じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク





1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/29(月) 01:39:57.63 ID:LMxOJhzM0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
加計・森友問題、それでも…崩れぬ「安倍支持」の理由

 安倍晋三首相の在任日数が28日、第1次内閣と合わせて1981日となり、小泉純一郎首相を抜いて戦後第3位の長期政権になった。
朝日新聞の世論調査では5割前後の支持率が続く。「安倍1強」と言われる政権は、どのような支持の上に成り立っているのか。

 朝日新聞が24~25日に実施した緊急世論調査でも内閣支持率は47%になり、ほとんど動かなかった。相次ぐ閣僚の失言、森友学園や加計(かけ)学園の問題が噴出しても大きく崩れていない。

 強さの背景には支持層の広がりがある。

 2012年12月に政権に返り咲いた第2次以降の年代別支持率(平均)をみると、20代が最も高い。30代以降も若いほど高く、60代にかけて下がる「右肩下がり型」になっている。

 小泉内閣以降の集計で、20代が最も高い内閣は初めてだ。安倍内閣も第1次では20代が最も低い。高齢になるほど高い「右肩上がり型」で、今とは対照的だ。

 「私たちは若い人たちに支持されている」。安倍首相も会合で述べている。

 職業別でも、第1次より事務・技術職が15ポイント、製造・サービスなどの従事者が12ポイント上がり、労働者層を引きつけた。自民党への支持が高い農林漁業者や自営業者層に迫る水準だ。

 歴代の自民党政権は、若い世代や労働者層の支持が他の層より低めだった。なぜ支持が広がったのか。

 埼玉大社会調査研究センター長の松本正生教授(政治意識論)は「先が見えない不安のなかで、今の状況がこのまま続いてほしいという現状肯定感がある」と指摘する。失業率が下がるなど、今の生活の安定が支持につながりやすい。

 若い世代や労働者層は、09年の民主党への政権交代を支えた。だが、政権運営は混乱し期待通りの政策は実現しなかった。その反動が第2次安倍内閣の誕生につながり、第1次と第2次の支持基盤を変えた。

 「もともと及第点が低いので、安倍さんは思いのほかよくやっているように見える。だから支持率は下がらないのだろう」。松本教授はそう分析する。

05

http://www.asahi.com/articles/ASK5V3PWRK5VULZU002.html

引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1495989597/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [US] 2017/05/28(日) 22:27:16.93 ID:a3YzYak90 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
韓国でまもなく“徳政令”…借金帳消しは経済崩壊の序曲か

 韓国で新大統領・文在寅氏の選挙公約が実現に向け動き出した。そのひとつが借金棒引きの“徳政令” だ。100万円以下の借金を10年以上借り続ける人々を対象に、その借金と利息の全額を帳消しにするというもの。対象は43万7000人とされ、実現は簡単ではないが、実現した後にもいばらの道が待っていそうだ。

■猶予から帳消しへ
 借金の全額帳消し計画を伝えたのは韓国紙・東亜日報(電子版)。現在、韓国には「国民幸せ基金」というものがある。かつての李明博元大統領と朴槿恵前大統領の政権下で計画、実施されたもので、国民約280万人の債権を買い入れ、うち57万人の約6兆3000億ウォン(約6300億円)の元金と利子を減免するなど債務を調整する役割を担ってきた。
 平たく説明すれば、収入に対して支出が大きすぎ、恒常的に借金返済に追われる庶民を助けようという趣旨でできたシステムだ。
 しかし、新たに大統領になった文氏は、この救済策を上回る「全額帳消し」を公約として大統領選に当選した。10年以上にわたって1000万ウォン(100万円)以下の借金を抱え、返済のままならない人々の借金を全額、国が肩代わりするというプランだ。
 東亜日報は、この公約実現に向けて「政府金融当局が本格的な検討に入った」と18日に報じた。
 同紙によると、文氏の選挙参謀の一人は「(こうした)債務者たちはこれまで十分に苦痛を受けてきたが、借金を返済する能力がないものと見なければならない。こうした人たちが再び経済活動ができるようにしなければならない」と理由を説明した。(略)
http://www.sankei.com/west/news/170528/wst1705280029-n1.html 


33

引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495978036/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [JP] 2017/05/28(日) 10:32:32.28 ID:cfoZZ0Pc0● BE:218927532-PLT(13121) ポイント特典
小西ひろゆき
国連の政治利用の暴挙。下劣な情報操作。
「報告者は人権侵害を懸念。日本政府の回答は中身ゼロと重ねて批判された」と事務総長に報告すれば「総理、あなた馬鹿なのですか?」と答えただろう。

<国連事務総長>共謀罪への懸念「総意ではない」に対して(次にツイートのリンク)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000124-mai-pol 

51


https://twitter.com/konishihiroyuki/status/868490417221718016

291: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [US] 2017/05/28(日) 12:11:38.39 ID:T4fp6IKY0
じゅん‏ @kaera29 9 時間9 時間前 


報告者「共謀罪に懸念がある」 
↓ 
蓮舫「国連が言ってる!共謀罪やめろ!」 
↓ 
国連(本部)「報告者の意見は国連の意思ではない」 
↓ 
安倍「って言ってるぞ」 
↓ 
小西「国連の政治利用だ!」 


さて誰が政治利用してるんですかねぇ。


引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495935152/

この記事を読む

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [US] 2017/05/28(日) 18:40:20.18 ID:a3YzYak90 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
民進・蓮舫代表、国連特別報告者の批判「提言内容軽視すべきでない」

民進党の蓮舫代表は28日、国連特別報告者のケナタッチ氏が「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を批判したことに関し、「国連の関係者で提言内容は軽視すべきではない」と重ねて強調した。都内で記者団に語った。

 ケナタッチ氏に関しては、国連のグテレス事務総長が27日、安倍晋三首相との会談で「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と指摘していた。

46

http://www.sankei.com/politics/news/170528/plt1705280017-n1.html

37: 名無しさん@涙目です。(東京都)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/05/28(日) 18:46:50.21 ID:mBUZLM120
蓮舫代表「国連勧告を受け止め廃案を」 「共謀罪」法案
http://www.asahi.com/articles/ASK5P5HZGK5PUTFK005.html 


まずは、個人の感想文を「国連勧告」って嘘を言いふらしたことを謝ってから喋るのがスジじゃない? 

引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1495964420/

この記事を読む

1: (^ェ^) ★ 2017/05/28(日) 08:05:13.91 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000059-asahi-soci

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊施設部隊がすべて帰国した。現地の治安情勢は、停戦合意などPKO参加5原則との整合性が問われ続けた。家族たちは無事を喜ぶ一方、隊員らは多くを語らず、複雑な思いも打ち明けた。

 27日正午前、青森空港で出迎えた女性(58)は、息子(34)をみつけてハンカチで涙をぬぐった。思わず駆け寄り、「よく帰ってきた」と声をかけた。

 陸自第9師団(青森市)を中心とする第11次隊(約350人)は、4月から4回に分かれて帰国した。

 岩手県の60代の女性は、今月14日に帰国した40代の長男が漏らした一言が胸に残る。「銃声がしょっちゅう響いていた」。5原則の一つに「紛争当事者間の停戦合意」がある。長男の言葉からは情勢が安定していたとはうかがわれないが、「遠い国の発展に尽くせたなら、息子は私の誇り」。そう思うようにしている。

 6日に20代の次男が帰国した60代の女性も、「無事に帰ってきただけで十分」。帰国した日に顔を見せた次男は、おすしを家に持ち帰って食べ、「涙が出そうになった」と話したという。現地の様子については「言われているような、危ないところではなかった」と語るだけ。再びどこかに赴任する可能性もあるが、女性は「命の心配をする日々は、もうたくさん」。

 LINEやテレビ電話で連絡を取っていたという青森県の女性(39)の夫も、現地の子どもたちの様子や暑かったことぐらいしか話さない。女性は「やっと帰ってきたのだから、仕事のことは忘れて休んで欲しい」。自分からは現地の状況はあえて聞かないようにしているという。(桑原紀彦、姫野直行)


33

引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1495926313/

この記事を読む

1: (^ェ^) ★ 2017/05/27(土) 13:53:03.28 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00000095-sasahi-pol

 もう何でもありだ。文書の存在を消すためには、手法は選ばない。暴走する官邸の内情を、渦中のキーマンが本誌に語った。

*  *  *
「森友学園問題と同様、加計学園問題でも都合の悪い情報は、どんな手を使ってでももみ消そうとする官邸サイドの暴走が止まらない。小説か映画のようなことが実際に起きている」

中略

●貧困問題が一番の問題

 24日、渦中の前川さんが都内で本誌の取材に応じた。読売報道について尋ねると、

「すでに辞任し、一私人となった今、なぜあのような記事が出るのか不可解だ。記事を読み、『加計学園のことは話すな。話すとひどいことになる。こうして実際に起こったでしょ』と、私に対する威嚇と感じました」

 前川さんは現在、自宅から離れて生活している。17日に朝日新聞が「総理のご意向」と書かれた文書の存在を報じて以降、官邸の様子を知る文科省の後輩から「しばらく海外に出て、逃げたほうがいいのではないか」と忠告も受けた。

 前川さんは出会い系バーに足を運んでいたことを認め、通い始めたキッカケをこう話した。

「出会い系バーはテレビのドキュメンタリー番組で知った。経済的に困窮した女性が朝まで居場所代わりに使ったり、そこで見つけた男性客に体を売ってお金を稼いだりしている実態は衝撃的だった。実際に生の声を聞きたくて足を運び始めた」

 多いときは週に1度のペースで店に通い、女性たちの身の上話に耳を傾けた。女性たちの多くが、両親の離婚や学校の中退を経験していることを知った。

「この状態を何とかしなければという思いは、仕事の姿勢にも影響した。高校無償化や大学の給付型奨学金などに積極的に取り組んだ。私は貧困問題が日本の一番の問題だと思っている」

 前川さんは辞任後、二つの夜間中学校の先生、子どもの貧困・中退対策として土曜日に学習支援を行う団体の先生として、三つのボランティア活動をしている。最近、子どもたちに因数分解をわかりやすく教えるため、『とってもやさしい数学』という学習参考書も買った。

中略

 前川さんはこうした政府内の行政に加え、メディアに強い危機感を持つ。昨秋、警察庁出身の杉田和博官房副長官から、突然、こう言われた。

「君は新宿の女性のいる店に行っているらしいじゃないか。注意したまえ」

 なぜ、そんなことを知っているのか。だから今回の読売新聞の報道には再び驚いた。

「今、一番恐れているのは、マスコミも官邸側に遠慮し、報じるべきことを報じないことだ。これは国民の知る権利の大きな危機と考えます」

●松野大臣も可哀想

 25日、菅官房長官は記者会見で、前川さんが文書の存在を認めたとする朝日新聞の報道に、「文科省が行った調査結果では、存在は確認できなかった」と改めて文書の存在を否定した。

 さらに、引責辞任した前川さんに対し、「責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた」と強く非難した。前川さんは本誌の取材に、「天下りの問題で、単に処分を受けるだけではダメだと考え、今年の1月5日、私から大臣に辞職をお願いした。官邸からクビにされたわけでもなく、逆恨みなどない」と話している。官邸は人格攻撃をすることで、辞任させられた逆恨みから怪文書を作り、官邸に打撃を与えようとしたというストーリーを作りたいのだろうか。

 現在、前川さんがボランティアとして関わる地方の民間教育団体が取材に応じた。職員は、

「新幹線に乗って、毎週来てくれます。夜間中学で高齢者の方が新聞を読む手伝いをしたり、連休にもかかわらず憲法記念日には、資料を準備して憲法のお話をしてくれたりしました」

 感謝の気持ちを伝えた際、前川さんはこう言ったという。

「本当に人の役に立つ活動だから、参加できて本当にうれしい」

 26日、前日の菅官房長官の記者会見を受け、前川さんは本誌に語った。

「あるものをないと言え、と文科省に迫るのはやめてほしい。松野大臣も関係する職員も可哀想だ」(編集部・澤田晃宏)

引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1495860783/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング