じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/06(月) 15:04:07.97 ID:???.net
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQWKDA6TTDSA01.html

 (ブルームバーグ):独メルセデス・ベンツ は今年上期(1-6月)の国内輸入車登録台数で独フォルクスワーゲン(VW )を抑えて首位になった。アベノミクス効果が輸入車販売の動向にも表れている。

日本自動車輸入組合の発表資料によると、メルセデスの1-6月の販売台数は前年同期比19%増の3万2680台となり、VWの2万9666台を抜いて首位になった。
同組合広報担当の岩岡千晶氏によると、1-6月販売でメルセデスがトップになるのは1999年以来16年ぶり。通年では2000年以降VWが首位を続けている。
メルセデスは高級ブランド車の代名詞的な存在で、安い車でも300万円前後から。
150万円程度の価格のコンパクト車など大衆向けの車も手がけるVWを販売台数で抜くことは、アベノミクスで景気が上向く中、輸入車ユーザーの嗜好がより高価格帯のモデルにシフトしていることを示唆している。
バスタブなどを製造するタケシタ(兵庫県川西市)の竹下充宏社長(51)は今年4月、メルセデスのSUV「ML」を購入した。昨年6月にもEクラスのカブリオレを買ったが、スペース面などで不便も感じていたことから2台所有することにした。
金融危機で業績が落ち込んだときは所有する車をすべて処分して自転車を移動手段にしていたという竹下さん。
最近はアベノミクスによる円安で海外の観光客が増加、宿泊施設向けの注文が増えているほか富裕層の個人宅用ジェットバスの販売も堅調で業績は急回復。従業員に対しても「車ぐらい買っていいよね」という気持ちになり、購入に踏み切ったと話した。


世界的にも珍しい市場

輸入車を幅広く扱うヤナセ茨木支店の池田勝彦支店長によると、メルセデスは昨年発売のCクラスをはじめ新車群が好評。VWを販売台数で抜くことは「世界的にみてもそんなマーケットはないのでは」と指摘する。
アベノミクスで顧客の購買意欲にも勢いを感じるとし、最近は1台買った客がすぐに2台目を買いに戻ってくることもよくあるという。メルセデスはブランド力や信頼性も高く、他のブランドではなく「メルセデスの中で次の車を探す」ような人が多いという。

97313
 

この記事を読む






1: 海江田三郎 ★ 2015/07/06(月) 11:34:53.77 ID:???.net
http://gigazine.net/news/20150706-basic-income-city/

政府が国民に対して「最低限の生活に必要な資金」を定期的に無条件で支給するのがベーシックインカムです。
基礎所得保障や基本所得保障、国民配当などとも呼ばれるベーシックインカムは、生きていくために最低限の資金を与えることになるので、食べるのに困ることがなくなり、「無意味な労働」が減ると考えられています。
そんなベーシックインカム構想を現実の世界で実証する都市がオランダにあります。


016年1月、「ベーシックインカム」がどのような働きをするのかを実証するための大規模な実験が、オランダで4番目に大きな都市ユトレヒトで行われます。ユトレヒトで行われる実験は政府とユトレヒト大学とが共同で行うもので、政府から生活保護を受け取っている人々に対して相手が成人ならば約1000ドル(約12万円)、妻帯者や妻子持ちには約1450ドル(約18万円)を毎月無償で給付する、というもの。

計算によると、ベーシックインカムの実験に参加することになるのは約300人のユトレヒト市民。
被験者300人はそれぞれの収入やさまざまな要素から3つのグループに分けることが可能で、グループごとに別々の異なるルールが設けられ、このルールというのは現在のユトレヒトの福祉法に従ったものになっているそうです。
なお、「被験者の少なくとも50人は無条件でこの支給を受けることができ、例え新しい仕事や収入源を得たとしても、実験で提供されることになった資金が給付され続ける」と、プロジェクトマネージャーを務めるNienke Horst氏は語ります。

ベーシックインカムに対する従来の意見は、「人々が働く意義を失う」や「働く人が減少して国の経済が大きなダメージを受ける」など否定的な意見が多くありました。
こういった仮説を実証するために実験を行う、とHorst氏。さらにHorst氏は「我々は現在よりも多くの人々がほんの少し幸せになり、何かしらの仕事を見つけるのではないかと考えています」と、実験の動向を予測しています。


オランダ以外の国でもこれまでベーシックインカムの実証実験が行われています。
1974年から1979年までの5年間、カナダのマニトバ州ドーファンでは「MINCOME」と呼ばれるベーシックインカムに関する実証実験が行われました。このプロジェクトではドーファンに住む全ての人に定期的に資金を提供することで、人々の行動がどのように変化するのかを確かめています。

マニトバ大学の経済学者であるEvelyn L. Forget氏は、MINCOMEの実験結果をまとめた「The town with no poverty(貧困のない町)」という報告書を2011年に公開しており、この中でEvelyn氏は「ベーシックインカムの導入がドーファンの町から貧困をなくし、その他の問題を緩和することにつながった」と述べています。

さらに、報告書によればドーファンの町では全体の就業時間が短くなったそうですが、これは金銭的な束縛から解放された人々が子育てや勉学などに集中できるようになったから、とのこと。
加えて、MINCOMEに参加した人々は病院に行く頻度が少なくなったそうで、町全体の保健医療施設はメンタルヘルス関連の苦情の件数が減ったことも明らかになっています。
なお、ドーファンで行われた実験とユトレヒトで行われる実験には根本的な違いがあり、それは「ドーファンの実験では全町民に支給されたのに対して、ユトレヒトの実験では限られた人にのみ資金が支給されることになっている」という点です。

Mincomeプロジェクトは1979年に起きたカナダの政権交代時に終了してしまい、適正な評価をされないままになっています。
また、5年間しか実験を行えなかったため、さらに長期的な視点でみたベーシックインカムの効果などは不明なままです。
それ故、ユトレヒトで新たに行われる実験では、長期に渡った実験によりこれまでにない見識を提供してくれることが期待されます。

 01

この記事を読む

1: Ψ 2015/07/06(月) 19:09:14.83 ID:9M2hsqrm0.net
国際反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による日本の調査捕鯨妨害が問題化して久しいが、SSがほとんどヤリ玉に挙げていない“捕鯨大国”がある。
お隣の韓国だ。何と、日本の調査捕鯨による捕獲頭数の4倍以上のクジラが“漁獲”されているという。同国メディアの衝撃報道とは-。

「網にたまたまクジラが入ってきてしまった、という論理だが、とても『たまたま』で納得できる数じゃないよねぇ…」

韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は、こうあきれる。

室谷氏の解説は後述するとして、衝撃のデータは、ハンギョレ(日本語電子版)が6月29日に報じた。
他の魚類を捕るための網にかかって死んだクジラを獲ることを「混獲(こんかく)」と呼ぶ。
同紙によると、韓国の混獲は2014年は1849頭、13年は1997頭、12年は2751頭に及ぶというのだ。
ちなみに、日本の年間混獲頭数(13年、水産庁集計)はわずか116頭。調査捕鯨にしても、年475頭(13年度、同)だ。

高知県の定置網漁関係者は「誤って網にかかったクジラは、まず逃すことを試み、それがかなわず死んでしまった場合にのみ引き揚げる。
こうしたケースは、県内で年に数回から十数回程度しか起こり得ない」と話す。

前出のハンギョレは「【現地ルポ】混獲を口実に続けられる捕鯨」との見出しが掲げられ、釜山に近い韓国南東部・蔚山(ウルサン)が、混獲で“復興”をとげた様子がリポートされている。

かつて捕鯨基地として栄えた蔚山市の長生浦港は一時、「3、4店の鯨肉屋だけが、捕鯨の村の命脈をかろうじて保つ」状態に陥ったが、
現在は「専門店が20店を超え、他のメニューと一緒に鯨肉を売る食堂まで含めば70店」というほどの活況を呈しているという。

記事は、混獲が実際は不法捕獲である可能性も示唆し、「網にかかったクジラを死ぬまで放っておいてから申告すれば大金を得ることができる現実がある」との専門家の談話を紹介している。

前出の室谷氏は「韓国での混獲は『捕鯨』とみて間違いないのではないか。
韓国では、日本の調査捕鯨を非難するデモも起きているが、自国の公然たる『捕鯨』には目をつぶっている。実に、かの国らしい話だ」と解説する。
それにしても、韓国の混獲にSSが矛先を向けないのはなぜなのか。

「SSは相手を見ているという説がある。日本の漁船に妨害をしても、せいぜい放水を受ける程度だが、韓国は武力で反撃してこないという保証はない」(室谷氏)

韓国も韓国なら、SSもSSだ。

キャプチャ





http://news.livedoor.com/article/detail/10315556/
この記事を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 00:56:43.44 ID:???.net



この記事を読む

1: 野良ハムスター ★ 2015/07/06(月) 15:15:35.46 ID:???*.net
中国福建省でバスを乗り間違えた70歳の女性が、途中で降ろすよう運転手に頼んだが拒否されたため、
持っていたつえで運転手を十数分間めった打ちにする騒ぎがあった。中国メディアが伝えた。

女性の怒りは収まらず、ごみ箱をぶちまけるなど大暴れ。
運転手はとうとう運転席に突っ伏して泣きだした。
女性は罰金200元(約4千円)と拘留7日間の行政処分を受けたという。(共同)

hana11


http://www.sankei.com/world/news/150706/wor1507060039-n1.html

この記事を読む

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 07:49:18.12 ID:???.net
中国証券市場の株価暴落が尋常ではない。
上海総合株価指数は今月3日、3686ポイントに下がり、年中最高値を記録した先月12日より、28.6%も急落した。
3週間で消えた中国証券市場の時価総額は計2兆4000億ドル(約2688兆ウォン)で、昨年、ギリシャ国内総生産(GDP)の10倍に上る。
この3週間、金曜日のたびに株価が暴落する「ブラックフライデー」が繰り返され、中国証券市場はパニックに陥っている。

上海指数は昨年7月から今年6月半ばにかけて、152%も高騰する過熱ぶりを見せた。
中国の経済成長率は減速するのに、株価が暴騰したのは、個人投資家らが信用取引で借金までしながら、証券市場に飛び込み、「問わず投資」に乗り出したためだ。
5月の1か月間、1200万件の新規証券口座が開設された中国株価の急落は、証券市場のバブルがはじける引き金の性格が濃い。
ロイター通信は、「ギリシャとプエルトリコの負債危機が、複数の新聞のヘッドラインを飾っているが、米国の大物投資家らは、警戒対象の最上位国として中国を取り上げている」と報じた。

証券業界は1200億人民元(約21兆7000億ウォン)を証券市場に投資すると明らかにした。
中国当局が先月末から今月1日にかけて踏み切った基準金利や支払準備率の引き下げ、信用規制の緩和や株取引手数料引き下げの効き目がなく、証券市場への緊急な追加刺激策をまとめたのだ。
しかし、中国の第2四半期の経済成長率は、当初の予測値より下がるだろうという見方が多く、投資心理を根本的に戻すことができるかどうか疑問だ。

現在、中国信用取引の残高は、流動株時価総額の約20%であり、世界最高レベルだ。
中国の信用取引は2008年、米国発グローバル金融危機の引き金となったサブプライムモーゲージと似た「中国版サブプライム」という言葉も出ている。
株価暴落が続くことになれば、消費が減少し、実体経済にも大きな悪材料になるだろう。
銀行など制度圏金融機関の外で行われる融資の45兆人民元(約7837兆ウォン)規模の「闇金融」も、中国経済の未来を脅かす潜在的な時限爆弾と言える。


ただでさえ、内需や輸出低迷に苦しんでいるのに、ギリシャや中国という2大の外部悪材料まで加わることになれば、わが経済の不安感も膨らまざるを得ない。
韓国の店頭市場(コスダック)は、7年ぶりの活況を見せているが、すでに、加熱の兆しが表れており、喜んでばかりはいられない。
韓国最大交易国中国のバブル崩壊に備えるため、金融市場の安全装置を点検することに劣らぬほど、実体経済を再生させることも重要だ。
政府が最近発表した補正予算案から速やかに国会で可決させ、政策執行の時期を逃さないのが最も急務だ。

131036161_151n


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015070692268

この記事を読む

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 10:54:44.30 ID:???.net
「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決まったことを受け、6日付韓国紙など同国のメディアは「日本が強制労役の事実を国際社会で初めて認定した」と報じた。

朝鮮日報は「登録阻止が望ましかったが、『強制労役』を認める発言を引き出したことに大きな意味がある」との政府当局者の話を伝えた。

同紙などは、日本政府が韓国人元徴用工訴訟などへの影響を懸念し「強制」との表現に拒否感を示したと解説したが、日韓外交筋は「訴訟と世界遺産登録は別問題」としている。

また「日本が国際社会の圧迫に屈服」(朝鮮日報)、「韓国が土壇場で逆転勝利」(中央日報)など韓国外交が“勝利”したとのトーンで伝える一方、徴用に絡む施設以外の登録施設の概要や、歴史的価値に関する報道はほとんどない。

20150509-00020607-hankyoreh-000-view


http://www.sankei.com/world/news/150706/wor1507060032-n1.html

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング