じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: Ikhtiandr ★ 2023/01/26(木) 19:54:44.94 ID:vJgRILDM9
巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」元管理人の西村博之氏が、管理業務を委託していた法人「レースクイーン」に掲示板を乗っ取られ、商標権を侵害されたなどとして、「2ちゃんねる」の名称の使用差し止めと損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は26日、差し止めを認めた一方で損害賠償請求を退けた1審東京地裁判決を変更し、レースクイーン社に2億1700万円の支払いを命じた。

知財高裁は「2ちゃんねる」の名称が全国の利用者に広く認識された平成18年時点で、掲示板の運営主体は西村氏だったと認定。その後、同社が無断で西村氏を運営から排除して名称を使用した過失があったとし、26年2月~29年9月、広告収入を得られなくなった西村氏に月額500万円の損害が生じたと結論づけた。

令和元年12月の1審判決は、同社が平成16年以降、別の法人とともに掲示板の運営を担い、24年には運営事業を承継したと認定。西村氏が商標を出願した25年以前から2ちゃんねるの名称を使うなどしていたことから、商標権の侵害はなかったとして、損害賠償請求を退けていた。

産経新聞 2023/1/26 19:13
https://www.sankei.com/article/20230126-FJVFW7L5UNIO3INDHOPA6EFITY/
no title

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674730484/

この記事を読む






1: ぐれ ★ 2023/01/26(木) 10:10:00.85 ID:1UdOKU+z9
>>2023/1/25 20:30
朝日新聞

 2019年の参院選を巡り、堺市美原区の住民らが共産党の比例区候補者に投票したのに、開票結果が「0票」だったのは違法だとして、市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。冨田一彦裁判長は「開票事務の人為的誤りは完全に排除できず、甘受せざるを得ない」と述べ、一審・大阪地裁堺支部判決を支持し、住民側の控訴を棄却した。

 住民らは共産党の山下芳生氏(当選)に投票したが、美原区の開票結果はゼロだったとし「憲法が保障する選挙権は、政治に参加する権利の保障。得票に計上されず、意思表明の機会を奪われた」などと訴えていた。

 昨年3月の一審判決は「自らの投票が正確に得票に計上されることが、憲法上保障された権利だとは解せない」として、住民側の訴えを棄却した。

 高裁判決は、「選挙権の保障には、投票が適正に取り扱われることを求める権利の保障も含まれている」と住民側の主張を一部認めた。だが、公職選挙法では、憲法15条4項の「選挙の秘密」に沿って、投票用紙に投票した人の氏名を書くことを禁じ、開票作業を選挙区内の投票箱の投票用紙を混ぜて行う、と定められている点などに着目。「投票用紙は投じられた時点で特定性を失い、だれが投票したか分からないものとして扱われることが予定されている」と判断した。

 また、現行の選挙制度は当選者を迅速に確定するため、短時間で大量の事務が行われていると強調。堺市は、適正かつ合理的な開票事務の手順などを守るべき法的義務は負うものの、人為的な誤りによって、結果的に候補者の得票と扱われることを「完全に排除するべき法的義務があったとはいえない」と結論づけた。

続きは↓
https://www.asahi.com/sp/articles/ASR1T63TLR1TPTIL011.html
1

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674695400/

この記事を読む

1: カラカル(東京都) [CN] 2023/01/25(水) 12:05:51.56 ID:m2vWL/xF0● BE:448218991-PLT(14145)
国会では25日午後から、岸田総理大臣の施政方針演説に対する代表質問が始まります。国会から中継です。

トップバッターとして、立憲民主党の泉代表が質問に臨みます。代表質問では、岸田総理の説明もですが野党の質問力も問われます。

立憲民主党は、岸田総理が施政方針演説で打ち出した防衛力強化に伴う「増税」と「少子化対策」をメーンテーマに論戦を挑む方針です。

防衛増税について、泉代表は周辺に「増税を強行するのであれば、解散・総選挙で国民の信を問うべき」と追及すると話しています。

また、岸田総理が掲げた「次元の異なる少子化対策」については、財源をどこから捻出するのか具体策がないなどと批判する考えです。

立憲民主党・安住国対委員長「財源がどうするんだっていうのは、この国会中に議論しないなんて、そういう無責任な態度は、私はやっぱりそれは国民に対する何ていうか、責任を果たしていない。
民の心をないがしろにすると、岸田総理、私は天罰を受けるんじゃないかと思いますよ」

攻勢を強めたい立憲民主党ですが、ある幹部は「野党の質問力も問われる国会になる」「説明不足を追及しきれないと、野党が逆に信頼を損ないかねないリスクもある」と話すなど、政権与党の政策をチェックするという野党の真価も問われます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/47f8af4e40527a103463382012c17cee321ca82b
81e0dd35-azumi-jun-official-website2

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1674615951/

この記事を読む

1: nita ★ 2023/01/24(火) 08:02:07.07 ID:YSizekU/9
1/23(月) 23:02配信
読売新聞オンライン

 れいわ新選組の山本代表は23日の記者会見で、同党が打ち出した参院議員を1年ごとに交代させる「ローテーション制」に批判が集まっていることに関し、「憲法に議員が(任期の)6年間最後まで務めないと駄目とは書かれていない」との主張を展開した。

 れいわは、辞職した比例選出の参院議員の残り5年間の任期について、比例名簿の次点以下の5人が繰り上げ当選と辞職を繰り返して交代で務めるとしている。与野党から憲法や法律の趣旨に反するとして批判が出ているが、山本氏は「(法の)抜け穴と言われるなら法律を変えればいい」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b728e86e0b240ab41f852d80078d51e7f19014bc
no title

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674514927/

この記事を読む

1: 首都圏の虎 ★ 2023/01/23(月) 21:18:10.46 ID:MDZ5Dsnf9
実業家・西村博之(ひろゆき)氏(46)が23日までに公式YouTubeチャンネルを更新し“エスカレーターの片側空け文化”を痛烈に批判する場面があった。

 ひろゆき氏は「規則よりシキタリを優先する都会人」というタイトルで、この問題について言及。「たとえば品川駅とかで見るんですけど、エレベーターの片側を空けて、もう片側を歩くのって規則違反なんですよ。本来の輸送効率だと、片側を空けないで2人で並ぶのが正解なんですよね」と説明した。

 「でも、都会人ってなぜか必ず片側を空けるんですよね。完全に“呪い”とか“シキタリ”とかと同じで、科学的に間違っていることをやっていて。これが日本人の頭の悪いところだなって思ってます」と痛烈に批判していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e85ad32228088ce691cd2274af39892dddb4c137
no title

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674476290/

この記事を読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2023/01/23(月) 21:13:09.42 ID:6rWy898w9
1/23(月) 21:06配信
東スポWEB

三浦瑠麗氏がネット番組に登場 夫の会社の騒動に「コメントを述べることは困難です」

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が23日、文藝春秋電子版の配信番組「炎上上等対談」に出演した。冒頭の30分が無料公開された。夫の会社が家宅捜索を受けて以来の公の場となる。

 全身を黒の服に身を包んだ三浦氏は冒頭、ゲストで評論家の宮崎哲弥氏を紹介した後、家宅捜索の件について切り出した。「私の個人的な件について、一言コメントを申し述べさせていただきます。私の夫、三浦清志の会社、自宅が家宅捜索を受けました」と家宅捜索の事実を認めた。

 その上で「しかし、この件につきましては、私自身が夫の会社の経営に一切関与しておりませんため、詳細を知りません。そして、捜査中のことについてコメントするのは控えてほしいと言われているので、コメントを述べることは困難です。ご心配を大変おかけしております」と話した。

 この配信は三浦氏が司会を務める対談番組。第1回となるこの日のゲストは宮崎氏で、テーマは「2023年 岸田首相が語るべき言葉」だった。宮崎氏は三浦氏の話を受けて「評論家として一言申し上げていいですか」と話し出した。

「確かにあなたの旦那さんの会社等に家宅捜索となったが、逮捕者も起訴された者もいない。容疑事実も詳らかになっていない、報道ベースの概要的なものしか出ていない。評論家として、もし立件されたら言及は当たり前ですが、現時点では依拠するものが少ないので、今回は控えたいと思う」

 家宅捜索への言及はここまでで、通常の対談がスタートした。

 三浦氏の夫のコンサルタント会社は19日、東京地検特捜部に家宅捜索された。太陽光発電への出資を名目に金銭トラブルとなっており、同社が刑事告訴されたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e43102f043bb74d2cdc77a9b25e48c970429fd68
no title

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674475989/

この記事を読む

1: ギズモ ★ 2023/01/22(日) 19:53:12.17 ID:P/7vVnEF9
no title

Copyright (C) 2023 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

三浦瑠麗氏、夫の10億円投資トラブルでテレビ追放の危機…成長戦略会議では「太陽光発電」押しまくり発言
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230122-00010008-flash-peo

 1月19日、国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫が代表を務める会社が、10億円の投資トラブルで家宅捜索を受けたことが報じられた。

 報道によれば、三浦氏の夫・三浦清志氏が代表を務める投資会社「トライベイキャピタル」の本社と自宅が東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。

 兵庫県での太陽光発電所の建設を名目に出資を持ちかけたが、実際には建設の見込みはなく、約10億円をだまし取ったとして刑事告訴されているという。

 三浦氏は、代表を務める「山猫総合研究所」のサイトで、家宅捜索を受けたことを認めたうえで、《私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です。また、家族としましては、夫を支えながら推移を見守りたいと思います》とコメントしている。

 しかし、ここで問題になってくるのが、三浦氏の過去の発言だ。

「三浦氏は、2020年10月から定期的におこなわれている政府の『成長戦略会議』に出席し、太陽光発電をめぐって “猛プッシュ” ともいえる発言を繰り返しています。

《成長戦略に間に合わなかった荒廃農地の太陽光に対する転用の件について、ぜひやっていただきたい》(2021年6月の第11回会議)、《農水省や環境省が管轄する規制の案件に関しては、(中略)非常にポテンシャルの高い、例えば屋根のせの太陽光と、そして、小規模の荒廃農地に対する太陽光パネルの設置などの案件に関しては、もう少しスピードアップしていかないと》(2021年9月の第13回会議)などと発言していることが、議事録から確認できるんです。

 そのほか、過去に出演したテレビ番組でも、太陽光発電を推奨するような発言が見られました。仮に夫の会社の事業内容を熟知したうえで、太陽光発電の普及を有利に進めようとしていたのなら “利益誘導” の疑いも出てきます。

 夫婦が互いの会社にどれだけ関わっていたのかは、今後の捜査で明らかになっていくでしょう」(週刊誌記者)

 現在、『めざまし8』(フジテレビ系)の木曜コメンテーターとして出演するほか、『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)など、数々の番組で存在感を示している三浦氏。テレビに引っ張りだこだが、夫への捜査は、今後、どのような影響を与えるのだろうか。

 元テレビ朝日で報道番組に関わってきた、テレビプロデューサーの鎮目博道氏がこう語る。

「三浦さんが夫の事業内容をまったく知らなかったという前提で考えても、今回の一件で、三浦さんは “使いづらい” コメンテーターになってしまいました。

 テレビ局のプロデューサーは、炎上や不祥事を避けたがる傾向が強い。三浦さんという存在が唯一無二で、いなければ番組が成り立たないのであれば話は別ですが、正直、旬は過ぎているうえ、似たようなコメンテーターは他にもいます。あえて三浦さんを使う必要はないわけです。

 となれば、やはりキャスティングを担当するような番組プロデューサーや総合演出は、使うのを避けるのではないでしょうか。仮に夫が逮捕されても、御本人にはなんの責任もないわけですが、とはいえテレビマンの感覚としては、他の人に変えてすむなら変えてしまおう、と考えると思います」

 日々スキャンダルが渦巻くテレビ業界でも、その後、使われ続ける人・使われなくなる人の2種類のパターンがあるという。

「いくつか理由はありますが、本人のキャラクターは大きいです。一生懸命頑張っているのに不祥事が起きてかわいそう、本人が悪いわけじゃないのに、と同情される人は使い続けやすい。あとは、不祥事を笑いに変えてしまえる人も、それはそれで面白ければ、ネタを持っている人としてよしとされるんです。

 ただ、三浦さんは辛辣なスタイルを売りにされているので、どちらのケースにもあてはまらないようにも見えます。まだ捜査の段階ですから、下手なことは言えませんが、出演している番組も時事ネタを扱う硬派な番組ばかりで、なかなかこの話題には触れづらい。

 来週以降の『めざまし8』などに出演するかどうかは、スタッフの腹のくくり方の話になってくるので、業界の人間としても注目しています。…
続きはソース参照

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674384792/

この記事を読む



このページのトップヘ