じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1: リキラリアット(東京都) [US] 2017/04/24(月) 11:32:21.04 ID:hgfHapUa0● BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典
首相、トランプ氏と電話協議 北朝鮮対応で連携確認か

朝日新聞デジタル 4/24(月) 11:09配信

 安倍晋三首相は24日午前、トランプ米大統領と電話協議を行った。首相は27日から予定するロシア訪問と、プーチン大統領との日ロ首脳会談について説明するとみられる。

また、北朝鮮が25日の人民軍創建記念日に合わせ核実験や弾道ミサイル発射に踏み切った場合、緊密に連携して対応することも確認する模様だ。

 安倍首相は27、28両日にモスクワを訪れ、プーチン大統領と会談する予定で、北方領土での共同経済活動について協議する。
米国によるシリアへのミサイル攻撃で米ロ関係が悪化していることもあり、首相はトランプ氏に日本の立場を説明するとみられる。

 北朝鮮情勢をめぐっては、朝鮮半島近海に向けて航行中の米海軍原子力空母カールビンソンと海上自衛隊の護衛艦が23日、西太平洋で共同訓練を始めた。

日米両政府は、北朝鮮が25日の人民軍創建85周年に合わせて核実験や弾道ミサイル発射に踏み切ることに警戒を強めている。電話協議では日米が連携して北朝鮮の挑発行為を抑止していく方針を確認するとみられる。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000019-asahi-pol

引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493001141/

この記事を読む






1: 頭突き(大阪府) [EG] 2017/04/24(月) 01:17:20.59 ID:QztcPuJi0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
民進、都議選で無所属出馬の容認案

7月の東京都議会議員選挙をめぐり、民進党内で、公認を予定している候補者について、無所属での立候補を認める案が浮上していることが、FNNの取材でわかった。

民進党の支持団体である連合の関係者によると、民進党内では、都議会議員選挙の公認予定候補について、小池都知事を支持する地域政党「都民ファーストの会」との連携を図りやすくするため、無所属で立候補することを認めたうえで、推薦する案が浮上している。

民進党の公認予定候補が、「都民ファーストの会」からの立候補を目指し、相次いで離党届を提出するなど、「離党ドミノ」が広がっていることを受けた措置とみられる。
民進党としては、推薦候補の当選で、一定の議席を確保する狙いもあるとみられるが、党内には慎重な意見もあり、実際に実現するかは不透明となっている。

kontake_160518minshin01


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170423-00000177-fnn-pol

引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492964240/

この記事を読む

1: オリンピック予選スラム(愛媛県) [EU] 2017/04/23(日) 23:56:43.81 ID:anESo5g10 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
「安倍政権に緩み」73% 内閣支持率上昇58% 共同通信世論調査

 共同通信社が22、23両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三政権の山本幸三地方創生担当相ら閣僚による問題発言や、政務官の不祥事が続いたことについて「緩みが出ていると思う」との回答が73・2%に上った。「思わない」は20・9%。
テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案については賛成41・6%、反対39・4%で拮抗した。

 安倍内閣支持率は58・7%、不支持率は31・5%だった。支持率は3月下旬の前回調査から6・3ポイント上昇したが、今回調査から携帯電話しか持たない層に対応する目的で対象を固定電話と携帯電話にしたため、単純比較はできない。

政党支持率は、
自民党が前回比2・5ポイント減の39・9%、
民進党が2・1ポイント減の6・7%。
公明党3・8%、
共産党3・5%、
日本維新の会4・4%、
自由党1・1%、
社民党1・2%、
日本のこころ0・2%。
「支持する政党はない」とした無党派層は38・4%だった。

http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230021-n1.html

前回調査
C746wDtV4AAV3YT


引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492959403/

この記事を読む

1: ■忍法帖【Lv=4,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/23(日)23:45:53 ID:J77
◆鳩山由紀夫元首相「畑や水田にソーラーパネルを設置すると、作物がよく育つ」と“珍説” 

「信金の相談役が言っていた」に「農業知らない妄言」「思いつきで薄っぺら」と批判殺到も擁護の声も
[産経ニュース 2017.4.23 22:58]


 鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。一挙両得で、農家への所得補償は不要となり、原発も不要となる」などと23日までに相次いでツイート。これに対し、「現場を見ないでものを言わないで」「田畑の上にパネルを設置し、太陽光をさえぎるのはおかしい」などと批判や異論が殺到した。

 鳩山氏は、畑や水田にソーラーパネルを設置することで作物を育てながら太陽光発電できる、という説を「信金の相談役から伺いました」として、22日夜に以上の書き込みを相次いでツイッターに投稿した。

 これに対し、「畑や水田の上にソーラーパネルを設置したら畑や水田に日光が当たりません。突風や台風対策にも多大な金と人手がかかる」「不作の年は発電量も収穫量も共倒れになる」「農業を知らない輩の妄言」「いまだに真顔でこんなことを」「東大出ても光合成を知らないという現実」「思いつきでモノを言う薄っぺらさは相変わらず」などと批判や異論が殺到した。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230025-n1.html 


WS000000

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492958753/

この記事を読む

1: ねこ名無し ★ 2017/04/22(土) 23:57:03.29 ID:CAP_USER
 先日まで、学校法人「森友学園」の話題ばかり取り上げていた日本メディアが、やっと北朝鮮の核実験やミサイル開発問題を報じるようになった。だが、どこか傍観者的な印象を受ける。

 北朝鮮は弾道ミサイルの攻撃目標に、在日米軍基地や日本の都市が含まれると公言している。同国が事実上の核兵器保有国であり、猛毒のサリンや神経剤VXなど、生物化学兵器を大量保有することも周知の事実だ。安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮がサリンを弾頭につけて着弾させる技術を保有している可能性を指摘した。

 朝日新聞は翌14日の「素粒子」欄で、こう書いた。

 《シリアと同じだと言いたいか。北朝鮮がミサイルにサリンを載せられると首相。だから何が欲しい、何がしたい》

 私には「北朝鮮の悪い印象を払拭したり、日本人の『平和ボケ』を維持しようと努力しているのに、首相は余計なことを言うな」と言いたいように読めた。朝日こそ「何がしたい」と聞きたい。

 日本共産党の志位和夫委員長も2015年11月、テレビ番組に出演し、「北朝鮮、中国にリアルの危険があるのではなく、実際の危険は中東・アフリカにまで自衛隊が出て行き一緒に戦争をやることだ」と述べた、と産経新聞(電子版)が報じている。

 志位氏は12日、ツイッターに《トランプ大統領が、米国単独で北朝鮮への軍事力行使に踏み切る可能性を示唆。破滅をもたらす軍事力行使に強く反対する。経済制裁の強化と一体に、外交交渉のなかで、北朝鮮の核・ミサイル開発の手を縛り、放棄させることが何よりも大切だ》と書いた。

 正論のつもりかもしれないが、自分にできもしないことを他人にやれと言うのは無責任だ。まずは、ご自身の持つ交渉力で、有権者を説得して政権交代を果たし、外交交渉の当事者になったらどうか。

 作家の百田尚樹氏は、志位氏のツイートに対して、《北朝鮮に核を放棄させることが何より大切なら、お前がやってみろよ! 誰も出来なかったから、アメリカが軍事力で止めようとしてるんじゃないか! 黙ってろ、北朝鮮の手先が!》と反撃した。

 表現は少し過激だが、気持ちは分かる。

 そもそも、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、何をやるのか予測困難だ。人間は成長とともに、感情より理性に基づいて合理的かつ冷静に行動しようと心掛けるようになる。しかし、彼はその成長過程を経ることなく、独裁者の地位に就き、感情の赴くままに部下を殺し、日米韓を理不尽に恫喝(どうかつ)している。

 中二病の独裁者の運命は、果たしていかに。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221000001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170422/dms1704221000001-n2.htm

no title

朝日新聞東京本社
no title

共産党の志位委員長

引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492873023/

この記事を読む

1: 影慶 ★ 2017/04/23(日) 10:15:59.43 ID:CAP_USER9
民進党が「反党行為」を理由に除籍処分する方針の長島昭久元防衛副大臣が、鳩山由紀夫内閣の防衛政務官を務めていた平成21年12月のことである。
ある会合で、長島氏がこうぼやいていたのが記憶に鮮明だ。

 「民主党政権になって政府に入れてもらったと思っていたら、社民党政権だった。米国との関係は完全に冷え切るだろう。盧武鉉政権時代の韓国のように」

 当時、米国は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の年内決着を強く求めていた。だが、鳩山首相が連立を組む社民党の意向を優先させ、
結論の先延ばしを決めた。そんな頃の話である。

 自覚していたのならば、もっと早く離党すればよかったのではないかという気もするが、ともあれ、党内保守派の代表格だった長島氏に見放された民進党は、
どこへ向かうのか-。

「40年間自衛官をやっているが、現在が一番緊張している」

 自衛隊最高幹部がこう話す時期ですら、民進党は政府・与党の醜聞追及とあら探しに明け暮れてきた。党としてまとまって動けるのは、森友問題しかないのかもしれない。国民も、そんな民進党の実態を見透かしているのだろう。

46


http://www.sankei.com/premium/news/170413/prm1704130007-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170413/prm1704130007-n1.html

引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1492910159/

この記事を読む

1: 動物園φ ★ 2017/04/22(土) 23:14:40.66 ID:CAP_USER
この国は「法治国家」「三権分立」なのか
大阪補助金地裁判決を読む(下)/木下裕一(弁護士、大阪補助金裁判弁護団)

大阪市が大阪朝鮮学園に対する補助金を交付しない決定をした時系列は次のとおりである(いずれも2012年)。

3月19日:大阪府、補助金不交付の方針を報道発表。
3月21日:大阪市、補助金不交付の見込みを学園に伝達。
3月27日:大阪市、補助金要綱を「大阪府補助金が交付されること」を大阪市補助金の交付条件とする内容に変更。
3月30日:大阪市、「大阪府補助金が交付されないこと」を理由に、補助金不交付を正式に学園に伝達。

この時系列から言えることは、(1)大阪市は、大阪府補助金が不交付となったため(19日)、その結論に合わせた(21日)、(2)その結論に合うように、補助金のルールである要綱を変更した(27日)ということである。

私は、日本の学校教育で「日本は『法治国家』であり、『三権分立』の国である」と習った。「法治国家」とは、議会や行政機関で決めた法律、条例、要綱などのルールに従って、国や自治体を運営する、ということである。「三権分立」とは、議会や国、自治体が間違った運営をした場合、裁判所がそれを正す、ということである。

今回、補助金不交付決定をした大阪市は、約20年に渡って独自の判断で交付してきた補助金について、「大阪府の結論に合わせる」と自らが判断することを放棄したうえ、大阪府が補助金を交付しないことがわかると、「大阪市も補助金を交付しない」という結論を先に決め、補助金のルールである要綱を結論に合うように後から変更した。つまり「ルールを決めて、そのとおりに運営する」という「法治国家」の原則を破り、「結論を先に決めて、ルールを後から変える」ということを行った。

このようなことは、およそ近代国家として許されることではない。したがって、当然、裁判では、この大阪市の行いを正してくれるものだと期待していた。しかし、大阪地方裁判所は、大阪市の狙いを「忖度」し、「事前に決めた『大阪府の結論に合わせる』という方針どおりに結論を決め、そのとおりに要綱を改正したのだから違法ではない」という理屈で、大阪市の補助金不交付決定を正当化した。

大阪市が「法治国家」の原則を破り、それを「三権分立」のチェック機関である大阪地方裁判所が正当化する。この裁判は、朝鮮学校、在日コリアンに対する差別を許すかどうかの問題にとどまらない。私が日本の学校教育で習った「この国は『法治国家』、『三権分立』の国である」という教育内容が嘘ではないと、堂々と言えるかどうかという問題でもあるのだ。

o0479031113854286113


朝鮮新報
http://chosonsinbo.com/jp/2017/04/sinbo-k_170417/

引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492870480/

この記事を読む



このページのトップヘ

アクセスランキング