必要など一切なかった。
なぜならば、冨永氏のツイートは、本当のことを述べたにすぎないからだ。

中略

 いまさら言うまでもないが、在特会に象徴される「行動する保守」は、海外メディアから“国家主義的保守政権”と称される安倍政権、あるいはその政策を熱烈に支持してきた。
いや、むしろ自民党下野時から安倍晋三首相再登板の間、自民党は彼ら「行動する保守」やネトウヨを積極的に政治活動に動員してきたのだ。安倍政権の屋台骨だといっても過言ではない。

 実際、安倍首相が寵愛する高市早苗総務相と稲田朋美政調会長は昨年、ネオナチ団体代表とのツーショット写真の存在が発覚。山谷えり子国家公安委員長も、過去に在特会の幹部であった男性と密な交流があった。
そして安倍首相自身もまた、在特会元幹部と仲良くツーショット写真を撮っていたことなどが判明している。安倍政権がネトウヨ政権と言われるひとつの所以だ。

 よって、今回の朝日新聞編集員による「行動する保守」デモ参加者が安倍政権支持者であるとのツイートは、ただ事実を述べただけであり、なんら撤回・謝罪する類のものではない。
むしろ、彼ら極右排外主義者らが「朝鮮人半島に帰れ!」「ブタ左翼皆殺し」などと触れ回りながら、首相肝いりの安保法案を支持していることにこそ、われわれは注目すべきなのである。

 本サイトでもお伝えしたとおり、安倍首相は先日、国会前で行われた極右市民団体「頑張れ日本!」主催の安保法制推進デモを見て、「こういうのは初めてだ」と感激の言葉を吐いた。
これだけ「行動する保守」との関係を問題視されても、安倍政権の性根は変わっていないらしい。

 つまり今回、安保法制の必要性を謳う市民デモが、実のところ、外国人を排斥し殺意まで表明する連中により行われていた事実がはっきりしたことで、安倍政権の中身が、
ネオナチ団体と変わらない、グロテスクな極右排外主義に染まっていることが、より鮮明になったわけである。
にもかかわらず安倍政権は、この事実を素知らぬ顔でデマ認定し、安保法案に批判的な朝日への攻撃に利用する。

 安保法制が国民の支持を得られないからといって、批判的なマスコミに抗議して屈服させる。しかも、事実とは真反対のデマ攻撃を用いて──。これは民主主義国家の為政者のやることとは到底思えない。

 最後に、もう一つ事実を述べておこう。前述のとおり、8月2日の銀座・安保法制推進デモの参加者人数は約250名であった。一方、同日渋谷で行われた高校生による戦争法案反対デモの参加人数は、約5000人だ。
“レベル”が違うのは数だけではない。推進デモのヘイターたちが叫ぶ「朝鮮人は半島に帰れ」と、反対デモの高校生らが訴える「戦争反対!」、どちらが人間としてまともか言うまでもないだろう。

“戦争のできる国”を目指す安倍政権、その広報メディアである右派新聞、そして極右ヘイト勢力とネトウヨ……彼らが根っこのところでつながっていて、今、一体となって戦争法案を推し進めようとしている事実を、私たちはきちんと認識すべきである。

(梶田陽介)
http://lite-ra.com/i/2015/08/post-1357.html

anpodemo_02_150804-thumb-autox210-2625



【話題】ネットメディア・リテラ「在日認定し攻撃するネトウヨに答えておく。リテラには在日がいます。それがどうした」★2
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1438228956/

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1438764079/

この記事を読む

1: ジャストフェイスロック(愛知県)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 14:32:46.62 ID:rkVhp+Dc0.net BE:792899348-PLT(13700) ポイント特典
 2020年東京五輪の公式エンブレムをデザインしたアートディレクターの佐野研二郎氏はFacebook、ツイッターのアカウントについて、今回の騒動が起こる前の5月に閉鎖したと話した。
佐野氏は「仕事的にバタバタしてきたというのと、普段からどうしても見てしまっていたというのがあったので一回距離を置こうかなということでアカウントを外しました」とSNS離れした理由を説明。自身のデザイン事務所「MR DESIGN」が運用していたものと

同IDのアカウントがエンブレムアカウントについて挑発的なツイートを連発しているが、乗っ取られたものであり自身とは無関係であると説明した。ツイッター社には削除を申請しているという。

公式エンブレムは7月24日に発表されたばかり。29日、ベルギーの劇場ロゴとの酷似が表面化。
30日にはスペインのデザイン事務所の作品に配色が似ていると指摘された。

ロゴのデザイナー、オリビエ・ドビ氏や劇場の代理人は7月31日付で国際オリンピック委員会(IOC)と日本オリンピック委員会(JOC)に使用停止を求めて書簡を送付。
8日以内に使用停止に同意するよう求めた。要求に応じなければ「管轄する裁判所に使用停止を求めて法的手続きを取る」とした。

書簡の中でエンブレムが「盗作であることは明白」と主張している。
IOCのコーツ副会長は1日、クアラルンプールで行われた総会で「IOCと東京の大会組織委員会は発表前にすべての登録商標をチェックした。デザインは問題ない」との認識を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00000105-spnannex-spo


佐野氏率いるデザイン事務所「MR.DESIGN」は現在、公式ホームページ及びTwitterの閲覧制限をしているが、Twitterのアカウント名を
「白紙撤回」、自己紹介文を「灰色や 黒を白だと 言う人が 白紙に戻す 五輪デザイン」と短歌調で挑発気味に記載している。

20150805125038opip


http://news.livedoor.com/article/detail/10411661/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438752766/

この記事を読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2015/08/05(水) 08:03:08.11 ID:???*.net
安保法案をめぐる強行採決に加え、元自民党の長老が異議を唱える会見を開くなど、安倍政権に逆風が吹くなか、勢いづいているのが旧来の市民活動家たちだ。各地で「戦争法案反対!」を叫ぶデモを繰り広げている。

さぞや盛り上がりを見せているかと思いきや、案外街の人々の視線は冷たい。

7月の三連休に夫婦旅行で京都を訪れた東京在住の34歳会社員は愕然とした。
「市街地から清水寺までタクシーで行こうとしたら、デモに道を塞がれて一向に進まない。

しかも、元気に声を出すのは年配の方ばかりで、列に交じる少年たちはプラカードで顔を覆っていた。
妻も運転手もイライラしてきて、『デモのせいで戦いが起きるよ!』と夫婦で話していました」

このようなデモに対する不満の声は高まっている。子連れでデモを行なう人々に対し、高須クリニック院長の高須克弥氏が「イデオロギーの定まらない子供をデモに利用するな! 猛暑日に炎天下を子供に歩かせるな! 熱中症になる!」と批判。
“ホリエモン”こと堀江貴文氏が「あほですね」と賛同したことが話題を呼んでいる。

彼らの飛躍した主張にも疑問の声が上がっている。

テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」(7月24日深夜放送)に出演したピースボート英国代表の川崎哲氏が、米国の核軍縮が進まない現状について
「日本が足を引っ張っている」といい、日本の外務省が米国に核を維持するよう要請していると指摘した。

これには、司会の田原総一朗氏はじめ出演者一同から「おかしい」と突っ込みの声が。
放送後、インターネットで「ピースボート代表が袋叩きに」と話題になった。

安倍政権には不満があっても、昔ながらの反戦リベラル的な主張には与したくない──
こうした国民の空気感は、実際の数字にも表われている。

政権の支持率低下が話題をさらっているが、政党支持率は依然として自民党が31%と群を抜き、民主7%、維新5%、共産4%と、野党の支持率は上向いていない。共産党政策委員長だった筆坂秀世・元参院議員は、こう分析する。

「左派・リベラル勢力が国民の支持を得ないのは、彼らが欺瞞の上での議論しかできていないからです。
たとえば共産党や社民党、民主党は安倍政権の安保法制について、盛んに『違憲だ』といいますが、
本当に『憲法を守る』ことを徹底させて議論するなら、自衛隊は解散すべきだし、日米安保そのものを破棄すべきだ、といわなければならない。そんなこと、どの野党もいっていないでしょう。

安倍政権の安保法制に反対ならば、じゃあ日本の安全保障を具体的にどうしていくのか、そういう議論が何もできない。
単に『ハンターイ、ハンターイ』と叫んだって、それは悪いけどロック・フェスティバルで騒いでいるような話と同じ。そういうことは国民にも肌感覚で伝わっています」

安倍政権にはNOだが、ステレオタイプの左派にもNO。国民は、いったいどこに期待すればいいのだろうか。

※週刊ポスト2015年8月14日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150804_339845.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438729388/

この記事を読む

1: 野良ハムスター ★ 2015/08/05(水) 10:37:43.85 ID:???*.net
1


朝日新聞の冨永格(ただし)特別編集委員がツイッターにナチスの旗や旭日旗を掲げたデモの写真を載せ、ナチス支援者が安倍晋三政権の支持者であるとする内容の書き込みをした問題で、同社は5日付の朝刊で
「報道姿勢に疑念を抱かせた」との謝罪記事を掲載した。

記事によると、冨永氏は事実関係の裏付けをしておらず、写真の転載に撮影者の許可を取っていなかった。
同社は、社名などを名乗ってツイッターを利用できる「公認記者」や、コラム「日曜に想う」の執筆者から外す。

冨永氏はネット上で批判を受けた後、投稿を削除し、おわびの言葉を書き込んだ。

no title


http://www.sankei.com/politics/news/150805/plt1508050010-n1.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438738663/

この記事を読む

1: Ψ 2015/08/04(火) 08:35:30.20 ID:r8Cx6Naa0.net
【クアラルンプール共同】中国の王毅外相は3日、マレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議を前にシンガポールで記者会見し、南シナ海の領有権をめぐる問題について
「悪意をもって騒ぎ立てることは受け入れられない」と述べた。

中国外務省によると、王氏は会見で「会議の雰囲気を壊す者は責任を負わなければならない」と述べ、フォーラムで南シナ海情勢を大きな争点にしないようけん制した。

中国は南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で岩礁を埋め立てるなどして近隣国の反発を買っている。

83511860


http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015080301002449.html

引用元:http://carpenter.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1438644930/

この記事を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 12:07:48.23 ID:???.net



55372d40ee91c


https://twitter.com/rinda0818

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1438657668/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング