スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: かかと落とし(北海道)@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 23:46:43.18 ID:3l+oO8Sq0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
 河野太郎行政改革担当相は7日、沖縄県名護市で開かれた国際会議で、安倍政権が目標とする
「名目GDP(国内総生産)600兆円」達成のための手段の一つとして、移民の受け入れを検討すべきだとの考えを表明した。

E6B2B3E9878EE5A4AAE9838E-thumbnail2


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000106-jij-pol

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446907603/

この記事を読む






1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 05:50:45.22 ID:???*.net
偽の患者を使って医療機関などの診療報酬を不正に受け取っていたとして、6日に指定暴力団住吉会系組長らが詐欺の疑いで逮捕された事件で、吉本興業所属のお笑い芸人10人前後が、患者役として関与していたことが7日、分かった。

中心となったお笑い芸人は、物まねで活躍するしあつ野郎(37)。
名は得意の指圧に由来している。捜査関係者によると、しあつは指圧に関わる資格を取りたがっていたところ、知人から「資格の勉強もできる」と接骨院を紹介され、受診した。
その際、接骨院側が「宣伝にもなるし、芸人仲間を紹介して」と依頼。しあつは求めに応じ複数人を紹介した。
いずれの芸人も接骨院側から数千~1万円の報酬を受け取ったとみられる。

今回の不正受給は、国民健康保険の加入者が保険適用の施術を受けた際に、自治体などから接骨院などに支給される療養費に目をつけた“カラ受診”。
暴力団関係者が接骨院の実質的経営者となり、数百人単位のニセ患者を集め、虚偽の申請書を提出していた。

しあつは暴力団の関与や犯罪性については認識しておらず、暴力団関係者との面識や交流はないという。
本人は周囲に「紹介はしたが、そのことでマージンは受け取っていない」と仲介疑惑は否定している。

しあつは芸歴15年目の中堅。オール巨人、ジョン・カビラなどの物まねで知られる。
今回関与しているとみられる中では芸歴7年目の芸人が最も若く、若手主体の劇場に多く出演する有望株もいる。
若手芸人はギャラが安く、本業とは異なるアルバイトで生計を支えていることが多い。

捜査関係者によると、吉本興業以外の大手芸能プロでも、関与が疑われるタレントが浮上しており、芸能界全体に波及する可能性もありそうだ。

≪患者の名前を無断使用か≫詐欺容疑で逮捕された指定暴力団住吉会系組長三戸慶太郎容疑者(49)らが、
療養費の申請書類に接骨院の患者の名前を無断で使っていた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。
接骨院で保険適用の施術を受けた患者は自己負担分だけ支払い、残りは柔道整復師が自治体などに療養費として代理請求する制度があり、
申請書には患者本人の署名が必要となる。警視庁組織犯罪対策4課は、代理で療養費を請求できる制度を悪用したとみて調べている。

キャプチャ


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/08/kiji/K20151108011470380.html
2015年11月8日 05:30

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446929445/

この記事を読む

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 01:02:55.43 ID:???.net
no title

9月22日、米サンフランシスコ市議会で決議採択をほかの支持者らとともに喜ぶ李容洙氏(中央)=共同

 慰安婦問題をめぐり、2日の日韓首脳会談では交渉の加速化で一致したが、日韓の隔たりは大きい。元慰安婦たちにとっての「解決」とは何か。米国など海外にも出かけ日本批判を繰り返してきた韓国の元慰安婦を10月中旬に取材した。

 元慰安婦は李容洙(イ・ヨンス)(86)。元慰安婦でよく知られているのは最初に自ら名乗り出た金学順(キム・ハクスン)だが、平成9(1997)年に死去した。
今では李が元慰安婦を代表する顔となり、海外にも精力的に出向き、問題解決を求め日本政府を批判し続けている。

 10月20日、李が住む韓国南部・大邱(テグ)市のアパートを訪ねると、「産経新聞に話すことはない」と、こわばった表情で取材を拒否した。しかし、記者をその場から追い返すわけでもなく、しばらくすると言葉少なに語り始めた。

 「信じられるのは鳩山(由紀夫元首相)さんだけ。以前、鳩山さんに会ったときに慰安婦問題を『解決する』と約束してくれた。いろいろ努力してくれたけれど、政権が代わって約束をかなえられなかった。
でも鳩山さんは今年8月にソウルに来たときに西大門刑務所でひざまずいて謝罪してくれた。鳩山さんに手紙を書いてもう一度会いたい」

 1カ月ほど前に訪米から戻ってきたばかりの李は覇気のある声で答えた。高齢の身には、移動に長時間を要する米国への渡航はこたえるはずだが「女性運動家として活躍したいと思っているので、疲れたなんて言っていられない」と語った。

 李は一体、何を望んでいるのか。記者が「慰安婦問題を解決するために日本政府に具体的に何をしてほしいのか」と尋ねると、こう答えが返ってきた。

 「安倍(晋三首相)が日本大使館前まで来て、私たちに直接会って許しを請うてほしい。そして安倍に続く代々の日本の首相も同じようにしてほしい。そしたら許すことができるかもしれない。でも(慰安婦だった過去を)決して忘れることはできない」

 李は、韓国政府に対しても、もどかしい思いを抱いている。

 「謝罪はいつでも日本から受けられるが、韓国政府が日本に先立って、私たちにまず賠償をしてくれることを望む。死んでしまったら何の役に立つというのか」

 李は慰安婦問題では欠かせない“生き証人”として、大事な節目には必ず登場している。その李と手を携えてきたのが韓国の反日団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」だ。
ところが、李はこのほど韓国誌で挺対協批判を展開した。なぜ韓国内でも大きな力を持つ挺対協に李は反旗を翻したのか。

 李は毎週水曜日、挺対協が主導し、ソウルの在韓日本大使館前で行っているデモに、大邱から片道2時間以上をかけて参加してきた。

 その李が、韓国週刊誌『未来韓国』(6月24日号)とのインタビューで、自分たちを支援してきた挺対協を痛烈に批判したことは、韓国内で驚きをもって受け止められた。

 韓国で挺対協の影響力は絶大で、韓国政府もその意向には従わざるを得ない状況だ。日本政府に対し強硬な姿勢を断固崩さない挺対協は、慰安婦問題解決の妨げにさえなっている。

 李はインタビューで「問題解決をしようとするなら、被害者を同席させ、意見を聞き、日本の代表や韓国政府の関係者たちとの間で話し合うべきなのに、そのようなことはない」

 さらに、こんな疑問を投げかけた。

 「挺対協の水曜デモも何のためにやるのかよく分からない。これは、始まりも終わりもなく、ひたすら『謝罪せよ』『賠償せよ』と言いながら、集会の回数のみをこなせばよいというやり方だ」

 李は、挺対協が平成5(1993)年に出版した証言集への不満も吐露した。

http://www.sankei.com/world/news/151106/wor1511060011-n1.html

no title


>>2以降に続く)
2: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 01:03:23.78 ID:???.net
>>1の続き)

 「証言は私の生命と同じだ。ところが、挺対協の担当者が本人に確認もせずに事実と異なる証言集を出して販売までした」

 李は日本も頻繁に訪れ、集会などで証言してきた。8年、新党さきがけ代表幹事(当時)だった鳩山由紀夫に、ほかの元慰安婦や日本の支援団体のメンバーらとともに面会した。

 その前年、村山富市政権下で元慰安婦への償いの事業を行うために設立された財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」(略称「アジア女性基金」)からの償い金支給に、李は反対していた。

 8年7月14日付朝日新聞によれば、李らは「基金は絶対に受け取れない。死ぬ前に正式な謝罪と補償を」と鳩山に訴えた。そのとき鳩山は「新しい措置がとれないか、政府にお願いしていきたい」と答えている。

 その後、基金を韓国の元慰安婦61人が受け取った。首相の謝罪の手紙も添えられていた。手紙を受け取った元慰安婦の一人がこう証言している。

 「手紙を読むと、昔、深い傷を負われたと、そしておわびをすると、そしてねぎらいたいとある。手紙を受け取って涙を流した」

 だが、李は今も女性基金に拒否感を抱いている。

 「村山は嫌いだ。慰安婦問題をまともに解決しようとするなら、あんな基金をつくるべきでなかった」

 李の証言については、当初は「国民服を来た日本人の男から、ワンピースと革靴をもらってうれしくてついて行った」と話していたが、
その後、「日本の軍服を着た男らが家にやってきて、男から何かとがったものを背中に突きつけられ船に乗せられて行った」と、徐々に“軍による強制連行”を主張する内容に変わってきたためか「信憑(しんぴょう)性がない」というのが定説だ。

 李は今年9月17日、米サンフランシスコ市議会で開かれた慰安婦碑または像の設置を支持する決議案に関する公聴会に参加。「私は歴史の証人としてここにいる。日本政府は嘘をついている」と発言した。
22日の採決の日も傍聴席からその様子を見守り、決議が採択されるとほかの支持者らとともに喜んだ。

 李は今年4月にも首相、安倍晋三の訪米に併せて渡米。米上下両院合同会議で演説を行う安倍を、米連邦議事堂の傍聴席から険しい表情で見つめていた。
安倍の訪米日程に沿い、ボストンなどを訪れ、慰安婦問題に対する日本の首相の公式謝罪を訴えて回った。

 インタビュー記事は「慰安婦問題を解決するには、政府が慰安婦団体と被害者を一堂に集めて話し合い、意見を聞かなければならない。そうしてこそ被害者たちが何を望んでいるのかを知ることができ、解決策も出てくる」という李の言葉で締めくくられていた。

 最後に、李は記者にこう言った。

 「罪は憎むが、日本人を憎んでいるわけではない」(敬称略)



 ■韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協) 慰安婦問題を解決するため、1990年に結成された韓国の市民団体。日本政府に公式謝罪と法的賠償を求めている。
在韓日本大使館前の慰安婦像設置や「戦争と女性の人権博物館」開館など反日的活動を続けている。

(おわり)

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1446739375/

この記事を読む

1: キドクラッチ(欧州連合)@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 10:03:27.10 ID:wMwbqI6U0●.net BE:565421181-2BP(3000)
鳩山元首相が安倍首相を「愛国者とはき違え」と批判 中韓両首脳を称賛「見習うべき」


韓国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は5日、ソウル大学で約70分間にわたって特別講演をし、慰安婦問題をはじめとする歴史認識問題などをめぐって、安倍晋三首相と安倍政権を批判した。

「首相は自らを愛国者とはき違えているのだろうが、自信のなさの裏返しだ」と指摘した。
その上で、「安倍談話に、韓国政府も中国政府もそれなりに大人の対応を示していただいたことはありがたいことだ」とも明言した。

「土下座外交は屈辱的だとか、なぜ日本にはいまだに過去の事実を受け止められない人々がいるのか」と逆に日本世論を批判。「日本全体が右傾化しているように思うが、日本の政権がこのような雰囲気をそれとなく作り出しているように思えてならない」と、安倍政権を非難した。

 さらに、「日本の政治エリート層に反知性主義がはびこっているといわれる。反知性主義と闘うために、日本人一人ひとりの教養を高めることが求められている」とも訴えた。

20151105-00000065-wow-000-0-thumb


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000568-san-pol

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446771807/

この記事を読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 21:58:59.26 ID:???.net
日本を良くしたいなら、村山富市元首相「中韓と協力しアジア全体を繁栄させよ」―中国メディア (Record China) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00000036-rcdc-cn


2015年11月5日、村山富市元首相は、都内で開かれた安倍晋三首相の「戦後70年談話」を検証する著書の出版記念シンポジウムに出席し、アジア全体の繁栄のために中韓との関係改善が必要であると述べた。中国新聞網が伝えた。

シンポジウムで村山元首相は、「日本を良くしたいならアジア全体を良くするべきで、そのために日本は中国・韓国と協力関係を築く必要がある」と述べた。村山元首相は、アジアにおいて強固な協力関係および基礎的な協力関係の構築は日本にとって非常に重要であると指摘。さらに、日本が道を踏み外さないためにも平和憲法の堅持は必須で、平和と繁栄のために力を尽くすよう
呼びかけた。(翻訳・編集/内山)

AS20150723005369_commL
 

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1446814739/

この記事を読む

1: Charlotte ★ 2015/11/05(木) 21:56:57.02 *.net
 世界中の科学者らが集まって核兵器廃絶などを話し合う「パグウォッシュ会議」の3日目の3日、ノーベル化学賞受賞者の下村脩(おさむ)さん(87)が自身の体験を語り、「戦争と核兵器のない世界を望む」と長崎市で訴えました。

 1945年8月9日、当時16歳の下村さんは、長崎県諫早市にあった旧海軍の工場で働いていました。長崎に原爆を投下した爆撃機を目撃したことや、原爆犠牲者の遺体が運ばれる様子を見た経験などを語り、
「ショックで人生観が変わった」と話しました。

 下村さんは「もし日本が2週間早く降伏していれば、多数の人命が失われずに済んだはずで、原爆投下もすべては戦争に起因します。
戦争と核兵器のない世界を望みます」と会場の科学者らに向かって訴えました。

no title


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-05/2015110501_04_1.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1446728217/

この記事を読む

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/11/04(水) 15:18:45.23 ID:???
★第56回海外日系人大会 歓迎会に高円宮妃殿下ご出席
2015年11月3日

大会宣言を決議した代表者会議
重国籍問題など7大会宣言を決議

【東京支社=瀬頭明男】第56回海外日系人大会が27日から29日までの3日間、東京の憲政記念館、JICA市ヶ谷ビルを会場に開かれた。海外からの参加者は160人(ブラジルからの参加者は75人)で、代表者会議で熱心な討論を行ったほか、高円宮妃殿下が出席されての歓迎交流会、岸田文雄外務大臣による歓迎レセプションに出席した。代表者会議では、重国籍問題や在外選挙制度の簡素化を求める7項目の大会宣言を決議した。

◆代表者会議
同大会で最も重要視されるのが代表者会議で、3分科会に別れ様々な問題が論議され、大会宣言に盛り込まれる。
今年も議論は活発で、「日本の発展と日系社会」分科会では重国籍問題、それに付随してJRのレールパスが取り上げられた。

重国籍は各国が認める方向にあり、日本は世界の流れから遅れているとの指摘が相次いだ。休憩時間には出席者たちの間で、
「今は二重国籍どころか、三重国籍者だって認めている国さえ出始めている。日本は海外から見ていると、鎖国が続いているようなものだ」と、日本政府の対応の遅れを批判する声も聞かれた。

会議では重国籍に絡み、在住国と日本の両方の国籍を持つ人のレースパス使用ができない実情について、
「これは、ぜひとも改善してほしい」と強い意見が出された。これに付随して、「グリーン用レールパスを購入しても、新幹線はグリーン車を連結しているのが少ない。連結している『のぞみ』には乗れないし、現状にあったものに改善してほしい」との指摘が行われた。

大会宣言に盛り込まれる要望事項については、「様々な要望が盛り込まれているが、重国籍問題一つとっても一向に改善されない。大会宣言自体が抽象的で、要望を実現するためのロビー活動をする人もいないように見受ける。
ここらも改善の余地があるのではないか」という強固な意見も出された。

東南アジアからの出席者は、「日系子弟と分かり日本国籍を取ると、在住国で生まれてからその日までの罰金を取られる。
これは日本国籍を取得すると、在住国の国籍を捨てなければならないためで、こんな不合理なことはない。
日本が重国籍を認めれば解決する問題だ」と改善を要望する意見も出された。

◆歓迎交流会
交流会は憲政記念館で高円宮妃殿下をお迎えして行われた。海外日系人協会会長の山田啓二京都府知事が開会のあいさつ、来賓の濱地雅一外務政務官が祝辞を述べた。乾杯の後、同妃殿下は参加した日系人の間を回り、お言葉をかけられた。

海外にお出かけになる機会の多い同妃殿下は日系人の知り合いも多く、笑顔で旧交を温められていた。

◆外交史料館&外務大臣主催レセプション
レセプション開始を前に参加者は、レセプション会場側にある外交史料館で開催中の「日伯交流120年展」を見学した。
同展では、日伯通商航海条約の批准、移民事業に力を入れた榎本武揚の写真、笠戸丸の出発、到着を知らせる電報などに見入っていた。参観者たちは書類を見ながら、「昔の人は文字がうまかったのね」と感想を漏らしていた。

レセプションは、忙しい岸田文雄外相の到着で始められた。岸田外相は「皆様の来日、帰国を歓迎します」と参加者たちの在住国での苦労を慰労した。懇談に入り、外相はあいさつをする参加者たちとにこやかに歓談していた。

151031-Nikkei-Taikai-01


2015年10月31日付
http://saopauloshimbun.com/archives/47445

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446617925/

この記事を読む



このページのトップヘ